日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

2023年12月

12/31  ご挨拶


 
大和猫 on X: "12月31日は 📍大晦日 📍年越し 📍年越し蕎麦 ...

もう大晦日ですね。
1年が過ぎるのがとても速く感じます。
今年も1年、私の素人ブログ小屋に立ち寄って頂きましてありがとうございました。
2011年春から、登山や他の用事がない限り、ほぼ毎日ブログを更新させて頂きましたがこれも全て常連さんのお陰です。ありがとうございました。
さて、2024年からは私の勝手な都合から、1日おきぐらいの更新にスローダウンさせて頂きたいと思っております。すみません

来年もどうぞよろしくお願いいたします





12/31-その1 真実が全て明らかになればファイザーは消滅・・・

フロリダ州のジョセフ・ラダポ博士が、Covidワクチンの真実が完全に明らかになればファイザーは消滅すると言っています。
ファイザーは早く消滅してほしい企業の一つですが、日本や世界中の全ての人々にワクチンの真実が公表されるのはあと何年先なのだろうかと思ってしまいます。
日本でもこれほど多くの被害者や犠牲者が出ているのに、メディアも政府も堕落しすぎているため、一切、国民に知らせようとはしません。結局、自分で調べて自分で正しい情報を入手する以外方法はありません。それをしようとしない人々はこれからも騙され続けます。
それにmRNAワクチンだけでなく他のCovidワクチンも同じような成分が含まれていると言われていますから、Covidワクチンを製造・販売してきた全ての製薬会社に人道に対する犯罪の責任があります。
mRNAワクチンは特に悍ましいですが。
ファイザーだけでなくモデルナもJ&Jもアストラゼネカもスプートニクも中国も同じように危険な「ワクチン」を人々に提供しました。後から出てきた日本製の「ワクチン」は人口削減の効き目がかなり高いようです。
この3年間でわかったことは、毒薬で人間の命を簡単に奪うことができる製薬会社や医療機関や化学薬品会社などは世界の支配層(宇宙軍やペンタゴンや他の国の軍隊も)に仕える化学生物兵器の軍産複合体であるということです。毒薬を空から撒いたり水や食べ物に混ぜたり、特に毒薬をワクチンを偽って人々に注射すれば簡単に世界中の人々を殺害したり病気にしたり遺伝子を組み換えることができます。
彼らが行っている攻撃は国 対 国ではなく人類に対する攻撃です。
ファイザーだけが消滅しても使い捨てにされただけで代わりはいくらでもありますし、ワクチンメーカーが全て倒産しても代わりがあるでしょう。どんな暴力団組織でもカルト教団でも大手製薬会社に早変わり。
このような極悪犯罪を止めさせるには、一人ひとりが賢くなり、正しい情報が何かを判断できるようになり、彼らの嘘に騙されないようになることでしょう。そして彼らから与えられるものの殆ど全てが毒であることを自覚することでしょう。

※Florida Surgeon Generalをフロリダ州公衆衛生局長官と訳しました。

Dr. Joseph Ladapo: Pfizer will CEASE TO EXIST when the full truth comes out about COVID-19 vaccines – NaturalNews.com
(概要)
12月29日付け


ジョセフ・ラダポ博士:Covidワクチンに関する真実が全て明らかになったとき、
ファイザーは存在しなくなるでしょう。

 オミクロン株対応の新ワクチン、臨床試験を開始 ファイザーと ...

 

コロナ・パンデミック中に犯した人道に対する犯罪で、腐敗した製薬大手のファイザーは崩壊する可能性があります。

これはフロリダ州の公衆衛生局長官のジョセフ・ラダポ博士の意見です。
ラダポ博士は、ファイザーが行ってきたことが全て公開されれば、ファイザーにとって大惨事となるだろうと予測し、
「実際の被害がはっきりわかると、我々はこれ以上ファイザーを使うかどうかもわからないのが正直なところだ。実際に以前と同じようには見ないだろう。これらのワクチンが及ぼしている悪影響は、残念ながら、非常に悲しい出来事として歴史に残るだろう。」と述べました。


ファイザーのパブリック・イメージは、殆どの米国民がファイザーは大手製薬会社の歯車の歯に過ぎないことすらも知らなかった2020年初頭以降著しく悪化しています。
現在、多くの米国民がファイザーのmRNA(modRNA)「ワクチン」シリーズによって友人や家族が苦しみ、死亡しているケースもあることにかなり激怒しています。


