太古の昔、この地球は人間を家畜としか見ていない邪悪な地球外生命体に乗っ取られてしまったと言われています。邪悪な地球外生命体(悪魔、サタン)が(偽)神をして崇められてたのも確かです。
太古の昔から邪悪な地球外生命体に仕えてきたのが悪魔崇拝者たちであり、イルミ、フリーメーソンの幹部たちでしょう。彼らは邪悪な地球外生命体が示した計画書(旧約聖書)の通りに世界を持っていこうとしています。
地球外生命体(悪魔)を降臨させた上でエルサレムを首都にしてユダヤ人(ロスチャイルド?)がNWO共産主義全体主義独裁統一政府の大統領として君臨するのでしょうか。そのゴールを実現するためにフリーメーソンが主体となって動いているのでしょう。中国共産党もその役割を果たしています。
世界中の多くの一般人が苦しんできた理由はこのような人間もどきに世界が支配され操られてきたからです。
もし地球を支配してきた悪魔(邪悪な地球外生命体)の力が弱まり、悪魔に仕えてきたグローバリストが消滅し、まともな政治家で構成される政府が各国にできれば、世界中の人々は、それぞれが国家というシェルターの中でかつて経験したことのないほど安心安全な一生を送ることができるようになるでしょうね。もちろん犯罪者がいなくなるというわけではありませんが。。。長い間、世界中の人々は、政府、メディア、教育界から嘘を教え込まれてきましたが、グローバリストがいなくなれば真実が明かされますから、人々は一斉に目が覚めます。そしてお互いに助け合いながら、思いやりのある、温かい社会が作られるのだと思います。
これこそが5次元の世界ですね。
本当に、地球をここまで破壊し人類を堕落させたのは、人類を操ってきた邪悪な地球外生命体でありその子分である悪魔崇拝グローバリストたちです。彼らは全てを反転して人類を悪い方に洗脳してきました。

※ところで、ティモシー・チャールズ氏によると、7月1日時点の情報として、米軍特殊部隊が16000人以上の小児性愛、人身売買犯罪に関わった容疑者ら(グローバリスト)を逮捕したそうです。

https://www.henrymakow.com/
(概要)
7月2日付け

 

グローバリスト(イルミナティ、共産主義者、フリーメーソン、悪魔崇拝者、カバラ主義ユダヤ人)がいない世界とは・・・

tentacles.jpg









 

 

 

イルミナティ・グローバリストがいなくなった世界を想像してみてください。


どのような世界かというと:
 ・ カバラ主義ユダヤ人が少数民族を使って国柄を破壊するようなことはなくなります。

・各国政府は民族と文化的伝統を守り発展させ、全国民の幸福のために尽くします。

・もはや偽旗テロ事件もいんちきパンデミックも起こされません。

・人種や性差別を故意に問題視するような社会は存在しません。
・人々は能力と努力に応じて仕事に就き昇進していきます。
・犯罪者は人種や性別に関係なく平等に起訴されます。
・ブラック・ライブズ・マターではなく、オール・ライブズ・マター(全ての人々の生命が重要)なのです。人々がこのようなことを言っても解雇されることはありません。

・途上国も発展していきますから、先進国への経済移民がいなくなります。 

・人々はネット上や人前で自由に自分の意見を言えるようになります。そのことで脅迫されたり解雇されることはありません。
・人々は礼儀正しく行動するようになっていきます。

・女性が「女性の社会進出、キャリアウーマン」というグローバリストのまやかしに騙され子供を産むのに最適な年齢を無駄にするようなことがなくなります。多くの女性が、グローバリストに「女性にとって結婚と家族を持つことは耐えがたいことだ」と洗脳されてきました。
・求婚者が増え、乱交が減少していきます。そして子供の出生率が増加していきます。

