レディーガガは、東日本大震災後に来日し、被災者のために何やら、派手なパーフォーマンスをしつつチャリティー活動を行ったようですが。。。いかにも、日本が大好きであるかのように日本人に対して優しい態度でふるまい日本人のファンを喜ばせたのではないでしょうか。
マスコミに登場して語った彼女の優しい言葉にナイーブな日本人は”ガガは良い人なんだ”と信じ込んだことでしょう。私も、その時は、ファッションは別として、人間として嫌な感じはあまり抱きませんでした。。。
しかし、世界中で報道されるガガの情報を見るにつけて、疑惑が湧いてきました。彼女は本当に善意で日本にやってきたのでしょうか。ひょっとしたら、彼女はカバルが実行したテロ地震と原発爆破事件後の被害の状況を探りに来たのではないかなと、今になって思うのです。スカイツリーがオープンした時にも彼女は訪れましたが、また、何かを探りに来たのでしょうか?

海外では、ガガはサタニスト(悪魔崇拝者)として有名です。彼女が行う手のサインはイルミナティのサインです。やはり、生肉のドレスをまとうガガは正気の沙汰とは思えません。ただの風変りな女性なら、受け入れられるかもしれませんが、今までファンに見せてきた様々な悪魔的シグナルは、タダのアーティストとは言い難いと感じます。欧米のショービジネス界も、ユダヤの権力者(イルミナティ・カバル)が実権を握っています。有名になりたいがために、イルミナティに加わりサタン崇拝者となる歌手や俳優も多いようです。また、子供のころから、そのような教育を受けてきた芸能人も多いようです。日本以外では、ガガは悪名高い歌手なのです。日本人も彼女に騙されないようにしましょう。

ということで以下のような記事を見つけました。
http://luismmx.blogspot.jp/search?updated-max=2012-06-27T09:47:00-07:00&max-results=5

クリックすると新しいウィンドウで開きます
(カバルの女王を慕うガガ)

(内容)
悪名高いレディーガガの真の姿である悪魔的本質が分からない人は、彼女が使う最新の香水が何でできているかを知る必要があります。この香水はこの秋に初めて披露されます。
ボストン・グローブ、その他複数の情報筋によると、Fameと呼ばれる新しいガガの香水は、ガガ自身の血液と身元不明の血液提供者の血液を使って作られたとのことです。また、この香水には、人間を殺ことができる非常に有毒な植物のエキスも混入しています。
この香水は、細長い爪に掴まれたエリアンのような卵型の瓶に入っている不気味な黒い液体であり、この一連の動きは、この香水を売り込むという、悪魔の大々的なスタンドプレーでしかありません。
複数の情報筋によると、この香水は、香の一滴としてガガの血液と共にDNAがそのまま使われていることが確認されています。その中には精液まで混入しているも言われていますが、だれの精液だったのかはまだ確認はとれていません。