日本でもマスクの装着を拒否したあの男性がまた逮捕されました。暴力的だったり、警察に抵抗したことはよくありませんが、マスクの装着を拒否したことで逮捕されるなど、これまでの日本ではありえない事でしょう。
人々はあまりにも神経質になりすぎています。地方自治体が飲食店を厳しく監視するようになったため、飲食店もマスクを装着していないお客を拒否せざるを得なくなっています。また神経質なお客もマスクを着けていない人が店内に入ってくるのを嫌がるのでしょう。
特に屋内ではマスクをつけていない人に対して厳しい目が向けられています。
ただしマスクはある意味汚染されやすく簡単にウイルスやバクテリアが付着してしまいます。マスクを外す際に指でマスクを触れば指も汚くなります。マスクを一日中口に当てているとマスクの内側に菌が付着し口の中にも菌が入ります。その方がよほど汚いと思います。歯周病にも発展するそうです。
一般的に言って、どうしてもマスクを装着しなければならないとしても、マスクの装着は最低限に抑える必要があると思います。例えばエチケットとして、特に屋内の人込みの中だけとか。そうしないとマスクを永遠に装着する習慣ができて、乳幼児の情緒にも悪影響を与えますし、人とのつながりがなくなってしまいます。これこそがNWOが狙っていることなのですが。
日本人は権力に従順であり、政府が何かを要請するとその要請に従います。法律で規制しなくても日本人は政府(お上)の要請に従う扱いやすいシープルです。
しかも、親たちは、屋外でも小さな子供たちにまでマスクを着けています。花粉症のためにマスクをつけている人たちは別として、人通りが少ない屋外で散歩しているときにも、ジョギングしているときにも、ハイキングをしているときにも、マスクを着けている日本人が多くいます。雰囲気的に集団心理が働いて少なくとも人込みや屋内では仕方ないからマスクをつけている人は多いと思いますが、なぜ屋外しかも人通りが少ない場所でもマスクをするのでしょう?
日本はまだロックダウンがありませんので、今のところ他国よりはマシかもしれませんが、これからどうなるか。欧米や中国の全体主義に従うならば日本もさらに厳しくなるでしょうね。コロナ感染者を増やすにはPCR検査数を増やして擬陽性者を大量生産すればよいだけです。役所はデータをいくらでも改ざんできます。感染者を増やしてワクチン接種を煽りたいなら、検査件数を増やせばよいだけ。コロナ死者数を増やしたければ、何でも死因はコロナにすればよいだけ。ただしワクチンが原因で死亡した場合は完全に隠蔽するでしょうけど。
ここ最近、コロナにより地方自治体や政府の飲食店への虐めが一層激しくなりました。飲食業関係をなぜそんなに虐めるのでしょうか?
東京(新宿など)や大阪の繁華街をみると、飲食店虐めで多くの店が潰れた結果、中共関係者が潰れた店を次々に奪い取っているのがわかります。中共に日本の飲食業を奪い取らせ日本に大量の中共関係者を移住させるための飲食店虐めのような気がします。
全ては背後でつながっています。マスクもロックダウンもワクチンも全てグローバリストのNWOアジェンダにつながっています。
NWOの人たち(DS)は、99%の人類を徐々に死に追いやりながら、最終的にこの地球を彼らの肌にあうデストピア(暗黒郷)にしようとしています。まるで玲奈さん(diva spirit journeyの動画をご覧ください)が体験した30年後の地球の状態(5次元上昇に失敗し愛のない荒廃した3次元地球となる)が再現されるかのように。
既に私たちはデストピアの入り口にいるような気がしています。もし光の勢力と言われる人たちも実際はロスチャイルド側が世界人類を騙すために作り上げた架空の存在だとするなら。。
世界で起きている物事の全てが裏でつながっており、結局は地球全体がロスチャイルドが進めているNWOの暗黒郷に向かっているような感じがしています。少なくとも表面的には。
今、世界中の人々(特に欧米諸国の人々)がコロナやワクチンを利用した政府の全体主義に反発し立ち上がらないなら、このままデストピアになってしまうのではないでしょうか。
日本でも高齢者に対するワクチンが始まったようですが、大勢の高齢者がワクチンを希望しているようです。予約ができない高齢者もいるそうです。本当に。。。日本人、特に高齢者はこんなに騙されやすいんですね。テレビばかリ観ているからです。テレビを観ていると考える力がなくなりますから。本当に洗脳されやすいシープル国民と売国奴政治家ばかりの日本は、これからどうなってしまうのでしょうね。日本はDS中共の配下になる目前でしょう。従順な国民と菅政権とあの政治家たちではこの国は滅びてしまいます。

