今日は3つの記事をまとめてご紹介します。
これらは繋がりがあると思います。
①は、ブリュッセルで平和的に行われていたワクチン義務化に反対する大規模抗議デモについて主要メディアが暴動として報道していたことが伝えられています。メディアが報道した暴動は全く別のところで4つのグループによって演じられていたのです。そしてこれらのクライシスアクターにカネを払って暴動を起こさせていたのがジョージ・ソロスです。いつものことです。しかし人々は既に彼等のやり方を知っていますからメディアの報道に騙されません。騙されるのは報道規制、偏向報道が世界一の日本の視聴者くらいかもしれませんね。今、世界中で反ワクチン義務化と自由のための大規模抗議デモが行われていますが、ソロスたちは平和的にデモを行っている市民らを暴力的な極右勢力に見せるためにクライシスアクター、テロリスト、警察を使って暴動を仕掛けています。しかも別の場所で。
それをメディアに報道させているのですから彼等がやることはペテンだらけだということがわかります。ソロスや他のグローバリストらがやることはペテン以外の何物でもありません。
しかも常にワンパターンなのでわかりやすいです。メディアのデタラメ報道はめちゃくちゃです。嘘丸出し。あんなデタラメ報道を相手にする方がおかしいですね。
今、多分、オタワの国会議事堂前に多くの人々やトラックが集結していると思いますが、ソロスが再びこれに手を出し同じ連中を雇って暴動を起こし、一般市民やトラックドライバーが暴動を起こしたように見せかけるのではないでしょうね。
② いつものイルミナティカードにイルミナティの計画が全て描かれています。これまでは計画通りに進んできたようです。しかしイルミナティの計画もうまく行かなくなってきていると思います。なぜなら世界中の人々が気づいてきているからです。神の杖と呼ばれる宇宙ミサイル(闇側の兵器)がトンガ沖ともう1か所で使われたようです。あれは魚雷ではなく神の杖が使われたようです。これもイルミナティ・カードに描かれていました。これは彗星衝突を偽装したものでした。次に何が計画されているのでしょうか。今やイルミナティ・カードにもカビが生えてきました。彼等の計画の最後はNWOとなっているのでしょうが、それはもう実現しませんね。
③ カナダのノバスコシア州政府は権力の乱用でトラックドライバーとデモ隊がオタワに向かうのを妨げています。当局は何等かの理由をつけていつでも市民に罰金を科すことができるのですから、共産主義中国と何ら変わりはありませんね。無事に彼等がオタワに到着することを願うばかりです。


① <ブリュッセルの平和的な抗議デモが暴動として報じられました。>
Brussels – What Really Happened? | The Truthseeker
(ビデオ)
1月29日付け

