昨日チェックした今日の天気予報は☀でした。
また予報が外れました。気象庁はしっかりしてくださいよ。
ということで、今日は、急斜面でちょっと荒れた天神尾根経由で塔ノ岳山頂まで登り、表尾根の途中から(これも急斜面の)政次郎尾根を下ることにしたのですが(このコースは過去に一度辿りました。)。。。天神尾根を登っている時に空に暗雲が垂れ込み辺りが暗くなってきました。塔ノ岳山頂や表尾根も暗雲に覆われてしまいました。
そしてすぐに細かな雪が降ってきました。これでは塔ノ岳登頂も楽しくはありません。
雪と冷たい風の中で表尾根を下るのもちょっと危険です。
仕方なく、大倉尾根と天神尾根がぶつかる分岐まで登り、そこからピストンで引き返すことにしました。
分岐まで誰にも遭遇しませんでしたが、分岐で休憩中に一人で大倉尾根を登って行く男性と遭遇。彼はとりあえず花立山荘まで登ってからどうするか決めると言っていました。
下山中、雪は一旦やみましたが、塔ノ岳の稜線の天候が荒れている感じはしました。
分岐まででしたが往復で3時間弱の山登りができました。
登山口近くの(河原の)駐車場に到着したときには雪は止んでいました。山頂で食べるはずだったお弁当を河原に座って食べ、帰宅の途へ。
途中、車で秦野市を走行中に道路の両側を飾っている見事な桜に感動しました。
この桜並木(はだの桜みち)は6.2kmも続くのですよ。毎回、この道を通るとき、桜の時期はすごくきれいだろうなあ、と思っていましたが、今回、やっと桜がほぼ満開の時期に通ることができ昨日よりも良い花見(走行中ですが)ができました。ここは桜の穴場です。

(天神尾根→分岐→大倉尾根に雪が→暗雲垂れ込む塔ノ岳稜線→秦野市の桜並木)
IMG_5713IMG_5715IMG_5716IMG_5720秦野の桜通り