Covidワクチンやブースターショットによる皮膚の発光や様々な感染症や癌の増加についての研究結果が出ました。以下の記事はそれを簡単に説明してくれています。
以前から接種後に腕が蛍光塗料のように発光するケースが報告されていますが、その原因がわかりました。また、特にブースターショット後に免疫系が深刻な影響を受け癌や様々な感染症にかかりやすくなることも明らかになりました。ブースターの方が最初の2回のワクチンよりも破壊力が大きくなっているのかもしれません。ブースター以降も成分がロット毎に異なるのかどうかはわかりません。
ただ、ワクチンを接種した人(全員かどうかはわかりませんが)は、監視用の生体IDシステムが身体の中に埋め込まれた可能性があります。
このようなIDシステムが埋め込まれた人は15分都市にふさわしい住民ということなのでしょうか。
どうやってこのような極悪非道なIDシステムを身体から除去できるのでしょうねェ。。。

① Covidワクチンによって体内に生体IDシステムが導入されました。
Evidence Shows Biological ID System Has Already Been Deployed (substack.com)
 (概要)
2月20日付け

Covidワクチンによって既に生体IDシステムが導入されていることがわかりました。
紫外線を顔に当てると顔が光ります。
Art portrait. Passion energy. Spiritual aura. Esoteric ...

(これはイメージ画像)


アナ・マリア・ミハルセア博士の研究で非常に気がかりなことが判明しました。
ミハルセア博士の研究結果は科学鑑定によって論証され、政府やNGOの証拠書類によって裏付けられています。そして、彼女の研究によって人類が既に最先端の監視用ナノテクノロジーに「感染」していることが証明されました。
これは、ミハルセア博士のハイドロゲル研究に関する私の再異臭報告のフォローアップです。

新たな研究結果によると、Covidワクチンを打った人は、365ナノメートルの紫外線に顔が当たるとオレンジ色の蛍光を放つことがわかりました。また、シェディングを受けた人たちも、鼻の周りが光ることがわかりました。

ジャスティン・コイ博士は、彼の妻がCovidワクチンを強制的に接種させられた後、独自の研究を開始しました。彼は、接種回数が多ければ多いほど、紫外線下で顔がより明るく光ることを発見しました。最初は鼻の周りが光り、時間の経過とともに顔全体と首が光るようになります。


接種者が熱いシャワーを浴びると、フィラメントが皮膚から排出されます。また、これらのフィラメントも紫外線下で光を放ちます。これらのフィラメントは光るだけでなく痙性運動で勝手に移動します。そしてそれらは人の身体に引き付けられます。映像からも、それらが指をつかもうとしているのがわかります。
接種者の肌が乾燥すると、皮膚から排出されたフィラメントが空気中に浮遊します。
このようにして接種者から未接種者へとシェディングします。
ファイザー社の治験記録文書には、接種者の近くにいる未接種者は、吸入や皮膚接触によってシェディングを受ける可能性があると記載されています。


2008年に、カリフォルニア州でブラウンモス(茶色の蛾)を殺すために作られた生物ナノテクノロジー農薬が撒かれましたが、これにも同じ種類の蛍光性のマイクロ色素が含まれていたようです。ヒルデガルト・スタニンガー博士は、ナノテクノロジー農薬に曝された人たちを検査したところ、紫外線下で彼らの目が輝くことがわかりました。
スタニンガー博士は、この現象を外観が似ていることからホルスの目効果と呼び、この農薬に蛍光チオシアン酸塩が使われた結果だと主張しました。文献によると、これは分散の効果を追跡するために使用されたようです。

 

このような着想は何十年も前からありました。
1997年に国家安全保障研究所が出版した「非致死兵器:用語と参考文献」には、暴徒を後で特定できるように、普段は目に見えないが紫外線を当てると光る赤外線染料が使用されることについて記載されています。

 ジャスティン・コイ氏は、自然界に存在する生物発光酵素であるルシフェラーゼの遺伝子コードが、SV40と共にファイザーとモデルナのワクチンに含まれており、これにより、理論的には、ルセイフェラーゼを接種者の遺伝子に書き込むことができるようになると指摘しています。
コイ氏は、接種者が紫外線の下で発光する原因はこれにあるだろうと指摘しています。

 
※SV40とは:シミアンウイルス40 (Simian Virus 40) | 今月の分子 | PDBj 入門
霊長類(primate)の細胞に感染してウイルスを取り込ませ、細胞内にDNAの環を放出する。細胞内に入るとSV40は2つの仕事〜DNAの複製とその複製DNAの新しいウイルスカプシド内への梱包〜を行う。驚くべきことに、SV40はこの2つの仕事を制御するのにたった1つのタンパク質「T抗原」(T-antigen)しか必要としない。ウイルスが細胞に入るとすぐに、細胞自身が持つ合成機械はSV40の制御領域の中心にあるTATA配列(TATA sequence、鮮やかな赤色で示した部分)を認識する。そして細胞は環状DNAを反時計回りに読み取ってメッセンジャーRNA(mRNA)を作る。このmRNAはT抗原(詳しくは後述)タンパク質を作るのに使われる。これでウイルスが働く準備ができたことになる。T抗原はSV40の環に結合して鎖の分離を助け、細胞のポリメラーゼ(polymerase)がDNAを複製できるようにする。また、DNAを逆方向に読むよう指示し、環を反時計回りに回ってカプシドタンパク質の複製をたくさん作ることもする。


