このブログでは過去に何度かLEDライトや5Gの危険性に関する記事をご紹介しました。
最近、政府は禿バンクなどの通信事業者に押されて全国的な5Gアンテナの設置を推進しているようです。5G
の危険性を知っている者からすれば、日本の政府も国会議員も経済界も官僚も5Gについて何の危機感も持っていないバカばかりだと呆れ果てるどころか恐ろしいほどです。このような人たちは常に目先の経済重視です。国民の安全と安心は完全無視です。しかし国民を守らない政府は結局は滅びるのです。
それに5Gを主導しているのは中国共産党でありファーウェイなどの中国人民軍系列会社です。日本で5Gを導入したなら、日本人の健康被害が急増するだけでなく、中国に日本政府や企業そして個人情報が毎日のように吸い上げられ、中国は日本だけでなく世界の国々のあらゆる情報を吸い上げ世界を完全に支配することになるでしょう。そうなるのを阻止するために米国議会は反中国、反ファーウェイで動いているのです。それなのに日本では今でもファーウェイのスマホが販売されていますし、ファーウェイと取引が続いています。そのうち、ファーウェイなどの中国のテクノロジー企業と取引のある日本企業は米国からの圧力を受けることになるでしょうね。
中国共産党が世界的に推し進めている5Gですから、共産主義独裁体制の強化と世界覇権のために開発されたものだということがわかります。
というか、中国は独自にこのようなテクノロジーを開発できませんから、きっと米国からテクノロジーを盗んだのでしょうけど。大量虐殺を平気でやっている中国共産党は5Gで人々が病気になり死んでしまってもどうでもよいのです。5Gによって世界の人口が削減されれば中国共産党にとってもNWOグローバリストにとっても喜ばしいことでしょう。
日本や米国では5Gを超えて6Gの開発を始めようとしていますが、6Gの安全性はどうなのか気になるところです。
5G導入を禁止した国や都市がありますから、日本も5G導入を止めてもらいたいです。
きっと、5Gの危険性を訴える記事に対して、上念司さんあたりは、左翼の妄想と批判するでしょうが、これは左も右も関係ありません。地球上の生き物、人間に対する脅威と言われています。

<LEDライトと5Gは殺人兵器!>
https://beforeitsnews.com/science-and-technology/2019/11/bombshell-5g-devices-exposed-as-actual-beam-weapon-systems-by-man-who-disassembles-them-on-camera-finds-weaponized-electronics-inside-videos-2968500.html
(概要)
11月26日付け

カメラの前で、LEDライトや5Gアンテナを分解して調べた結果、その中に電子兵器が内蔵されていたことがわかりました。
(以下のビデオをご覧ください。)


Image: BOMBSHELL: 5G devices exposed as actual beam weapon systems by man who disassembles them on camera and finds weaponized electronics inside

 By:  / Natural News

 
アンソニー・スティール氏は自身のユーチューブ・チャンネル(ANTHONY STEELEA)にて、自らがLEDライトや5Gの最新機器を分解、調査し、専門家らが主張している通りそれらが本当に安全なのかどうかを検証しました。その結果、これらの機器は懸念していた通り放射線兵器だったことが判明しました。

11月21日に投稿した彼のビデオではこれらの機器を分解し調査している様子が映し出されています。
まずは、標準的なLEDライト(450ボルト、ブルーライト)を分解し調査しましたがその中に兵器が内蔵されていました。
LEDライトから出ているブルーライト波長は光毒放射線であり、目の網膜にダメージを与えます。

彼は、フランスの研究者チームによるブルーライトの影響に関する研究論文を引用しながら、標準的LEDライトはかなりの光毒があり、人体に有害であるということを説明しています。
蛍光体がコーティングされた450nm周波数は網膜細胞にダメージを与えます。網膜細胞は有害作用から目を保護するために化学物質(メラトニン、他)の生成を抑制してくれます。しかしLEDライトは網膜細胞を破壊する作用がありますから、LEDライトは兵器システムとして開発されたと言えます。

