メディアはあまり報道していませんが。。。NATOはロシアと戦争をやる気満々です。ロシアの国境沿いに軍備を増強しており、ロシアとの戦争に勝利するつもりです。ただ、別の記事ではNATO軍はロシア軍には勝てないと伝えていましたが。。。
また、アメリカは2回目の大陸間弾道ミサイル試験発射を行ったようです。最初の試験発射から1週間も経っていません。これは、ロシア、中国、北朝鮮にメッセージを送るためのものでした。
本当に核兵器を使うかどうかは分かりませんが、シリアだけでなく世界中で戦争ゲームが始まってしまうような勢いです。ただ、実際は、威勢よく相手を挑発するだけで、戦争ゲームは始まらない可能性もあります。
そうなってもらいたいものです。戦争ゲームをデザインするキチ害エリート集団こそが核ミサイルのターゲットになるべきです。

http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2016/02/humanity-on-the-brink-nato-preps-to-fight-russia-us-threatens-to-use-nukes-wwiii-is-already-here-2460464.html
(概要)
2月27日付け
 

By Lisa Haven 

 

人類は非常に危険な第三次世界大戦と言うゲームを始めてしまったのでしょうか。もしそうでなければ、なぜアメリカでは軍議増強、軍事演習、同盟軍の結集、核戦争についての報道が行われているのでしょうか。
世界中の軍隊がハルマゲドン級の戦争の準備をしています。アメリカのジェイドヘルムからヨーロッパのNATO軍事演習、中国軍艦のアラスカ派遣、警戒態勢に入ったロシア軍、オバマの核兵器使用宣言に至るまで、多くの国々が第三次世界大戦の準備をしているように見えます。


NATOはロシアと戦争をするための準備をしています。NATOはロシアの国境沿いに軍備を増強しロシアとの対戦で勝利するつもりです。
ロシアはNATOによる軍備増強は挑発行為であると警告しました。
2014年以降、アメリカとNATOはヨーロッパでの軍事力の増強を行ってきました。NATOは軍事演習のためにヨーロッパに大規模部隊を配備したのではありません。実際に戦争をするための準備です。
今月、米国防総省はヨーロッパに対し国防予算の増額(2017年の予算として20億ドルに増額)を求めました。
アメリカとNATOのERIはロシアと戦うために連携しヨーロッパでの軍備増強、組織改革、再配備を行うことをにしました。

 
アメリカ戦略郡(統合軍の一部)は1週間も経たないうちにカリフォルニアの空軍基地から2つ目の大陸間弾道ミサイルを試験発射させました。ミサイルはアメリカから4200マイル離れたマーシャル諸島に照準を合わせました。国防総省副長官は、ロシア、中国、北朝鮮にアメリカは国を守るためにいつでも核兵器を使える状態にあることを伝えるためにミサイルの試験発射を行ったと述べました。