以下のサイトのTikTokのビデオは、貼り付け不可でしたので、ビデオはサイト内からご覧ください。
ビデオ投稿者が世界のCovid感染者数を示すヒートマップと5Gネットワークのマップを比較したところ、完全にオーバーラップしているのがわかりました。感染者数と死者数が非常に多いイスラエルでも5Gアンテナが設置されていますが、イスラエルでは人々がワクチンを何度も打たされた結果と思われます。
以前から言われていた通り、武漢でもそうですが、Covidパンデミックは5Gパンデミックだったということです。5Gの影響によりインフルエンザのような症状が出るとも言われています。また5Gの影響で突然死するケースもあります。Covid-19 (生物兵器)自体はそれほど危険なものではなかったのですが、5Gとの相互作用で症状が重くなり最悪の場合は死亡してしまうのでしょう。
武漢は世界で最初に5Gを導入した場所ですが、5GとCovid-19生物兵器の影響で多くの市民が亡くなってしまいました。
以下のビデオでも説明されている通り、Covid-19の感染者数(死者数も比例)が多い地域ほど5Gアンテナの設置数が多いことがわかります。
Covidワクチンに含まれる成分の一部がCovid-19生物兵器にも含まれていたと思われますが、この生物兵器を強化したのがワクチンと思われます。そのためワクチンを接種するとさらに5Gの影響を受けやすくなるのだと思います。ただしワクチンの小瓶には食塩水や濃度が非常に薄いモノがありますからワクチンを打った人全員が重症化するということではないと思われますが。
日本でCovid-19の重症者や死者数が比較的少なかったのは5Gアンテナの設置数が少なかったからでしょう。しかしこれから全国に5Gアンテナが設置されていきます。それを考えると・・・
5Gテクノロジーを主導している中国共産党はグローバリスト・カバールと結託し、意図的に欧米諸国(特に米国)に5Gアンテナを大量に設置させたのでしょうね。先進国が5Gアンテナで埋め尽くされワクチン接種者も増えたなら、先進国の人口が効果的に減っていきますから。中国共産党が世界を支配するにはまず先進国を潰す必要があるでしょう。特に米国には5Gを大量に設置し米国民を攻撃し国を弱体化させた上で侵略しようとしています。5G+生物兵器による攻撃というグローバリストと中国共産党の目論見は成功したようです。しかしこれ以上は続かないのではないでしょうか。そのため次にやろうとしているのが出血熱パンデミック茶番劇と偽旗世界戦争となんちゃってエイリアン地球侵略劇場です。
ところでワクチンの強制接種に反対するカナダのトラックドライバーが戦っていますね。カナダの人々も自由と権利を取り戻すために政府に立ち向かっているようです。
参考:It’s about all of you standing in solidarity – TANKS ON THE STREETS OF OTTAWA ?? | (tapnewswire.com)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
He connected the dots: world map of 5G and world flu coup | (tapnewswire.com)
(概要)
1月21日付け:

こちらの男性が点と線を結びました。5Gネットワークの世界地図とCovidヒートマップを比較しました。

(ビデオの概要)
米国のCovid感染者数は第2波よりも2倍以上増えています。こちらはCovidのヒートマップです。赤く染まった部分が感染者数(死者数も比例して多い)が多い地域です。米国の東側が赤く染まっています。特にニューヨークシティが真っ赤です。次に多いのがカリフォルニアです。
こちらの地図は世界の5Gネットワークの設置状況を示しています。
米国には6500基もの5Gアンテナが設置されています。米国を除く世界の5Gアンテナ設置数の合計は2300基以下です。ニューヨークだけでも1500基の5Gアンテナが設置されています。次に多いのがカリフォルニアの350基です。各国の5Gアンテナの設置数を確認してください。5Gが人々を死に至らしめているのです。
次にメキシコと南米を見てみましょう。メキシコの人口は約1億3千万人です。
(1:09~)こちらはCovidの感染者数を示したヒートマップです。メキシコでは殆ど赤くなっていません。感染者数はたった1500人で死者数は50人です。なぜメキシコではこんなに少ないのでしょうか。メキシコはまだ5Gネットワークが未設置だからです。
ブラジルの人口は2億人以上です。ブラジルは南米で最も感染者数が多いのですが、それでも8000人です。人口が少ないカナダの感染者数はメキシコとブラジルの感染者数の合計よりも多いのです。ブラジルに設置された5Gアンテナはたった5基です。ブラジル以外の南米諸国の5Gアンテナの設置数は10基以下です。プエルトリコでは188基の5Gアンテナが設置されています。
ご覧の通り、5Gが人々を死に至らしめていることがわかりますね。
(2:00~)ではヨーロッパを見てみましょう。
世界でCovid感染者数が最も多い13カ国のうちの10カ国がヨーロッパにあります。
5Gアンテナの設置数が米国の次に多いのがヨーロッパでありここには1200基が設置されています。ヨーロッパで感染数が最も多い地域に700基近くの5Gアンテナが設置されています。ヨーロッパで急速に感染が拡大したのはどこでしたか。スイスの南側に位置する北部イタリアでした。このページの右側にサイト作成者の説明欄(2019年7月25日付け)があります。そこにはヨーロッパで最初に5Gアンテナが設置されたのはイタリアと書いてあります。フランス、ドイツ、スペイン、フィンランドでも同じような時期に5Gアンテナが設置されました。このように5Gが人々を死に至らしめているのです。
(2:58~)ではアフリカを見てみましょう。アフリカでは一部地域を除きCovidのヒートマップが示されていません。アフリカの人口は約12億人ですが、アフリカではCovidは殆ど広がっていません。
アフリカで最も感染者数が多いのが、世界で感染者数が最も多い地域から最も離れた南アフリカです。南アフリカの感染者数は1500人弱です。そしてアフリカで5Gアンテナの設置数が最も多いのが南アフリカです。
(3:56~)では、アジアを見てみましょう。これは既に広く知られていることですが、武漢は世界で初めて5Gアンテナを設置した場所です。そしてCovid‐19感染が最初に広がった場所でもあります。
(4:10~)こちらがアジアのCovidヒートマップです。そしてこちらがアジアの5Gネットワークを示す地図です。5GマップとCovidヒートマップがオーバーラップしています。
そして私が発見した最も興味深いこととは、中国と国境を接するインドの人口は13億人以上で中国と同じですが、感染者数は3000人弱です。ではインドでの5Gアンテナ設置状況を見てみましょう。全くありません!ゼロです。だから感染者数が非常に少ないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下のサイトは世界の5Gネットワークを示しています。
 Ookla 5G Map - Tracking 5G Network Rollouts Around the World (speedtest.net)