FallCabal — BitChute Jan 27, 2022


(概要)
これは1月23日時点の情報です。
ベルギーのブリュッセルで、ワクチンQRコードの義務化(ワクチン・パスポートの義務化)に反対する見事に平和的な抗議デモが行われていました。しかしこのデモが恐ろしい方向に展開していったのです。
(00:26~)こちらの映像が主要メディアのニュースで流されたのです。
※主要メディアのニュース:「日曜日、ブリュッセルで行われていたワクチン義務化に反対する
抗議デモが激しい暴動へと変質していきました。デモ参加者の一部がEU外部アクションサービスの建物を攻撃し始めました。」
(00:42~)しかし実際のデモはこんな感じです。いたって平和的に行われています。
しかしこのデモがどのように報道されたのでしょうか。私を激怒させることが起きたのです。そして世界中の人々にそのことを知ってほしいのです。
このメッセージは、警察、軍隊、主要メディア、アンティファに向けたものです。
あなた方はみな仲間です。私たちにはそれを証明する映像があります。市民が見事に平和的な抗議デモを行っているときに、(01:17~)あなた方は市民が集まっている場所とは別の所で自作自演の暴動や破壊行為を始めたのです。
(01:22から)市民の平和的なデモと、警察、軍隊、主要メディア、アンティファによる自作自演の暴動や破壊行為との違いがわかりますね。平和的な市民のデモはいつもの通りカラフルです。
(01:30~)しかし警察、軍隊、主要メディア、アンティファは黒ずくめであり、色の違いがはっきりしていますね。
(01:34~)まずは、画面右下の黄色い枠内の攻撃部隊について、彼等はアンティファです。彼等がデモ隊のふりをして掲げている旗をご覧ください。アンティファの旗と不気味なくらいに一致しています。偶然にもナチスの旗に似ていますが。彼等が着ているコートの袖についているバッジもアンティファのものです。
(01:48~)さらに彼等は常に黒い服をまとっており自分達の正体を隠すために顔まで黒い布で覆っています。アンティファのメンバーはカネで雇われた暴力集団です。攻撃的に建物に石を投げたり爆発物を投げ入れています。彼等はキャーキャーと喚き叫んだり怒鳴ったりながら故意に建物を破壊しています。しかし建物内にいる警察は何もしません。なぜなら彼等もグルだからです。
誰が彼等をカネで雇っているのでしょうか。それはジョージ・ソロスです。私の言っていることが信じられないなら、Bitchuteで、The Fall of Cabalの第3部と第4部をご覧ください。そこには大量の証拠が映し出されています。
(02:17~)平和的なデモ隊は、ジョージ・ソロスに向けて訴えています。
(02:26~)2番目は、画面左下の黄色い枠内の攻撃部隊についてです。主要メディアに訊きたいです。なぜあなた方のカメラマンはこれほどまでに正確な位置から彼等を撮影することができたのですか。カメラマンは警察部隊の周りを走り回っていますね。しかも至近距離で暴力的な「デモ隊」に立ち向かっている警察部隊をうまくとらえていますね。カメラマンはいつもの偽旗事件と同じようにヘルメットをかぶりガスマスクを装着しています。
(02:47~)3番目は、画面左上の黄色い枠内の部隊についてです。彼等は警察部隊です。かわいそうな警察官たち。彼等は命令通りに動いているだけです。どうして暴力的な「デモ隊=アンティファ」があなた方を攻撃するのでしょうか。彼等はあなた方を攻撃しているのですよ。彼等はガス筒であなた方を攻撃しています。彼等はあなた方を殴打していますよ。彼等は階下のあなた方にフェンスやゴミ箱を投げています。
(03:10~)おやまあ、彼等はあなた方(警察官ら)に向かって発砲していますよ。なぜあなた方は行動に出ないのですか。何を待っているのですか。彼等を逮捕しなさい。
