以下のビデオの前半を簡単にまとめさせていただきました。
以前から何回か、こちらでもワクチンとマールブルグ病の関係についての記事をご紹介しましたが、Covidワクチンのナノ粒子には複数の病原菌が詰め込まれており、その一つがマールブルグウイルスとのことです。そのため接種者は5Gの信号(19GHz)を浴びるとナノ粒子が反応し中に閉じ込められていたマールブルウイルスが活動し始めマールブルグ病になる恐れがあるとのことです。エボラウイルスも入っているため、そのうちエボラも流行するのでしょうか。
もちろん支配層や各国政府はこれがワクチンの中に含まれていたことは絶対に隠蔽しますから、どこからともなくマールブルグ病やエボラの感染が始まったことにして、世界中の人々に恐怖を煽り、非接種者にも非常に危険なワクチンを接種させようとするでしょう。
まだ、悪の残党による地上での活動が止まりません。彼らはやれることは何でもやってしまおうとしています。残党が一人残らず地球から消えるまでは全く安心できません。

Marburg “Epidemic” And Zombie Apocalypse News Update!! Marburg Will Be Activated In Vaxxed (Via A Lipid Nanoparticle) Who Are A Patented And Owned New Species And 5G (Broadcasting A Pulsed 18 GHz Signal) Will Release Virus!! Gene Deletion Technology Turns Vaxxed Into Zombies!! - O.N.E. News - Galactic News Service (ournewearthnews.com)
5月18日付け

マールブルグウイルスは5Gの18GHzシグナルにより発動します。

(前半 要約)
社会階層や集団の移動性や死に関連するビジネスに携わり、2つの共産国で国際法律の弁護士をしていた私は、Covidワクチンを使った大量虐殺に関与しているのは誰なのか(WHOを含む)を把握しています。米国防長官が違法にも軍人らにワクチンを強制接種しましたが彼にはそのようなことをする権限はないのです。そのため我々は彼らを相手取り訴訟を起こしました。ワクチンを打たされている人々はみな実験用の動物として利用されたのです。米法律によると、ワクチンを接種した人たちは新種の生物として特許所有者の所有物となります。国防総省を告訴する強みは軍人らがワクチンの強制接種を嫌がっているということです。そして50万人が非常に有益な情報を添えて内部告発しています。我々には非常に有力な証拠があり多くの証言者を確保しました。これは米憲法を侵害する行為です。

中略

次に懸念すべき点は、既にマールブルグ病が確認されているということです。既に米政府のヘルス・ヒューマン・サービス局は、保健社会福祉省の下でマールブルグ病の対策のための準備を始めました。例えばアリゾナ州に隔離施設を建設するなど。既にマールブルグ・ウイルスの感染が始まっている恐れがあります。マールブルグは感染力は低いですが致死率が非常に高いのです。そしてこのウイルスがまき散らされるメカニズムも知っています。つまりワクチンに含まれるナノ粒子のヒドロゲルの中にはイコライ・マールブルグやエボラなど複数の病原菌が入っています。しかしナノ粒子の中にこれらの病原菌が包み込まれておりそのままでは外に放出されません。しかし既に米国や世界中で5Gアンテナが設置されましたが、5Gのアンテナから18GHzの信号を1分間ずつ3回に分けてパルスのように発信するとワクチンと共に体内に注入されたナノ粒子が膨張し中に入っていた病原菌が放出されます(感染する)。既にこれが起きており接種者の間でマールブルグ病が流行り始めています。最悪の場合、接種者はゾンビのようになってしまいます。そして奇妙なことに政府はこのための準備をしています。
米政府はゾンビの大災害に向けた準備を行っています。CDCはウェブサイトにゾンビ大災害への備えに関して掲載しています。ファイザー社も認めていますが、ワクチン接種者の最悪の後遺症の1つが遺伝子の欠失でありゾンビになってしまうことです。