チャールズ3世は以前から小児性愛犯罪や悪魔崇拝儀式に関与していたと言われていますが、チャールズもロスチャイルドやシュワブと同様にハザール系ユダヤ人のサバタイ派フランキストでしたね。どの国の王族もそうでしょうね。英王族はビクトリア女王の後?あたりからロスチャイルド家の血が混ざるようになりましたし。。。
フランキストはイルミナティそのものと言われていますが、彼らこそが、世界人口を削減し人類を奴隷にして独裁支配するために共産主義を作り上げ、グレートリセットを行い独裁(全体主義)共産主義体制の下で人類を奴隷として支配することを計画している爺たちでしたね。しかもグレートリセットを主導しているのはシュワブやシュワブの薄気味悪い相談役(名前は忘れました)ではなく、むしろチャールズだったようです。。。そのチャールズが新しい王になってしまったのですから大変です。
チャールズが反キリストだったのでしょうか?
しかし高齢のチャールズ王は長くは続かないでしょうね。あのソーセージのような指を見てもかなり不健康ですし、非常に多くのイギリス人がチャールズを嫌っていますし英王室でも権力闘争のようなものが起きるのではないでしょうか。チャールズがいつまでも元気でグレートリセットを押し進めてしまったなら大変なことになります。シュワブもチャールズもソロスもゲイツでさえも、極悪非道な犯罪の第一線から立ち退き刑務所に収容されるべき爺たちです。そして彼らの時代はもう終わったのです!!

Meet The Great Reset King – Charles III – The Expose (expose-news.com)
(一部)
9月20日付け

グレートリセット王のチャールズ三世とは:


NHS advice if you suffer from Prince Charles' swollen ...

以下省略

                                                            ↓
<ロスチャイルド、シュワブ、チャールズはみなサバタイ派フランキスト共産主義者たち>
2022-02-23-Rothschilds-and-Schwabs-are-German-Frankist-blood-cousins-like-Charles-Patriots-for-a-Human-Future-under-God-Feb-23-2022.pdf (fbcoverup.com)
(概要)
2022年2月23日付け

ロスチャイルド家とシュワブ家はドイツのフランキスト(フランク主義=サバタイ派)の血のいとこです。彼らは、
マイアー・アムシェル・ロートシルト( 1744年2月23日 - 1812年9月19日:ドイツの銀行家。 ヨーロッパの財閥ロートシルト家の基礎を築いた。)の資金援助で創設されたサバタイ派フランキズム(ジェフリー・エプスタインのカルト)を実践しています。当時、借金と道楽で人類を奴隷にするための米独立戦争が勃発していました。
マルタのタイムズ - オピニオン:ロバートアベラのジムは何ですか...
(写真左上)フランキストのチャールズ皇太子が彼のマスターである(同じく)フランキストの
エブリン・デ・ロスチャイルド(先祖がフランキスト巡礼者協会の共同創設者)からレクチャーを受けています。
(写真中上)フランキストでイギリス人(?)のクラウス・シュワブ卿(KCMG聖ミカエル・聖ジョージ上級勲爵士(2006年))が、2020年2月22日のダボス会議にて、フランキストの仲間のチャールズ皇太子(先祖代々、フランキスト巡礼者協会の後援者)にささやいています。
(写真下)2020年1月22日に、チャールズはクラウス・シュワブのWEFにて講演を行いました。
人類に対する破壊攻撃はイギリスのフランキスト巡礼者協会の連中からの指示です。
皆さん、誤認に導く説明やネット上の限定的な情報に騙されないでください。
(写真右上)イギリスの巡礼者協会のロゴ(1902年に創設):
フランキストの重要メンバーには以下のエリートが含まれます。
ヘンリー・キッシンジャー卿、キャスパー・ワインバーガー卿、ポール・ボルカー、ヘンリー・ルース(タイム誌)、ニコラス・マレー・バトラー(コロンビア大学)、デビッド・サーノフ(RCA、NBC)、J.P. モルガン、アンドリュー・カーネギー、デイビッド・ロックフェラー、ヘンリー・ウェルカム卿、マーク・マロック・ブラウン卿、その他100人以上。
リチャード・ニクソンの内閣は全員がフランキスト巡礼者協会のメンバーでした。
フランキスト巡礼者協会は、以下の法人、組織、団体を配下に置いています。
MI6、MI5、GCHQ政府通信本部、FRB、Chatham House(
王立国際問題研究所)、外交問題評議会(CFR)、太平洋問題調査会、カーネギー基金、ロックフェラー財団、フォード財団、ウェルカム・トラスト(イギリスに本拠地を持つ医学研究支援等を目的とする公益信託団体)、ゲイツ財団、マーシャルプラン、ファイブ・アイズ、C.I.A、NSA、FBI、IBM、Marconi/BAE(マルコーニ・エレクトロニクス・システムズ+ブリティッシュ・エアロスペース)、SERCO、QinetiQ、NBC、他、グラクソ・スミスクライン、アストラゼネカ、BioNTech、 JPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックス、ヴァンガード、ブラックロック、ステート・ストリート、フィデリティ、T・ロウ・プライス(個人および機関投資家に投資顧問サービスを提供する投資会社)、国連(および関連機関)。