(03:40~)4番目は、画面右上の黄色い枠内の攻撃部隊についてです。右側の迷彩服をきた男性新兵は誰なのですか。彼は警察部隊に命令を出しています。なぜこの男性は、カメラマンとアンティファにここまで接近(目の前まで接近)するのを許しているのでしょうか。
(03:44~)なぜアンティファは警察部隊と横に並んで歩けたのですか。そして一人の警察官がアンティファと仲間であることをうっかり忘れてアンティファのメンバーに催涙スプレーを噴射してしまったとき、アンティファのメンバーはフランス語で「ヘイ、俺たちだよ。」と叫んだのです。すると警察官は彼等に謝罪し一緒に話を始めました。
(4:12~)私たちはここで何を目撃しているのでしょうか。(アンティファと警察官が約2mの距離を保って歩いている。)
ここで何が起きているかをお教えしましょう。つまり巨大なファッ●ング・ペテンです。
なぜなら政府が勢力を失っているからです。彼等はびくついているのです。そのため彼等は自らカオスを作り出し、それを平和的なデモを行っている市民のせいにしているのです。
ではどうやってそのようなことをやっているのでしょうか。もちろんソロスがクライシス・アクターたちにカネを払ってやらせているのです。彼等はブリュッセルの街を破壊し警察官を攻撃しているふりをしています。
(4:65~)この映像をご覧ください。警察部隊と「市民」の間で激しい衝突が起きているかのように演じていますね。実際は彼等は大したことをやっていません。
そして多くの主要メディアは、このような(偽)映像や画像と共に、ブリュッセルのEUのビルを破壊しているのは反ワクチン派であると報じています。主要メディアは反ワクチン派のQアノンの暴徒がやっているなどとも報じています。本当でしょうかねえ。また反ワクチン派と極右勢力が5万人の暴徒を雇って暴動を起こしているとも報じています。
(5:16~)そしてこちらの映像をご覧ください。警察官らは、彼らの自作自演の暴動現場の近くを歩いていた一般市民を暴力的に取り押さえています。この市民はアンティファとは一切関係がありません。警察官らはアンティファとは関係のない一般市民の彼を殴打しているのです。そして警察官らは周辺にいた市民らを暴力的に逮捕し警察車両に乗せて連行しました。
(5:54~)これらの4つのグループに属するあなた方は恥を知れ!
あなた方は本当に私たちがバカだと思っているのですか。
あなた方は本当に私たちがあなた方のくだらない嘘に騙されるとでも思っているのですか。
あなた方の胸糞悪い戦略に私たちが騙されると思っているのですか。
あなた方が使っていた催涙スプレーやガス筒がホンモノだと私たちが思うとでも?
しかもあなた方はガスマスクも着けていなかったのですよ。
あなた方は本当に報いを受けずにこんなことをうまくやり通せるとでも思っているのですか。
彼等はあなた方を捕まえに来ますよ。そしてあなた方全員が人道に対する犯罪で起訴されますよ。
あなた方は命令に従っただけなので責任はないと思うなら、あなた方はバカですね。
あなた方には裁判所で裁かれます。それまで我ら人民は平和的なデモを続けます。
私たちは警察官を攻撃しません。私たちは暴力的にはなりません。私たちは黒い衣装をまといません。そのようなことをしている人たちは私たちではありません。
私たちを反ワクチン派と呼ぶのを止めなさい。私たちの一部は反ワクチン派です。しかし私たちの殆どが医学的実験の実験台になりたくないだけです。それだけです。
                  ↓
② <イルミナティ・カードの予言=イルミナティの計画>
Illuminati game cards Truckers Bikers Meteors Project Thor hammer Back to the future 2 Tonga volcano | Alternative | Before It's News (beforeitsnews.com)
(ビデオ)
11月29日付け

