6/17-その3 おすすめ動画6/19-その2 カンザス州がファイザー社を告訴!

2024年06月18日

6/19-その1 スパイクたんぱく質の産生を止める方法が判明!

ついに科学者らによってmRNA生物兵器の「スパイクたんぱく質の産生」を停止させる方法が発見されたようです。記事の内容がかなり専門的なので素人の私にはわかりにくいのですが。。。
やがては、mRNAワクチンを打ったことで(シェディングでも)体内でスパイクたんぱく質が産生され蓄積されるのを阻止できるようになるかもしれません。邪魔されなければですが。
これで、Covidワクチン(生物兵器)のスパイクたんぱく質の問題は解決されるのかもしれません。この種の生物兵器に関しては他にも解決すべき問題はあると思いますが。

mRNA Jab ‘Off Switch’ Discovered by Scientists – Media Blackout - The People's Voice (thepeoplesvoice.tv)
(一部)
6月17日付け 

科学者らがmRNAワクチンをオフにするスイッチを発見!
メディアはmRNAワクチンをオフにするスイッチが発見されたことを全く報じません。mRNAジャブのオフスイッチを発見。


新たな査読前の研究論文には、mRNA「ワクチン」の遺伝子変異機能を停止する方法が詳述されています。これは、実験的な「ワクチン」によってダメージを受けた何十億人もの人々にわずかながら希望の光を与えるものとなっています。


研究論文の結論箇所には次ぎように記載されています。: 

ファイザー+BioNTechとモデルナの生体内分布研究では、ナノ脂質結合nms-mRNAが三角筋或いは腋窩リンパ節に残存するという主張が否定されている。様々な組織に残存している検出可能なワクチンのmRNAのレベルが安全上の懸念を高めている。ワクチンのmRNAが宿主ゲノムと統合する可能性と中々消えない合成mRNAを取り除き有害なスパイクたんぱく質の産生を停止させるメカニズムの提唱を読み飛ばすことで意図しないたんぱく質が産生される可能性がある。


Infowars.comによると:
メッセンジャーRNA(mRNA)テクノロジー(モデルナの特許ではmodified(改変) mRNA或いはmmRNAと呼ばれている。)は、
脂質ナノ粒子内にて改変されたRNA配列をカプセル化し、それをワクチン接種者の細胞に取り入れるというエキゾチックなテクノロジーです。その後、異物の合成配列がワクチン接種者の細胞に組み込まれるため、従来のワクチンよりも遺伝子療法として機能します。

このエキゾチックな「ワクチン」は、接種者に危険なCovidスパイクタンパク質を産生させ始めますが、このスパイクタンパク質が体内で永遠に産生されるのを停止させる方法はありません。少なくとも今まではこれを停止させる「オフ」スイッチがありませんでした。

 

この研究論文には、スパイクタンパク質の産生を停止させる方法が説明されています。

「カプセル化されたmRNAの寿命の長さと有害で致死的なスパイク(S)タンパク質の無限産生には、潜在的な悪影響を軽減する方策が求められる。ここでは、低分子干渉RNA(siRNA)と、残留し永続的なワクチンのmRNAを狙い不活性化し分解するという期待できる解決法としてキメラ(RIBOTACs)を狙うリボヌクレアーゼ(RNAの分解酵素)の潜在性を研究することで、制御できないスパイクたんぱく質の産生を防ぎ、毒性を低下することを可能にしている。

siRNA とRIBOTACsの標的特性は、精度の高い介入を可能にし、mRNAベースの療法の有害事象を予防し軽減するための方法を提供している。」

この研究で研究者らが提案したCovidワクチンの突然変異誘発効果を停止する方法が「siRNA及びRIBOTACアプリケーション」の箇所で詳しく説明しています。
(画像は省略)
また、研究者らは、提案する新しい治療法を図で示しました。
(画像は省略)

外来のメッセンジャーRNAは体内で分解されやすいため、モデルナ(mRNA Covidワクチンを開発したのはモデルナであり、ファイザーはそれをコピーしたためモデルナに訴えられた。)は、mRNAペイロードを脂質ナノ粒子内にカプセル化することで細胞のリボソーム(生体タンパク質合成(mRNAの翻訳)を行う分子機械)に輸送できるようにする方法を考案しました。この研究では、ヒトゲノムを改変するためにエキゾチックなmRNAワクチン・テクノロジーが乗り越えなければならなかった異なる身体システムがどのくらい存在したかを説明しています。

この研究論文の序章には次のように詳述されています。
「2020年にモデルナ(mRNA-1273)とファイザー+BionTech(BNT162b2)のmRNAワクチンが承認される前にmRNAテクノロジーの固有の制限を回避するための課題の多くが取り組まれた。
これまで研究者らは核酸をカプセル化し、ポリマー粒子を介してうまく輸送することが可能であることを実証したが、効果的な治療薬としてのmRNAの出現には、mRNAの不安定性と免疫原性の軽減そしてmRNAの複数の障壁を貫通する能力が必要だった。mRNAが細胞外空間や標的細胞内のヌクレアーゼを回避しても、殆どのmRNAはエンドソームに閉じ込められ、その後分解されてしまう。
さらに、mRNAのエンドサイトーシスは、パターン認識受容体媒介免疫原性を誘導し、その後、mRNA翻訳を阻止し、mRNAの安定性を低下させる可能性がある。さらに、mRNAの効率的な輸送がmRNAと細胞膜の負電荷に妨げられる。投与されたmRNAは、マクロファージによる食作用或いは腎臓ろ過によっても除去できる。」と。
これらの研究では、ワクチン接種者の体内に分散されたmRNAの有病率について考察しました。
「マウスを使ったパルディらの研究では、皮下、筋肉内、皮内に注射された(脂質ナノ粒子内にカプセル化された)mRNAは最長10日間翻訳可能である。驚くべきことに、mRNA-1273或いはBNT162b2 mRNAワクチンを投与後、最長で28日間、患者の9.3%に、ワクチンのSARS-CoV-2 スパイクmRNAの全長或いは断片が血液内に見られた。」
(論文の)著者らは、むき出しのmRNAは急速に劣化するため、血漿内で検出されたmRNAは脂質ナノ粒子内にカプセル化されたと推測しています。
「Detection of Vaccine mRNA In Vivo」の箇所では「同様に、mRNA-1273或いはBNT162b2の2回目の投与の60日後に、リンパ節の胚中心にワクチンのmRNAが見られた。さらに、ハンナらの研究では、以前発見された「ワクチンのmRNAが注射部位を離れて全身に分散する」ことが実証された。BNT162b2或いはmRNA-1273Covidワクチンのいずれかを接種した授乳中の女性13人の母乳にワクチンのmRNAがどのくらい含まれているか測定した。ワクチン接種後、45時間経過するまで、一部の母乳サンプルから整合性が低下した微量のmRNAが検出された。」と詳述しています。



wisdomkeeper at 07:25│Comments(14)

