以下の2つの記事は直接的には関係がないのですが、殺人ワクチンや薬を使わなくても(使うと免疫力が低下)もウイルス、病原菌、癌細胞に非常に効果的で安い治療法が多く存在することがわかります。
一方、ロックフェラーの逆症療法を実践している主流の医師たちの意見を鵜呑みにしてCovidワクチンを接種してしまった人たちの中には以下のような奇妙な血栓が血管系にびっしりとでき命を落としてしまう人もとても残念なのですが、これからは増えていく恐れもあります。
これからは従来の免疫弱体化の逆症療法ではなく、より自然で身体によい治療法はいくらでもあることに気が付かなければなりませんね。
また癌を予防、治療する方法としてこちらの情報も参考になります。
ひとり言 答は自分の中にある 免疫力を語る阿保徹先生の話をもう一度 | Jのあっちもこっちも (ameblo.jp)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<今まで見た事のないような血栓>
Embalmers Find Veins & Arteries Filled with “Never Before Seen” Rubbery Clots | (tapnewswire.com)
(概要)
1月28日付け

死体防腐処理者の証言:血管系にはこれまで見たことがないような弾力性のある血栓がびっしりと詰まっている。

ジェイン・ルビー博士の番組に出演したハーシュマンさんは、彼の20年以上にわたる死体防腐処理の経験の中でこのようなものを見たのは初めてだと世界的スクープを伝えました。

ハーシュマンさんによると:
彼は複数の同業者にこのことを伝えたところ彼等もまた遺体から同じものを発見していたことがわかりました。
彼は遺体から汚染された血液のサンプルを取り、電子顕微鏡で調べたところ、これまで見たこともないミミズのような形をした血栓がびっしり詰まっていたのです。

彼がこのような繊維性の血栓を目にし始めたのは2020年11月からです。その後、同様の血栓が見られる遺体の割合が5割に達し現在は遺体の8割近くが同じ状態です。しかし彼は同様の血栓が見られる遺体がワクチン接種後に亡くなった人のものかどうかを全て(一部は確認できている)確認することはできませんでした。そしてなぜ血管系にこのような繊維性の血栓ができたのかについてもわかっていません。

source

また、彼のところに持ち込まれる遺体の中で心発作や脳卒中で亡くなった割合が増えています。このような血栓が多発している中でそれは驚くことではありません。
彼の同業者たちも、遺体から同じものを発見しており動揺が走っています。

彼は直感的にこのような血栓ができた原因はCovidワクチンのせいであると感じました。
それを証明することはできませんが、このようなものが血管内にできてしまった人たちは生き続けることなどできません。そして接種者の間で将来的にこれが原因で死亡してしまう人がいることを想像してみてくださいと。。。

また彼は最近非常に多くの人々が心発作や脳卒中で死亡していることに驚いています。このような小さな繊維性の組織が脳内に入ってしまったら脳卒中が起きます。そしてそれが心臓に入ってしまったら心臓発作が起きます。

彼は、遺体処理中に遺体の血管系にこのようなミミズのような血栓が詰まっていることを発見した11月から、同様の血栓がある遺体の数を記録してきました。そして今月だけでも、彼が処理した35体のうちの20体~24体の血管系に同様の血栓を確認しました。
言うまでもなく、亡くなった方に対する敬意は必要ですが、すぐに遺体の調査を開始し、これらの長い繊維性の血栓ができた原因はCovidワクチンなのかどうかを確認すべきです。

これがCovidワクチンによるものでなければ、なぜこのような血栓が(Covidワクチンの接種が開始されてから)11月20日以降に発生するようになったのでしょうか。

<過酸化物の効能について>
Rockefeller Medicine Allopathic drug pusher doctors don’t want you to know this information | (tapnewswire.com)
1月28日付け

以下の情報は、ロックフェラーの逆症療法に従って処方薬を押し付けている医師が患者に絶対に知ってほしくない情報です。