日本も米国の状況と似ています。日本もビッグファーマ(ファイザー社など)やその代理店(笑)のCDC日本支社の指示に従っているのでしょうから、イギリスなどとはちがい、今も米国と同じようにワクチン接種を強力に推し進めています。米国のワクチン接種センター(薬局)では、接種後の副作用や死者を全て記録しており(実験用ですからデータを取りたいのでしょう。)、どれだけの犠牲者や被害者が出ているのかを把握しており、そのデータは全てビッグファーマに提出されているるようです。しかし、それでもワクチン接種を止めません。
日本でも、政府は、PCR検査センターを全国に設け、できるだけ多くの国民に検査を受けさせることで感染者(擬陽性者)を意図的に急増させ(検査を受けると得点がもらえる所もあるようです。まるで社会信用システムのスコアのようです。)、マスコミを通じて恐怖を煽り、寝ぼけた日本人に在庫処分用の賞味期限切れ(?)のワクチンを、3回目、4回目と接種させようとしています。
テキサスの小児病院では生後6か月以上の子供たち全員に3か月間で3回も接種しているそうです。病気の子供たちはこの世には要らないと言うことなのでしょうか。本当に残酷なことが起きています。子供たちの親たちはこのことを知っているのでしょうか?
世界各地でニュルンベルグ裁判が実際に起こされることを願ってやみませんが、世界中(司法も)が腐敗、堕落していますから、現時点ではその可能性は低いような気もします。もし裁判が起こされたなら、最も罪が問われるべきはワクチン・アジェンダを計画し世界中の政府に実行させたあのうす汚い爺たちですが、現実的には、実際にワクチンを注射した医療従事者が最初に罪を問われることになりそうです。彼らがいくら上の命令に従ったまでと弁明しても裁判ではそれは認められませんので当時のニュルンベルグ裁判では多くの医療従事者が死刑になったそうです。日本の医療従事者(病院)は、政府からコロナ患者一人当たりたんまりと報酬をもらっていますから、PCR検査の陽性者をコロナ患者として診断すればするほどお金が入ってきます。たとえそれがコロナでなくて風邪やインフルでもコロナ患者にしたいのです。しかし医師会は医療現場での書類作成が面倒だから項目を減らして簡素化するよう政府に求めていますが、それでもコロナを5類にしてほしいとか、コロナ患者の診断報酬は要らないなどとは言わないでしょうね。せっかく儲けているのですから。
もういくらなんでも政府も医療機関も現実に何が起きているかを認識しているはずです。それでも国民にワクチンを打たせたくて仕方ないようです。
木原官房副長官は、自分の淫乱・変態ぶりがネット上で暴露されても、なんのその。偉そうにこの夏から日本の若者への接種を強化するそうです。どうやって若者を騙して接種会場に誘導するのでしょうね。いつもの恐怖作戦でしょうか?木原にとって最も大切なのは国民ではありません。遊び相手の外国人女性(未接種者)をいつでも確保できることが一番重要でしょう。このような淫乱男は頭の中も、やめられない止まらないでしょう。このような堕落した政治家は国民がどうなろうとどうでもよいのです。ですからワクチンの在庫処分に奔走しています。同じパーティ仲間の三●谷も日本に白人女性だけが住むようになった方が良いと思っているのではないでしょうかね(笑)。

追加記事として、蛇毒で有名なアーディス博士の短いビデオをご紹介します。
どうやら今回のワクチンには人工的に作られた蛇毒とイモガイの毒が使われているようです。それがワクチンのスパイクたんぱく質ということのようです。結局、蛇=悪魔というイメージがありますが、1989年から人工的にこれらの毒を生産しワクチンだけでなく邪悪な目的で様々なモノ(ケムトレイル?)に使われてきたのでしょうか?

Emergency Biological Weapons Alert To All Vaxxine Distribution Centres Including Krogers, Walmart, CBS, Heb, Walgreens And All Children's Hospitals!! Cease Biological Weapon Distribution Immediately, Conspiring With The Enemy Can Result In Death Penalty!! | Alternative | Before It's News (beforeitsnews.com)
(ビデオ)
7月31日付け