(概要)
イルミナティ・カードに描かれた通りのことが起きています。
トラックドライバーのカードがあります。カナダで起きている、トラックドライバーによる抗議活動が描かれています。また流星が地球に衝突しようとしていることを示唆するカードもあります。しかしこれは人為的に仕組まれたものです。
ここにイルミナティ・カードを順々に並べてみましょう。
まずは悪魔の疫病を予言するカードがあります。
次にワシントンでの抗議活動を予言するカードです。
このように次々にイベントが起きることを予言しています。
これらのイベントの全てがメディアによって報道されています。
これらのイベントが終わった後に流星が地球に衝突し空が真っ赤になると予言しています。全てがイルミナティ・カードで予言されています。CDCのことや中国が何かをまき散らすことも予言されています。次々にこれらのイベントが起きることになっています。
順番としては、自作自演の流星の地球衝突→オレンジ色の空と戒厳令となっています。
さらにオーストラリアについても予言しています。カードにはHAARPのようなタワーが描かれています。オーストラリアにHAARPの施設があるのでしょう。何かがオーストラリアで起きています。
次にサイクル・ギャング(オートバイに乗ったギャング)のカードがあります。ワシントンの抗議活動を思い出してください。トランプを支持するバイカーたちがいましたね。角を着けた男が抗議活動に加わっていましたね。
次にトールのハンマーが描かれたカードがあります。そして抗議活動に参加していた角男のお腹辺りにトールのハンマーのタトゥーが彫られていました。トールのハンマーとは、宇宙のミサイル(Rods=杖)を使った軍事プロジェクトを指します。Rodsとは流星を指します。宇宙のRodsとは流星のことです。このプロジェクトはプロジェクト・トールと呼ばれています。これを描いたカードがあるということは流星の偽旗イベントが起こされるということです。そしてワシントンの抗議活動に角男(お腹にトールのタトゥーが彫られていた。)が参加していましたが、彼は、連邦議会にて米国に大災害が起こるだろうと伝えました。
これらは秘密プロジェクト(プロジェクト・トール)の神の杖につながっています。このプロジェクトに携わった男性(Rods=宇宙ミサイルを開発した人物)がSF小説を書きました。内容は彗星の一部が地球に衝突するというものです。この小説の題名は「ルシファーのハンマー」です。フリーメーソンはルシファーを崇拝していますね。
そしてその後、ディープインパクトやこの小説に影響を受けたアーサー・C・クラークが神のハンマーという小説を書きました。これは神のハンマー=神の杖です。そして神の杖とは小惑星の破片が地球を衝突することを示しています。そしてトールのハンマーは角男につながっています。そしてこれらの杖は宇宙ミサイルを意味します。
どうやら彼等はこの神の杖をトンガ沖の火山噴火(火山噴火を偽装)に使ったように見えます。爆発寸前にミサイルが目撃されました。どうやら彼等は宇宙から神の杖(流星に似せたもの)を使ってトンが沖を爆破しました。神の杖の開発者がルシファーのハンマーと言う小説を書き、アーサー・C・クラークが神のハンマーと言う小説を書きました。そしてハンマーを持った神はトールと呼ばれています。そしてプロジェクト・トールはRods=杖を指します。そして宇宙ミサイルはプロジェクト・トールと呼ばれます。これらがすべてイルミナティ・カードに描かれています。そして流星が衝突する絵が描かれたカードもありますから、次は流星が衝突する(実際は神の杖を使って攻撃する)ということでした。イルミナティ・カードとエコノミストに描かれた絵はイルミナティが何を計画しているかを示しています。そして彼等はこのように伝えています。一旦、1つのイベントが終わったなら次に新しいイベントがスタートする、と。
(8:25~)こちらがワシントンDCに現れた角男です。イルミナティ・カードに描かれた頭に角を着けたバイカーと一致します。
そしてBack to the Future2の映画でも、バイクに乗った角男が登場します。この角=牛=トランプに関連します。映画に出てくる角を着けたバイカーらはバイクに乗ってぐるぐる回りながら腕を上げています。ワシントンDCで抗議活動を行っていたトランプ支持者らと全く同じ動作をしています。全てが予測されています。
彼等は既に彗星の地球衝突(トンガ沖を神の杖で爆破したこと)を実行したようです。

世界の出来事は全て偽装されています。彼等はどこまでやったら気がすむのでしょうか。



③ <カナダのノバスコシア(大西洋に面した小さな州)が市民に罰金>
Canadian Nova Scotia Province Just Announced New Fine Up To $140000 For People Who Gather Alongside Highway To Block Traffic To Support Trucker Convoy! | O.N.E. News (ournewearthnews.com)
1月29日付け

金曜日、カナダのノバスコシア州政府はオタワに向かうトラックをサポートするために高速道路の脇に集まり交通を妨害する市民に最高14万ドルの罰金を科すと発表しました。ノバスコシア州政府は緊急管理法の下で市民が高速道路(ノバスコシアとニューブランズウィックの境界の近くを走るハイウェイ104)をブロックすることを禁止しました。さらに当局は市民にハイウェイ104の脇やCobequid Pass料金所に集まった場合でも罰金を科すとしています。当局は、交通を妨げることになる、2022フリーダム・コンヴェイ、アトランティック・ホールド・ザ・ライン、その他のイベントをサポートする抗議デモを行う人々にもこの法律は適用されると伝えました。隔離も予言されています。