私などは昔から、胃の消化を助けるために幽門がある右側を下にして寝た方が良いなどと聴いていました。そのため、胃がもたれているときなどは右側を下にして寝ていました。
しか~~し、アメリカの医師(Dr.John Douillard)によれば、健康維持のためには左側を下にして寝ると良いそうです。やはりどっちを下にして寝た方が良いのかは専門家でないと分からないものです。
仰向けで寝るよりも横向きの方が眠りに落ちやすいような気がします。ただ、かなり疲れているときは仰向けでもすぐに眠ってしまいます。
もし首をねじらなければよいのなら、私はうつ伏せが好きです。ただ、この場合、しばらくすると首が痛くなってしまいます。
これからは、試しに左側を下にして寝てみようかと思います。
皆さんも試してみてください。

http://tapnewswire.com/2016/04/this-is-why-you-need-to-be-sleeping-on-your-left-side/
(概要)
4月26日付け

今の時代、人々は忙しい生活を送っています。一生懸命に働き家族を養い。。。そして就寝するときには疲れ果てています。

夜間の睡眠は、人間の健康(心身共に)を維持する上で非常に重要です。我々は約8時間の睡眠をとる必要があることは分かっています。しかし健康維持のためにどちら側を下にして寝るのが良いのかを知る人は少ないでしょう。
寝る姿勢は人によってまちまちです。左側を下にして寝るのが好きな人や右側を下にして寝るのが好きな人もいます。或いは胎児のように丸くなって寝るのが好きな人もいます。
寝る姿勢が健康に影響を与えます。喘息の持病のある人は仰向けに寝ると息ができなくなるおそれがあるので危険です。また右側を下にして寝ると消化に悪影響を与えます。消化器系統に問題のある人は症状を悪化させる場合もあります。

従って、健康のためには左側を下にして寝るのが最適です。
左側を下にして寝ると:

心臓へ戻る血液の循環を促す(心臓の左側から心臓へ血液が流れ込んでいる)。
心臓が下の方へ血液を送りやすくなる。
脾臓の機能をサポートする。
リンパ排液を促す。
身体の左側にある下口結腸からの排泄を促す(特に寝起きに水を飲むと良い)。
適切な消化が行われるようになる。

By Dr. John Douillard



これまで左側を下にして寝ていなかった人は、健康維持のために、今すぐ、左側を下にして寝るべきです。