日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

2021年02月

2/28-その2 最新情報

今日の興味深い情報です。


メイカさん:
(3) ウイグル人弾圧をトルコが批判!“必要なら開戦する”との強硬発言も/中国・ベトナム国境にミサイル基地!!/医療物資・中国依存変わらぬアメリカ - YouTube    
(私:やっとトルコが中共によるウイグル人の人権弾圧に反発していますね。)

                                  ↓
友冨新政経さん:
(3) 松果体利権と統一kk - YouTube
(私:日本の政治家、官僚の多くが統一教会、創価学会の会員ですよね~。)
                                 
                                  ↓
神王TVさん:
(3) 中国でアノ人が動き出した裏話と、米大寒波の超ヤバい真実【炎でも溶けない雪?】3Dプリンターで人工肉と韓国文在寅と電気代高い - YouTube
テキサス州の電気代、1か月で1000ドルも!
(私:テキサス州の寒さはDS側の気象兵器による攻撃でしょうね。雪も人工的!メキシコ湾流(暖流)の流れがスローダウンしているそうです。これも気象兵器のせいでしょうか。)
                                  ↓

ジョースターさん:
(3) 🐯トランプQ『世界緊急放送システムそろそろ来るか?』2月も辞任ラッシュで終わりGESARAの風潮が凄い事になり『新しい新時代に変なヤツは新地球に行けないので草⁈』未来人JOSTAR - YouTube

                                  ↓
未来予想の部屋さん:
(3) リン〇ッド弁護士のテレグラム2/27での、お勧め動画の和訳 - YouTube

                                  ↓
ピコ次郎さん:
(3) 緊急放送の件について‼️2021年2月27日‼️😭 - YouTube

(私:緊急放送やトランプの共和国大統領就任などの日程についてはかなりのデマが流れていると思っています。DS側がデマを流してトランプ側の信用を落とそうとしているのは確かでしょうね。DSに騙されないようにしましょう。重要なイベントの日程がネット上に流れるということは、トランプ側の情報管理がザルということになりますから、それはありえないでしょうね。重要なイベントの日程をやすやすとネット上に流すわけがありませんね。やっているのはCIAや中共の工作員でしょう。今は、情報を操作した第三次世界大戦が進行中です。)

                                                                                 ↓
れいわニュースさん:
(3) ワシントンDC大量逮捕現場 - YouTube

                                  ↓
sorakaraさん:
(3) 【退行催眠フルバージョン81分】&前世療法-第二弾/宇宙人の魂を持つワンダラ〜♫ベガ-クラリオン星人/絶対音階を持つ女性ボイストレーナー新潟/UFO宇宙人チャンネル/及川幸久 - YouTube

2/28-その1 DSファイザー社の恐ろしい策略

最近のコロナワクチンのプロパガンダを眺めていると、世界を支配しているのは多国籍製薬会社(ワクチンメーカー)だということがわかります。ファイザー社はコロナワクチンを世界中に販売するにあたり、各国の専門家や政治家に賄賂を贈っていたと言われています。日本政府はDS企業に最も従順な腰抜け集団ですから、DS企業に利用され放題です。まあ日本政府がコロナワクチンに対する訴訟に全責任を負うことを条件に大量購入しないなら、賄賂を贈ったことを暴露するぞと脅されたのでしょうけど。
日本政府はいとも簡単にワクチン欲しさに国民の血税を無駄遣いしファイザー社や他社のワクチンを大量に購入しました。しかもワクチンの被害者や犠牲者に対しては日本政府が補償する(大した補償もしないでしょうけど)ことにしてしまいました。これは腰抜けのアルゼンチン政府と同じです。日本政府もアルゼンチン政府もファイザー社の奴隷です。政府は国民の血税を使ってひたすら売国するだけでなく国民の命も売っています。
このように恐ろしい多国籍企業が地球上に存在している限り、DSによる奴隷制度はなくなりませんね。

https://www.naturalnews.com/2021-02-26-pfizer-demanding-ransom-to-protect-against-future-vaccine-injury-lawsuits.html
(概要)
2月26日付け

