ワクチンの死者数についてマイク・アダムズ氏が計算した結果がショッキングな内容となっています。
一体、いつまで毒ワクチン接種が続くのでしょうか。インチキ検査を国民に押し進め感染者を水増ししてパンデミックを何度も捏造することで次のワクチン(ブースターショット)を打たせるつもりです。彼等はあと1年間、データを捏造し、メディアで恐怖を煽り世界中の人々を騙してワクチン(ブースターショット、他)を打たせれば十分な数の人々が死んでくれることになります。マイク・アダムズ氏が計算したところでは、今年中にワクチン接種を止めさせなければ次の10年間で35億人以上が死亡してしまう可能性があるそうです。まさに人口削減ワクチンです。しかしワクチンの副作用で寝たきりになれば医療費が膨らみます。政府はワクチンとの因果関係を否定しますから、自分で医療費を負担することになります。数か月後、数年後に現れる副作用については政府もワクチンメーカーも因果関係を否定できます。一番苦しむのはワクチンを接種した人たちです。自分で調べることもなく政府やメディアの警告をそのまま鵜呑みにして何も考えずにワクチンを打ってしまった人々が今後10年間でどのような体験をするのかは誰もわかっていません。生理食塩水や濃度が非常に薄いワクチンを打たれた人々以外は何等かの副作用が出てくると思われます。

GLOBAL ALERT: An estimated 10 million people PER DAY are set on irreversible countdown to vaccine death that could exterminate BILLIONS if not stopped in the next year – NaturalNews.com
(概要)
1月4日付け

世界的な警告:今年中にCovidワクチンの接種を止めさせなければ、1日に1000万人がワクチンで死亡することになります!


( Natural News
これは人類に対する警告です。
我々に残された時間はあなたが考えているほど長くはありません。

大まかに計算してわかったこと・・・それは警戒レベルを超えています。1年以内にワクチンのホロコーストを止めない限り人類文明は滅亡してしまいます。

以下に推定、予測する通り、血栓を引き起こすCovidワクチンが世界中の人々に接種され続ける限り、今後、1日に約1000万人がワクチンによって死亡する恐れがあります。

計算した結果、毎日世界中の人々に接種され続けるなら、次の10年間で1日に約1000万人がワクチンで死亡する可能性があることがわかりました。(詳細は以下を参照)
バイデンや世界のリーダーらが法的な意義申し立てや法の規則を一切気にかけていないのはこのためです。これらのワクチンをあと1年だけ自国民に強制的に接種させてしまえば、次の10年間で35億人以上をワクチンで死亡させることができるのです。
ですから我々に残された時間はあなたが考えているほど長くはないのです。
ワクチン狂信者らは、次の2,3年間に法的な意義申し立てが行われワクチンの集団接種を止めることになっても構わないと考えているのです。なぜなら2,3年後にワクチンを止めても既に遅すぎるからです。
たとえ今、全てのCovidワクチンを止めさせても、次の10年間で10億人~20億人がワクチンで死亡してしまう可能性が高いのです。(詳細は以下を参照)


中略

最近、ロバート・マローン博士が指摘した通り、我々は大量虐殺とよく似た大量死の事象を目撃しながら生きています。人類史上最大の人体実験が失敗したように見えてきています。
インディアナ州の生命保険会社の幹部による辛口の報告書の記述が事実であれば、ライナー・フルナミッヒ博士が「人道に対する犯罪」で新たなニュルンベルグ裁判を起こそうとしてもあまり現実的ではなくより予言的に見えてしまいます。

‎‎最悪なことに、この報告書は連邦職員に対するワクチンの強制接種は人道に対する真の犯罪と思われる犯罪を促したことを暗示しています。 インディアナ州では一般の州民よりも頻繁に有毒なワクチンを強制的に接種させられた多くの連邦職員が命を落としています。 ‎ ‎
この報告書は、実験用のワクチンの強制接種によって避けられたはずの大量死を引き起こしていると批判しています。 ‎
‎そして犠牲者らが潜在的リスクについての情報を得る全ての機会が、
Trusted News Initiativeの旗の下に活動している腐敗した国際カバールによってインターネットや大衆の意識から組織的に消去されてしまいました。ジョージ・オーウェルは墓の中で混乱していることでしょう。


VAERSの最新データでは、米国では21000人がワクチン接種後に死亡したことになっていますが、文書で十分に立証されたURF(報告されていない実態)のデータを含めると少なくとも84万人の米国民がCovidワクチンを接種後に死亡しています。

しかし我々は トーマス・レンツ弁護士やメディケア(高齢者向け医療保健制度)の内部告発者など信頼できる情報筋から、VAERSが発表するデータは数か月遅れのデータであると聴いています。VAERSへのデータ入力は、死者数の急増が明らかにならないよう意図的に遅らせています。
さらに、看護師は、医師、病院、行政官から、Covidワクチンに関するデータ(死者数、副作用件数など)をVAERSに報告するのを避けるよう強く命じられています。

中略

インタビューをした看護師らによると、Covidワクチンを接種した人々の肺をCTスキャンしたところ、すりガラス陰影と言う結果が出たが誰もVAERSには報告していないと言っています。

我々はケーススタディの証拠からも非常に多くの医師がVAERSが何なのかも知らないということを知っています。VAERSシステムの存在すら知らない医師は接種者に何が起きようが一切報告しません。
これと相まって看護師らがVAERSに報告しないよう命じられていることを考慮すれば、URFが40であるのはあまりにも低すぎます。医師や看護師らが極度の抑圧を受けて
ワクチンの副作用を隠蔽しようとすることを考えれば、URFはむしろ200が正しいでしょう。つまり正確には、これまでにVAERSに報告された死者数の21000人は実際は420万人に上るということです。


ワクチンは三段階に分けて人々を殺害していきます。つまり、長期的に見てCovidワクチンによって癌が発生して死亡するのに10年かかります。我々はワクチン接種直後に心臓発作で亡くなった人々を目にしていますが、
ワクチン接種者の殆どがすぐには死亡しないのです。以下のグラフが示す通り、ワクチンの死亡率曲線は3段階に分かれています。

(3段階に分かれたCovidワクチンの死亡率曲線)
・第1段階(接種日~30日以内)・・・短期的影響:血栓、血栓症、心筋炎、心臓発作、脳卒中、流産、肺塞栓症、アナフィラキシー・ショック
・第2段階(接種後1か月~12カ月以内)・・中期的影響:ワクチンに誘発された免疫不全、ADE‎抗体依存性増強、自己免疫反応、プリオン様神経機能破壊、心不全
・第3段階‎(接種後1年~10年以内)・・・長期的影響:スパイクたんぱく質に誘発された染色体損傷、癌、深刻な免疫不全、致死的な自己免疫疾患、DNAの修復メカニズム(非相同末端結合)が抑制される、不妊、生殖機能障害


メイヨー・クリニックで医学訓練を受けたライアン・コール博士(正式な解剖病理学者)
によると、mRNAワクチンを注射した患者の62%に極小の血栓が見られました。
コール博士のビデオはこちらから:

極小の血栓は血管損傷と心疾患の初期症状です。Covidワクチンを打った人々は心筋炎と診断されることがよくあります。心筋炎になると5年以内の死亡率が56%です。

以下省略