https://www.bitchute.com/channel/daddomatto-aka-trail/

(概要)
・・・・今週の出来事を振り返ります。多くの人が知っていると思いますが私はある病気を患っています。そのため動き回るのがすこしきつくなっていますが、調子を取り戻すために少し休んでいます。
では今週の出来事についてお話しましょう。
前の週に私はテキサス小児科病院を訪れ、看護婦長が来るまでの間、受付係の人とお話をしました。彼女は、テキサス小児科病院では患者の子供たち(生後6か月~)にワクチンを接種していると言い、幼い子供たちにも3か月間で3回も接種したと私に言いました。病院側はファイザー社のワクチンの副作用を記録しています。そしてファイザー社はそのデータを受け取っています。彼らはウォルマートなどワクチン接種センターからの副作用のデータも受け取っています。ですから彼らは子供たちへワクチンを接種させた責任を負っています。ワクチンによる副作用件数や死者数が明らかになっているのですから彼らは責任を負うべきです。
私はビッグテック、メディア、ソーシャルメディアから発言を禁じられた被害者らにささげるためにビデオを投稿しました。彼らはCovidワクチン接種後に深刻な副作用(後遺症)に苦しんでいます。
私は訪問したい薬局をリストアップし追跡調査に行きました。このビデオのディスクリプションに初回訪問とその後の追跡調査に関する情報が記載されています。この1年半で5つの薬局を訪問し追跡調査しました。
それらは、(スーパーマーケットの)KROGER、CVS、WALMART、HEB、WALGREENS内の薬局です。私が初めてこれらの薬局に行ったときの彼らの反応を私のビデオで見ることができます。
そして追跡調査に行った時の薬局の反応も見ることができます。私が薬局に現れた途端に録音したり撮影することを禁止されました。私は会社の人と話そうとしましたが、「それはできない。店を出てください。警察を呼びますよ。店から出ろ!」言われました。しかしもう一つの任務として、その間ずっと私は薬局の様子を撮影していました。薬局の対応について会社のオフィスビルに連絡する責任は私にはないことを彼らに知ってもらいたいです。会社側が私のビデオを観ていることを知っています。私が責任を負わせようとしているのは薬局だけではありません。会社の幹部にも責任を負わせたいです。彼らが薬局にワクチンを接種するよう命令しているのです。非常に深刻な副作用が多数確認されてもひたすらワクチンを接種し続けるように薬局に命令しています。
深刻な副作用に苦しんでいる接種者は大変お気の毒です。彼らの寿命はもう長くはないでしょう。ですから生きている間にひざまずいて神にワクチンを打ってしまったことに対し許しを請うことをお勧めします。全ての接種者がそのようなことをするとは思えませんが、「私はバカでした、騙されました、許してください、私はとんでもない詐欺師に引っかかってしまいました。。。」と神に許しを請う人も中にはいるでしょう。神は寛大です。それで十分です。
会社の幹部はチェーン店にできるだけ多くの人々にワクチンを接種するよう命令しています。ニュルンベルグ裁判では、実行犯たちは自分たちは命令に従ったまでだと言っていました(ここのところが聞き取れませんでした。彼らは結局有罪となった)。私が薬局を訪問する度に彼らに質問したことで、彼らによる欺瞞や詐欺を証明することができました。
会社の幹部にはチェーン店にCovidワクチンの接種を直ちに止めさせることを強く勧めます。いまだにワクチンの接種を行っている薬局に言いたいです。あなた方はどんだけバカなのですか。痛い思いをすることになりますよ。容赦ないですよ。恨まれますよ。あなた方を追いかけてくる人たちを批判することはできません。あなた方が注射した人は誰かの愛する人なのです。その人を死なせてしまったのです。KROGER、CVS、WALMART、HEB、WALGREENSは消え失せろ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
恐ろしい因果関係が起きていることは明らかですが、業界のリーダーらが研究、警戒、生物兵器の認識について遅れをとっていることついて大衆は大きな疑念を抱いています。
最近、科学的に証明された大量死と深刻な副作用を引き起こしているワクチン接種に彼らが加担していることすら想像できないのでしょうか。それでも彼らはたっぷりと報酬をもらい続けているのですか。世界中に大量死の波が押し寄せています。そして内部告発者、科学的研究、物理的証拠の波が押し寄せており、自分達の体験を記録している被害者が増え続けています。
‎全ての業界が嘘と貪欲と盲目という病気に感染しています。彼らは最後の審判日を迎えることになります。彼らは一歩前進し生物兵器の販売の永続化を止めるべきです。

They’ve been making that stuff in factories since 1989 Mass producing synthetically? | (tapnewswire.com)

8月3日付け

彼らは1989年から蛇毒やイモガイの毒を人工的に大量生産してきました。

Covidワクチンに蛇毒が使われていることを突き止めたブライアン・アーディス博士曰く:
海の兵器、司法省のコノトキシン、見事だね。
(そうですね、注目すべき重要な場所です。)
それはエアロゾル化されています。しかし彼らは、エアロゾル化が可能なことを2012年から知っています。10年も前からです。彼らはその物質を1989年から工場で作っています。人工的に大量生産しています。
(1989年ですか。それはどこで知ったのですか。)
私にはその調査研究があります。それがマイク・アダムズ氏のビデオで紹介されました。この物質はホンモノと同じように生物活性があります。それはアルファ・コノトキシンと呼ばれるものです。
(あなたはコノトキシンに方を大分懸念していますか。)
2020年1月と4月にフランスで行われた調査研究によって、ワクチンのスパイクたんぱく質はアマガサヘビとキングコブラの蛇毒と最も一致していることが証明されましたよ。
彼らがコノトキシンをそのデータベースに組み込んだなら、それらは完全に一致しなくても非常によく似たものになっていると確信しています。

(ウィキペディア)

コノトキシン (conotoxin) とはイモガイが作り出す多種類のペプチドの混合物から構成される神経毒である。11–30個のアミノ酸がつながったペプチドで、3か所のシスチン結合を有する(硫黄−硫黄結合、図の黄色い部分)。カルシウムチャネルを塞いで神経の伝達を阻害することで毒性を発揮する。イモガイはこの毒を狩りに利用しており、口吻をに撃ち込んで麻痺させ丸呑みにしてしまう習性を持つ。人間も刺されると重症に陥り、抗毒血清も存在しないので死亡率が高い。しかしこの作用を利用し、2005年から強力な鎮痛剤としても使用され始めている。
イモガイの毒 : ありんこ日記 AntRoom