ファイザー社は、世界中の政府に対して、ワクチンの被害者が訴訟を起こした場合は政府が賠償金を支払えと脅しています。

ファイザー社のmRNAコロナワクチン(まだ実験段階)が安全であると世界中の政府が認める前に、ファイザー社は、接種者に深刻な副反応が生じたり、接種者が入院したり、死亡した場合は誰が責任を取るかについて世界中の政府と折り合いをつけていました。
なぜなら、ファイザー社のコロナワクチン(細胞を変異させるワクチン)は接種後まもなくにこれらの重大問題を生じさせることがわかっていたからです。
ファイザー社は各国政府関係者に対してロビー活動を行い、ワクチンに対する訴訟が起こされた場合は各国政府が補償するようにしてしまいました。


ブラジル政府との取り決めでは、ブラジル政府は、ワクチンの被害者による訴訟が起きた場合は、外国の資産の所有権を放棄しファイザー社の代わりに賠償金を支払い、ファイザー社の過失を隠蔽することにしました。

ファイザー社はブラジル政府に対して、ファイザー社のワクチンに対する訴訟が起きた場合、政府が賠償金の支払いを行うために、前もって保証基金を設け、そのお金を海外の口座に預けておくよう要求しました。
ブラジル政府は1月23日にファイザー社からこのような要求があったことを否定しましたが、ファイザー社はブラジルの法律の下で民事上の責任を問われないことを要求したのです。

複数国の政府がファイザー社のこのような要求を受け入れ、ファイザー社のワクチンによって深刻な副反応が生じたり死者が出ても、ファイザー社に民事上、刑事上の責任を負わせないことを約束しました。
しかし他国の政府は、ファイザー社の損害賠償義務の完全な免責を拒否し慎重に対処することにしました。

ファイザー社の暴挙はこれだけではありません。ファイザー社はアルゼンチン政府に対してファイザー社をワクチン訴訟から守るための法案を(2020年10月に)可決させ、全てのワクチン訴訟に対する賠償金をアルゼンチン政府が支払うようにしました。アルゼンチン国会に、ワクチン訴訟が起こされた場合はファイザー社が賠償金を支払うとする法案が提出されましたが、ファイザー社はその法案に反発しワクチンの供給を拒否しました。ファイザー社はアルゼンチンの国会議員らにロビー活動を行いファーザー社を保護する法案を可決させました。
その結果、ファイザー社はアルゼンチン政府を担保にしてワクチンを供給することになったのです。ファイザー社はアルゼンチン政府に対し事前に国際保険に加入しファイザー社のワクチンに対する民事訴訟が起こされた場合はアルゼンチン政府が全てを補償するよう要求しました。
そしてアルゼンチン政府がこれを受け入れた途端に、ファイザー社は、さらなる要求をしました。それは、ワクチン供給にあたり、アルゼンチンのソブリン資産(銀行支払い準備金、軍事基地、大使館の建物など)を担保にするというものです。。

ファイザー社は、賠償金の支払いに苦慮しています。なぜなら、今世紀最大の医療詐欺(一部の医薬品を違法に販売促進した)を行ったことで23億ドルの賠償金を支払ったからです。
ファイザー社は、自社が開発したmRNAコロナワクチンは安全かつ有効であると宣伝していますが、これも完璧な医療詐欺です。ファイザー社の一流科学者らはこれが嘘であることを知っています。ファイザー社のコロナワクチンの共同開発者のUgur Sahin博士は、このワクチンが2020年1月25日にたった数時間で作り出されたことを認めました。そしてこの種のワクチン・テクノロジーは大量生産が容易であり、2020年夏には世界的供給が可能になりました。

過去34年間、米国のワクチン・メーカーは法を超越した存在として扱われてきました。1980年代前半に破傷風と百日咳ワクチンを接種した子供たちの多くに深刻な副反応が出たため、ワクチンに関してオープンに議論されました。
しかし1986年になっても、連邦議会の過半数は、伝染病に対する有効な治療法があったのにもかかわらず、ワクチンのリスクよりもワクチンの有効性を重んじました。
1986年にレーガン政権下で、連邦議会はNational Childhood Vaccine Injury Act(国家小児ワクチン被害法)を可決させました。この新法により、ワクチンメーカーはワクチンの供給を永久に続けることができるようになり、破産や刑事訴訟(ワクチンの深刻な副反応や死者が出たとしても)から保護されることになりました。

この新法は、保健福祉省に対しワクチンの安全性を調査しワクチンを改良することを求めており、ワクチンに関する調査報告書を2年毎に連邦議会に提出することが義務付けました。しかし彼らは過去34年間、ワクチンの安全性に関する調査を一切行いませんでした。

