追記:別の読者の方からキムさんのビデオの内容を紹介しているとされる米国人のブログのURLを教えていただきましたので早速拝見しました。どうやらこの方はキムさんがビデオで言ったことを全部文字起こししているのではなく主な部分をピックアップし自分の意見や期待を交えてブログに書いておられますね。不思議なことに10月28日分のビデオの内容は取り扱っていませんでした。
24 Dragon Family Underlings Fill Open Slots | China Police Installation Not Going Well | Kim Proves She Controls All Currencies in the World, Will Any Bite? | Beijing’s Short Memory Regarding Nuke Threat | CDC is After Our Kids | Why Black Sun’s Exposure of Hunter Biden Story to Congress Will Yield Nothing | What Happens if Governments Fall? | What Will Sole Survivor Mark Warner Do? | Just Empower Me
・・・・・・・・・・

読者の方からこちらのコメント(青字)を頂きました。ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・
「その読者の方の情報源は、noteのブログ「安逸 多ーHisaichi Kazu-」の記事だと思います、

コピペ出来ず、手入力で題名やURLを入力したのですが、コメントを受け付けてもらえませんでした。ですので、ざっくりと書きます。
上記のブログで月別で、11月で検索して、11月8日の投稿記事を探してください。
10月28日にUNNで配信された動画を、米国の作家が文字起こし&解説した記事を、自動翻訳されたものです。
同じブログでマガジンサイト?で、竹下雅俊氏の記事を探してください。amebloのブログ「シャンティ・フーラ」からの転載です。
11月17日の記事です。
この記事で、10月28日に配信されたUNN配信内容などから解説しておられ、「ロシアがキンバリーさんのチームと協調して動くようになるのは、来年の1月からではないかと予想しています」と、書かれています。
情報が少なく、どうも腑に落ちないのですが、この方は波動の高い方で、間違えることはないようにも思えます。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月28日付けのキムさんのビデオということがわかればO.Kです。この10月28日付けのビデオはたまたま時間がなくて和訳してご紹介できなかった分でした。そのため早速、10月28日付けのUNNのビデオ(Beforeitsnewsに掲載されていました。)を視聴してみました。
キムさんのお話は23:00から始まっており、唯一ロシアについてお話をしていたのは、38:00からほんの1分半だけでした。その部分を以下に和訳しました。
以下の和訳の通り、キムさんはロシアと仲良くするとか1月からロシアと協調していくことを示唆するようなことは何も言っていません。キムさんが特定国と協調しながら地球や人類の復興活動を行うということは全く考えていないと思います。キムさんや彼女の仲間たちは、1つの国家や1人のリーダーを相手にしていません。
たぶん、このような少し歪めた内容を流しているのはQチーム辺りではないですかね。
英語が苦手な人たちに対しては100%真実の情報を流さなくてもそのまま信じてもらえるでしょう。
その内容を自動翻訳した日本人はさらに誤解して受け取ってしまったのかもしれませんね。
それにロシア擁護派ならそのように信じたくなるのも当然でしょう。
キムさんが発信している情報に関してもブロガーが彼女の発言内容に自分なりの飾り付けをして伝えているのかもしれません。これは混乱を招きますね。
サニーさんはプーチンがかつて発言していた内容をほめていましたが、発言したことを実行しないのもプーチンです。なぜならプーチンは嘘つきの名人だからです。サニーさんが言うような、キムさんたちの考えと同じ考えをプーチンが持っていたなら、なぜウクライナを侵略したのでしょうね。そこのところを無視してはいけませんね。

和訳の部分:
 Kim Goguen: Major End of Red October Intel (Video) | Alternative | Before It's News (beforeitsnews.com)


3800

キムさん:ロシアは何等かのメモを受け取ったようです。たぶん彼らは中国と米国から独立する準備をしているのかもしれません。それは良いことですね。

サニーさん:過去においてプーチンは我々の復興計画と同じようなことを言っており、そのようなことを実行してきたと思います。メディアはプーチンを誰からも嫌われる存在のように報じています。私はプーチンを信用していませんが、彼の話はとても理にかなっていると思います。

キムさん:言っていることとやっていることは違うのです。1ドルがロシアを支配しているロシアの一派に影響を与えたかどうか様子見ですね。もうすぐ相互依存の世界が到来するかもしれませんね。

これを覚えておいてください。彼ら(ロシア)も中国の長老らの世界支配計画に大きく影響を受けています。そのため、彼らは相手に笑顔を見せながら背後から刺すことにしたのです。
彼らは他の全ての国々と違う交渉の仕方をしています。
このような中で中国の
DSの間でパニックが起きていることは確かです。
中間選挙を目前にこの
1週間あまりハッキングによる攻撃が激化しています。