大量のイスラム系移民(難民)が押し寄せている西欧諸国(特にスウェーデンやドイツは酷いでしょう)は想像以上に恐ろしい状態になっています。
主要メディアはそのことを一切報道しないため、世界の多くの人々が西欧諸国(特にイスラム系移民が非常に多い国)がこれほど危険で住みにくい場所と化していることを知りません。
日本のマスコミも西欧諸国の惨状を殆ど報道しません。それどころか、西欧諸国に見習って、外国人(労働者、移民、観光客)を日本にどんどん送り込むためのプロパガンダに精を出しています。
日本政府も国会もNWOの計画に従って日本のグローバル化にまい進しています。彼等が国会で議論している問題はもちろんNWOアジェンダ以外のことです。
日本の政界や経済界は、外国人を優遇し、訪日、在日外国人を増やそうと躍起になっています。在日のためのヘイトスピーチ法までEUの真似をしています。

EUとはNWOそのものです。国境がなくなり、自由に移動ができ、移民を大量に行け入れ、関税も撤廃し、統一EU政府が非民主的に法律を決め、強制的に政策を実行しています。その結果が今の惨状です。

安倍政権も与党も野党も、国会を単に政局のための劇場として使っており、そこでやっていることは無駄なことばかり。
極左のグローバリズム(共産主義)のNWOアジェンダ(国連のアジェンダでもある)の危険性を訴える議員は誰もいません。

何が証人喚問ですかね。。。あんな場所で実のある証言が得られるはずもなく。。。あたりまえです。都合の悪いことは言わなければいいのですから。証人喚問自体が時間と経費と税金の無駄です。

このままですと、日本もEUのような移民大国になります。訪日外国人(特に中国人、韓国人、ベトナム人)が急増しています。日本の各都市にチャイナタウンができそうです。外国人が増えると日本の治安もさらに悪化していくでしょう。
そしてそのうち日本でも国境、関税、ビザがなくなり、特にアジア人が自由に移住し、働き、選挙権も得るようなオープンな国となり、また、外国人の方が企業の求人募集が多くなり、仕事や職場でも外国人の方が優遇され、犯罪が横行しても、犯人が外国人(例:朝鮮人、中国人、ベトナム人)であることは決して報じられず、税金も医療も年金も優遇され、移民天国となるでしょうね。それでも政治家に何も訴えないのが日本の有権者ですから、日本の未来はEUであることが想像できます。その前にEU自体が崩壊すればよいのですが。。。

NHKはイギリスのEU離脱の手続きがうまくいっておらず、多くの企業がイギリスから逃げ出しているなどと反EU離脱の報道をしていましたが、いつもの事ですが、イギリスのEU離脱は一時的には問題が発生するでしょうが、長い目で見ればEU離脱したイギリスの経済は活性化すると思います。

http://beforeitsnews.com/economy/2018/03/people-fleeing-western-europe-because-of-muslim-migration-2939952.html
(概要)
3月28日付け

西欧に移住した東欧の移民らがイスラム系移民で荒廃中の西欧から逃げ出しています。

 

MuslimStarandCrescentBy Selwyn Duke

シリアからオーストリアに難民としてやってきたキリスト教徒がシリアの方が安全である感じて再びシリアに戻りました。また、スウェーデンで育ったクロアチア人がスウェーデンはもはや昔のスウェーデンではないとして妻と子供たちを連れてポーランドに逃げていきました。
さらにスウェーデンで生まれ育った東欧系の女性は、スウェーデンは危険すぎるとして、ハンガリーに逃げました。現在、西欧諸国ではイスラム系移民の急増による治安悪化で、東欧系移民による二次移動が活発化しています。

豊かな西欧諸国から貧しい東欧諸国や戦場のシリアへ人々が二次移動していると言う事実はかなりショッキングなことです。しかし西側政府及びメディアはこのことを否定、隠蔽しています。

数年前からイスラム系移民(難民)が西欧諸国に大量に流入していますが、その結果、犯罪が急増し立ち入り禁止区域まで設置されるほど治安が悪化しています。
また、多くの女性がイスラム系移民(難民)による性的暴行の被害にあっていることも隠蔽されており、警察は被害者の女性らを無視し続け、イスラム系移民による犯罪を口外することすら禁じられています。
オランダの極左の市長が移民居住区でイスラム系移民の強盗に襲われたことも隠蔽されています。

シリア人のキリスト教徒のハダッドさんは、シリア戦争で全てを失ったためにヨーロッパへ移住しようと密入国を斡旋する業者に3000ユーロ支払ってオーストリアにやってきました。
ハダッドさんはヨーロッパへの移住について最初は楽観視していましたが、ヨーロッパにやってきた多くのイスラム系移民(難民)がISISやアルヌスラ戦線の命令に従うことを誓っていることを知り恐ろしくなりました。同じくイスラム系のDr. Mudar Zahranによれば、2015年、ヨーロッパには既に多くのテロリストが流入しました。
ハダッドさんはオーストリアで生き残るために自分がキリスト教徒だということを隠し続けなければなりませんでした。そして彼も他のイスラム系移民(難民)と共に、「教会をモスクに変えたい。」とジハードのような意見を繰り返し述べなければなりませんでした。
ただオーストリア当局は彼の意見を真剣に受け止めませんでした。彼は3000ユーロを支払ってヨーロッパに移住しましたが、再びシリアに戻っていきました。



