世界を支配している資本家ネットワークとは。。。飛鳥ゼミナール1 飛鳥昭雄氏の興味深いお話

2013年01月31日

おバカなニュースを1つ。。。イギリスへの移民を減らす方法!

また英ニュースサンプのサイトからおバカな記事をご紹介します。
日本のテレビ番組も酷いものばかりですので、心ある人はテレビ番組を見るのを避けているでしょう。アメリカやイギリスのテレビ番組も、おバカで安っぽいのが多くて、観るだけでバカになること間違いなしです。ヨーロッパもイギリスも移民が増えてどうしょうもない状態に陥っています。元々のイギリス人よりも移民の数が多くなってしまうくらいに移民が増えています。ただ、イギリスに移住したからと言って必ずしも幸せになるわけではなく、さらに憂鬱になってしまうかもしれません。どこの国でも大量移民を受け入れるとろくなことがありません。ただ、低レベルなテレビ番組が移民にとっては英語の教材となるでしょうから、イギリスが自国のテレビ番組で移民削減のネガティグキャンペーンをやっても、逆効果になるかもしれません。。。この記事、冗談でしょうけど。。。http://newsthump.com/2013/01/30/ministers-to-deter-immigrants-with-daytime-tv/
(内容)
1月30日付け:
immigration deterrent with daytime TV

イギリス政府は、これ以上、イギリスに移民が入って来ないように、イギリスの昼間のテレビ番組をいくつか選び、ブルガリアとルーマニアで放送しようか、と考えています。
アイルランドの双子のポップシンガー(ジェッドワード)の単細胞に必死に合わせようとするテレビ番組を観るにつけ、イギリスに移住しようとしていた外国人達は考えを改めるように願っているからです。
週末の報道によると、このようなネガティブな宣伝を行えば、イギリスの街路には、歯の本数よりも手の数の方が多い脳タリンばっかりが大勢歩いているという印象を与えることができるのだ、と大臣が言っていたそうです。
ダウニング街(英首相官邸)のスポークスマンは、イギリスのテレビ番組を放送することで、気がめいるほど間抜けなイギリスの住民の生活がよく分かるだろう、と断言しました。「昼間のテレビ番組を5分間ほど観るだけで、イギリスに来たいと思う移民の数が減るだろう。ジェレミー・カイル・ショーというテレビ番組を1度観てください。それでもイギリスに来たいと思う人がいたら、それは本人や他の移民に危険が迫っているということなんです。イギリスのテレビ番組を放送する計画では、昼間の番組だけでなく、それよりもっとひどい番組も見せる可能性があります。イギリスは、最も楽天的なキャラの人たちをも絶望のどん底に落とすようなテレビ番組が大変豊富にあります。祝祭日が続く時期には孤独を感じて自殺する人が増加するとみられてきましたが、新たな統計では、ITV(民営放送局)のクリスマス番組が放送されると自殺率が落ちることが分りました(みんなテレビを観るからです)。
土曜日の番組表を見ると、移民の数を激減させるほど衝撃的な番組だということを想像してみてください。テイクミーアウトと言う番組を1度観るだけで、イギリスの国境警備隊の過去5年間の努力よりも効果てき面です。



wisdomkeeper at 18:11
世界を支配している資本家ネットワークとは。。。飛鳥ゼミナール1 飛鳥昭雄氏の興味深いお話