短い記事ですが、興味深い内容ですのでご紹介します。
イギリスの良識ある国会議員が、毒ワクチンを使った反逆罪に等しい犯罪を行っている政府のトップ、閣僚、官僚に対して行動に出ました。この国会議員の要請をロンドン警視庁や国会倫理基準局が受け入れ、闇に葬るのではなく、実際に裁判に持ち込み、関与した者たちが有罪判決を受けるような事態になればうれしいのですが。。。イギリスの司法が日本や米国と同じように腐敗していれば、闇に葬られるの可能性はありますが、そうならないことを祈ります。
イギリスでこの問題が裁判沙汰になれば、それが報道され、徐々に世界中に広がるかもしれません。
願わくば、まずは、日本の2人の総理、厚労大臣、ワクチン担当大臣を有罪に!

Exclusive Breaking News: Evidence To Be Presented That Criminal Activity Has Been Committed by the Very Top of Government in the UK (substack.com)

(概要)
2月25日付け

イギリス政府のトップが犯罪活動を行っていたことを示す証拠が提示されることになります。

「世界中の政府首脳や配下の者たちが、自国民に対する反逆罪に等しい犯罪を行っています。そして大規模な隠蔽工作が行われています。」


By Jim Ferguson

イギリスのリシ・スナク首相は、刑事捜査に直面し最も激しい種類の刑事告発を受ける可能性があります。

イギリスのアンドリュー・ブリッジェン国会議員は、ロンドン警視庁のマーク・ローリー警視総監と警察幹部に対して、イギリス政府のトップと官公庁が犯罪に関与していた可能性を専門家らと内部告発者らが立証するための会議(3時間)を開催することを要請する書簡を送りました。


国会はワクチン契約に関して故意に誤った方向に導きました。
この問題が
国会倫理基準局(Parliamentary Standards Authority)に持ち込まれ、証拠が警察や治安機関に提出されるかもしれません。

「世界中の政府首脳や配下の者たちが、自国民に対する反逆罪に等しい悪事を行っています。」

ONS国家統計局の超過死亡に関するデータが隠蔽されています。

「巨大な隠蔽工作が行われています。」

2019年8月、治安機関の関係者は、パンデミックが発生するがワクチンは接種しないようにと言明していました。


ビル・ゲイツとリシ・スナク首相は、パンデミックが始まる前からファイザーやモデルナなどの製薬会社に巨額の投資を行っていました。彼らは、発生する予定のパンデミックで何が計画されていたかについての内部情報に通じていたのでしょうか。

 

米国の下院議員の75%が大手製薬会社に投資しています。

ファイザーの幹部は、上院議員は10,000ドルの賄賂で買収できると言っていました。

ジャーナリストらも隠蔽工作に加担しています。大手メディアも賄賂によって買収されています。

 

アンドリュー・ブリッジン国会議員への誹謗中傷を行ったとして、マット・ハンコック元保健相に対する名誉毀損の裁判が始まっています。これは王立司法裁判所で行われます。

 

アンドリュー・ブリッジェン議員の成功を祈っています。