この記事へのコメント

14. Posted by ブログ主   2024年07月07日 10:17
>>13 
ママンさん、興味深い情報をありがとうございます。
お勧めの食品の多くが日本人が日常的に食べているものですね。
私はシナモンを毎日ヨーグルトにかけて食べています。私のヨモギ茶は国産です。私は代々日本人なので国産に問題があったとしても運命共同体です。日本と共に沈んでしまうとしてもそれでいいのだ(笑)。
最終的に最も重要なのは、善なる者たちや神々に感謝することと思います。
13. Posted by ママン   2024年07月06日 14:27
解毒ではLシスティン,グルタチオンこれはアミノ酸から合成されますから必須アミノ酸8種全20種とれていれは体内合成できます!酸化が悪さするのでC,亜鉛が有ると細胞に侵入出来なくなるので,後Dは免疫の高すぎをを抑え低すぎを上げと調整してくれます。寄生虫にイベルメクチン,ガンに枇杷の種、ヨモギ、二酸化塩素、シナモンは漢方の毛細血管に作用するので二千の処方に配合,ただしセイロン産の以外はクマリンという良くない成分が含まれるので中国ベトナム産はカシアというもどきです,納豆キナーゼと梅干,緑茶,味噌,鹿児島のシリカ水はファミマに売ってます、あとはDHAのプラチナかな?体内に有る限りマイナスに帯電して酸化を防ぐと安いですしね?一袋千円だし続けるなら皆んなが手に入れやすく安くないと,エビオスは昔TVでこれと水だけで生きてるひとの追跡してましたね!痩せても太ってもない検査値も正常でしたよ!
12. Posted by ブログ主   2024年07月05日 15:23
>>11
ママンさん、ワクチンを接種してから3年~4年経っていますので、接種者の中には毒に身体が侵されていることを知らずに日々暮らしておられるのかもしれません。会社の検診で自分がいかに不健康になってしまったかがわかると言う悲しい現実がありますね。
市販のビオス錠というものですね。
レプリコンワクチンに関してはおっしゃる通りですね。
9月に岸田政権が倒され、自公政権が終わり、多党連立になればレプリコンワクチンが問題視されるのではと願うばかりです。接種は強制ではないので日本人の多くが事実を知り政府に抗議しノーと言えるようにならないと日本人の多くが再び騙されるでしょう。今の多くの日本人のレベルがこれですから仕方ありません。テレビばかり観ている高齢者が厄介です。ここまで日本人は洗脳されてしまったのです。そして海外の情報を入手する手段もないようです。
日本人が海外に脱出してもレプリコンワクチンの被害からは逃げられますが、それ以外の問題が次々に発生しますよ。しかも欧米でもパンデミック茶番で、レプリコンワクチンとう名ではないですがmRNAの鳥インフルエンザワクチンや他のワクチンを国民に接種させる動きがあります。
11. Posted by ママン   2024年07月03日 13:21
スパイクが細胞から検出されたら遺伝子に組み込まれた証拠でしょう、止まらない列車次々に弱い臓器からやられて行くと、会社の検診で貧血が多いと生理のない男性も多数多分磁性帯びた血小板が連戦状態になり酸素が行き渡らなくて貧血になってるかと?ラキンタ、コルムナではエルシスティンが破壊すると後はグルタチオン安く済ませるならエビオスに含まれてます。ガンにルミカのCO 2100㍉にキャップ半分入れて一時間毎に飲むとかカンブラ博士のはちょっと面倒なので,海外で画像と日付つきで色々出て来ます。予防と治療では濃度が違います!9月からのレプリコンは老人から始まりますが治験でもう何人も死んでます,危険性は今迄の何十倍シェデング拡散される,世界で日本だけ打つから海外から日本人は渡航制限される恐れが有り,そうなると逃げ場が無くなるので打ってない若い人は九月前に逃げた方が良いのではと思います、猿の値段が高いので人間で治験!物を考えない日本人がモルモットに?エボラ仕入れたのは安倍ワクチン入れたのは安倍で麻生と親戚!麻生の姉は皇族,わかりますか誰の指図か?若かったら脱出してたと思うもう終わりはどうなるか見てみたいという感じかな?
10. Posted by ブログ主   2024年07月03日 10:19
>>7 
ママンさん、私も過去にグラフェンは剃刀の刃のように鋭く細胞を切り裂いてしまうと言っている記事をご紹介しましたが、グラフェンとスパイクたんぱく質が同時に悪さをしています。ワクチンのロットによっても成分が異なると思いますが、この2つは多くのロットに入っている可能性が高いのかもしれません。接種者は接種後も元気で生活できており、自分がワクチンに攻撃されていることも知らずに安心して生活していると突然身体が毒の臨界点に達してお亡くなりになると言うケースも多いようです。ですから特に接種者は定期的に血液検査を受ける方が良いのではないかと個人的に思っています。
9. Posted by ブログ主   2024年07月03日 10:12
>>8 
ママンさん、コロナワクチンの酸化グラフェンも合成スパイクたんぱく質もその他の成分も同じように身体には非常に有毒で危険ですね。レプリコンワクチンを打つ日本人がどれだけいるのか。。。政府がエッセンシャルワーカーや輸送やサービス業など半強制的にワクチンを接種させるなら、政府に対する大規模抗議をしないといけませんね。9月にどんな総理が誕生するかでも違ってくると思いますが、一人ひとりが隣人や家族にレプリコンワクチンの危険性を教えてあげるしかないのではないでしょうか。私はそれでも日本人には海外移住をしてもらいたくないと思っています。日本人は外国の方が良いと思いがちですがそうではありませんよ。今の時代、日本人が外国に住むのはとても苦労します。しかも外国でも別の名のワクチン(mRNAテクノロジー)が強制的に接種させられる時が来てしまうかもしれません。日本にいても強制接種は絶対に拒否しないといけませんね。
8. Posted by ママン   2024年07月01日 13:27
ワクチンが始まる前に何か変だと調べ始めヤバイと確信し止めたのに皆打ってしまいました!次々と新しい情報が出て来てザックリ毒作用するのは酸化グラフェンで電気に反応するので5Gの起動は危険カナダと英国の軍の上の人敵を倒す為の武器で一般人には必要ないた、スイスは健康に影響が有ると取りやめ,日本だけ推進!メチルシュードウリジンは免疫抑制で病気のデパートに,混入DNAで免疫の混乱,細胞に取り込まれたら遺伝子組み換え、寄生虫による狂牛病!だからイベルメクチンが効くと,ガン抑制遺伝子の抑制でターボガン!ATPの障害でエネルギーが抑制!体内に入れた電磁波発生装置で壊れた原発人間となり周りの人に生きてる限り悪影響与える設計!これでも国を信じるならアホ!打たせてるのは日本だけ!レプリコン始まったらもう終わり!若くて打ってない人はこの国捨てた方が良いかも?
7. Posted by ママン   2024年07月01日 12:51
アンドレアス博士が水酸化グラフェンの解説中に警察が踏込み連れ去られた動画見ました、ナノ剃刀が血管内を流れて血管内皮細胞を切り裂くので激しい運動は更に良くないと,スポーツ選手が試合中にパタパタ倒れ死亡が動画に上がってます鹿先生の説明では免疫抑制剤メチルシュードウリジンが入っていて免疫が抑制されると今迄自分の免疫で対処出来てた弱い菌にも対処出来なくなって病気に掛かりやすくなる何度も打つと免疫が働かなくなるレギュラタリー4が出来てしまう,打たないで下さい!厚労省やNHKに騙されないで下さいって言ってましたね。グラフェンについては39次元魂さんが教師を辞めてご主人と破壊する活動してます,画像付きで説明してますね,LINEで友達申請して申し込みするみたいですが?値段は幾らなのかLINEやってないので解りませんが?
6. Posted by ブログ主   2024年06月27日 11:09
>>5 
天意の理さん、ありがとうございます。
人間は最終的には神に祈ることしかできなくなりますね。
5. Posted by 天意の理   2024年06月25日 13:44
>>4いえいえ、とても参考になりましたし、私の見解とほぼ共通していました。
特に、「天命を全うするよう神に祈る…」というあたり。
創造主は、悪魔礼拝者の悪意と悪事全てもご覧になっていますからね!
大切なポイントだと思っています。
ありがとうございます!
4. Posted by ブログ主   2024年06月25日 09:43
>>3 
天意の理さん、酸化グラフェンの解毒法ですか。ひょっとしたら私が過去にご紹介した記事に酸化グラフェンの解毒法が書かれていたかもしれませんね。ご紹介する記事が多いためはっきり覚えていません(汗)
グラフェンはナノカミソリであることを伝えていた記事も過去にご紹介しましたが、これにより血管や内臓が傷つくでしょうね。
たぶん、スパイクたんぱく質の解毒法も酸化グラフェンの解毒法も同じような感じなのではないでしょうか。どちらも異物ですから。チャーコール(炭)を毎日お風呂に入れて入浴すると解毒できるとも言われていますね。
あとは、私が解毒に良いと思っている食物は、松葉茶、ヨモギ茶、重曹、梅干しなどのクエン酸、納豆、トマトジュース、ビタミンC、D・・・それと前向きな気持ち、適度な運動、愛情、天命を全うするために神に祈る・・・でしょうか、大して参考になりませんね。
3. Posted by 天意の理   2024年06月24日 15:51
ブログ主さん、ご回答ありがとうございます。

