昨年12月に私のブログでもご紹介しましたビデオですが、皆さんもライブ放送中に突然意識を失った米国の看護師を覚えていらっしゃると思いますが、彼女はその時Covidワクチンは安全で効果的であるとして接種を促すプロモーションを行っていました。ついでにカメラの前で彼女の腕にワクチンが注射されました。しかしそのすぐ後に彼女は失神してしまったのです。しかしその後彼女がどうなったのかを伝えるメディアはありませんでした。しかし彼女はその日のうちに亡くたったそうです。自分でワクチンのプロモーションをしながら犠牲になってしまいました。米国では看護師の被害が多いように思えますが看護師は濃度の濃いワクチンを注射され便利な実験台として使い捨てされているような気がします。そして日本では一番覚醒していない(或いは自分の命を自分で守れていない)のが看護師ではないかと思ってしまいます。

参考ビデオ:Nurse Faints While Speaking to Reporters After Getting Vaccine - YouTube


DO YOU REMEMBER NURSE TIFFANY DOVER WHO PAST OUT AFTER BEING INJECTED? | (tapnewswire.com)
12月30日付け
 

2020年12月17日のライブ放送中に意識を失った看護師のその後について


(概要)
真実が明らかになればなるほど多くの人が覚醒していきます。2020年12月17日の生放送中にカメラの前で突然意識を失った看護師のことを覚えていますか。彼女はその時Covidワクチンを宣伝していたのです。
しかしその後彼女がどうなったかは一切報道されませんでした。
・カメラの前でCovidワクチンは安全で効果的であるとしてワクチンの宣伝を行っていたテネシー州の看護師のテフニー・ドーバーさんについて皆さんも記憶にあると思いますが、彼女はプロモーションのためにカメラの前でワクチンを接種した直後に意識を失い倒れてしまいました。しかしその後彼女がどうなったかについては誰も伝えていません。しかし実際は、彼女はその日(12月17日)のうちに亡くなっていたことがわかりました。しかし彼女の死は隠蔽されてしまいました。
彼女の家族には賠償金が支払われました。家族は賠償金を受け取る代わりに彼女の死については口外しないよう求められました。家族は他の何千人もの看護師が人工的な病原体を使った薬剤を注射した後に突然倒れて亡くなったとしてもどうでもよいのです。これはソフトキル(徐々に殺害する)生物兵器なのです。この薬剤は一度に数万人を殺害するために作り出されました。
この薬剤についての事実が全て明らかになるまでに数億人が殺害されるかもしれません。
皆さん、目を覚ましてください。
ここに証拠資料があります。
彼等がワクチン接種者の遺体をすぐに火葬するのは検視で死因がワクチンであることが特定される前に遺体を処分したいからです。
皆さんは看護師が意識を失った場面をライブ映像で観たのではなく看護師が亡くなったところをライブ映像で観ていたということです。しかも関係者らは彼女がその直後に死亡したことすら伝えなかったのです。彼等は彼女がどうなっても構わなかったのです。とにかく皆さんにワクチンを打たせたいだけです。ファイザー社も他のワクチン・メーカーも同一の親会社が所有しています。親会社とはファッ●ング麻薬カルテルです。皆さん、この現実に目を覚ましてください。彼等は人類を処分したいのです。
https://www.bitchute.com/video/nDHjn1GWwDKF