以下のビデオの通り、海外で不思議な日本の民話が取り上げられました。私はこの民話を知りませんでした。
この民話を知っている人はそう多くはないと思うのですが。。。ただ、民話に出てくるUFOの絵は何回か見たことがあります。
(こちら↓)





このように民話ではお釜の形をした船が実際に日立海岸に漂着したと伝えています。やはり。。この絵は実際に村人が目にした船を描写したものだったのです。この船の中には美しい女性が乗っていたそうです。ただ、その女性が北欧人か宇宙人だったのかはわかっていません。
私は。。。きっと北欧人或いは(以下に伝える通り)、ロシアの王女?だったのではないかと思います。当時既に丸い風船のような浮船が作られていたのではないかと思います。宇宙人だとしたら、船の中に食べ物や水が入っているわけがないと思うのですが。。。それとも、太古の昔に地球内部に移り住み、高度な文明を築いているとされる地底人だったのでしょうか??本当に不思議な民話だと思います。
その後、船に乗せられた女性はどうなってしまったことやら。。。いくら不倫したとはいえ、村人たちはちょっと残酷な事をしたと思うのですが。。。
http://beforeitsnews.com/beyond-science/2014/12/extraterrestrial-women-in-japan-video-2448296.html
(概要)
12月27日付け:
1800年代の日本に宇宙人の女性達が住んでいたとされる民話があります。宇宙人が人間社会に密かに紛れ込んでいるのでしょうか。日本の民話では、19世紀に地球外生命体らしきものが地球にやってきたと伝えられています。彼らは人間たちに気付かれないように密かに地球にやってきているのでしょうか。本当に宇宙人が日本人に紛れ込んでいるのでしょうか。

これは日本に伝わるとても不思議で幻想的な民話です。日本の古い本に書かれています。
民話によると:
女性が不思議な船に乗って海から現われました。船にはとても不思議な印がついていました。彼女はとても不思議な姿をしていました。これは今に至るまで未解決の謎の出来事です。
村人たちは後に船と船に乗った女性を海に投げ込みました。何かただならぬことが起きたようです。
カルロ・ルビオ氏がこの民話の調査を行いました。
○○世紀の民話が記録された2冊の本があります。
これらの本(19844からのウメンオチリとウツルブネ)は1825年に出版されたもので、とても不思議な船が海岸に漂着したと伝えています。
お皿の上に載った不思議な船は東日本のハヤヒアドリの海岸に着陸しました。2冊の本とも、その時の様子を事細かに説明しています。
これらの本は、1803年2月22日に茨城県の日立海岸に船が漂着したと伝えています。村民はみな漁師でした。彼らは海の上に浮きながら移動するとても不思議な船を発見しました。その船は次第に海岸に近づいてきました。2冊とも同じような出来事を伝えています。お皿を二枚合わせたような形の船は、幅が3x3mで直径が5.4mありました。船の色は茶色で赤い部分がありました。船には金属の柵がはめ込まれた大きな窓がありました。
村人たちはこの船が気になり、船の中をのぞいてみました。すると中には毛布、食糧、水がたくさん入っていました。さらに理解できない印がついているカップもありました。そして若い女性が乗っているのが分かりました。女性は20才くらいでとても美しかったと村人は伝えています。
彼女の肌はとても白く、髪の毛と眉毛が赤い色をしていました。彼女はとても気品のあるドレスを着ていました。
当時の衣服とは全く違うものを身につけていました。彼女の話す言葉を誰も理解しませんでした。
漁師たちは彼女を船の外に出してあげました。彼女は、誰も触ってはいけない、小さな木箱を持っていました。
この民話の題名=ウツルブネとは一人の漁師がこの船につけた名前です。ウツルブネとは空の船と言う意味です。
カップや船についていた印や船の中にいた女性については、宇宙からやってきたのではないかと推測する人たちもいます。彼女はUFOに乗って海に墜落してしまった可能性があります。一方、この女性はヨーロッパ人だったのではないかと推測する人たちもいます。
ロシアの王女だった可能性もあります。彼女の肌の色と髪の毛の色そして身に着けていたドレスからそのように推測できます。しかしまだ疑問が残ります。彼女は日本の北部海岸に漂着したのではなく、ロシアから離れた東海岸に漂着したということです。当時、日本は徳川幕府の時代で鎖国をしていました。
Zar?は将軍に謁見することを試みましたが失敗し、1804年にやっと将軍に謁見することができました。この船が漂着した2年後のことでした。そのため、ロシアの船であった可能性もあります。
民話では、この女性はその後漁師らと共に暮らしたと伝えています。ただ、彼女は既婚男性と不倫をしたことで罪に問われ、再び船に乗せられて海に送り返されたそうです。
その後、彼女がどうなったかは誰も知りません。この船の女性がどこから来たのか。。。ウツルブネの謎は残ったままです。