フランクフルトのロスチャイルド家(本名:バカラック)そしてシュワブ家には、15世代も前から共通の先祖(男系)がいます。スイスのバーゼル付近出身のシュワブの始祖、ネメロウ・ウルリッヒ・シュワブ伯爵(ホスピタラーズ騎士団司令官(1298年-1315年))は、以下の3つ政策を行い教皇クレメンス5世を助けました。:
(1)ハプスブルク家の権力を強化する。
(2)レーモン4世(1052年頃 - 1105年)=ジルのレイモンド)によって設立されたテンプル騎士団を破壊する。
(3)テンプル騎士団の銀行の教区司法機関を騎士団のホスピタラーズ(病人や貧困者を援護する宗教団体のメンバー)現バチカン銀行、マルタ騎士団、イングランド銀行)に移す。ホスピタラーズとは、現在のバチカン銀行、マルタ騎士団、イングランド銀行と関連銀行を指している。

自画自賛するフランキストのエリートらは、人類を奴隷にして支配するために共産主義というものを作り上げました。彼らのオフショア銀行口座は、彼らが計画しているグレートリセット、モノのインターネット、生物兵器戦争で人類が完全に抑圧される前に奪い取らなければなりません。
Ancestry、My Heritage、WikiTree、Geniの系図学者らはシュワブ+ロスチャイルド+バカラックの血縁関係を個人的に編集して隠蔽しています。
Ancestry.comはブラックストーン・グループ、スティーブン・A・シュワルツマン、英国巡礼者協会が所有しており、ライオネル卿とウォルター・ロスチャイルド卿がこの共同設立者です。クラウス・シュワブとロスチャイルド家(本名バカラック家)の血縁関係は13世紀にまでさかのぼります。
詳細は省略
バカラック(フランクフルトのロスチャイルド)、ウェルトハイマー、シュワブ、マインツはフランクフルトのユダヤ人(偽ユダヤ人)です。
ロスチャイルド家、バカラック家、シュワブ家は同じ血統です。彼らはみなハザール人であり、ユダヤ人ではありません。最近行われたDNAのマッピングによると、バカラック+ロスチャイルドとシュワブは、ユーラシア大陸(西はポーランド、ハンガリー、東はカザフスタン、北は南ロシアとトルコにわたるエリア)に存在したハザール帝国(約650年~959年)出身のセム族ではないハザール系ユダヤ人の半遊牧民商人の子孫である可能性が高いことがわかりました。
現在のシュワブ(クラウス・シュワブ)と現在のロスチャイルド(エブリン・デ・ロスチャイルド卿)には15世代前に共通の祖父、ユダヤ教指導者のメナヘム・マン・バカラック(1395年?~)がいます。この祖父の孫にはウリ(フライベッシュ)バカラック(1450?~)がいましたが、彼はバカラックという名を隠していました。その子孫のユダヤ教指導者のアブラハム・バカラック(1540年~1505年)の息子がユダヤ教指導者のミッシェル・シュワブでした。つまり、ミッシェル・シュワブの子孫はみな、バカラック+ロスチャイルドと同じ血統だということです。
ロスチャイルドという名前はユダヤ教宗教指導者のラビだったバカラックの血統を隠すために用いられた偽名です。 ロスチャイルドは1802年にマイアー・アムシェル・ロートシルトが住んでいた家の名をとってつけた偽名でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
FYI:
フランキスト(フランク主義)=サバタイ派
サバタイ派Sabbatian)とは、救世主を自称したサバタイ・ツヴィ(1626年7月1日〜1676年9月17日)を中心に17世紀の半ばに誕生した、メシアニズム(救世主待望論)を信奉するユダヤ教の党派の名称である。その教義の根底には急進的なカバラ思想が据えられていたため、ユダヤ教の正統派からは異端とみなされていた。ただし現在のユダヤ教がサバタイ派の影響を少なからず受けていることは事実である。