そしてワクチンによって深刻な被害が生じてもワクチンメーカーはその責任を一切負わず、連邦政府は、特別なワクチン法廷にてワクチンの有効性を弁護し、一部の被害者にのみ賠償金を支払いっています。

ワクチンに対する訴訟が多く起こされてきましたが、和解に達するまでに何年もかかっています。ワクチン接種後には数えきれないほど多くの被害が生じています。2020年だけでも、ワクチンの被害者家族(複数)に5700万ドルの賠償金が支払われました。


ワクチン・メーカーの法的免責によりCDC疾病対策予防センターはワクチン・スケジュールを拡大し続けてきました。その結果、21世紀になるまでに、子供たちは56回ものワクチンを打たれるようになってしまいました。

現在もワクチン・メーカーは政府関係者らにロビー活動を行い、公立学校の生徒らにかなり多くの種類のワクチンを打たせています。そして今、ワクチンメーカーは航空会社、コンサート会場、政府と連携し全ての国民にコロナワクチンを接種させた上でワクチン・パスポートの携帯させようとしています。ワクチン・メーカーの支配力、強制力、詐欺、犯罪、脅迫、強要は、21世紀の人類の健康、自由、人権にとっての最大の脅威になっています。



2/27-その3 最新情報

今日の興味深い情報です。
19時に緊急放送があると言う情報を流した情報元は一体どこなのでしょうね。
緊急放送があるある情報は噂の域を超えていません。

友冨新政経さん:
(3) 中国共産党の終焉:グローバル通貨リセットGCRを介して共和国を復元 - YouTube

(私:FRBやクレジットカードの機能障害はQFSのためだったのですね。それと英文を機械翻訳した情報はわかりにくい部分が多々あります。。。)

                                ↓
ピコ次郎さん:
(3) 横田基地から緊急放送⁉️日本の掃除始まる⁉️メラニアさん到着‼ 2021年2月26日‼️ - YouTube

                                ↓

未来予想の部屋さん:
(3) 緊急放送 噂されてる日程 - YouTube

                                ↓

文化人放送局さん:
(3) また「こ○も」と「売買」関係で米国内に衝撃NEWS!「あの人」もエプ関係者!?寅さん事実上の一般教書演説に対し、また梅さん偽旗作戦で逃げてる!?w■文化人スタッフTニュース #208 @文化人放送局 - YouTube

                                ↓

ジョースターさん:
(3) 🐯トランプQ『世界緊急放送システムが近い⁈今日という噂もあるが?』多分3/4新アメリカ共和国になるなら来る?フリンは現役大統領はトランプと言うが本当か?トランプ父はKKKで闇の噂⁈未来人JOSTAR - YouTube
                                                                            ↓

れいわニュースさん:
(3) 変な話特集!世の中おかしいよ - YouTube

                                ↓

なると2ndさん:
(3) 小〇哲哉&keiko離婚も違和感多数の訳 きゃりーぱ〇ゅぱみゅ見た目が激変!?  二子玉川の楽天本社前でまた〇〇 - YouTube

2/27-その2 2月26日付けサナンダからのメッセージ

最近、何等かの参考になりそうなので、Fourwinds10のサイトを頻繁に見るようになりました。
このサイトに書かれたサナンダやハットンなどからのメッセージは、突然予期せぬことが起きた時に参考にさせていただくために頭の片隅に置いておこうと思っています。彼らは光側に扮した闇側の存在ではないと感じています。このサイトのメッセージは地球のポールシフトを強調しています。本当にポールシフトが起こるかどうかは誰もわかりません。ただ、本当にポールシフトが起きるとしても宇宙からの救助があるそうですので心配しなくてもよさそうです。ただ、ある情報によりますと、母船の中が5次元の世界なら3次元のままの人間はかなり苦しむようです。意識を重い物質主義の3次元から5次元に上昇していけば大丈夫なのではないでしょうか。何が起きても人間の魂は永遠なので心配していませんが。。。