現在、ハダードさんはダマスカスの方がヨーロッパよりも安全であると感じています。
「ヨーロッパは全ての移民(難民)を受け入れているがそれは良くないこどた。ヨーロッパに潜伏しているISISやアルヌスラはヨーロッパの全てを破壊しようとしている。これが理解できないなら、ヨーロッパの未来は悲惨だ。」とハダードさんは警告しています。

また、ハンガリア人を母に持ちスウェーデンで生まれ育った女性もまた、「スウェーデンは大量のイスラム系移民(難民)を受けいれたために治安がかなり悪化している。身の安全のためにハンガリーへ移り住んだ。ストックホルムでは日中でも女性は危なくてメトロに乗れない。メトロではイスラム系移民(難民)による痴漢行為(性的虐待)が横行しているからだ。スウェーデンでは誰も助けてくれない。警察からも見放されていいる。」と語りました。

さらに、2007年にポーランドからスウェーデンに移住したWiśniewskaさん(女医)はスウェーデンでアラブ人に強姦されてしまいました。しかし警察は彼女の訴えを無視しました。そのため彼女はポーランドに帰国することを考えています。

また、スウェーデンではスウェーデン人よりも移民(難民)の方が仕事を得やすい状況になっています。スウェーデン人の医師らも、仕事を見つけるのが難しくなっています。彼女は運よく病院のインターンシップにこぎつけましたが、病院の医師、看護師、職員の80%がイスラム系移民です。

スウェーデン人の看護師らの多くが病院でイスラム系移民(難民)の同僚からの痴漢行為(性的虐待)に苦しみ病院を退職してしまいました。しかしこれらの事実は決して報道されません。

さらにスウェーデンの学校ではイスラム系移民(難民)の生徒が毎日のようにナイフで教師を脅しています。スウェーデンの街や学校は子供たちにとっても非常に危険な場所と化してしまいました。イスラム系移民(難民)による住宅の放火も横行しています。しかしメディアはこの事実を決して報道しようとはしません。
多くの人々(友人、知人、隣人ら)が次々にスウェーデンを去っています。

イギリス人の少女(13歳)がイングランドのロザラムでイスラム系強姦ギャングから強姦された時も、警察は犯人らがイスラム系であることを口外しないようにと何度も指示したのです。
イギリスのイスラム系強姦ギャングはこの16年間で1500人のイギリス人少女らを強姦しました。しかし政府当局は彼等の犯罪を隠蔽し続けたのです。
この事実を暴露しようとした政府役人はダイバーシティ・トレーニングに送り込まれ、「アジア人の男性らに関することは絶対に言及してはならない。人種に対する偏見は問題視されるべきだ。」と言われました。イギリスではイスラム系はアジア人として見られています。



幼少期に両親と兄弟と共にスウェーデンに移住してきたクロアチア人男性(現在はポーランドで暮らす)は
「スウェーデンで楽しい子供時代を送った。スウェーデンはとても良い国だった。スウェーデンが大好きだった。当時、スウェーデンはとても清潔で安全な国だった。スウェーデンでIT技術のスペシャリストになるための教育を受けた。しかしある時期からスウェーデンは荒廃し始めた。今では学校は酷い場所であり、病院で治療を受けるにも長時間待っていなければならなくなった。暴力事件が急増しており、現在のスウェーデンは自分が子供時代を送ったスウェーデンとは全く違う国だ。家族と共にスウェーデンを出国しポーランドで暮らしているが、ポーランドの方がはるかに住みやすい。」と言っています。
ポーランドでは言論の自由があり何でも語り合えるが、スウェーデンではソビエト・スウェーデンと言われるくらい言論の自由がなく、ヘイトスピーチ法を侵害すると、社会的汚名を着せられたり、解雇されたりします。
また、スウェーデンではヘイトスピーチ法の下でイスラム系移民(難民)に反対する行為は罰せられるようになりました。スウェーデンの人々はイスラム系移民(難民)による犯罪(暴力、強姦、強盗、放火、その他)が横行していることを知っていますが、政府やメディアはこの事実を完全に隠蔽しています。スウェーデンの人々はスウェーデンがおかしな国になってしまったことを知っています。
スウェーデンの人口に対する移民の割合はヨーロッパで最多です。それでも同化という言葉を使うだけでもナチスの言葉と見なされます。既にスウェーデンのソ連化が進んでいます。世界のモデル国だったスウェーデンが発展途上国となりつつあります。


Read the rest here


American Conservative, at WorldNetDaily.com and he writes regularly for The New American