LEDのブルーライトは光毒で網膜細胞にダメージを与えるだけでなく光に対する光受容反応を低下させてしまいます。

可視光で最も危険な構成要素はブルー波長(400~500nm)です。様々なフィルターを使ってブルーライトのブロックを試してみましたが、どのフィルターもブルー波長を70%も通してしまいます。


(こちらのスティール氏のビデオをご覧ください。)

LEDライトは殺人兵器です。

スティール氏によると、街頭、アパート、家庭用に使われている高電圧のLEDライトは表向きは省エネで環境にやさしいと謳われていますが、実際は秘密のEMP電磁波兵器なのです。
LEDライトを分解し中身を調査すれば、これが悪徳商法の道具であるだけでなく、殺人兵器として開発されたことがわかります。
スティール氏が調査した一般的なLEDライトには、ライトセンサーが付いていましたが、ライトセンサーの中に兵器が隠されていました。隠れ兵器についてはメーカー側が記録しています。
兵器を見えないところに内蔵することで、LEDライトの本当の姿が殺人兵器であることを従順な庶民にはわからないようにしているということです。

彼が言っている兵器とは人体に危害をあたえるものということです。最先端技術の5GやLEDの設置は、EMP電磁波兵器の設置の一環なのです。

5Gはビッグブラザー(独裁的権力者)が全ての人々を監視し全てのものを盗聴するためのツールです。

スティール氏は、全ての人々がLEDライトから目を保護し5Gから身体を保護するモノを身に着ける必要があると言っています。LEDと5Gは兵器として連結しています。
国連の持続可能な都市アジェンダに従ってLEDライトが開発、設置されましたが、地球の生物形態にとって有害であるにもかかわらず、安全性の検証もされず、保険にもかけられず、規制もありませんから、完全にニュルンベルク裁判を侵害した行為です。
LEDライトは光を拡散しませんから目に直接光が差し込みます。このようなデザインは人々に危害を加えることを目的としたものです。



(5GとLEDについて、こちらのビデオをご覧ください。)

5Gアンテナとセルパネルが街の至るところに設置されています。空港内にもそれらが設置されており、常に全ての人々の動きを監視し顔認証を行っています。
これらの機器は、罪のない人々の肉体を破壊(殺害)するビーム兵器のマトリックス・システムの一部であり、国内のテロ行為と言えます。

https://beforeitsnews.com/prophecy/2019/11/anonymous-targeted-individuals-everyone-must-know-this-alert-message-2-2508952.html
(一部)
11月27日付け


アノニマスからの警告


5Gアンテナは90ギガヘルツ・ミリ波を発します。つまり、電子レンジを蓋を閉めずに継続的にチンしているようなものです。ですから5Gの周波数は兵器そのものであり人間の死をもたらします。
 
地元のエネルギー供給会社は周辺の木々を伐採し始めました。伐採作業は来年の3月まで続きます。
5Gアンテナのない場所で暮らす必要があります。
 
私のアパートでも1日4回も高電磁波を観測しました。私は高電磁波の身体精神的影響についての人体実験の対象者なのでしょう。これでは死んでしまいます。6か月前から高電磁波の影響を受けています。高電磁波で脳腫瘍ができて死んでしまったなら、信頼できる医師に詳しく検視してもらいたいです。
高電磁波はスマートメーターによるものかと思っていたのですが、周辺に設置された5Gアンテナによるものだと思います。スマートメーターの設置を始めた2年前から5Gアンテナの設置も始めたようです。


