ヨーロッパの主要国はイスラム系の不法移民らにより平和を感じることがなくなってしまっています。
クリスマス(実際はキリストとは一切関係ない)と言えば、ヨーロッパの文化として、寒い冬に子供たちが実家に帰り、家族そろって暖かい部屋でクリスマス・ディナーを食べながら楽しい時を過ごすのが定番となっていますが、今ではこのような習慣もイスラム系不法移民に狙われないようにこっそりと或はひっそりとやらなければならなくなっているのでしょう。しかもパリでは、窓の外を見れば兵士が武器を持って立っていたり、屋外で楽しくおしゃべりすることもできないでしょう。
それとも、フランス政府は、イスラム系不法移民によるテロの脅威を口実にして、パリ市民に戒厳令を敷く予行練習でもしているのでしょうか。ヨーロッパ全域に軍隊を配備するために、イスラム系不法移民のテロの脅威から守るためと説明を受けた人々は仕方ないと考えるかもしれません。

http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2017/12/paris-on-alert-100k-french-soldiers-dispatched-to-the-streets-2469016.html
(概要)
12月26日付け

    


 フランス政府はクリスマス期間中のテロ攻撃を想定して、10万人以上の兵士をパリに配備しました。
まるでパリは軍隊に包囲されたかのような状態になりました。大規模部隊をパリに送り込むということはかなりのコストがかかりますが、それでも政府は急増したイスラム系不法移民らによるテロ攻撃を恐れて厳戒態勢を敷くことしたのです。
イスラム系移民にはISISや他のテロ集団と繋がりのある隠れテロリストたちが含まれています。
アメリカでも対テロ対策として軍隊を配備させ厳戒態勢を敷くべきです。しかしアメリカではリベラル系の政治家や判事らが国の安全よりも現行の移民法の下で大量移民を受けいれることを強要しています。
もちろん資格のある者や技能者がアメリカに移住し働くことは許されるべきと思いますが、それでも国籍を取得するのに7年かかります。しかも米憲法の知識や英語の能力を試す試験に合格しなければなりません。私の父も試験を受けて米国籍を取得しました。
正式に国籍を取得して初めて移民として認められるべきなのです。不法移民は認められるべきではありません。