FTXが創設された主な目的は一般投資家を騙して巨額の資金を盗み出し支配層の人口削減アジェンダの活動資金に充てることでした。また民主党も共和党も他国の支援金として税金を拠出しFTXを介してマネロンした上で自分たちのポケットに入れていました。またFTXは人口削減用の生物兵器や化学兵器のワクチンを開発する企業やバイオテクノロジー企業に一般投資家から盗んだ資金を割り当てていました。彼らは国連2030アジェンダやグレートリセットアジェンダを押し進めるためにこのような巨大な犯罪組織を作り出していました。結局、金欠に陥った邪悪な支配層が狙っているのは一般庶民のカネです。

FTX was HEAVY into funding vaccine research, biotech engineering and other globalist depopulation agendas through the “scientific research” community – NaturalNews.com

(概要)

1119日付け


FTXは、ワクチン研究やバイオテック・エンジニアリングを含む
科学研究コミュニティを介したグローバリストの人口削減アジェンダに巨額の資金を供給していました。


FTX's Sam Bankman-Fried Said He's in Bahamas Despite Murmurs ... 

(Natural News)

FTX財団とFTX先物ファンドから新しい生物兵器のワクチン、化学製品、医薬品の開発のために割り当てられた
数百件もの助成金や投資金そして開発資金(約1億3千2百万ドル)が全て正式に無効になりました。そしてそれらを受け取ることになっていた人達はパニックに陥っています。

11月11日に先物ファンドの首脳部が全員辞任したことが発表された後、FTXから現金で助成金を受け取るはずだった企業の1つであるSecueBio社は、緊急の予備資金が調達されない限り、彼の会社の従業員は失業すると嘆いていました。

この他にSherlock Biosciences社(バイオテクノロジー企業)も先物ファンドから感染症の研究費として200万ドルを受け取ることになっていました。そして同分野のHelixNano社もワクチン研究費として750万ドルを受け取ることになっていました。

さらに、Our World in Data社も、人類の長期的な方向性に関した傾向を追跡する目的で750万ドルを受け取ることになっていました。 

そしてFTXは、武漢コロナウイルス(Covid-19 )の治療薬としてのイベルメクチンの効能は偽りであると言うことを証明するための研究にも関与していました。

また、サム・バンクマン‐フリード氏の「より強い未来の構築」イニシアチブを通してFTXの慈善活動の給付金を受けとるはずだったProPublica社は、今年500万ドルの助成金の初回分を受け取り、その後、2023年、2024年に助成金の残りを受け取るはずでした。

FTXが破産する前の90日間にFTXから資金を受け取った組織(企業)は、資金の回収の対象となる可能性があります。

モリ―・コバイト氏(弁護士でありEffective Altruismグループのメンバー)によると、破産宣告前の90日間にFTXから資金を受け取った全ての組織(企業)は、資金回収プロセスを通して全ての資金を返金しなければならなくなる可能性があります。

コバイト氏が11月14日にこれを発表した2日後にOpen Philanthropy(コバイト氏が代表を務める慈善資金提供団体)は、先物ファンドの破産で影響を受けた被譲与者の申請を求めていると発表しました。各申請が団体の裁量で評価され資金が提供されます。

一方、エリザベス・ウォーレン上院議員(民主党、マサチューセッツ州選出)とリチャード・ダービン上院議員(民主党、イリノイ州選出)は、FTXの前CEOであるサム・バンクマン‐フリード氏と現CEOのジョン・ジェイ・レイ三世に、詐欺的な暗号通貨取引所を破産させたのは何が原因だったのかについてより多くの情報を提供するよう求めています。

米国民に代わり、彼らの回答を待っている2人の議員からは、資料、リスト、回答を求める13件の質問が送られました。

「国民はFTX破産に至るまでのビジネス手法と金融活動に関する完全かつ透明な説明を要求している。暗号通貨で大儲けをすることに熱心なベンチャーキャピタルや他の投資ファンドの適正評価が欠けているようだ。」と2人の議員は書き送りました。

「このような展開は我々の長期にわたる懸念、つまり暗号通貨業界は詐欺師に有利に働くように構築されており、インサイダーに報酬を与え、一般投資家を騙すことを目的としているという懸念、を正当化している。」と彼らは付け加えました。

サム・バンクマン‐フリードとレイは11月28日までに提出するよう要求された資料を期限までに提出する必要があります。これらの資料には、2019年~現在までのFTXとFTX子会社の全てのバランスシートのコピーも含まれます。

また、ウォーレン議員とダービン議員は、サム・バンクマン‐フリードがツイッターに書き込んだ予想外の声明(秘密通信用に暗号化されたように見える)に関する説明も求めています。