ワクチンとパンデミック疲れなのか、それとも薬剤による悪影響への集団的拒絶反応なのでしょうか。

益々多くの米国民がファイザーの「ブースター」接種を拒否している理由について、主要メディアは人々が「ワクチンとパンデミック疲れ」に悩まされているからだと弁明していますが、事実は、人々が製薬業界やワクチン業界の嘘にうんざりしているというのが理由です。


「主要メディアはこの現象を「ワクチンとパンデミック疲れ」であると決めつけているが、実際は、人々が動揺しているからだろう。世界中で、ワクチンを接種したと思われる、健康的な人々が突然死していることが頻繁に報告されているのですから接種を拒否している人たちを誰が責めることができるだろうか。当然のことながら、ワクチンやブースター接種を受けようと列に並んでいる米国民の数は激減している。」とRevolverがこの問題について報じています。


CDCがファイザーの新たなCovid「ブースター」の接種を推進している中で隠されてきた問題が顕在化しています。9月12日にCDCは生後6カ月以上の米国民全員にワクチン接種を強く促しましたが、殆どの米国民がワクチンを拒否しています。

米国民は、もはやCovidに関するものには全く関心がないように見えます。
最初は彼らの嘘に騙されてしまった人たちでも、いわゆるパンデミックが世界的な大量虐殺作戦のための偽装工作であることに気が付いています。

フロリダ州の一流医師のラダポ博士は、実際にファイザーは自社のmRNAワクチンにDNAが混入しているという疑惑が広まっているため、現在、「法人終了」の危機を抱えている可能性があると考えています。さらに、mRNAワクチンを2回接種した人たちの間で「ターボ癌」が増加しているという懸念が高まっています。

益々多くの医師が、ターボ癌になる患者が増加していることを確認していますが、癌専門医であり癌研究者のウィリアム・マキス博士もそのうちの一人です。

 

「どう見ても、米国民も世界中の人々も「パンデミック」とワクチンに関して(嘘により)誤った方向に導かれたことが益々明らかになっている。」とRevolverは報じました。


トニー・ファウチなどこれに関わった人たちは明らかな詐欺と著しい権力の悪用に対する法的責任を負うべきであるという感情が高まっているようです。

ファイザーの重要人物が世間の批判を受けるようになっても不思議ではありません。
現代医学は多くの点で驚異的でしたが、大手製薬会社で影響力の非常に強い人たちの中には、貪欲さのために道徳上の指針を失ってしまった人もいることは明らかです。

2024年以降、ファイザーはどうなるのでしょうか。

12/30-その2 おすすめ動画


ブルーカラーさん:
 2023/12/30 英海軍、哨戒艦をガイアナに派遣へ 同国侵攻を狙う ベネズエラに対抗、中露を牽制。南米で、米英仏蘭と中露が〇〇へ? (youtube.com) 
私:何が化石燃料の段階的削減ですか。中露がバックにいるベネズエラも石油で儲けようとしています。



リッキー社長さん:
【日本の闇がどんどん暴かれる?!】悲報:ソーラーパネル設置国土面積当たり世界一という不名誉。 (youtube.com) 
私:在日外国人による犯罪が益々増えていますね。日本の子供たちが狙われています。もう子供たちが安全に過ごせる社会ではなくなりました。今の極左政権下ではごろつき外国人が大量流入し続けます。外国人犯罪者に対する刑が軽いので外国人は犯罪し放題になり日本は犯罪大国に激変します。



山口さん:
報道特集でまたもや超偏向報道【パー券問題】【山口インテリジェンスアイ】山口敬之×佐波 (youtube.com)
私:リンホーセーと岸田はパーティ券でぼろ儲け。しかも買ったのは中国人たちでしょうね。それでも検察もメディアも無視ですか。



デイリーWillさん:
【門田隆将】岸田政権「安倍派つぶし」が招く絶望の末路【デイリーWiLL】 (youtube.com) 
私:安倍派潰しは明らかでしょう。



青山繁晴さん:
【ぼくらの国会・第655回】ニュースの尻尾「岸田総理は辞めない」 (youtube.com) 
私:岸田は辞めないが辞めさせられます。



柏原竜一さん:
和田政宗議員スペシャル【柏原竜一のインテリジェンス】 (youtube.com) 
私:和田議員は信用なりませんね。保守のお面をかぶっている売国奴。どの政治家も中国のカネと女に買収されています。

