昨日の続きです。
ちょっとわかりにくい部分もありましたが、全体的に見て、キムさんチームは着実に計画を進めているように思えます。オーダー(ブラックサン)のメンバーたちと話し合い事実を知らせて彼らをキムさんチームに加えることで理想的な世界の実現が早まることになるでしょう。一番目覚めなければならないのがオーダーのメンバーたちです。オーダーの上層部は徐々に大元に返送されそうです。
今後、キムさんチームは地球や人類の本当の歴史を明らかにするそうです。本当にそれが始まればこれこそがディクラスとなるでしょう。ただ、彼女たちのサイトを介して英語で開示するでしょうから、世界的なディクラスではなく彼女たちの活動に注目している一部の人たちが知ることになる情報と思います。

Kim Goguen & Sunny Gault: Major Updates - Time Is Running Out (Video) | Alternative | Before It's News (beforeitsnews.com)
(5月25日付けのビデオ)
 

(要点)
昨日の続きです。
(36:00~)
(オーダーやエージェンシーの上層部=マスターたちに使われてきた手下たちの)首の後ろに埋め込まれたチップが不活性化されているかについては周波数をチェックすればわかる。我々は彼らを助けることができる。
彼らが異なる選択をして現実化できることをやりたいなら、そしてマスターたちに嘘をつかれてきたことに嫌気がさしており、マスターたちの計画を妨害したいなら、我々のメンバーに加わってほしい。これをできるだけ簡素にできるようにしていく。そしてできるだけ多くの人々を救出したいと考えている。我々は道理にかなったことをしようとしている。偽旗戦争はもう要らない。何も盗む必要はない。我々は何も支配しない。ヒットラーたちが大量の金を強奪したと言われているが、これをやったのはブラックな人々(ブラックサン)のトラストだった。しかしそれらも既に我々が取り返している。それらが再び彼らの手にわたることはない。クラウス・シュワブがそれをやっているのかどうかはわからないが、クラウス・シュワブは気が狂っている。

我々は絶えずマスクを着用している人々、ダブルギャンガー?について話し合い、後を引き継いだ人々を別の人々と入れ替え中である。そのことに関する審議がまだ行われている。我々は抜本的対策を協議している。次の2~3日中に協議の結果をお伝えできれば良いと思っている。
現在、地球上の大掃除が行われている。世界中で実際に悪人たちを逮捕している人は誰もいない。軍は、悪人を逮捕し刑務所に送り込んだように見せかけながら、実際は、別のドアから彼らをすぐに解放している。グアンタナモ刑務所を所有しているのは国防総省。そのため彼らのシステム下では何でもできてしまう。グアンタナモ刑務所は何の意味もない。
我々はただやり遂げるだけ。これらの人々を大元のところに送り続ける。