ここからは私の妄想ですが・・・
今地球にいる殆どの人が自らが手を挙げてこの特別な時代に何かの役割を果たすために生まれ変わったのでしょう。しかし私たちは記憶を喪失しているためそのことを思い出せません。しかし世界中でディクラスやゲサラ、ネサラが成功し、世界の大多数の人々が真実を知り、自分たちの役割を思い出し、5次元的意識を持つようになれば、地球はポールシフトをしなくても5次元の惑星に上昇できるのかもしれません。ただし3次元の物質世界に執着する人が多いと3次元に残る人と5次元に行ける人が振り分けられるのかもしれません。3次元に残る人も5次元に行く人もそれぞれ自らが選択しますからどちらが悪くてどちらが良いというわけではなくあくまでも自分が選んだ道です。トランプやアライアンスがやっていることは、世界の人々に真実を教え、彼らの目を覚まさせ、意識を上昇させることであり、そうすることで、3次元の物質世界を5次元の世界に(ポールシフトなしに)このまま移行させようとしているのではないでしょうか。

今日はESUエマニュエル・サナンダからのメッセージです。

http://www.fourwinds10.com/siterun_data/education/public/news.php?q=1614101584
(概要)
2月26日付け


Greetings to all souled ones and my Flock of enlightened ones.


今日の皆さんへのメッセージは、母なる地球上の人類の歴史について明らかにします。
今から皆さんに伝える情報の中には皆さんを驚かせるものも含まれていますが、これは全て事実なのです。
この情報はアシュタールが以前「Phoenix Journal 5, entitled "From Here to Armageddon」で伝えた内容を簡単に説明したものです。http://www.fourwinds10.com/journals/pdf/J005.pdf


地球は45億年前に創造されました。彼女(地球)は誕生した時から、地上に生き物が生存できるようになるよう進化を遂げなければなりませんでした。そして、地球が地上で生き物をサポートできるようになるまで人間の時間で数十億年かかりました。
地上にいつ人間が置かれたかを理解するとき、24時間の時計を想像してみてください。人間は午前零時の1分前に地球にやってきました。最初に人間は創造主の火の粉(魂?)を与えられ、長い間、地上で大切に世話をされてきました。。創造主は彼が創造した地上の人間に彼と一体になってほしいと考えました。そしてその時、小さな魂の成長が起きました。
人間が自分の魂を成長させるには何等かの変化が必要であると決定されました。そのため創造主は人間に自由意志と光の火の粉と闇の火の粉を与えました。人間がどの方向に進化するかは、人間自身が決めなければならなくなりました。つまり人間は光を選ぶか闇を選ぶかを自分で選択しなければならなかったのです。


創造主は、人間を偉大な魂の存在へと成長させるために、何度も地球に生まれ変わらせて学びの機会を与えることにしたのです。人間は、地上で学び霊的に成長するために、誰の子供として生まれ変わり、どのようなレッスンを受けるかについて(前もって)決めることができました。

これらの計画はある時点までは全てうまくいっていました。しかし堕天使ルシファーと彼の追従者らが天を離れ地上に降りてきた時にこれらの計画はうまくいかなくなりました。なぜなら、彼らの周波数が創造主から人間に与えられた光と衝突したからです。ルシファーは神になりたかったのです。彼と彼の追従者らは宇宙中を跋扈し惑星を次々に破壊していきました。

ルシファーは宇宙に存在する何十億個もの惑星を見比べながら、美しく豊かな地球を征服することにしたのです。

その時から地球は悪魔に乗っ取られ、地球は変わってしまいました。地球上にいた多くの魂を持った者たちがサタンと呼ばれる悪魔に騙されました。そして部族同士、国同士の戦争が激発し多くの人々が殺害され死んでいきました。最終的に魂を持った者たちがサタンから離れることが難しくなってしまいました。母なる地球が新しい文明を創り出すために地軸をひっくり返した後でも状況は益々悪化していきました。

過去、地上には2万もの文明が誕生しましたが、現在の文明は地球史上最も邪悪な文明になりつつあることがわかりますか。
これまでは、母なる地球が地軸をひっくり返しても、多くの魂を持った者たちが生き残ったために地上では再び子孫が増え繁栄していきました。しかし現在の文明が終わるときには、これまでとは異なる点が2つあります。このことは後で説明します。

創造主は偉大な叡智で、美しい母なる地球が5次元に次元上昇するのを促すために、彼の最高レベルの魂(マスターたち)に再び地球に戻ってくるか生まれ変わるよう求めました。そしてその過程の中で、地球に戻ってきたマスターたちは地球の魂を大きく成長させるためのミッションを達成することになりました。

