今後、世界同時株安→世界金融崩壊→世界経済崩壊へと坂道を転げ落ちていく感じがします。
米国ではサブプライムローン危機が再発する恐れがあるそうですが、詐欺金融ビジネスでは同じことが繰り返されます。これ以上株価を操作して上げ相場を演出することなどできなくなっているのでしょうね。トランプは来年の大統領選で勝利するまでは何とか米国経済を持たせようとするでしょう。そのために米国内に大量に余った(売れない)農薬まみれ遺伝子組み換え穀物類を日本に売りつけるのでしょうね。日本の自動車の関税を引き上げるとトランプが脅せば、日本政府は有害な米国産穀物類を国民に押しつけるのでしょうね。

https://www.investmentwatchblog.com/warning-fridays-drop-was-just-a-taste-of-whats-to-come/
(概要)
8月26日付け

現在、株式市場が重大な問題に陥っています。金曜日の株価暴落はほんの序曲にすぎません。

一日でS&P500の株価が2%以上も急落しましたがこれは私の予想通りの動きです。

 

月曜日(今日)、反発するはずですが、今のところ下がり続けています。もうじき株価がレッドラインの2700台まで下落する可能性がありますが、レッドラインまで下落すると大きく反発するかもしれません。

しかし、全体像を見ると、株式市場は悪化の一途です。世界中で何が起きているかを考慮すると、今後は、私が予想した通り、乱高下はあるものの下側のブルーラインに沿って株価が下落していく可能性が高いようです。