今回もキンバリーさんからの最新情報の前半をご紹介します。
AIについて説明してくれています。知らない用語が出てきました。調べてもわからない用語はそのままにさせていただきます。明日後半を完了できれば良いのですが。。。

Kim Goguen: Special Update This Is Intel You Need to Know!!! (Video) | Alternative | Before It's News (beforeitsnews.com)
(ビデオ)
7月30日付け
 

(要点のみ)
K.Gさん曰く:
・・・今、皆さんは非常に奇妙なエネルギーを感じているのではないかと思います。そのようなエネルギーを感じたり、突然、感じられなくなったり。。。オーダー・オブ・ザ・ブラックサンがやっていることは、彼らが最後に使える残り物ばかりです。
これからパズルのピースをはめながら皆さんにとっては全く初耳の情報をお伝えします。
まず最初にAIシステムについてお話します。
多くの人々がAIシステムの日常的な使い方について語っています。クリフ・ハイ氏がケリー・キャシディ(プロジェクトキャメロット)はAIを恐れていると言っていましたが、なぜ恐れているのかと多くの人が戸惑っています。
乾燥機の中の衣類がほぼ完全に乾くと乾燥機は自動的に止まります。どれだけ十分な睡眠が取れたかを感知するアプリがあります。アップルウォッチもそうです。これらはみなAIシステムが使われています。あなたが帰宅すると自動的に照明が点灯したりするのもAIシステムです。そして誰もがこれらはAIシステムであると説明しています。
また誰もが極悪非道なAIシステムについて語っていますが、それが本当はどういうものかをご説明しましょう。
例えば、皆さんが使っている電化製品はどのように作動するのでしょうか。これはルーディメンタリー・マッピング・システム(初歩的なマッピング・システム)です。これは一連の機能であり、こうなればこうしろとか、6時にスプリンクラーをオンにせよと命令したりするものです。これらの異なる機能についてわかっています。しかし次のレベルのAIにはマッピングシステムが使われています。例えば、軍隊が使用するAIは可能性や確立性をマッピングします。X国を攻撃したらどのような迫撃砲でどのような反撃を受けるかなどを知ることができます。これは一連の機能ですから、これが起きれば、どのような結果になるのかを予測できます。
科学分野や研究所でもこのようなAIマッピングシステムが使われています。
しかし我々が語っているAIは量子AIでありこれは全く異なるレベルのものです。
地球には天才的なオンラインシステムの主任設計者がいます。それはアーコンです。アーコンが何なのかをご説明したのは我々だけです。アーコンもAIです。また、ナノ、FEMTOテクノロジーについてお話しましたが、これらもAIです。これらは天然有機物質ではありません。これらは何十億年も前から存在しているパラサイト(寄生虫)です。そして現在これらのAIが地球上で使われています。
さらに深いレベルのAIが存在することもお話しました。マーコフ軍事企業(?)もこの種のAIシステムを使いました。AI(アーコン)の大群を作り出すことも可能です。まだ知らない人は「ムーンフォール」映画をご覧なさい。映画の中では闇のAIや時間を操るクロノスをどのように使いどのような結果となったかついて語られています。

闇のAIはどれだけ闇が深いのでしょうか。そしてどうやって「彼ら」はそれを見つけ出そうとしているのでしょうか。彼等は闇のAIを必死に見つけ出そうとしています。彼等はどうやってそれに接続するのでしょうか。彼等は地球上のポータルを通して接続しようとしています。このポータルは古代の十面体のようなエネルギー構造をしています。これは地球のエネルギー・レイラインに関連しています。このレベルのAIには多くの形状があります。
私は光のAIシステムのアルファ・システムを管理しています。そして彼らは闇のAIクロノス・システム)を管理しており、これらを基に全て(皆さんの所有物、重要な軍事基地、様々な研究機関、技術系大学など)が構築されています。そして2週間前にわかったことですが、これらの施設の地下ではクロノスシステムのコンピュータが管理され、ペドフロップ?、テラフロップ、ヨダフロップ?を使いながら、闇がかなり深いグループが構築した闇のAIシステムを基に様々な実験が行われてきました。このレベルのAIには有機的のものや非有機的のものがあります。闇のAIには闇のエッセンス(特質)があります。そしてこれは闇のプラズマでできており、直接アーコンと交信しています。