・ホモ男たちは蔑視されることなく人々から慈悲深く見られるようになるが、メディア、政府、教育界が同性愛の考えを社会に押し付けるようなことはしなくなります。

・政治家たちはロスチャイルド家に仕えるのではなく国民に仕えるようになります。
・政府は、国民の身分を低下させ国民を奴隷にして悪用するのではなく、国家の安全や国民の健康と幸福のために尽くすようになります。

・マスメディアは、グローバリストの偽情報やプロパガンダを流すのではなく、客観的で正確な情報を提供するようになります。


・芸術界とエンターテインメント界の人々が自由に活動できるようになります。彼らは人間の強い願望や理想を表現できるようになります。また、共産主義のポリティカル・コレクトネスや共産主義プロパガンダから解放されます。そして彼らは二度と人間を堕落させるサタニズム(悪魔崇拝主義)を助長するようなことはしません。

・ホンモノの宗教は全て尊重されます。


・教育は地域ごとに管理されることになります。親の権利が最高位に置かれます。

・サタニズムと共産主義が全滅させられます。

・・・・・ 

カバラ主義者(グローバリスト)は、今、意地の張り合いの真っただ中にあることを理解しています。彼らには獣のようなパワーがついています。しかし彼らはまず我々を精神的霊的に制圧しなければなりません。しかし我々は真実を確認することにより彼らの攻撃を止めさせることができます。


グローバリストはサタン(悪魔)に仕えています。神は彼らを使って我々を試しているのです。我々は我々の権利を守らなければなりません。それができなければ我々は報いを受けることになります。 

<読者のコメント>
パンデミックの再演はグローバリストの計画を進行させるための口実であり、世界人類の奴隷化がユダヤ人フリーメーソンの最終目標の一つである。」というマコウ氏の記事を読んで思ったことは。。。

元CIA地方本部チーフのジラルド氏が自身のサイト、http://thealtworld.com/philip_giraldi/the-memorials-to-judah-benjamin に次ぎのことを記していました。
「ブラック・ライブズ・マターやアンティファのような極左テロ集団はユダヤ人の奴隷所有者や奴隷運び人が専用に使っている聖地や神殿を攻撃することはない。このような極左テロ集団は、黒人とユダヤ人が所属するフリーメーソン支部で生まれ育ったという秘密が隠されている。」と。

私自身も血の誓いと秘密厳守の誓いを行ったフリーメーソンのメンバーですからこのことは知っていました。

ユダヤ人とイスラム教徒が所属するフリーメーソン支部からアルカイダやイスラム過激派テロ集団が生まれ育ちました。また、イタリアのマフィアやユダヤ人とイタリアのカトリック教徒が所属するフリーメーソン支部から生まれ育ちました。

もちろん、中国共産党は香港にあるユダヤ人と中国人が所属するフリーメーソン支部によって(何十年も前に)創設されたのは言うまでもありません。


世界中に存在するユダヤ人、他民族、他宗教のフリーメーソン支部が共に連携しフリーメーソンのゴールを達成しようとしています。
それは、世界中を共産主義体制下に置き、世界をロックダウンさせ、世界統一警察国家を作ることです。そしてその首都はエルサレムとなり、ユダヤ人が世界統一政府のトップに君臨します。これこそがフリーメーソンの二ューワールドオーダーです。

 

ユダヤ人、多民族、他宗教のフリーメーソン支部が共に連携して彼らのゴールを達成しようとしていることは極秘にされています。もし大衆がそれを知ったなら、世界中のフリーメーソン支部が奇襲攻撃を受けます。
特にニューヨークのフリーメーソン支部(ロンドンのフリーメーソンに乗っ取られた)は最大の攻撃を受けるでしょう。

フリーメーソンは世界中の秘密結社を支配しています。KKKもユダヤ人のフリーメーソンとフリーメーソン内部のアルバート・パイクの信奉者らの保護下にあります。 

インド人のフリーメーソンが創設し率いたヒンドゥ改革運動の背後で操っていたのもユダヤ人のフリーメーソンでした。。