2020年5月に「TRACE Act H.R.6666 - Covid-19 Testing, Reaching, And Contacting Everyone Act」と呼ばれる法令が提出されました。この法案は、CDCに住民の接触の追跡と監視を行う権限を与えています。

2020年後半~2021年初頭に、世界中の人々が紫色の街灯が増えたことに気づき始めました。これは紫外線の色です。


ビル&メリンダ・ゲイツ財団が資金提供した量子ドット・タトゥー研究によって、ワクチンに蛍光性の医療情報を加えることで、ワクチン接種の有無を見破ることができるようになりました。
目に見えない近赤外線を皮膚下に刻印することで、その後、カスタマイズされたスマートフォンがそれを読み取れるようになります。量子ドット・タトゥー研究に関する科学文献では、これらの蛍光性医療情報のタトゥーは、紫外線下で接種者の顔に現れる現象(発光)に似ています。


この極悪非道なプログラムを実行している人たちは、聖書の預言(ヨハネの黙示録)を彼らの脚本(戦略)として使っていることは明らかです。
ハネの黙示録13章:
「第二の獣は、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。」

 

しかし、我々にはまだ自由意志があることを決して忘れないでください。

                      ↓
<CovidワクチンはT細胞を損なわせ感染症や癌に対する自然免疫能を破壊します。>
BOMBSHELL: COVID-19 boosters found to impair your T cells, shutting down the body’s natural defense against infections and cancer – NaturalNews.com

(概要)
2月20日付け
 

爆弾ニュース: Covidブースターは、T細胞を損ない、感染症や癌に対する自然免疫能を破壊することがわかりました。


COVID-19ワクチンについて知っておくべきこと-UChicagoMedicine

 

「Clinical and Experimental Medicine」に掲載されたナラティブ・レビューは次のように結論づけています。
Covidワクチンを接種すると、SARS-CoV-2(Covid-19)の感染に苦しむ可能性が増すことになります。さらに悪いことに、Covidブースターショットは 高レベルのIgG4抗体に影響を及ぼし白血球を活性化する身体の機能を損なわせます。CovidワクチンはIgG4抗体を過剰産生し、あらゆる感染症や様々な癌と戦う
自然免疫能を破壊します。さらに、ブースターショットは、免疫系の最も重要な部分(CD4+とCD8+ T細胞の活性化)を弱めます。

病原体の監視、反応、破壊に関して言えば、これらのT細胞は免疫系の最も重要な要素です。これらのT細胞は、身体のアレルゲンや腫瘍に対する反応を促します。CD4+ T細胞は、他の免疫細胞を活性化します。それらは他の感染症に対する免疫反応を調整し、B細胞に抗体を産生するよう促します。
CD8+ T細胞は、感染細胞或いは異常細胞の認識と排除を促します。
また、それらは炎症の
重度化を予防します。ワクチンによってこれらのT細胞が抑制されると、感染症が悪化し腫瘍が増殖し続けます。

 

Covidワクチンの危険性を証明する確かな証拠が蓄積されているのにもかかわらず、現在のCDCのガイダンスでは、生後6か月以上の子供に対して、20023年9月12日以前に2回接種し免疫力が低下している場合は、最新のCovidワクチンを接種するよう勧めています。


科学者のアルベルト・ボレッティ氏は、「特に変異株が出現した場合、免疫力を高め、その効果を持続させる目的でブースター接種が推奨されているが、ブースターの効果は証明されておらず、副作用については無視されている。」と反論しています。

混合ワクチンの接種は、免疫機能が低下した集団を生み出しました。

免疫機能が低下した人々は、実験的なCovid「ワクチン」を優先的に接種するグループに入っていました。医学文献によると、Covid「ワクチン」は、低下した免疫機能に悪影響を与え、免疫機能をさらに低下させます。ブースターショットの接種回数が増えると(それらが血液内に送り込まれると)、接種者の免疫機能がさらに損なわれ、全ての感染症と戦う能力が失われ、永久的な免疫不全状態に追い込まれます。


一方で、ワクチン接種後に生じる高レベルのIgG4抗体は標的としている感染症から身体を保護する可能性があります。しかし、高レベルのIgG4抗体の保護効果は一定レベルまでしか実現されていません。
ワクチン接種を何度も繰り返すことで高レベルのIgG4抗体は実際に多臓器の炎症、自己免疫疾患、ターボ癌、自己免疫性心筋炎を引き起こすことを示す証拠が蓄積されています。
つまり、ヒト免疫系の増強に関してはより慎重に取り掛かる必要があります。混合ワクチンは血液に悪影響をもたらします。

IgG4抗体は、B細胞と呼ばれる特殊化した白血球によって作られる特異タンパク質です。
これらを人工的に異常なレベルまで変化させると、自己免疫の問題が発生する可能性があります。接種者の白血球の活性化が抑制されると、何かに感染した後にターボ癌になったり感染症が重症化します。

 

ここで、このような問題はmRNAワクチンに特有なものなのか、それとも全てのワクチンに共通しており、どのワクチンも免疫系の破壊につながるのかという疑問が生じます。
SARS-CoV-2(Covid-19)以前の過剰なワクチン接種は、
2020年~2021年におけるCovid-19の重症化にどこまで起因しているのでしょうか。

さらに、乳幼児に積極的に行われている混合ワクチンの接種は、乳幼児の免疫系をどれほど機能不全にしているのでしょうか。子供たちや若年成人の間で急増している新時代の癌は、T細胞の体系的な破壊によるものなのでしょうか。