以前から言われていたことですが。。。DSは、ワクチンを接種した人にワクチン・パスポートを与え、パスポートも持っていないと旅行に行ったり自由に行動できないようにさせたかったのですが、DSの思惑通りにはいきませんでした。ワクチン・パスポートに対する非難が殺到しこの計画は頓挫したようです。ここからもDSの弱体化がうかがわれます。その結果、ワクチンを打たない人が行動の自由を失うのではなくワクチンを打った人が旅行の機会や行動の自由を失うことになりそうです。ワクチンを打った人々の間で交通事故も増えています。昨日まで元気だった人が今日突然具合が悪くなったり死亡するケースも増えるのではないかと懸念しています。そのような潜在的問題を抱えているワクチン接種者の行動範囲は狭くなるかもしれません。特に運転や空の旅は危険かもしれません。
JAL(ANAも?)は従業員にワクチンを強制的に接種するようですが、ワクチンを接種したパイロットやCAは健康上危なくて仕事ができなくなりますねえ。
それとワクチンを接種した外科医も手術中に倒れる恐れもありますから危険です。
今、DSが最も猛威を振るっているのは東京五輪を控えた日本なのではないでしょうか。五輪を口実に、国民全体へのワクチン接種を押し進めています。

Vaksinnated banned from air travel in Russia and Spain due to blood clots | (tapnewswire.com)
6月10日付け
 

空の旅をすると血栓が生じる恐れがあるためワクチン接種者は空の旅を禁止されるかもしれません。

たった今、このような情報を受け取りました。庶民を飛行機に乗せないというかなり興味深い内容です。
どのような庶民かというと、ワクチンを接種した人々です。
血栓と空の旅について知るべきことです。
我々は円を一周して元の位置に戻りました。
スペインとロシアの航空会社はワクチンを接種した人は旅行(空の旅)をすべきではないと警告しています。
 COVIDワクチンを接種した人は飛行機に乗れなくなる恐れがあります。
現在、ロシアのネット上のニュースサイトで、COVIDワクチンを接種した人は高度1マイル(1600m)の環境で血栓が生じる危険性があるため、飛行機に乗れなくなる可能性があると伝える記事が複数掲載されています。
スペインでも同様の内容の記事が掲載されています。ワクチンを接種した人は空の旅が禁止されるようになるかもしれないという懸念が提起されました。