mRNAワクチンのシェディングの影響で非接種者も血栓ができるようです。
接種していないから大丈夫と考えず非接種者もデトックスを意識したほうが良いですね。
既に殆どの人がワクチンを2回は接種しており彼らと接触しない生活は不可能です。ただ、以下の記事の通り、しばらくの間、接種者と距離を置くとシェディングの影響や副作用は消えるようです。
ビル・ゲイツを含むグレートリセット、国連アジェンダ2030を押し進めている悪者たちはこのワクチンの作用によって世界中の非接種者の身体も汚染してしまおうと企んでいることは確かでしょうが、
同時に以下のニュースサイトでは、WHOには、2020年~2030年の10年間、継続的に複数のパンデミックを発生させるアジェンダがあり、最初のパンデミック(Covid-19)は何年も前から用意周到に計画されていたとWHOのウイルス学者(マリオン・クープマンズ)が暴露したと伝えています。
参考サイト:THE PLAN: WHO Plans For 10 Years of Pandemics, From 2020 to 2030 – NewsWars
このようなことからも、彼らは2030年までに国連アジェンダ2030とグレートリセットを達成するために2020年からの10年間、人類をプランデミックと毒薬で大量殺害すたり人類の自由と権利を奪いながら、段階的に奴隷制度に慣れさせるためのロックダウン、ワクチン・パスポート、抑圧、弾圧を行うつもりなのでしょう。その一環としてWHOはバイデンの提案(実際はバイデンではなく初めから決まっていた。)の通り、WHOが世界各国のパンデミック対策と医療健制度を牛耳ることを可能にする協定が結ばれようとしているのかもしれません。
このように表の世界では、ウクライナ戦争、食料危機、エネルギー危機、スタグフレーション、不作、プランデミックの継続、ワクチンの強要、その他、世界の状況が益々悪化しています。
大衆が支配層の悪者たちの波に流されているだけではこれを止めることはできないでしょう。
自分達のヒーロー(実際は同じ悪者)が自分達のために戦ってくれているから安心して映画でも見ている感じで全てを任せていればよいと思い込んでいると悪者たちにエネルギー供給していることになり彼らの思う壺でしょう。
裏では神が悪魔に勝利しているから、表でも必ず善が悪に勝つと信じていてはいますが、表で多くの人々が悪者たちを応援していては悪がまん延するのを促し善の計画が妨げられてしまうでしょう。そして多くの人々が悪者たちが仕掛けているドツボに嵌ってしまうかもしれません。騙されている人が多ければ多いほど、悪者たちの力が増していき、善の計画が遅れてしまい被害が拡大していきます。
それを防ぐには何事も自分の心で判断することなのではないでしょうか。


COVID-19 vaccine shedding can harm the unvaccinated and cause serious health problems like fist-sized blood clots – NaturalNews.com
(概要)
5月13日付け

(Natural News)
Covidワクチンのシェディング(グラフェン)により非接種者も悪影響を受けており、血栓(握り拳の大きさのものもある)など深刻な健康被害を被っています。

これが、鍼治療と東洋医学の開業医のアナンダ医師(非接種者)に起きたことです。
アマンダ医師はスチュー・ピーターズ・ショーにて、2回接種した患者を診る機会が増えたことで彼女は深刻な健康問題を抱えるようになったと語りました。

アナンダ医師は、最近公開されたファイザー社の文書に、証拠として、接種者の吐く息を吸ったり皮膚に触ることでCovidワクチンのシェディングが起こると書かれていると述べました。
「私の患者らがワクチンを接種してから最初の数か月間はシェディングについては何も知りませんでした。しかし調べれば調べるほど、それがまさに私の身体に起きているということがわかりました。接種したばかりの患者を施術しているときに巨大な血栓が落ちてきたのです(出血した。)」とアナンダ医師は語りました。


2回接種した人と密接に接触した後に彼女の身体に健康問題が起きたため、医院を閉鎖し接種者から距離を置くことにしました。彼女の不規則出血と血栓がなくなるまでに4カ月かかりました。それ以降、彼女はシェディングの影響から回復しています。


アナンダ医師が言及しているファイザー社の文書は、FDAがファイザー社とCovid-19の治験に関するデータを公表するよう裁判所に命令されたために公表に至った最新文書の一部になります。
この文書のSection 8.3.5には、mRNAワクチンのシェディングの可能性に関して記載された箇所があります。
この項では、基本的にファイザー社のワクチンを打った人のすぐ近くにいる人が深刻な副作用に苦しむ可能性があることをファイザー社は認めています。

また、ワクチンを接種していない妊婦や母乳を与えている母親が接種者の吐いた息を吸い込んだり皮膚に触ると、mRNAワクチンのシェディングの被害を受けてしまうことを確認しています。

ファイザー社の文書で、非接種者が接種者と同じ空気を吸ったり、接種者の皮膚に触ることでシェディングの被害を受ける可能性があることが確認されたとThe Exposeが報じています。