カナダのトルドー首相によるトラックドライバーに対するワクチン義務化に反発する動きが北米で勢いを増しています。
現在、カナダではトラックドライバーと市民が独裁者のトルドー首相を辞任させるために団結しました。彼等はオワタに集結します。Bitchuteに投稿されていたビデオ情報によると、彼等はトルドー首相が辞めるか人々に自由と権利を返還するまではオワタの国会議事堂を包囲し続けると宣言しているそうです。これはトラックドライバーと150万人の人々が行動を共にするカナダ史上最大の革命であるとも伝えています。臆病者のトルドー首相は彼等を恐れて自宅待機或いは地下施設に潜って数日間(彼等が国会議事堂を去るまで?)テレワークをすることにしたそうです。しかしこのことを報道する主要メディアは皆無。カナダでもプロパガンダしか流さない主要メディアを観ない動きが加速しているようです。
やはり独裁政府を倒すには国民の強い意志表示が必要と思います。圧倒するような大規模デモもその一つではないでしょうか。しかし日本ではデモは殆ど起きません。デモが嫌いな日本人が一旦目覚めると何をするのかを考えてみました。たぶん日本人は抗議の電話やメールを政府に送って政府を圧倒させるか、誰も政府の指示に従わずののらりくらりとやり過ごすことでしょうね。例えば、一斉にマスクを外すとか、誰もブースターショットを受けないとか、ワクチンを暴く草の根活動が広がるとか。

Over 1 million peoples marching toward Ottawa and it’s completely ignored by the medias – Investment Watch (investmentwatchblog.com)
(概要)
1月27日付け
100万人以上の人々がオタワに向かっています。しかし主要メディアはこのことを完全無視です。カナダでは主要メディアは恥以外の何物でもありません。これは歴史的な出来事です。このような大規模な抗議が起きたのはカナダ史上初めてです。
今週土曜日に5万人以上のカナダのトラックドライバーと1万人以上の米国のドライバー、そして100万人~140万人の市民がオタワに集結します。しかしこのことを報道する主要メディアは皆無です。

メディアは恥以外の何物でもありません。今回の示威運動は歴史に刻まれるでしょう。メディアは市民に敵対する立場を選択しました。
以下のツイート:
・セオ・フルーリー氏がフォックスニュースで100万人以上の市民がトルドーの辞任を要求してオタワに集結していると伝えました。
・フルーリー氏は、ワクチンを無理やり打たされることになったトラックドライバーたちと共に戦うためにカナダ中の人々が団結して決起したと言っています。
・現地の情報として、カナダのトラックドライバー(53000人)と米国のトラックドライバー(62000人)がオワタに向かっています。国境沿いの住民が、大量のトラックが列をなして(150㎞以上車列が続いている)国境を越えてカナダに向かっているのを目撃しています。

                     ↓            

<ブリティッシュコロンビアの駐車場の映像>
Canada Freedom Convoy Rolling, 150 KM Long & Growing! (Video) | Alternative | Before It's News (beforeitsnews.com)
1月27日付け

 

エドモントンの駐車場はトラックで満杯です。ブリティッシュコロンビアでも同じ状態です。
(5:00からブリティッシュコロンビアの駐車場の様子が映し出されています。)



Unfortunately the rest of masses are mind-controlled sheep. Hopefully there is a bigger, well-thought-out plan by the organizers in terms of leveraging the “blockade” to actually achieve the removal of the satanic filth currently controlling this country. It’s going to take an armed force to bring these evil bastards down.