(概要)
・数日前に科学者、医師、そして複数の団体が集結し、5Gアンテナの設置を直ちに止めるよう訴えました。
5Gは人体に有害であり人体実験そのものであることがすでに研究成果で証明されています。5Gアンテナの設置は、人間に対する犯罪であり国際法違反であると訴えるべきです。
・5Gは軍が開発した兵器なのです。5Gミリ波テクノロジーは雲をまき散らすことができます。
彼らは高出力の5Gアンテナを街の隅々に設置します。5Gアンテナの影響で人々は皮膚が焼けたように感じますから、パニックを起こします。皮膚を含む身体自体が周波数に作用するアンテナなのです。DNAは情報を送受信しています。
・5Gはホロコーストや歴史的な虐殺行為よりもはるかに恐ろしいテクノロジーです。5Gのエキスパートの私が警告します。5Gは殺し屋です。皆さんも独自に5Gについて調査してください。本当のことがわかると恐怖におののくでしょう。
・5Gを送信する箱型アンテナが世界中の隅々に設置されます。
・3件から10件の住宅ごとに5Gアンテナが設置されます。小さなアンテナがあなたの家の目の前に設置されます。そこから発せられる高周波(24ギガヘルツから90ギガヘルツ)は人体を貫通し隅々にまで到達します。そして非常に高密度のワイアレス放射線は人間の細胞を破壊します。
・4G携帯電話基地局や携帯電話は(使用中でなくても)データを送受信し継続的に電磁波(不可視マイクロ波放射線)を発しています。その結果、DNAにダメージを与え癌の原因となっています。
4Gでさえこれほど危険なのですから、5Gはさらに危険なのです。
・5Gワイアレス放射線は地球上のあらゆる生物形態(植物、動物、昆虫、微生物、人間、他)に生物学的な影響を与えます。5Gが癌、DNA破損、心臓疾患をもたらすことが既にはっきりとわかっています。
5Gを使用することになると、医療費が急増し医療サービスが維持不可能になります。
・我々は情報を受信する電磁生命体なのです。我々の電磁シールドがバランスよく調和されて機能していると、我々の精神的肉体的健康は維持されます。
現在の技術社会で精神的肉体的疾患が急増している理由はWi-Fiテクノロジーが生み出している周波数が情報を受信する身体の電磁バランスを崩しているからです。その結果、身体の調和が崩れ、精神的身体的病気が発生してしまいます。
また、脳細胞は特定の周波数帯にて電気的に情報を処理し通信しています。アンテナ機能として脳細胞が解読できる周波数ならそれを認知することができます。数十年前に異なる感情の局面で周波数を調べた研究者がいましたが、思考や感情はそれぞれ周波数を発しているのです。ヘイトの周波数は愛の周波数とは異なります。
室内で人々がいがみ合いや激しい口論をしている場面に遭遇すると雰囲気でどのような状態かを感じることができます。なぜならヘイトや対立の周波数が室内の電磁場を変化させるからです。
・5Gは人間を攻撃するための兵器です。彼らは5Gを開発する前に人間の感情と周波数の関連性について解明しているのです。基本的に彼らはコミュニティ全体を周波数で操作することができ周波数の影響を受けた人々は激怒したり暴れたりします。
周波数の影響を受けた人々はなぜ自分たちがこれほど激怒しているのかもわからないのです。彼らは大衆に対してこのような悪い感情をある出来事の後に引き起こさせます。例えば警察が罪のない市民を逮捕したときとか。
彼らは、作為的に怒りの感情を引き起こす周波数を大衆に向けて発することで普段は冷静にふるまっている大衆を大規模暴動へと導きます。また、米軍は敵国の軍隊をうつ状態にし精神を破壊させた上で武器を捨てさせる周波数を出すテクノロジーを保有していることを認めました。

5Gの周波数は個体障害物を貫通できないし遠くまで到達できません。そのため世界中に小さい箱型の兵器(アンテナ)を十数メートル間隔で設置します。ですから子供部屋の外側にも5G兵器が設置され有害な周波数を子供部屋に向けて発するようになるでしょう。そうなるともはや5Gからどこにも逃げられなくなります。

イギリスのシェフィールドでは5Gアンテナの設置に向けて街中の木を大量に伐採しました。グリーン・シティを買掲げたシェフィールドの街から木がなくなったことで市民による抗議デモが起きました。
5Gの周波数は個体障害物の木を貫通することができませんから木は邪魔な存在なのです。さらに上空には多くのサテライトが打ち上げられており、5Gアンテナに向けてビームを照射しています。地上の人々はこのビームにもさらされているのです。
5G、4G、携帯電話基地局、ワイヤレス、スマートメーターがサンドイッチとなって大衆の安全や健康を脅かしています。。