12/30-その1 やはりディーゲルの予測とファイザーは繋がっていました。

過去に何度かディーゲルの予測についてご紹介しましたが、リークされたファイザーの社内文書にもディーゲルの2025年の人口予測が記載されていたようです。
私も以前からディーゲルの予測は予測ではなく計画や目標ではないかと思っていましたが、どうやらそのようです。
これも国連やWEFのアジェンダ2030に沿った計画や目標であり、この計画が本格始動したのが2020年だったと思われます。
各国政府(特に欧米諸国)は2025年までに自国の人口をどのくらい削減するか、その目標が設定されているのだと思います。
極悪非道な製薬会社(複数)は支配層の指揮下で各国政府や医療機関と連携してアジェンダ2030に沿った人口削減目標を達成するための生物兵器を世界中の人々に提供しました。
↓ こちらに各国の2025年の「人口削減目標」が提示されています。
日本の人口削減に関しては、2025年までに126,450,000人から103,047,280人まで減少すると予測しています。約2300万人の削減です。欧米諸国よりは少ないですが、それでも2300万人を削減させる目標があるのですから恐ろしいです。
List of Countries Forecast 2025 (archive.org)

Leaked Pfizer Docs Reveal mRNA Jabs Began a Five-Year Mass Depopulation Plan - The People's Voice (thepeoplesvoice.tv)
(概要)
12月29日付け


リークされたファイザー社の社内文書から、mRNAワクチンは人口削減5ケ年計画の開始を示していることが明らかになりました。

FDAに提出されたファイザー社の社内(秘密)文書がリークされました。
そしてmRNAワクチンは2025年までに数十億人を殺害するための大規模人口削減5ケ年計画の一環であることが明らかになりました。

 リークされたファイザーのドキュメントは、mRNAジャブが5年間の人口削減計画の一部であることを確認しています

  

FDAに提出したファイザー社の社内(秘密)文書に、グローバルなインテリジェンス会社でありコンサルティング会社であるディーゲルによる予測が記載されていました。
文書には、2025年は、Covidワクチンに含まれる有毒な化学物質によって数十億人が死亡する年であると書かれています。


Naturalnews.com によると:
米軍諜報機関のマイナー部門であるディーゲルはどこか秘密主義なところがあり、
ベールの陰で活動しながら、軍産複合体全体が高レベルの決定をするためのデータや機密情報を収集しています。

ディーゲルlは、NSA国家安全保障局、国連、世界銀行などの機関と連携して活動しています。また、北朝鮮に関するStratfor report(戦略的予測)にも寄与しました。

このため、ディーゲルは諜報機関の正当なプレーヤーであると思われます。
つまり、ディーゲルは根拠のない恐怖を広める偽情報機関である可能性が低いと思われます。


The Exposéは「これが意味するものとは、2025年の人口予測や国ごとの工業生産高予測は単なる空想ではなく、諜報コミュニティーのプレイヤーらが共有し、十分に理解されている戦略的仮定に基づいているということだ。」と報じています。 


世界はどのようにしてここまでに至ったのでしょうか。

2020年のどこかの時点でディーゲルは2025年の予測を彼らのウェブサイトから削除しました。
しかし、 The Wayback Machine and Internet Archiveのサイトにはまだそれが表示されています。
 

このサイトに表示されているディーゲルの予測によると、2025年にはイギリスの人口が 77.1%も減少することになっています。つまり、たった2年間でかなり多くの人々が死亡するということです。
米国に関しては、2025年までに人口が68.5%も減少すると予測しています。
ドイツに関しては、2025年末までに、人口が65.1%も減少し、オーストラリアに関しては、人口が34.6%も減少すると予想されている。2025年に世界中の人口がどれくらい減少するかを予想する一覧表もあります。

The Exposéは「悲しいことに、ファイザーの社内文書に書かれた内容と今起きている子供たちの大量死を合わせると、ディーゲルの人口減少の数字は単なる推定ではなく目標であったことを示唆している。」と報じています。