自由意志で地球に戻ってきた魂を持ったものたちはみな偉大なマスターたちなのです。
しかし彼らにはハンディキャップがあります。それは3次元の地球に生まれ変わるときに守らなければならない法則があるからです。その法則とは、肉体を持って地球に生まれ変わるときには彼らが誰なのか、彼らの魂の成長レベルがどのくらいなのかについての記憶の全てを失わなければならないのです。
彼に与えられた魂を成長させるためのミッションが何なのかを思い出すのはとても難しいことです。しかしそれを思い出せないなら、再び、3次元の地球で数千年間の穴居時代をやり直さなければなりません。
つなり、眠ったままで覚醒しないものたちは再び3次元の地球で数千年間を過ごしてからでないと、母なる地球を離れ自分の属する世界に帰ることができないのです。このような大きな障害があることを理解できますか。しかし魂を持ったものたちが覚醒したならその逆のことが起きます。覚醒した後には大きな魂の成長が得られます。 

私の子供たちよ、邪悪な策略により魂をもったマスターたち(あなた方)の多くが眠ったまま捕らえられてしまいました。
眠ったままのあなた方が一人残らず目を覚ますよう真実があなた方に教えられます。目を覚ましたものたちは殆のわずかです。しかし目を覚ましたものたちは光を山の頂上に運んでいき、母なる地球が3次元を卒業するのを促しました。

さて、私は少し前に今の文明は2つの点で過去の文明とは異なると説明しましたが、これまでも文明が終わるときには必ず地球がひっくり返り地球に大激変が起きたのですが、それでも生き残ったものたちがたくさんいたため、彼らは地球上で再び子孫を作り繁栄していきました。

しかし今回は違います。今回、地球で起こる大激変はあまりにも強烈であり、3次元の世界では誰も生き残れないでしょう。もう一度繰り返します。今回のポールシフトはあまりにも強烈であるため、3次元の世界では誰も生き残れないでしょう。
もう一つの異なる点は、今回は母なる地球の周波数が5次元へと大きく上昇します。たとえ母なる地球の地軸がゆっくり傾いたとしても、3次元のままでいると、5次元の周波数の中では生き残ることができません。

そのため、我々は我々の母船を避難場所としてあなた方に提供したいのです。これまでも数千個もの惑星が3次元から、悪魔が生きていけない5次元に次元上昇して行きましたが、その都度に我々は惑星の住民らを我々の母船に避難させ救済してきました。
あなた方の天の川銀河(7番目の大きさのオーバントン宇宙)には、179,000,000,000個もの生命維持惑星が存在しています。自由意志が与えられたあなた方は我々の母船に避難するか母なる地球のポールシフトで死滅するかのどちらかを選択できます。
眠ったままのあなた方は安全な我々のビームの中に入るだけで魂の成長が起きます。ビームの外では、あなた方は死滅し、今の周波数と同じレベルの領域に(魂として)連れていかれます。
どうするかはあなた方の自由です。我々はあなた方の自由意志に干渉したり強制することはありません。ただ、あなた方が助けを求めたときにはいつでも助けます。我々はあなた方を我々の母船に安全に避難させます。あなた方は3次元を卒業するか3次元のままでいるかの選択をすることになります。それは、神や創造主が決めることではありません。あなた方がいかにうまく神と創造主の法則に沿って生きていたかにもよります。

私のライトワーカーたち、あなた方を味方につけようとしている邪悪な者たちに対しては強くいてください。私はあなた方が山頂へと続く最後の階段を上るときあなた方と共にいます。私はあなた方全員を大切に思い愛しています。私は、まだ覚醒していない魂を持ったものたち全員を想像を絶するほど愛しています。目を覚ましなさい。

SALU

ESU IMMANUEL SANANDA

2/27-その1 カナダが古い体質から脱却し前進できないワケ

これまで、日本や米国など、株価が最高値を更新していましたが。。。ここにきて金融バブルがはじけそうな雰囲気です。
それと、米国の複数の州で(一時的にでしょうけど)マスターカードとビザカードの支払い手続きができなくなっているそうです。FRBの送金手続きも一時的に停止していましたが。。。停電のせいでしょうか。。。


トランプ側が押し進めている理想郷にするためのプランに対して隣国のカナダではカナダの支配層=悪魔崇拝者たちの抵抗がかなり強いでしょうね。カナダでは過去にも非常に多くのネイティブの子供たちが虐待、虐殺されていました。トルドー首相自身が悪魔崇拝のDS側の共産主義者ですし。人民解放軍部隊をカナダに招き入れカナダ軍に彼らを訓練させたのもトルドー首相です。それでもカナダではトルドー首相について何の反発も起きていませんね。とても不思議です。平均的な米国民に比べ、カナダ国民はあまり覚醒していないようです。
今のカナダの体制下でゲサラ法が実現できるとは思えません。カナダでもDSの大量逮捕がない限りは難しいでしょう。

