世界を支配しているエリート層はサイコパスが多いようです。サイコパスだからと言って人を殺害してしまうような危険人物というわけではありません。ただ、サイコパスは他人を思いやる温かい心を持っていませんから、他人に対して冷酷です。サイコパスは暗闇の心を持っており、悪魔に好かれているような人が多いのではないでしょうか。ニューヨーク大学の実験により、サイコパスの特質が最も強い人たちが好む歌が特定されました。それは、暗い響きのラップ・ミュージックでした。聴いていて気分が悪くなるほど暗くて嫌な響きの歌でした。こんな歌をずっと聴いていたら、気が狂うか鬱状態になるだろうなと思います。さすがに心が暗闇のサイコパスは歌の好みも暗いものです。

サイコパスが多い職業トップ10はこちらだそうです。
1位 CEO
2位 弁護士
3位 芸能人
4位 営業マン
5位 外科医
6位 ジャーナリスト
7位 警官
8位 聖職者
9位 料理人
10位 公務員

まあ、何となくわかりますが。。。

http://www.thedailysheeple.com/psychopaths-likely-have-a-specific-taste-in-music_092017
(概要)
9月26日付け

music

ニューヨーク大学の研究チームは、200人のサイコパスと判断された人々を対象に歌の好みについての実験を行いました。
彼等に260曲の歌を聴かせたところ、サイコパス的特質が最も強い被験者たちが共通して好む歌はそのうちの2~3曲であることが分かりました。

一般人口の約1%がサイコパスと言われていますが、刑務所の囚人はその割合がさらに高く、5人に1人がサイコパスと言われています。
米政府はサイコパスの犯罪で年間4600憶ドルの税金を使っています。
ガーディアンによると、映画、「時計仕掛けのオレンジ」の主人公のアレックスや「羊たちの沈黙」のハンニバルとは異なり、サイコパスは誰よりもクラッシック音楽が嫌いです。サイコパスの特質の強い人たちが最も好む歌はブラックストリートのNo.1ヒットのNo Diggityとエミネムの代表曲、Lose Yourselfです。

No Diggityはこちらから:https://www.youtube.com/watch?v=3KL9mRus19o
Lose Yourselfはこちらから:https://www.youtube.com/watch?v=xFYQQPAOz7Y



今回の実験結果は公表されておらず、この実験は今後も継続されます。ただ実験チームは今回の実験結果に興味がわいています。彼等の最終目標は、アメリカ国内のサイコパスと判断された数万人の被験者を対象に歌の好みを特定する大規模な実験を行うことです。

次の実験では彼等の歌の好みをさらに詳細に分析します。サイコパスが好む歌のプレイリストを作成することでその人物がサイコパスかどうかを特定するのがより容易になります。
KnackのMy SharonaやSiaのTitaniumを好んだ被験者はサイコパス的特質が最も少ない被験者であることが分かりました。

My Sharonaはこちらから:https://www.youtube.com/watch?v=F2dicpOe4HE
Titaniumはこちらから:https://www.youtube.com/watch?v=gINFO6qiO6Y

実験を行ったチームのリーダーによると、メディアはサイコパスを斧を使った殺人鬼や連続殺人鬼として特徴づけていますが、実際はそんなに露骨に表れるものではありません。彼等はバットマンのジョーカーとは違います。サイコパスは貴方の職場にもいるかもしれません。彼等は社会に溶け込んでいます。彼等は精神的に暗黒(ダークマター)なのです。
彼等が他人に危害を加えるような状況は作りたくないでしょう。そのために彼等の協力や同意なしに彼等がサイコパスであることを確認する必要があるのです。

科学者らはサイコパスによく見られる遺伝子変異を発見しています。ただ、遺伝子変異がサイコパスになる原因なのかどうかはまだわかっていません。遺伝子変異によって人々の共感性や攻撃性の傾向が変わってしまうようですが、だからと言って遺伝子がその人の行動に影響を与えるとは言えません。
脳のスキャンでは、さらにその特徴が顕著に表れているのが分かります。
神経科学者のジェームズ・ファロン氏は、サイコパスの脳の生体構造のパターンを見つけ出しました。もちろんサイコパスと判断されてもその人物が危険な行動をとるわけではないのですが。

今回のサイコパス実験により、サイコパスが最も好む歌とサイコパスでない人たちが最も好む歌に違いがあることが分かりました。