日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

2019年08月

トランプ大統領「日本は米国産の余剰トウモロコシを大量購入する

日本は米国から大量のトウモロコシを大量に輸入してあげることになったようですが、米国産のトウモロコシは遺伝子組み換えがほとんどでしょう。。。既に米国からは飼料用のトウモロコシが多く輸入されているのでしょうが、遺伝子組み換えで農薬まみれでしょう。米国産の輸出用の農産品のイメージとしては遺伝子組み換え農薬まみれです。果物でも米国産は買いたいとは思いません。トランプの再選は、民主党大統領が誕生するよりも望ましいですが、日本の自動車と工業製品と引き換えにトウモロコシを大量に買ってあげることは国民の安全と安心を無視していますね。この時のために政府はモンサントの遺伝子組み換え種を日本で販売できるようにしたのでしょうか。

https://www.sankei.com/economy/news/190826/ecn1908260002-n1.html
(転載)

トランプ大統領「日本は米国産の余剰トウモロコシを大量購入する。日本政府と日本国民に感謝する」
トランプ米大統領は25日、安倍晋三首相と再会談後、貿易交渉の大枠合意を報道陣の前で語り胸を張った。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)から離脱しながら、農産品で日本からTPPと同水準の妥協を引き出した自らの「ディール(取引)」手腕を勝ち誇った。だが、交渉が一気に前進した裏側には、大統領選に向けた国内農家からの支持拡大という「実利」を優先し、米産業界が求める包括的な対日協定を当面、断念するという計算も隠されている。

 トランプ氏は「米国の農業、畜産業によいニュースだ」と交渉の成果を強調し、「日本は米国産の余剰トウモロコシを大量購入する」と述べ、「日本政府と日本国民に感謝する」とほほえんだ。ライトハイザー米通商代表は、協定の内容が「農産物と工業製品の関税、デジタル貿易の3要素になる」と説明を加えた。

 通商政策はトランプ氏の再選戦略の屋台骨だ。日本が自動車など工業製品で関税撤廃を求める中、トランプ氏は今月中旬のペンシルベニア州の演説でも、「日本との貿易赤字は巨大だ」と不満を表明していた。

 6月下旬まで決裂の可能性すらあったと関係者が振り返る日米交渉で、米国が厳しい姿勢を転換させたのは、対日妥結が、輸出増を目指す農畜産業者らにアピールする格好の材料になるとの目算があったためだ。

 9月下旬の国連総会に合わせた次回首脳会談で署名が実現すれば、日本側は秋の臨時国会で批准の手続きに入ることができる。

 ただ、全体のバランスが崩れ日本にとって不利な状況になれば、「国会で承認されない事態」(政府関係者)となる。自民党議員からは「早期の妥結よりも、日米ともにウィンウィンになることが重要」との声も上がっている。(飯田耕司、ビアリッツ 塩原永久)

反日の現在

今回のビデオも必見です。
日本国内で特権を得ている反日左翼・・・アイヌ協会 アイヌも琉球人も先住民族ではありません!
縄文日本人です!

https://www.youtube.com/watch?v=JJEx8ls4vYw

米中貿易戦争について

トランプは世界覇権を狙っている中国を徹底的につぶそうとしています。まずは経済を潰せば中国自体が崩壊すると考えています。
米中貿易戦争が激化していますが、どちらかがつぶれるまで続くのかもしれません。
来年の大統領選までに米経済が崩壊するとトランプの再選が危うくなりますから、何とか米経済を持たせる必要があります。ただ、関税を上げると米国内でインフレが起きるのではないでしょうか。
中国は既にインフレが起きており食品価格が高騰しています。
今後、どうなるのか、中国+ロシア 対 英米の覇権争いが激化するでしょう。中国(或いはロシア)が世界を覇権すると世界の独裁体制が完成するでしょうね。

https://www.investmentwatchblog.com/trump-knows-this-and-is-taking-advantage-of-it-chinas-enormous-debt-no-longer-can-be-ignored-analyst-says/ 
(概要)
8月23日付け