私の質問の仕方が悪かったと思いますが…私が知りたかったのは、酸化グラフェンの排出や解毒についてなのです。
ドイツで炭素研究の第一人者だった、アンドレアス・アノック博士が、毒沈が水酸化グラフェンのナノカミソリだらけだ…と指摘したら、あっという間に56されたのは、彼が研究して会社経営していたスーパーチャコールのデトックス効果がバレたら困るからではないか⁉️とも思いました。
スーパーチャコールのデトックス以外には、他はどうなのでしょうね⁉️
2. Posted by ブログ主   2024年06月23日 10:34
>>1 
天意の理さん、コメントありがとうございます。
スペインの科学者チームがこのワクチンの集団接種開始直後にワクチン(サンプル)の分析をして酸化グラフェンが含まれていると発表しましたが、ここでその記事をいち早くご紹介しておりますので、酸化グラフェンも悪玉の一つということは知っております。このワクチンには悪玉が数多くありますね。スパイクたんぱく質、酸化グラフェン、ナノ粒子、寄生虫、胎盤、人間以外の遺伝子、その他様々な異物が混入しているようですので様々な影響が出るのかもしれませんね。
1. Posted by 天意の理   2024年06月21日 13:09
初めまして、いつも、有用な情報発信をありがとうございます!
私は、科学的な内容は専門外なので、詳しいことは言えませんが、
スペインのラ・キンタコラムナでずっと発信して来たし、アメリカのキャリーマディ博士も伝えていたし、世界中の科学者複数も証明している●●チンの主体毒物「酸化グラフェン」については、どうなのでしょう?
実はこれこそが、最も悪玉だと思いますが…ブログ主様はどう思われますか?
よろしければご意見、聞かせて頂けますでしょうか?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
6/17-その3 おすすめ動画6/19-その2 カンザス州がファイザー社を告訴!