henrymakow.com - Exposing Feminism and The New World Order
(概要)
4月11日付け

ヴァーノン・コールマン氏:なぜ愚か者がこんなに多いのか。
1200px-Dr_Vernon_Coleman_2019.jpegゾンビとトロールはあまり頭がよくありませんから世界全体の動きを見ることができません。彼らは秩序立って物事を見れるほど頭がよくありません。彼らは誰でも大嘘がつけるとは思っていません。
By ヴァーノン・コールマン医学博士(英国王立技芸協会が個人に授与する栄誉称号を持つ)

今、人類に何が起きているのかを考えると悲しくなります。砂の中に頭を突っ込んだまま恐怖に怯えた哀れな人たちがなんと多いことか。
政府は国民にいくつもの嘘をつき続け、国民を騙し、いじめ、脅し、苦しめています。政府はイギリスの哲学者のジョン・ロックが残した言葉「国民は、自ら法を破る政府に権限を委任することはできない。」を忘れています。
我々は、政府に我々を守ってもらいたいから税金を納めているのであり、我々を破壊してもらいたいから納税しているのではありません。
マスクの装着は政府の圧制の一環であることは確かです。マスクの装着を国民に強制することで国民にさらなる恐怖を煽っています。もちろん政府はこれを故意に行っています。

国民が立ち上がり政府に反発しないなら、マスクの装着は永遠に続くでしょう。
彼らの計画は緻密に練られています。
やがて、食料品などの買い物をする人に対して、マスク(圧制と奴隷のシンボル)の装着が義務化されるでしょう。
そして次のステップでは、人々は街頭でも自宅内でもマスクの装着が義務化されるでしょう。そして室内にいても電話やテレビのカメラにずっと監視されますから、マスクの装着しない(違法行為をしている)住人は通報されます。
公共交通機関や店内でマスクを装着している従順な人たちは不平を言うでしょうが法律には従います。特に、第二波が来たり、変異型や致死率の高いコロナウイルスの脅威が増したときには彼らは必ず法律に従います。

征服に対する集団受容:

私が感じる本当の悲劇は、自宅監禁や絶え間ない恐怖を煽るプロパガンダによって国民は従順な考え方を持つようになってしまったことです。数百万人の国民が、より厳しいルール、さらなるロックダウン、マスク装着を徹底させる厳しい法律を求めているのです。
彼らは一体どうしたことでしょう。なぜ、何も疑問に思わない人がこれほどたくさんいるのでしょうか。彼らは自分で考え自分で解釈することができないのでしょうか。悲しいことにその答えははっきりとYesです

dees-masks.jpeg
このような問題を引き起こしている原因の一つに、認知的不協和というものがあります。政府は嘘つき機関であり、政治家は
ペテン師であると考えることができない人があまりにも多いのです。
ゾンビとトロールはあまり頭がよくありませんから世界全体の動きを見ることができません。彼らは秩序立って物事を見れるほど頭がよくありません。彼らは誰でも大嘘がつけるとは思ってもみません。

過去数十年間にわたり国連が打ち出した教育プロセスは集産主義への信念を強化させるものでした。そして世界はその通りになってきています。BBCを視聴している人たちやガーディアン紙を読んでいる人たちは報道されている内容をそのまま鵜呑みにしています。彼らはメディアが流す報道が奴隷売買から得たカネで構築されたプロパガンダであり、我々を新たな奴隷にするためのプロパガンダであることに気が付きません。
しかし賢い人たちはメディアの嘘を見分けることができ、今何が起きているかを把握しています。

私は30年前から我々が飲んでいる水道水には女性ホルモンが含まれていると指摘してきました。そしてこのホルモンは人類に大きな影響を及ぼしています。1960年代に多くの女性が経口避妊薬(ピル)を飲むようになりました。そしてピルを飲んでいる女性の尿には(ピルの)女性ホルモンが含まれています。
その結果、どうなったかというと:

1. 汚水処理後に廃水された(女性ホルモンが大量に含まれた)水が川に流されます。
2. 飲み水は川の水を浄水したものです。
3. しかし浄水した後も女性ホルモンは水の中に残留しています。
4. 1990年代に、水道水に女性ホルモンが混入していたことが明らかにされました。そして英環境省は川に生息しているローチの57%に性の転換が起きていたと報告しました。また、ここ数年間で男性の生殖能力が低下していることがわかっています。

たぶん、ゾンビ、トロール、そしてマスク装着者らは水道水を飲みすぎているのでしょう。彼らは水道水を沸かして作った紅茶を飲みすぎているのでしょう。ですから彼らは女性っぽくて愚かなのです。また、女性ゾンビ、トロール、マスク装着者も愚か者であり、支離滅裂で、怒りっぽく、陰鬱です。
ゾンビやトロールの脳は小さく発達程度が低いのですが、BBCを視聴したりガーディアンを読んだり、水道水を飲んでいると、彼らの脳は回復不能な損傷を受けてしまいます。
我々の周りには数百万人のゾンビやトロールがいます。彼らはナイーブであり、騙されやすく、教育レベルが低く、頭が悪く、未熟であり、わがままな人たちですが、権力を恐れています。なぜなら、女性ホルモンが含まれた水道水を飲み続けてきたために彼らの精神性は永遠に未熟だからです。
彼らはもはや救いようがないのかもしれません。

パンデミックの嘘を暴く:
私はたった3分間でコロナウイルスのナンセンスを破壊することができます。
以下にリストアップしたものはコロナウイルスに関する事実です。

1、米コロナウイルス最高権威者のDr.ファウチを含む多くの医師らが、コロナによる死亡のリスクはインフルエンザのそれと同じだろうと言っています。
2、1年間に世界のインフルエンザ死者数は65万人。世界中の政府が、コロナの死者数を改ざんしてきたことを認めています。2020年からのコロナの死者数と年間のインフルエンザの死者数がやっと同じくらいになりました。 
3、コロナ死者数の改ざん方法は、イギリスを例にあげると、PCR検査で陽性と判定された人は必ずコロナ感染者としてリストされ、その後、陽性者が何等かの病気で死亡した場合でもコロナを死因としています。 
4、コロナに感染して死亡した人たちの殆どが、様々な健康問題を抱えていた80才以上の高齢者。健常者や若者がコロナで死亡する割合はかなり低いのです。子供の死亡リスクは稲妻に直撃されるリスクよりも低いのです。
5、研究結果により、マスクは危険であり、むしろ感染を広げ、有害無益であることが証明されました。ウイルスはマスクを貫通します。マスクを装着すると体内の血液酸素レベルを低下させます。マスクを装着した結果、少なくとも2人が死亡しました。
6、コロナウイルスのホラー物語をプロモートしている人たちの多くがワクチン産業、或いは、ワクチン産業に巨額の投資をしているビル・ゲイツ&メリンダ・ゲイツ財団とつながりがあります。例えば、イギリスの主任科学顧問は、大手ワクチン・メーカーのグラクソ・スミスクラインの元専務取締役です。
7、 英政府は、ロックダウンや他のコロナ規制措置による死者数がコロナウイルスの死者数の4倍であることを認めました。コロナの予防対策の方が死亡率がはるかに高いのです。イギリスでは多くの病院が閉鎖しているため、癌検査や他の治療を受けられない人が多く存在します。
8、コロナウイルスの感染拡大に関する悲観的な予測でロックダウンを促したニール・ファーガソン(イギリスの数理生物学者、公衆衛生研究者)は、結局はビル・ゲイツ&メリンダ・ゲイツ財団及びワクチン・メーカー(複数)から資金援助を受けていたことが分かりました。
9、 世界のほぼ全ての国で同じ過ちが行われています。例えば、病気で入院中の多くの高齢者を老人ホームに強制的に入所させることで数万人の高齢者を死なせています。
10、2020年と2021年を合わせた世界中のコロナ感染者数は約1000万人。しかし世界中のインフルエンザの年間感染者数は10億人。

上記の情報は絶対に議論もされないし報道もされません。
上記の事実を知ってもマスクを装着したいと思う人がいたとしたら本当に信じられません。