アメリカの経済状況が益々悪化しています。それと同時にアメリカは完全に警察国家となり、インターネットで少しでも、反政府活動を行うと、少年であろうが、誰でも、FBIに逮捕されます。逮捕された米国民はその後どこに連れて行かれるのでしょうか。それを考えるとぞ~っとします。支配者側はアメリカを完全に崩壊させ、米国民から銃を奪い、完全に奴隷化することで、アメリカを制覇することになります。同時に世界金融崩壊を起こし、世界を大混乱にさせ、これまでの金融システムを見直すという口実で世界統一通貨を採用し、世界統一政府(NWO)を樹立させようとしています。そして、支配者側による人類の完全奴隷化が進行することになっています。それを食い止めるためには、米国民が権力側と戦わなければならない状況です。経済が崩壊した後に、アメリカは混乱状態になるでしょう。そこで、米国民はどのような行動に出るかです。ひょっとして、弾圧におびえて何もできずに素直に権力側に従うかもしれません。或いは、本当に内戦が勃発するかもしれません。アメリカの行く末は今後の世界の行く末になるのでしょうか。
ただ、私は今でも、NWOは絶対に樹立されないと信じています。アメリカは大混乱するでしょうが、州単位で独立するのがNWOを回避する方法ではないかと、勝手に思い込んでいます。
日本も対岸の火事ではありません。連中はTPP、消費税増税、規制改革、民営化により日本経済も崩壊させようとしています。また、同時に世界中の経済を崩壊させることで、世界を大混乱に陥れ、国境を取り払い、世界を一括りに支配しようとしているのですから、連中に騙されて付いていかないようにしたいものです。
http://financearmageddon.blogspot.jp/2013/07/wake-up-america-homeland-security.html?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed:+TrendsForecastsAndPropheciesBlog+(Trends+Forecasts+and+Prophecies+Blog)
(ビデオ)
7月30日付け:
オバマはアメリカに戒厳令を敷く用意ができています。体内に埋め込むICチップやアメリカの経済崩壊が始まります。中央銀行は日々、アメリカを破たんに追い込んでいます。オバマは、選挙で資金援助を受けている金融機関からの命令に従って動いている駒でしかありません。彼等の命令とは、無謀な量的緩和(永遠に続くわけがないが)により世界経済だけでなくアメリカ経済を破綻させることです。例えば、ジェット機が35000フィートの上空で燃料を切らしてもしばらくの間は、何の問題も起こさずに飛び続けることができます。しかし最後には墜落します。これと全く同じことが経済に起きているのです。これを止めるのはもはや不可能です。いつ墜落するかだけです。


http://financearmageddon.blogspot.com
(ビデオ 要約)
米政府やFRBによる無限の量的緩和策により、アメリカ経済の破たんの度合がさらに悪化してしまいます。
もうじき公的債務危機と金融危機が起きようとしています。アメリカの財政破たんにより、ゆっくりと回復基調にあった経済が立ち行かなくなるでしょう。中国ではハードランディングが起こり、ユーロが崩壊し、中東でも財政破たんが起きるでしょう。
アメリカでは殆どの人たちが実際に何が起きているのか分っていません。主要メディアは経済が回復基調にあると報道していますが、アメリカで経済が回復することなどあり得ません。人々が何も知らないうちに、突然、財政や金融が崩壊します。米国民がすべきことは。。。アメリカや他の西洋諸国からなるべく遠くに逃げることです。今回の崩壊はアメリカにかなりの混乱を招きます。
なぜ、米政府は米国民に対して戦争をしようとしているのでしょうか。米国土安全保障省は昨年から十億以上の銃弾や弾薬を調達してきました。アメリカ全土をパトロールする目的で大量の戦車も無人機(drone)も調達しました。米政府は米国民を敵に回したのです。国民との戦争に勝には、政府に抵抗しようとする米国民を黙らせるために彼等から銃を奪い取らなければなりません。しかし、政府が国民から強制的に銃を奪い取ると、国民による第二の革命が起きるでしょう。
表向き、政府は国民の安全のために治安を確保すると言っていますが、国土安全保障省、米軍、その他の政府機関は、アメリカの経済が崩壊することで市民が暴動を起こすことを予想しており、その対策として大量の銃弾や戦車を調達し、国民を弾圧して国民から銃を奪っているのです。黒いユニフォームを着た部隊が、アメリカ全土に派遣され、反政府の態度を示した国民を取り締まっています。彼等は米国民を敵と見なしています。(中略)
9・11以降、アメリカは警察国家と化してしまいました。アメリカが警察国家になってしまったと訴える動画をYoutubeに投稿した16歳の少年がFBIに捕まりました。(反政府的なメッセージを流す国民を徹底的に弾圧し逮捕しています。)
米政府の下でFBIが米国民を逮捕しています。このようなことは今までになかったことです。アメリカには戒厳令が既に敷かれているのです。しかし米国民は恐怖におののき、政府の命令に従うようになります。
政府は国民に権力を乱用しています。その結果、益々多くの人々が覚醒しています。もうじき米国民が直面しなければならないことは、アメリカが軍によって完全に統制された国になるということです。
NSAのスパイ活動など大したことではないのです。それよりも、米政府が米国民をテロリスト扱いしていることが非常に重大です。
米政府は米国民の自由の原則や米憲法を破壊しています。米政府は米国民を守るためにこのような体制を敷いていると言いますがそれは全くの嘘です。米政府は米国民のための治安を維持しているのではなく、米政府のための治安を維持するために米国民を取り締まっているのです。。。
今後、米ドルは完全に紙くずになります。世界通貨危機が起きると、世界統一政府が樹立され、新しい世界統一通貨が採用され、そして、NWOニューワールドオーダーに行きつくのです。
米連邦議会では一部の議員により、全ての労働者に生体認証IDカードを持たせる移民法案が論議されています。これは完全にプライバシーの侵害であり重大な問題です。。。。