以下はツイッターの情報です。
イギリスやハーグの国際刑事裁判所ではCovidワクチンに関する調査及び訴訟手続きが始まっていますが、イギリス南東部のチチェスター市の医師がCovidワクチンの行方を語ってくれました。
Covidワクチンの危険性を知っている私たちの第一の願いは一日も早く毒ワクチンの接種が停止されることです。次に毒ワクチンを販売、推進、強制した人たちを人道に対する犯罪で逮捕してもらいたいと思います。イギリスやヨーロッパでは専門家らによる毒ワクチンの事実を暴く活動や接種を止めさせる動きが活発化しています。しかもファイザー社CEOやWHOのテドロスも毒ワクチンには効果がないことを認めなければならないほど追い詰められているようにも思えます。

これだけの被害者、犠牲者を出している毒ワクチンですから、このまま接種を続けることは難しいでしょうね。こんなに多くの被害者、犠牲者が出ているのに日本を含む多くの国が今でも人々に接種を推進したり強制したりしているのですから本当に異常事態です。まさに人類に対する戦争です。

ところで世界的に毒ワクチンの接種がうまく行かなくなりそうな今、メディアはロシア 対 西側諸国、中国 対 米国など、世界戦争へと人々の目を向けさせていますね。世界戦争を演じることで毒ワクチンの首謀者としての責任を逃れようとしているのでしょう。グローバリストやメディアの次のシナリオは世界戦争です。次々に新しいシナリオを展開しながら、自分たちがやってきたことを人々の記憶から消して行こうとしています。
Rare 🚑🚨さんはTwitterを使っています 「111 Telephone call to an out of hours Dr in Chichester, UK (20 hours ago) - When diagnosing this woman with an adverse reaction over the telephone, The Dr advises against taking any more and explains that she believes they are about to get pulled - due to new data on safety 💥 https://t.co/HVG1dLbEws」 / Twitter

 R
are 救急車パトライト
さんの1月17日のツイート:
ビデオの女性はワクチン接種後の頭部にしこり(副作用)ができたとして111(緊急電話)で国民医療サービスの医師(チチェスター市)に電話相談したのですが、医師からしこりはワクチンの副作用と診断され、これ以上ワクチンを打たないようにとアドバイスされたと同時に、次の情報をこっそり教えてもらいました。
医師曰く「表にまだ出ていない内部情報として、これらのワクチンの安全性に関する新たな情報が大量に集まってきている。そのため、これらのワクチンはもうすぐ停止されることになると確信している。」