Covidについて、約200カ国は彼らの言うことを聴くだろう。そのうちの45カ国がワクチンを原価で購入することに同意するだろう。ワクチン・メーカーは生き残るために必死である。これは2.0や10.0(?)とは全く関係がない。メディアは新たな変異株について報じているが誰も信じない。誰も再び同じ道をたどるつもりはない。我々はCovidと共生しながら生活を続けなければならない。平均的な人々はそのように感じている。人々がどれだけ覚醒しているか、どれだけ壮健かは、移行期に入るとより鮮明になる。
彼らは人々をCovidから解放した後に再び変異株が出現したと報じ、人々をロックダウンをするというサイクルを中間選挙に向けて繰り返すつもりであるという噂に関して、緊急事態宣言には限度がある。彼らが政治的に何を企んでいるかはよくわからない。我々は、我々が何をするかに意識を集中している。どうやって彼らの関与なしに我々がお互いに助け合ってやっていけるかについて集中的に取り組んでいる。我々はもう子供ではなく大人であり、何が起きているかを知っている。もはや我々には乳母(支配層)は必要ない。あなた方は彼らが仕掛けているイベントから抜け出て自分の家族やコミュニティを守り、自分がやりたいことをやるべき。そうすることで資金が流れるようになり、プロジェクトが本格稼働する。そうなればスムーズに物事が動いていくだろう。全てはあなた方次第。あなた方は何をしたいのかにかかっている。準備が必要。何をやろうとするのか。サプライチェーンをどうするのか。これからあなた方は何をするつもりなのか。自分達で立てを直さなければならない。あなた方のためにやってくれる人など誰もいない。これまで、彼らはあなた方のためにシステムを構築したがそれは酷いものだった。地球上のサプライチェーンを全て変えよう。そして彼らの常軌を逸した生産ラインから脱しなければならない。
通貨も通貨の使い方も貿易の仕方も治療法も全てが変わり始めるだろう。
そして彼ら自身も我々がやろうとしていることと同じことをやろうとしている。我々はそれを眺めながら、嫌なことをやっているなと感じている。そしてスイッチを押してその動作を止めている。
我々は椅子に座って彼らが自滅するのを眺めているだけである。オオカミ少年の物語があるが、彼らは人々にいついつまでにこうなると言い続けてきたが何も起こっていない。最後に人々は彼らが嘘つきであることを知り実際にオオカミが来てもその事実を信用しなくなる。ペンタゴンも世界中の軍隊も生き残っている将軍たちも目覚める必要がある。彼らこそがオオカミ少年。しかし現実の世界ではオオカミは存在しない。地球のシステム全体が恐怖と悲しみをベースに運営されてきた。これらの感情が起きなかったなら、彼らは失敗していただろう。しかし彼らはもはや恐怖の感情を与えることができなくなっている。我々自身が(勝手に)恐怖や悲しみを感じているだけ(これは冗談)。
我々が問いたいことは、人々は一体何度騙され続ければ気がすむのかということ。私の予測では、オオカミ少年が言っているようなことは、5月30日、31日、6月1日、2日、3日になっても起きないということ。ピルグリムズ・ソサエティ(ヘンリー・キッシンジャーを含む政治家、外交官、ビジネスマン、作家のエリートがメンバー)も同じようなことをやろうとしている。彼らは人々に量子コンピュータで何かをやろうとしていると伝えているが何も起きないし何もできない。
我々とは関係のないところでタイムラインを逆の方向へ持っていこうとしている人々(中国人など?)がいるがどうなるか傍観しよう。
何を言っているかではなく何をやっているかが重要。彼らは嘘ばかりついている。彼らは人々の感情をコントロールしている(人々が喜ぶようなことを言って騙している)。
私は1980年代~90年に高校生活を送っていたが、9年生の時に初めてディックヘッド(亀、屑、薄ノロなど)と呼ばれた。クリフ・ハイも私をディックヘッドと呼んだ。彼らの言うことを信じている人々は他の人々が言っていることを聴くこのをやめて自分たちで何かをする必要がある。自分たちでやってみれば、本当にそうなのか、本当にそうなるのかを判断できるようになる。
(サニーさん:やっと今、私の双子の娘達が通う学校でも門が解放され、学校のイベントが開催されるようになったが、父兄たちも微笑みながらイベントを楽しんでいた。そこには温かさがあり愛が感じられた。コロナによって長い間このような体験はできなかった。再びロックダウン、マスク着用、ソーシャルディステンスと言われても私は絶対にそのような状況には戻りたくない。)
もし再び学校が彼らの命令に従うなら、我々が学校を建設すればよいだけ。モニカ(キムさんの子供と家族の回復グループと教育グループのメンバー)はこれまでとは違う新しい教育課程や教育方法を生み出そうと熱心に取り組んでくれている。
本当の歴史(異なる種類の人類、どのようなことが地球で起きたのか、この数十億年間に地球で起きた戦争など。)についても準備が出来たらすぐに放送することになる。聖書に記録されている大洪水は実際に起きていたが、どうしてそうなったのか、どのくらいの間、大洪水が続いてのか。
今後、我々は地球や人類の本当の歴史(数十億年前から現代まで)について、長期間、段階的にお伝えしていくだろう。JFKの暗殺について、第二次世界大戦の真相、ハザール人がどうやって世界を支配するようになったのかなども。。。
これには、カウンシル・オブ・ファイブからの情報も含まれる。
オーダーのメンバーたちもマスターたちから何度も嘘をつかれてきたため、本当の歴史を知らない。本当の歴史を知らないのだから歴史から学ぶものは何もない。彼らは同じ過ちを繰り返してきた。
神は我々に魂の記憶を持って生まれることを禁じたが、彼らは我々に同じ過ちを繰り返させながら彼らの思い通りにしたい。彼らは自分達は選ばれた人でありキリストの生まれ変わりと言っている。彼らは簡単にボタンを押すだけで人々を苦しませることができる。
自称ラン・カーネット(この部分の意味が不明です。)のリチャード・ワイス(上院議員の顧問?)のウェブサイトにトランプやトランプ・チームに関する情報が載っているが、彼はイエズス会のメンバーであり、小規模のオーダーを立ち上げたと言っている。しかしそれは既存のオーダーと共同で立ち上げたのであり、彼は確実にオーダー・オブ・ザ・ブラックサンのメンバーである。
彼は数日前に公文書保管人からメモを受け取ったが、そのメモによると、彼はラン・カーネットではないことが確認された。宇宙軍もエイリアンとコンタクトをとっていると嘘をついている。地球の住人達(支配層のトップ)は既に地球を去った。我々は少しの間、歩く状態が続いたが長くは続かなかった。

宇宙軍は宇宙のスカベンジャーズと呼ばれる存在と取引を行った。彼らは宇宙の海賊のような存在。あまり洗練されていない。宇宙軍は自分達に利益をもたらすなら誰とでも取引を行う。時間切れとなったため、宇宙軍のメンバー54人がスカベンジャーとの取引で地球を去った。このようなことは表の世界では見えない。