ファイザーの代理機関として機能しているFDAは、FDAに血税を払って存続させている米国の納税者の利益に反して、ファイザーの社内文書の公開を75年も遅らせようと企んだ理由はこのような目標があったからである可能性が高いです。なぜなら、75年後に生きている人々は、Covidについてや、その後に続く2025年の大量虐殺など誰も覚えていないからです。

しかし、2022年1月にマーク・ピットマン連邦判事が、毎月、ファイザー文書のうちの55,000ページを公開するようFDAに命じたため、スケジュールが遅れましたがファイザーの社内文書が公開され始めました。

現在、PHMPTのウェブサイトで全文書を見ることができます。

「我々の政治システムが最も裕福な者たちに乗っ取られ指揮されていることを我々が容認している理由は何なのだろうかと思うばかりです。」と、世界がどのようにしてここに至ったのかについて懸念しているコメントがありました。

「何が原因でこうなったのかは明白です。支離滅裂でノイローゼの精神状態と、それを全て可能にした組織の両方が原因です。しかし、そのような狂気だけが原因ではありません。それは我々一人一人にあります。そのような完全無秩序のシステムを見ながらそのシステムに自分達の生活を適合させている我々全員にあります。」と。

12/29-その1 イスラエルとガザの戦争はゴグとマゴグの最終戦争・・・

現在、イスラエルとハマスの戦争が終わるどころか拡大しつつあります。
世界大戦に持っていこうとしている支配層が世界のあちこちで火種を起こしています。
南米ではベネズエラがガイアナを侵略しそうですし、イギリスがガイアナに艦艇します。
中東では、イランが支援するヒズボラや関連の武装組織がイラクやシリアの米軍基地や米軍兵士を攻撃した報復として、米軍がヒズボラの軍事施設を攻撃したり、イエメンのフーシ武装組織がイスラエルに宣戦布告してイスラエルをドローンで攻撃たり。。。
米国の複数の商船がフーシ(イランが支援)に攻撃を受けたなど。。。益々紛争や戦争が拡大していっています。
そのうち、ロシアがウクライナ戦争から中東戦争に舵を切り、イラン、中国、ロシアの連合軍を結成してイスラエルを攻めるようなシナリオが実行されるのでしょうか。
以前からご紹介しています通り、ゴグとマゴグの物語(聖書の預言)の通りに物事が進められているように見えます。
このような聖書の預言を書いたのは時の権力者であり悪魔崇拝者たちだったのではないでしょうか。
最終的にイスラエルにメシアが現れるなどと言っていますが、それは偽のメシアであり、正体は悪魔でしょう。悪魔が世界を統治できるように、悪魔に都合のよい筋書き(計画書)が預言として書かれているのではないでしょうか。預言通りに(偽)メシア或いは(偽)神が現れた世界とは。。。NWOでしょう。そうなるように中東から戦争を世界に拡大させようとしています。

The Last War: How the Israeli-Gaza Conflict is the Prelude to Gog and Magog – Biz Israel 

 (概要)
10月15日付け

ゴグとマゴグ - Wikipedia 


現在、イスラエルとガザの戦争が激化している中で、中東で新たな紛争が起こるのではないかという恐怖心が巻き起こりました。
しかし複数のユダヤ系情報筋は、これは単なる長期紛争ではなくゴグとマゴグの最終戦争の始まりであると言っています。これは、ゴグと呼ばれる謎の人物が率いる敵国連合軍にイスラエルが侵略されるという預言に基づいています。


ゴグとマゴグの概念は、ヘブライ聖書、特にエゼキエル書とゼカリヤ書に由来します。
エゼキエル書の第38章~39章では、ゴグは、マゴグ、メシェク、トゥバルの王子として描写されており、彼らは多くの国々からなる大軍を率いて北部からイスラエルに攻撃を仕掛けることになっています。この聖書ではゴグとマゴグの黙示録的な出来事が鮮やかに描かれています。

エゼキエル書の第38章16節の預言では
「あなたは地を覆う雲のように、私のイスラエルに進攻するだろう。」「ゴグよ、今後数日以内に私はあなたを私の地に進攻させるだろう。そしてあなたを通して、彼らの目の前で聖なる私自身の姿を見せる時、これらの国々は私が誰なのかを知るだろう。」と書かれています。