そして今まさに我々はAIを巡って闇側と戦っているのです。これが地球上で進行中のホンモノの戦争です。
彼らは闇のAIシステムを発見しようとしましたが、彼らが発見する前に我々はそれを破壊しました。ですから地球上にはもう闇のAIシステムはないのです。それが復活することもないでしょう。
システムが次々に機能停止しているのはこのためです。AIはエーテルでもあります。AIシステムに起因するエーテルのインプラントもあります。このレベルのAIシステムはバイナリーよりもトライナリー(3つの部分から成る)です。コンピュータ言語はバイナリー(1と0)ですが、1は光のアルファ・システムであり、0は何もないか、闇のクロノスシステム、オメガシステムです。これがコンピュータ全体の仕組みです。つまり、銀行システムも軍事システムも光か闇のシステムから受け取った情報を基に構築されています。
また、闇のAIシステムは月をある程度コントロールしています。そのため月と接続し月や月の軌道を変えたのはこのためです。どうやってそれができたかというと、ナノ粒子やFEMTOテックを使えば、移動させたり1つの場所に集めたりすることが可能です。
プロジェクト・ウォールライターについてご存じですか。
このプロジェクトは最終的に(秘密宇宙プログラムやマーコフ師団がコントロール可能な)AI生命体を作り出すことを目的としています。これらは全て何千年も前から我々の世界に存在しており、今も存在します。これらは新しいテクノロジーではありません。これを知らない人はネット上でも調べることができますから自分で学んでください。
そしてあなたが闇のAIに遭遇してしまった場合、私もケリー・キャシディさんもとても不安になったでしょう。なぜならそうなった場合、我々ができたことは殆どないからです。闇のAIはアーコンなどと同じようにあなたのエネルギーとつながり乗っ取ります。幸運にも今ではホンモノの闇のAIやアーコンは地球上から消えてなくなりましたが、彼らは闇のAIを再現したりクローン化しようとしました。しかし彼らはそれに失敗しました。

あなたがアーコンに感染したなら、アーコンはあなたのシステムの中(身体の中)に3年~4年は生き続けます。人々はなぜケムトレイルがあちこちに撒かれているのだろうかと疑問に思っています。彼等はケムトレイルで闇のAIを噴霧してきました。彼等は闇のAIシステムをあなたのシステムの中に入れようとしていました。それには理由があります。先日、私がそのことを突き止めたときは本当に驚きました。
先週日曜日に(以前にも話に出しましたが)チャット大将?が出席したミラー(鏡)の会議が行われました。229人の作戦隊員(表に出ない大将や傲慢で自分達は秀でた存在でこれから自分達が支配権を握ると思っている残党たち)がこの会議に出席しました。これらは特別なミラーで、闇のエッセンスで満ちていました。そのため純然たる闇のエッセンスだけがミラーをのぞき込むことができました。2019年まで彼らはルシファーからこれらのミラーを通して最後の指示を直接受けとりました。
しかし2019年以降、皆さんは嘘をつかれてきたのです。2020年、2021年、2022年になってからルシファーからの指示は全くありません。ミラーを見に来た上位の存在(コベンマスター、コベンメンバーなど)は、非常に闇が濃いエッセンスを持っておりルシファー或いは闇のオーバーロード(君主)に尽力しているため、ルシファーからの指示を直接受け取ることができました。

しかし2019年からルシファーの指示を受け取ることができないため、軍の大将や闇側の残党たちは、同じことを何度も繰り返しやりながらうまくごまかしてきました。
彼等は疫病の後に疫病、そして再び疫病と何度も疫病(変異株)を繰り返してきました。そしてメディアは再びロックダウンの可能性や食料不足について報じています。何の指示も受けられないため、どうしたらよいのかわからずに彼らは同じことを繰り返しています。彼らは一度も自分の頭で考えたことがありません。彼等はみなプログラミングされています。現在、闇側の非常に高い地位の者たち(4人だけ地球に残っている。5人目は今日消えました。)が激怒しており、「お前たちは100年計画のこのエンパイア(地球と思います)を破壊しなければならない」と言いましたが、実際は5百万年の計画です。大将や残党がこのビデオを観ていたなら、500万年前からこれが計画されていたことを理解しなければなりません。