独立アナリストのFraser Howie氏によると:
中国は転換点を超えてしまいました。
中国の負債は無視できないほど膨らんでしまいました。
中国政府は鈍化した経済(今年の成長率はこの27年間で最低)を押し上げるための打開策を探ってきましたが、米中貿易戦争は中国に不利な影響を与えており負債を削減することができなくなっています。
事実上の人民元の切り下げや企業の借入コストを低減させるための中国人民銀行の金利や融資プライムレートの引き下げを始めました。
問題は、さらなる信用取引の需要があるかどうかということになります。

世界第二位の経済大国の中国の経済が鈍化しており、もはや無視できないレベルに達しています。

中国には巨額の隠れ負債があり経済が鈍化したために景気刺激策を実行しています。
借金返済のコストがあまりにも膨大であり、他の問題に目を向ける余裕がなくなっています。
国際金融協会の報告書によると、2019年の第一四半期の中国(政府、企業、家計)の債務返済合計はGDPの300%以上に膨らんでおり昨年の同時期よりも若干増えています。
中国は大規模な刺激策を実行し信用取引の蛇口を開け、世界の需要をかき立ててきました。しかしそのことにより大きな代償を払うことになっています。


https://www.investmentwatchblog.com/michael-barone-the-end-of-americas-30-year-engagement-with-china/
(概要)
8月23日付け

欧米諸国は中国が豊かな国になれば、外交的により平和的で国内的により民主的で寛容な国になるだろうと期待していましたが、外交専門家のジェイムズ・マン氏の2007年の著書「The China Fantasy」やキッシンジャー的な考えを持つマイケル・ピルズバリー氏の2015年の著書「The Hundred-Year Marathon」によれれば、中国の指導者らは欧米が考えていたようなことには関心がなく、2049年(毛沢東が蒋介石に勝利した日から100年目)までに世界覇権を達成するために長期的で着実なレースを展開するという独自のシナリオを構築していたのです。
中国は2500年前の孫氏の戦略と戦術を使い、1849年の太平天国の乱から何百万人もの人民を虐殺した毛沢東が死去した1976年までの栄華を復活させたいと考えています。
中国は世界人口と経済的生産の40%を占めており、中華帝国が60年間続いていました。1793年に中国の皇帝はイギリスの特使のマッカトニー卿に「中国帝国にはあらゆるものが豊富にあるため国外の野蛮な国から製品を輸入する必要はない。」と言ったと伝えられています。
習近平は香港で数週間続いている平和的なデモを批判的に見ており、2017年まで独立した司法制度を約束された香港を弾圧しようとし、国家主席の任期を「2期10年まで」とする憲法の条文を削除し、2049年までの100年
マラソンのフィニッシュラインを急いで超えようとしています。
習近平は権力を行使して香港のデモ隊を30年前の天安門事件と同じように押しつぶすことができます。しかし習は巨額の経済コストがかかっても彼等を天安門事件のように弾圧するかもしれません。
チャイメリカと呼ばれる米中の経済的な関係は白紙撤回されつつあります。もし人民軍が香港のデモ隊を制圧するようなことになれば、米中関係は完全に破壊されることになります。


「韓国男性が日本女性観光客暴行」映像波紋

こんな時に無防備にも韓国に遊びに行く日本人女性が意外と多くいるようです。韓国では性的暴行事件が日常的に起きていますから、特に女性は気を付けなければならないのですが無防備すぎます。しかも反日感情が尋常ではないのに。。。そんなに韓国に行きたいんですかね。
ユーチューブに親日韓国人男性が日本語で語りながら動画をUPするのが流行っているようです。それらを観た日本人女性が韓国に親近感でも感じたのでしょうか。しかしそのような親日韓国人は少数派ですから勘違いしてはいけませんね。
今頃、韓国に遊びに行く方が悪いのです。暴行を受けた日本人は他にもいます。ネットで話題になっていましたが、日本人(男性)がこの夏韓国に行ったときに暴行されたそうです。日本人は狙われやすいですね。

