共産主義独裁国の一つであるキューバでアメリカやカナダの外交官が謎の攻撃を受けているそうです。彼らの健康被害は深刻であり、彼らの多くが任期を短縮してキューバから帰国しているそうです。
キューバ政府は関与を否定しているそうですが。。。
これもまた、キューバとアメリカを戦争させるために仕組まれた罠なのでしょうか。
それにしても、キューバも北朝鮮と同じ。外交官が安全に仕事ができる国ではありません。
ちなみに、主要メディアの殆どがこの事実を報道していないそうです。

http://www.thedailysheeple.com/mystery-deepens-after-us-confirms-16-diplomats-suffered-traumatic-brain-injury-in-cuban-sonic-attack_082017
(概要)
8月25日付け

Cuban government

今週、非常に闇が深く奇妙な事件がキューバで起きました。
米国務省によると、キューバで、アメリカおよびカナダの外交官らの自宅が音響兵器によって攻撃されたことで、彼らは脳外傷や中枢神経の損傷などの被害を受けていることが分かりました。


外交官らは2016年末ごろから聴力損失、吐き気、頭痛、平衡障害の症状を訴えていました。そのため、彼らの多くがキューバでの任務を予定よりも早く切り上げ帰還しました。彼らがキューバで受けた被害はそれだけではありません。車両破壊、24時間の監視体制、家宅侵入などの攻撃を受けていました。


国務省はまだ加害者の特定ができていません。8月初旬に、ティラーソン国務長官は、キューバ当局に対し、「アメリカだけでなく他国の外交官らも被害を受けている。事件の真相究明を行うことを要請する。」と伝えました。

キューバ政府は事件の関与を否定しています。
このような事件が発生したことで、今後、アメリカとキューバの関係は悪化するのでしょうか。トランプ政権はキューバに対してどのような反応をするのでしょうか。彼らの健康被害は想像以上に深刻のようです。
キューバでは今でもアメリカ人に対する攻撃が続いていると言われています。