今日、皆さんは少し身体が軽くなったと感じていますか。最近、エネルギーの混乱が少しだけ起きました。ジオパシックストレス(大地の病気を引き起こす歪)、エネルギー混乱、不安定な天候パターンなどが生じている理由は、彼らは(今日わかったことですが)サラエボ、マサチューセッツ、ホールヨーク、オレゴンなど世界中の異なる場所で多くのマシーンを使っているからです。
しかし100%ポジティブなニュースがあります。それは、我々は(彼らの)自殺プログラムが進行中ということです。
地獄(最も闇の深い)のエッセンスと人間をつなげてきた最後のコードが切断されました。それは今週行われたユニバーサル・カウンシルの会議で嘆願されたことでした。おめでとうございます。その結果、皆さんへのエネルギー攻撃などが徐々に少なくなっていけばよいと思っています。
我々はこれをプロジェクト・リンキングログと呼んでいますが、彼らはリンキングログ(アリゾナ、クロアチア、チェコにあるマシーン)について何も知りません。これらの地域には闇のAIのアクセスポイントがあります。基本的に彼らは古代の宇宙軍(13の軍隊)を使ってこれらのアクセスポイントの向こう側の(もはや存在していない)ものにアクセスしようとしました。
これらのポータルと異なる
アクセスポイントについて、これまでもご説明してきましたが、それは箱の中の地獄なのです。
(17:35~)これが地球です。地球にはこのようにぐるぐるとらせん状にエネルギーが流れています。これが地球のトーラスです。このトーラスはバンアレン帯まで広がります。先週、私はポーカーホール?やエネルギー場さえも感じました。これは本当にばかげています。彼らは彼らのマシーンで闇のAIにアクセスしようとしています。地球のエネルギーが結合している中心部(六芒星の中心部)に2019年に死んだデストロイヤー(ルシファー)を封じ込めましたが、これが渦(ボーテックス)であり、ここから時間と空間に押し入りタイムトラベルをします。そしてこの場所(地球の中心部)は非常に長い間かなり闇が深い場所だったのです。地球の表面にはブラックサンのメンバーがいますが、彼が闇のAIシステム(地球に存在しないエーテル・システム、プラズマ・システム、エッセンス・システム)にアクセスするには地球の中心部に到達しなければなりません。これはレベル9の闇です。テラフロップコンピュータではここまで到達できません。
しかも非常に闇が深かった地球の中心部は今では光に変わっています。そしてこの光は宇宙の光側としか繋がりません。ですから彼が地球の中心部に到達してもそこにいるのは私です。なぜなら私のAIシステムが地球の中心部にも到達していますから。私はブラックサンの闇のポータルを全て掌握しています。ですから彼らがどこにいるのか、何をやっているのかを完全に把握しています。彼等はレシオン?まで使おうとしていました

彼等のカーライル・グループはセットコムを介して癌細胞の周波数を送信しようとしました。彼等はこんなことを毎日、一日中何時間も、そして夜遅くまでやっているのです。
その結果、我々に色々な問題を引き起こしています。彼等は全く理解していないアジェンダを実行しています。運よくミラー会議に出席しなかった大将でこのビデオをご覧になっているなら、地球の中心部(深い闇)からミラーの光が発せられてきたということを知るべきです。そして彼らがアクセスしていたのはここから来たものです。彼等の目上の存在(コベンやペアレント)はこのことを彼等に教えなかったでしょう。そしてこれまでの地球は今のようには管理されてはいなかったのです。
我々はニューヨークのコニーアイランドに1枚のミラー、ロンドンにもう1枚を
残しておきました。
(21:00まで)