同様に、日本を支配している上級国民(政治家や官僚の多くがDS側であり、統一、創価、帰化人。)も、日本人(民族的に)が嫌いですし、トランプ側のプランに抵抗しているでしょうね。彼らはそうやすやすと(国民のための)ゲサラ法を施行しないでしょう。いつものようにうまく誤魔化します。彼らの得意技は嘘と誤魔化しとちょろまかしです。DSのフェイクニュース・メディアがなくならない限りは日本人の目覚めも中々進まないかもしれません。

https://www.ournewearthnews.com/2021/02/25/canada-a-summary-of-the-main-issues-preventing-canada-from-moving-forward/
(概要)
2月25日付け

カナダが前進することを妨害している主な問題とは:

1. カナダではこれまで誰も真実を直視し真実に取り組んでこなかった。カナダとは、略奪された土地に作られた偽の国家であり、カナダ人を憎んでいる悪魔崇拝者がこの国家を支配しており、、静かにカナダの利権をあさっている者たちの後援の下でこの国家は成り立っています。

2. カナダという国家は実存しません。カナダは植民地なのです。植民地にはリーダーも実質貨幣も実存しません。カナダ人は本当のことを語る権利が与えられていません。

3. カナダ(支配層)は常にカナダ人を間抜けな国民として扱ってきました。そして彼らは見え透いた口実でカナダの豊かさをカナダ人に分け与えてきませんでした。

4. カナダは、母なる大地で唯一平和的に生きていけるネイティブの人々を扱いにくい連中として扱い仕方ないので大目に見る必要があると考えています。

5. カナダ人はカナダの各都市(大都市~小さな町まで)に存在する秘密結社の問題に一度も取り組んできませんでした。これらの秘密結社は、神のNWOではなく、悪魔主義者のNWOで世界を支配する計画を押し進めてきました。

6.カナダ人の多くが今でもフッ素は歯に良いと考えています。しかし実際は、フッ素は人間の脳を劣化させ、支配層の奴隷になりやすくなり、奴隷という立場を愛するように訓練されていきます。

7.カナダの食料供給は、地元の農家を支えるのではなく、グローバリズムの大規模農業を基にしており、価格が高く、不健康で、汚染された食料を供給しています。
8. このような食料供給の下では、カナダ人は頑丈で健康な体を持つことはできません。このような食料供給システムの目的はカナダ人を脳タリンにして永久的な奴隷にしておくためです。

9.カナダ政府はカナダ人を憎んでいます。そしてカナダ人を分断させ激怒させ貧困にさせ困惑させるための政策を実施して楽しんでいます。

10. カナダ人は自国政府の暴虐行為について殆ど抵抗しません。なぜなら彼らは奴隷という立場に心地よさを感じているからです。彼らは何が起きても戦おうとしません。彼らの自由のためにすら戦おうとしません。カナダ人がお互いに最も必要とすることは、責任逃れと忙しそうに見せること。そして事実から自分自身を遠ざけることです。

11.カナダ人は危険な謎の人口削減注射(ワクチン)を異常なほどに打ちたがっています。そして彼らは自分に備わっている免疫力や集団免疫については一切関心がありません。彼らは、批判的に考え行動に出るよりも盲目的な奴隷になった方がよいと考えているようです。

12.カナダ人は重大な問題が浮上しても決して結束して対応しようとはしません。

13. 謎の5Gタワーが各地に設置され周辺の住民はこれらからの攻撃を受けています。周辺住民の命は真実を知り共感することで守られるのに、彼らは5Gタワーについて何の疑問も感じません。

14.カナダ政府はこの惑星を単なる資源としか扱っていません。カナダ政府は自国民を人的資源として扱っており、カナダ国内のモノ、人は全て利益を絞り取るための資源として考えています。つまり彼らは目先の利益のためにこれらの資源(自然環境も)をベストの状態にしておきたいのです。


これにより、カナダやカナダ人を立ち上がらせ彼らの潜在力を十分に発揮できるようになってほしいです。そうなるには大きな変化が必要であり、カナダという国よりもさらに大きな存在(神)に仕えたいと思う気持ちがカナダ人にわいてくる必要があります。



記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