物理的に可能かどうかは分かりませんが、ジュリアン・アサンジ氏が今年の9月に行われるオーストラリアの上院選挙に立候補するようです。ウィキリークスは、現在、中国の反政府主義者と台湾、欧米、豪州、南アフリカのジャーナリスト、数学者、ベンチャー企業によって運営されている、とウィキペディアは説明していますが、情報提供者の匿名性が守れれていることもあり、秘密のベールに包まれた会社だと感じています。しかし、ウィキリークスによって、一般人が知り得ない情報が公開されることは良いことだと思います。何しろ、世界の権力者達は一般人に隠れて悪い事をやり放題ですから。
果たして、アサンジ氏は、ロンドンからオーストラリアへ脱出できるのでしょうか。オーストラリア政府がアメリカのポチであるならば、故郷に帰ってもアメリカに引き渡されてしまうのではないでしょうか。非常に困難な事をやろうとしています。まずはアサンジ氏が釈放されなければなりません。世界の権力者にとって都合の悪い人間は投獄されたり暗殺されてしまいます。もしアサンジ氏がオーストラリアの上院議員に選ばれたなら、オーストラリア政府はどのように動くのでしょうか。。。
http://rt.com/news/assange-confirm-run-senate-085/
(概要)
1月30日付け:
WikiLeaks founder Julian Assange gestures from the balcony of Ecuador's Embassy as he makes a speech, in central London December 20, 2012.(Reuters / Luke MacGregor)

(昨年12月、ロンドンのエクアドル大使館のバルコニーで演説しました。)
ウィキリークスの創設者のジュリアン・アサンジ氏は、今年9月に行われるオーストラリアの上院選挙に立候補することになりました。しかし、アサンジ氏はどのようにロンドンのエクアドル大使館を抜け出すことができるかは不明です。

オーストラリアのクウィーンズランド州出身のアサンジ氏は、昨年3月に、オーストラリアの政治の中心に自由を取り戻したい、と語っていました。アサンジ氏は、自分が立候補することで、国家の介入なしに自由に生活することが可能となり、言論の自由や市民の権利を主張しやすくなると言っています。
アサンジ氏は、昨年6月にロンドンのエクアドル大使館に保護されましたが、12月には、ウィキリークス党を結成して出馬をしたいとの意向を発表しました。また、彼の支持者らにも出馬の支持を呼びかけています。もしアサンジ氏が物理的に上院議員になれないなら、彼の仲間の候補者が代わりに上院選挙に立候補するだろうと、アサンジ氏はツイッターで語っていました。
アサンジ氏の母親のクリスティンさんは「息子が立候補することは素晴らしいことです。オーストラリアの選挙民は、2つの大きな政党から立候補者を選ばなければならないのです。それらの政党は、アメリカの召使い政党の第一党と第二党なのです。オーストラリアを監視するためにもアサンジ上院議員が誕生するのは大変素晴らしいことです。」と言っています。
オーストラリアのジュリア・ジラード首相は、今年9月14日にオーストラリアの国政選挙が行われると発表しました。アサンジ氏はスウェーデンに送還されないようにロンドンのエクアドル大使館に匿ってもらっていますから、物理的にオーストラリアの上院議会に出席できない可能性があります。スウェーデン政府は、性犯罪の容疑者としてアサンジ氏の事情徴集を行おうとしています。
アサンジ氏の弁護士によると、スウェーデン政府に引き渡されると、その直後にアメリカに送還されてしまう恐れがあるとのことです。アメリカに引き渡されると、アサンジ氏は何千件ものアメリカ政府の秘密資料を漏えいした罪で裁判を受けることになります。昨年9月に、アメリカ政府はアサンジ氏をアメリカの敵であると宣言しました。