以下の画像は閲覧注意レベルでかなり悲惨です。
ウェールズのマークさんはブースター接種後に非常に稀な癌になってしまい、腕(たぶん、ワクチンを注射した場所)に巨大な腫瘍ができ腕が腐るのではないかと思えるほど酷い状態になってしまいました。出血もしておりかなり痛かったでしょうね。残念ながら、この方は既に亡くなっています。
接種後にこのような病気に襲われ最悪の結果になってしまいました。
ところで、今、小林製薬の紅麹が原因で腎臓にダメージを受けてしまった人がいることが報じられていますが、本当に紅麹だけが悪いのでしょうか。もちろん、ワクチンも医薬品もサプリも使用成分を全て表記すべきです。それをしないからいつまでも問題が明らかにならないのですが、今回の問題はワクチンの後遺症により腎臓が弱くなっていることも原因なのではと、ふと思ってしまいました。

TRAGIC: “Getting Cancer After COVID Jabs and Booster in the Same Place…” (substack.com)
(概要)
3月24日付け

悲劇:Covidワクチンとブースターを受けた後に癌になりました。

ウェールズのマーク・スティーブン・スミスさんは接種後に非常に稀な癌と診断され、2023年5月15日に亡くなりました。

マークさんは、非常に稀な転移性の腱滑膜巨細胞腫(ステージ4)との闘いに負け、2023年5月15日に亡くなりました。

 

安らかに眠るウェールズのマーク・スティーブン・スミスさんが生前に投稿:
同じ場所でCovidワクチンとブースターを受けた後に癌になりました。昨日、大量の失血で死にかけました。今は最悪な状態であり、金曜日に放射線治療を受けた私の腕が腫瘍でえぐられている感じが最も恐ろしい。このような写真を投稿してごめんなさい。でも皆さんに観てもらいたいのです。


Share

Related articles: