中国で、特に子供たちの間で大流行していると騒がれている白色肺炎の真相が徐々にわかってきました。
支配層は来年早々、世界中を震撼させるパンデミックをでっちあげることを計画してきたようです。
コロナの時と同じように、一般的な肺炎であっても新種の感染症と偽ったり、これが実際は特に子供たちの間では軽傷のマイクロプラズマ肺炎であっても、メディアは肺が白くなる謎の恐ろしい感染症と報じて恐怖を煽っています。もちろん一般的にインフルエンザなどから肺炎になり死亡する人はいます。それなのに死者や入院患者数が激増している!とコロナの時と同じワンパターン報道をしているバカなメディアには呆れます。
そして今回の症状はCovidワクチン(中国製のワクチンもmRNAワクチンと作用は同じでしょう。)の後遺症ということがわかりつつあります。ファイザー社の報告書にもCovidワクチンの後遺症にマイクロプラズマ肺炎が含まれています。私もそうではないかと思っていました。
以前、このブログで、Covidワクチンの後遺症としてマールブルグ病やエイズのような病気が発症した場合、彼らは新たなパンデミックが発生したと恐怖を煽り、世界中の人々に非常に危険なワクチンを投与することを計画しているという記事をご紹介しましたが、まだマールブルグ病やエイズのような病気(後遺症)が多発しているわけではなく、今は肺が白くなるマイクロプラズマ肺炎のようです。そのため、それを新たなパンデミックとして騒ぎ立て、危険な未知の肺炎だ~~~!と恐怖を煽り、自国民にこれまでよりもさらに危険な新しいmRNAワクチンを投与するつもりでしょう。特に日本ではそうなるシナリオなのではないでしょうか。ワクチンの後遺症を武器に使うのですから本当にやり方が汚いです。彼らのいつものワンパターンの進め方に再び騙される人が本当にいるのでしょうか。まだ日本ではそのような症状がある人は報じられていませんが、既に中国から欧米諸国に広がっています。ワクチン接種開始時期を見ても、日本は遅い方ですから、もうすぐ日本でも謎の肺炎患者が確認されたとマスコミがコロナの時と同じように騒ぎたて、いつもの御用学者やせんせーがテレビに登場し、「謎の肺炎で非常に危険だから、予防が重要、ぜひワクチンを打ってください。」とワクチンの宣伝をするのでしょうね。再び多くの日本人がこれに騙されるとするなら、日本人のレベルは残念ながらかなり低いということなのではないでしょうか。

 

(参考)

マイコプラズマ肺炎について | メディカルノート (medicalnote.jp)

マイコプラズマ肺炎とは:

 

“マイコプラズマ”と呼ばれる細菌の一種に感染することによって引き起こされる肺炎のことです。小児や若い世代に比較的よく見られる肺炎であり、発症者の約8割は14歳以下であるとされています。

 

マイコプラズマ肺炎は大人の場合でも比較的、若年者に多く、高熱以外の重篤な症状は現れにくく、発症したとしても全身の状態はそこまで悪くないことも少なくありません。しかし、中には呼吸不全を伴うような細気管支炎を引き起こして入院治療が必要になったり、髄膜炎ずいまくえんなどの合併症を引き起こしたりするケースもあります。

 

 

 

<白色肺炎は子供に多いマイコプラズマ肺炎!これはCovidワクチンの後遺症。>

The Truth About “White Lung Disease” (2ndsmartestguyintheworld.com)

(概要)

125日付け

 

「白色肺炎」の真実:

このサブスタックでは、「白い肺」のアウトブレイク(突然の発生)は、マスク着用によってさらに悪化したVAIDSワクチン後天性免疫不全症候群の現れでしかないと正しく推測してきました。

2024年の心理作戦が始まりました!

121日の記事から:中国とヨーロッパでいわゆる「白色肺炎」の症例と入院患者が急増していますが、マサチューセッツでも子供たちの間で白色肺炎の感染の波が押し寄せています。オハイオ郡(インディアナ、ウェストバージニア或いはケンタッキー州にある郡)でも同様の警告が発せられています。

↓ 肺炎のインフルエンザの死者数
太線:閾値、細線:基準値、赤線:肺炎とインフルエンザの死者数、オレンジ色の範囲:インフルエンザ死者数

 

PSYOP-24 Incoming: Now MASSACHUSETTS is Hit by Wave of 'White Lung' Pneumonia in Children as OHIO County Issues Similar Warning - after China & Europe Saw Surges in Cases & Hospitalizations

現在、このサブスタックで予想していた通りのことが起きています。

現在、「彼ら」は中国で引き続きパンデミック(茶番劇)を展開しているのです。そして同じようなパンデミック(茶番劇)を米国でも展開します。

口真似モッキングバードのメディアのデイリーメール(イギリス)が米国の複数の州でも感染者が急増していると恐怖を煽る報道を行っています。

トム・レンツ弁護士がファイザー社の(Covidワクチンの)副作用に関する報告書を精査したところ、最近になり感染が急拡大している白色肺炎は本質的に死のワクチン(Covidワクチン)の副作用であることがわかってきました。

  

今回は短い記事になります。
なぜなら、今回の白色肺炎(笛吹き肺疾患)のナンセンスは、お決まりの恐怖を煽る詐欺にすぎないため、これを詳しく取り上げる必要もないからです。