ゼカリヤ書の第14章で預言者は、
エルサレムは世界の全ての国々から包囲攻撃されるが、神の介入によって包囲軍は疫病と大地震によって滅ぼされると預言しています。その後、生き残った人々は、神を真の王として認めエルサレムで神を崇拝し神の勝利と究極の救いのビジョンを見ます。

 

ユダヤ教の伝統によれば、これらの預言はメシアの到来と、死者の復活の前に起こる出来事と相互に関連しています。ゴグとマゴグの戦いは、ユダヤ人の究極の試練であり、大きな苦しみと迫害に耐えることになりますが、最終的には神の奇跡的な介入によって救われると認識されています。

ユダヤ人コメンテーターの中には、ゴグとマゴグを歴史上の国家或いは現代国家や指導者らと同一視しようとする人もいます。
例えば、マゴグは、ロシア、メシェクはモスクワ、トゥバルはトボリスク(ロシアの
チュメニ州の都市)とし、ゴグについては、アレキサンダー大王、紀元前2世紀のセレウコス朝第 8 代シリア王のアンティオコス4世エピファネス、ナポレオン・ボナパルト、アドルフ・ヒトラー、ヨシフ・スターリンなど様々な支配者と関連づけています。
このような解釈はユダヤ人の集合意識における永続的なゴグとマゴグ物語の性質を強調しています。


また、ゴグとマゴグは神や神の民に敵対する悪の勢力を象徴する名前であり、聖書に描写されている善と悪の永遠の戦いを表していると定義する人もいます。


ゴグとマゴグに関する最も面白い解釈の一つに、ポーランド・ルブリンのユダヤ教ハシディーム運動の有名な指導者だったラビのZadok HaKohen(1823年~1900年)の解釈があります。
彼によると、ゴグとマゴグの戦いは、イスラエル人がエジプトから脱出した後に砂漠をさまよったことを記念する
仮庵の祭の期間中に起こります。これはエゼキエル書の第38章16節の一節に基づいており、この戦いは深い霊的意味合いを象徴する神聖な時期に展開されるという期待と一致しています。


2023年10月7日に始まったイスラエルとガザの戦争はゴグとマゴグの預言と関係があると憶測しているユダヤ人もいます。
この日は仮庵の祭(一週間続く)の終わりと一致しており、安息日、八日祭、(トーラを1年かけて読み終えたことを祝う)聖日の3つの聖なる日が合わさった日でもありました。

これは、ラビのZadok HaKohenの解釈とつながる仮庵の祭を反映して展開される出来事の重要性を強調しているという点でもユニークに合致しています。


イスラエルとガザの戦争は、子供を含む何百人もの民間人を虐殺し多くの赤ん坊を非人道的に斬首したハマスによる奇襲攻撃、ガザからイスラエルへの激しいロケット攻撃、ガザに対するイスラエルの空爆と地上作戦によって特徴付けられています。
この戦争は国際的な注目を集め、米国とイギリスの軍事関与をもたらし、イスラエルの自衛権を支持する国と、いつものようにイスラエルの行動を非難する国に分かれました。
国際社会の反応は、イスラエル・パレスチナ紛争の複雑な対立的特徴を浮き彫りにしています。


この戦争でゴグとマゴグの預言を成就させるためには、ヒズボラのように北部からイスラエルを攻撃する複数の国の大連合軍が必要となるでしょう。さらに、イランがこの戦争に巻き込まれると、最終戦争の到来の兆しが見られ、黙示録的な性質のシナリオが強まるでしょう。

この戦争は間違いなく非常に激化しイスラエルの民は神に助けを求め、追い詰められた時に神の介入を求めるでしょう。

最終的には、聖書に預言されているように神の決定的な介入があり、神の統治権が普遍的に承認されます。ゴグとマゴグの預言は、イスラエルからの亡命者らを集めるメシヤの到来と密接に結びついています。ユダヤ民族の集まりは、全ての権利をイスラエルに戻すよう求めることよって象徴され、神の計画の重要な段階と見なされています。

 


ユダヤ教徒であろうとなかろうと、イスラエルと世界の平和と安全を祈ることは、我々全員にとって非常に重要です。ゴグとマゴグの物語は、正義、平和、そして逆境の中での神の介入のために耐え忍ぶことを気付かせる役割を果たしています。我々は、祈りと総力を通して平和が支配し古代の預言が成就した真の世界的調和の時代を導き入れる世界をもたらすことができるよう願っています。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