別件ですが、GSOMIA破棄で韓国では多くの人たちが勝利を勝ち取ったように喜んでいるそうですが。。。
韓国は元々信頼できる国ではないし嘘と詐欺で成り立っていますから、軍事情報提供や管理をまともにするわけがありませんので日本は韓国に流す必要がなくなったのでほっとしているとか。GSOMIAのせいで韓国に情報を流す方が面倒臭い感じがしませんかね。

http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/55745660.html
「韓国男性が日本女性観光客暴行」映像波紋…警察捜査
2019.08.24|7:27
(転載)

ある男が、韓国を訪れた日本の女性観光客に暴行を加える映像がSNSに投稿され物議をかもしています。乱暴な悪口と共に、女性の髪を引っ張る姿が撮られ、警察も捜査に乗り出しました。

カン・プルン記者がお伝えします。

(記者)

映像を撮る女性に喧嘩腰に詰め寄る男。
05

乱暴な悪口もはばからず、近づいて女性の髪の毛を引っ張ります。
06

昨日の朝6時、観光客が多く集まるソウル弘大入口駅近くで起きたことです。

被害女性は20日、観光のために韓国に入国した日本人A氏と確認されました。

A氏の韓国人の知人はKBS取材陣に対し、男性が「一緒に遊ぼう」と声をかけ、A氏がこれを無視して歩いて行こうとすると、突然悪口を言ったと明らかにしました。

また、A氏が動画を撮ろうとすると、男はセクハラ性発言と共に暴力を振るってきたと言います。

A氏のSNSを通じて事件が知られ、インターネットでは、外国人嫌悪と女性嫌悪が組み合わさった事件という批判が上がりました。
07

警察も事件の真偽を調査しています。

ソウル麻浦警察署の関係者
「被害者が直接申告したことはなく、Twitterを見て、その内容を報告した人がいて…真偽については確認してみなければならないでしょう」

一方で、被害に遭った日本人女性B氏は、今日の明け方、SNSにコメントを書き込み、「一人の悪い行動であるだけで韓国のせいではない」と述べ、「日韓関係が悪くならないように願う」と言いました。

アマゾン、マイクロソフト、インテル、他が殺人AIで世界を危険にさらす!

悪魔=邪悪なエイリアンに操られている支配層の企みが見えてきました。
支配層はテックジャイアンツに5Gの世界的監視統制システムを構築させ、人間が直接関わらずに大量殺人が可能な自律型兵器(AI)を開発させています。
本当に恐ろしい時代がやってきそうです。これで世界の人々は彼等に完全に支配され彼等に刃向かう者たちはAIで簡単に殺害されてしまいますよ。地球を支配している人間以外の生命体は、人間に宇宙テクノロジーを共有させながら人間同士の殺し合いをさせ、人口削減をすることで地球を支配しやすくし、地球に限らず太陽系全体を支配下に置くことを考えているのでしょうか。

https://www.investmentwatchblog.com/amazon-microsoft-putting-world-at-risk-of-killer-ai/
(概要)
8月22日付け


オランダのNGO(Pax)がテクノロジー企業50社を対象に破壊的自律型兵器に対するスタンスを調査したところ、アマゾン、マイクロソフト、インテルなどのテックジャイアンツが世界を危険にさらす破壊的AIを開発していることが判明しました。テックジャイアンツは地球の破壊者になって行きます。SF小説の具現化です。
調査の中で、破壊的なAIを開発しているか、軍事プロジェクトに携わっているか、そのような危険なAIの開発を控えているかについて質問をしました。 

調査の結果、現在、マイクロソフト、アマゾンなどのテックジャイアンツは大いに議論の余地がある破壊的自立型兵器を開発中であることを否定しませんでした。このような兵器が完成されれば、人間が直接関わらずにAIによる大量殺人が可能になります。


ここ数年、AIを使って自動的に標的を選び攻撃するという兵器システムの開発は、国際安全保障を脅貸すと同時に火薬や核爆弾に取って代わる戦争革命につながるとして大きな倫理的論争を呼んでいます。


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