思い出してください。
Covid‐19が感染者全員を死に至らしめるとかマスク着用は効果的でありソーシャル・ディスタンスは科学的に立証されているなどと言っていた人たちが再び白色肺炎のアウトブレイクで大騒ぎをしているのです。
文字通り、過去4年間にわたり、彼らが言ってきたことは全て嘘でした。それでもあなたは嘘つきたちをまだ信用しますか。 

まず、肺炎には複数の症状があります。肺炎の症状は、何らかの根本的な要因によって引き起こされます。私の読者の中には細菌説を好まない人もいることは知っていますが、私は肺炎は細菌によるものと考えています。ウイルス、細菌、そして時には環境要因が肺炎を引き起こす可能性があり、その症状は一般的に内在するこれらの問題で肺液が影響を受けたことによるものというのが大多数の専門家の見解でもあります。

CDCが示す通り、これは非常にシンプルであり科学的理解は必要ありません。

(画像は省略)

ここで、(コロナ禍に)病院で起きていたこと、つまり入院患者らに人工呼吸器を装着し肺炎を引き起こし殺害していた病院の殺人プロトコルを指摘したいのですが、この記事の目的上、マイクロプラズマ肺炎について取り上げます。なぜなら、今回の白色肺炎に関して最も関連性のある根底の原因がマイコプラズマ肺炎だからです。


以下の画像には、肺炎を引き起こす感染症が列挙されています。

Covid-19、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症(13歳の乳幼児が罹患することが多い呼吸器感染症)、ヒトパラインフルエンザウイルス(HPIV)感染症(小児の急性呼吸器感染症)、インフルエンザ、レジオネラ症、マイクロプラズマ、肺炎球菌疾患、呼吸器合胞体ウイルス、ライノウイルス、その他、アデノウイルス、水疱瘡、クラミジア感染症、真菌感染症、はしか、その他」 

(画像は省略)

CDCが提示している通り、肺炎を引き起こす感染症は多数存在します。風邪やインフルエンザが流行する季節に肺炎が流行することは珍しくありません。

重要なことは:

非定型肺炎は典型的な肺炎とは異なる特質があります。
例えば、胸部X線で見ると典型的な肺炎とは異なっていることがわかります。つまり、肺が白く写るというのが私の理解です。これが別名、白色肺疾患と呼ばれるものです。しかし白色肺疾患は人々を怖がらせるために作り出された病名です。

以下の画像のCDCの情報は重要です。

(画像は省略)

このように、マイコプラズマ肺炎は、X線で「白色肺疾患」のように写る非定型肺炎の1つであることがわかります。また、マイコプラズマ肺炎は、一般的には「軽度」であり、歩ける肺炎としても知られており、実際の白色肺疾患よりもかなり軽度です。 


さて、次に誰も話したがらない話題について話しましょう。

(画像は省略)

↑こちらはファイザー社のmRNAワクチンの副作用、後遺症の報告書です(ここにマイクロプラズマ肺炎が含まれています。)。

mRNA(実際はmodiified RNA)ワクチンとマイクロプラズマ肺炎には因果関係があるようです。

私の最も有力な推測として、Covidワクチンの接種者が体内で作り出しているスパイクたんぱく質がCovid-19と同じように接種者の肺を攻撃しているのです。
接種者が体内で作り出しているスパイクたんぱく質もCovid-19のスパイクたんぱく質も同じ病原菌です。私は科学者ではありませんが、Covid-19のスパイクたんぱく質が危険でCovidワクチン由来のスパイクたんぱく質が危険でないなら、その理由を誰か説明してください。実際は、どちらも非常に危険で致命的なのです。 


歩ける肺炎(非常に恐ろしい白色肺疾患)の増加傾向は、Covidワクチンが原因です。

Covidワクチン或いはCovidワクチンが混ざったインフルエンザ・ワクチンを接種した人たちは、未接種者よりも、呼吸器疾患になるリスクが高くなる可能性があります。

私は、2021年の夏から、ワクチンを接種する度にCovid‐19に罹患すると言い続けてきました。

これは当然であり、想定内です。
これは、彼らが2024年の選挙に間に合うように(パンデミックで選挙を有利に!)やっていることです。皆さんはこのことを知る必要があります。

本当の問題は、我々が再び彼らのはったりに騙されるほど愚かなのかどうかということです。


そしてこちらが歩け肺炎、いわゆる「白色肺疾患」の治療法です。

The Possible Cure For The Followup PSYOP-24 "Pandemic" (2ndsmartestguyintheworld.com)

(一部抜粋)

マイクロプラズマは細胞膜の周辺に細胞壁がないため、細胞壁合成を標的とする抗生物質に対する耐性があります。従って、イベルメクチン或いはイベルメクチンとドキシサイクリンなどの抗生物質を併用すれば、非常に優れた代替治療薬となる可能性があります。 

マイコプラズマ肺炎の治療において、マイコプラズマ属の一菌種に対する抗菌薬は静菌性であり、殺菌性ではありません。テトラサイクリンとエリスロマイシン化合物は非常に効果的です。第54世代のテトラサイクリン(ドキシサイクリン)とマクロライドは選択薬です。

 

イベルメクチンとドキシサイクリンを併用する治療法は、抗生物質耐性メカニズムにも対処する可能性があるため、より効果的で相乗作用の治療オプションとなります。