オバマとイルミナティ(シオニスト)によるアメリカ破壊計画が存在します。
非常に複雑に物事が計画され、動いているかのように見えますが、先にも申しましたように、これらはイルミナティが2派に分かれて、今後も世界を支配し続けるためのテロ攻撃ごっこを実行しているのです。そして、大統領選に再選されたいオバマの癇癪と相まって、このような酷い事が計画されています。イルミナティはアメリカが崩壊することを望んでいるようです。ですからイスラムもシオニストもアメリカを舞台にして戦争を起こそうとしているようです。オバマはイスラムのテロリストと繋がりがあり、アメリカをイスラムの手で破壊しようとしています。
オバマは中国やロシアとも繋がりがあるため、中国にアメリカを破壊させようとしているのでしょうか。。。
アメリカのリベラル派+中国+イスラム+シオニスト対アメリカ保守派+金融エリート+シオニスト?の構図ですかね。このような計画がとん挫するように念じています。イルミナティや中国政府や解放軍が崩壊しないと世界は平和になりません。自爆テロがイルミナティの自爆に繋がりますように!

残念ながら、日本には中国についてとんだ勘違いしている左翼の人たちが多いのも確かです。彼等は共産主義の洗脳下にあります。彼等は、アメリカから独立すべきであり、今後はより一層中国と仲良くしたいと考えています。アメリカは全て悪で中国が善と勘違いしている洗脳された左翼の人たちです。。。実際は、イルミナティ(シオニスト、カバル、グローバリスト、エリートなどと呼ばれます)は、これまで欧米を乗っ取り、特にアメリカを中心に、金融詐欺と大量殺人戦争により世界覇権を行ってきたのです。。。しかし、今や、欧米を利用した自分たちの作戦が上手く行かなくなったために、今度は中国を狙い、乗っ取りました。中国内の政府や軍内部にもイルミナティの仲間や丁稚がたくさんいると思います。
今後は、BRICS、特に中国を利用して、新たな金融システムを構築させて世界覇権をしようと企んでいるのです。ですから、今後、日本がアメリカから独立して(これは良いことですが。。)、中国へ朝貢外交、弱腰外交をして、中国に妥協したならば、日本は完全に中国に飲み込まれますし、イルミナティの道筋を歩いていく愚かな国となってしまいます。中国は危険な国です。アメリカが弱体化する中で、中国を利用したイルミナティの連中が再び跋扈しようとしています・・・・個人的な私の直感からくる意見でした!ですから、どの国の権力者も信用できません。

http://truthernews.wordpress.com/2012/10/28/obamas-secret-doomsday-terror-plot-for-america-exposed/
(概要)
(10月28日:このサイトではオバマが企むアメリカ破壊計画について、大停電が起きる前に知らせようと、28日に警告を発していました。)

アメリカへのテロ攻撃の計画は非常に複雑で様々な要因が相互に作用していますので、ここに書かれた全ての記録を読んで頂かないと理解が難しいでしょう。収集したテロ・データによれば、10月31日~12月21日の間に、ガンタナモ収容所の元抑留者(アフリカのテロリストら)で構成されたアルシャバーブと中国軍により、アメリカが攻撃される予定です。(オバマは9月にガンタナモ収容所から57人のテロリストを突然釈放しています。) これらの偽旗テロ攻撃は、段階的に行われます。まずイスラムのテロリストがアメリカを攻撃し、次に中国がアメリカを永久的に立ち直らせないように破壊するのです。其々のテロ・ステップを行うことで、オバマの権力が増していき、ついには独裁者として君臨します。そして、戒厳令を敷いた後で中国とアメリカは第三次世界大戦を始めます。
段階的テロ攻撃
ステップ1
:アメリカ大統領選の延期、キャンセル或いはそれに対する論争を起こす。
予測:大統領選が延期されなければ、人種間論争を起こすためにオバマの家族を暗殺し、オバマに同情した選挙民がオバマに票を入れて大統領選で勝利を得る。または、投票所にバイオテロを仕掛けて投票を困難にさせ延期させる。
ステップ2:アルシャバーブのテロリストがアメリカ市民をターゲットに攻撃する。
アルシャバーブはアルカイダと同じ組織で、CIAと裏で繋がっており、オバマとも繋がっている。彼らは世界中のイスラム教徒らにジハード(聖戦)を呼びかけている。自爆テロを計画。また、ソマリア海賊(同じテロ組織)がアメリカ海岸から侵攻する。
ステップ3:テロリストがアメリカのランドマークやインフラを破壊する。
ガンタナモ収容所の元抑留者(テロリスト)による攻撃が行われる。
今年起きた大量乱射殺人事件、飛行機爆破事件、その他様々な凶悪なテロ攻撃事件は、彼等の計画の一環。歴史的な建物、橋や庁舎が狙われる。また、米連銀の建物も狙われている。
多くの原発も狙われている。オバマはロンドンの証券取引所にも爆弾攻撃を計画した。オバマ政権中に、多くのイスラム過激派がホワイトハウスを訪れている。オバマは11回の飛行機墜落事故に加担している。
ステップ4:中国のサイバー・テロ攻撃でアメリカ経済を破壊する。
中国が頻繁にアメリカをサイバー攻撃している。中国人ハッカーはアメリカのサテライトを妨害している。しかし、中国のサイバー能力はアメリカのメーカーの協力を得ている。中国の通信会社によるスパイ行為が問題になっている。しかしイスラエルやアメリカも同時に大規模なサイバーテロを行っている。中国のサイバーテロにより無人機や戦闘機をハイジャックし操作することができる。中国のサイバーテロでアメリカの証券取引所、銀行を破壊する。また、原発を攻撃する。中国のサイバーテロはサテライトや宇宙ステーションを狙っている。
ステップ5:中国が電磁パルス兵器でアメリカの電力グリッドを破壊する。
中国や北朝鮮は電磁パルス兵器を開発中であり、中国はこの兵器でアメリカの空母を破壊する。去年、既にアメリカの海岸で電磁パルス兵器による攻撃が確認された。

これらのテロ攻撃のゴールは、オバマへの支持の獲得、大統領選の一時中断、アメリカの破壊(経済、財政、士気)です。構造的に中国とアメリカの第三次大戦を勃発させるとのことです。中国は何としてもアメリカを破壊したいのです。核ミサイルを使うことも視野しいれています。
これらのテロ攻撃の計画は全てシオニスト(イルミナティ)が計画したものです。また、オバマは大統領選に勝つために必死になっています。そのためにはオバマは何でもやりかねません。