今日は箱根の屏風山(948.1m)に登り、箱根神社に立ち寄りました。
箱根で唯一まだ登っていない山が屏風山でした。屏風山のハイキングコースは距離が短いため気楽に山歩きができると楽観視していました。
ところが、マイナーなコースのせいか、ひとけもなく、登山道に足を踏み入れた途端にその暗さと薄気味悪さにちょっと緊張しました。ここは一人では登りたくない山ですね(今日も2人で登りましたが)。ただ、鬱蒼とした森林や笹に覆われた登山道でしたが、今日は晴天でしたので青空が木々の隙間から見えて気分的に救われました。この薄気味悪さは登山口~山頂~下山口まで続きました。
薄気味悪さや陰鬱さが好きな方は、晴天ではなく暗雲垂れ込める日にこのコースを辿ってみてください。十分な満足感が味わえます(笑)。
辿ったコース:箱根駅伝ミュージアム付近の無料🅿→箱根関所近くの登山口→屏風山山頂→甘酒茶屋付近の下山口→車道→箱根旧街道→出口→箱根神社→恩賜公園→🅿

登山口から山頂までは1時間ちょっとしかかかりませんでしたが、このハイキングコースは熊出没注意と注意書きがありましたが、熊よりも蛇が出てきそうな雰囲気の登山道でした。幸い、私たちが遭遇したのは湿った地面でぴょんぴょん撥ねていた大きなミミズでしたが。途中、かなり急な木の階段を登っていきましたが汗だくになりました。ここも湿っていて滑りやすかったです。ここ最近の大雨で登山道も草木も湿っていました。
山頂も展望ゼロで寂しそうな木々に覆われ薄気味悪かったです。山頂から下山口までの区間も同じような雰囲気でしたが次第に登山道が広くなり明るくなってきました。最後に小さな沢を渡りましたがそこには苔の生えた石が「足を滑らせてやるぞ」とばかりに待ち構えていました。
登山道を無事に抜け出した後、車道を少し歩き、箱根旧街道に入りました。ここも苔の生えた石が敷かれていましたので滑りやすかったです。昔の旅人はこの道を通って箱根越えをしたということなので当時の様子を想像しながら坂道を登っていきました。彼らはここをわらじで登っていったのです。雨の日はさぞ滑りやすかったことでしょう。
箱根旧街道を出た後、箱根神社まで歩いていき参拝をさせていただきました。久しぶりの参拝でした。平日なのに多くのマスク参拝客が訪れていました。参拝後、芦ノ湖畔の歩道を歩いて恩賜公園まで行き、公園内のベンチに座って🍙を食べ、🅿に戻りました。
今回は休憩も入れて4時間15分のハイキング+ウォーキングとなりました。平日なのに箱根には比較的多くの観光客が訪れていました。
(登山口~山頂までの登山道の雰囲気をご堪能くださいx8→箱根神社→今日の芦ノ湖の景色)
IMG_8306薄気味悪い登山道IMG_8310荒れた登山道IMG_8307急坂IMG_8312暗い登山道IMG_8313笹のトンネルIMG_8316うすきみわるいIMG_8318狭い道IMG_8320屏風山山頂IMG_8335箱根神社IMG_8338芦ノ湖