日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

2017年12月

今日は風邪のためブログ更新はお休みさせていただきます。

すみません。。。10年ぶりに風邪をひきました。大山の埃は最強でした。

「かぜひいてまん...」の画像検索結果

フロリダ州ディズニーワールドで大量逮捕

子供が大勢集まる場所は要注意です。特に欧米では児童養護施設やディズニーなどのテーマパークで多くの子供たちが狙われています。
世界を牛耳っているエリート集団は悪魔崇拝者たちが殆どですから、子供たちをどう扱おうがなんとも思いません。彼等は自分の欲求を満たすか、悪魔に捧げるために子供たちを利用しています。
ディスニーは昔からイルミナティの一部と言われていました。彼らが子供たちをどう思っているかというと、悪魔への生贄と性的虐待の対象でしかありません。
以前からディズニーのキャラクターはどこか不気味でした。全然可愛くないのです。
それもそのはず、ディズニーのキャラクターは子供たちをだまして餌食にするための道具ですから。
フロリダ州のディズニーワールドで大量逮捕が始まっています。もちろん小児性愛犯罪です。ディスニーワールドだけでなくディズニーランド、ハリウッド、テレビ局、政界、政府機関内部でも小児性愛犯罪が横行しています。
日本でもアメリカほどではないにしろ子供の誘拐は決して珍しいことではないでしょう。誘拐された子供がどこへ連れていかれるのかを考えるとぞっとします。

http://beforeitsnews.com/alternative/2017/12/breaking-massive-pedogate-arrests-at-disney-world-3583501.html
(概要)
12月24日付け
 

警察の調べによりフロリダ州のディズニーワールドには巨大小児性愛犯罪組織が存在していることが分かりました。そして35人以上のディズニーワールド関係者(最高幹部、コンシェルジュ、ツアーガイド、入場券販売員もも含む)が児童に対する性的暴行の容疑で逮捕されました。
子供たちにとって最も楽しいテーマパークがミッキーの魔法の性的虐待広場だったことが分かりました。


数週間前からフロリダ州のディズニーランドで小児性愛犯罪に関与していたとして大量逮捕が始まっています。
逮捕者の中にはディズニーの最高幹部も含まれています。
この時期はクリスマス・プレゼントとして子供たちをディスニーに連れて行く人も多いでしょう。
しかし小児性愛犯罪者にとって、多くの子供たちが訪れる今の時期こそ子供たちを餌食にしやすい時期なのです。またフォックス放送局(ザ・シンプソンズを放送)でも小児性愛犯罪が横行していることが分かりました。
ディスニーワールトやディズニーランドに幼児を連れて行きたいと思っている人は場合はこの事実を認識してください。 
ディズニーでは、ディズニーの家族的なイメージに全くマッチしない、麻薬密売・常習、エイズ感染、性的暴行、売春が横行し、自制心のない性的暴行を子供に加えて子供を餌食にする獣が跋扈しています。
今、ディズニーはこれらの秘密を必死に隠そうとしています。
・・・・

(参考記事 1)
https://travel3.5ch.net/test/read.cgi/park/1034351064/l50

つい先日、私が(東京)ディズニーランドに行って帰ろうと思ったら、
一つの門を残しゲートがすべて閉まって、開いているゲートには警察が大量にいました。
何事かと思って様子を見ていると、騒ぎの真ん中のほうに知り合いの顔を発見。
話を聞いてみると、なんと彼の子供が誘拐されかけた!!ということでした。
驚いた私は、話をわかる限り聞いたので、報告します。
1、少し前から、ディズニーランドでは5~9才前後の子供の誘拐が頻繁に起きている。
2、そのことをマスコミが報じないように、ディズニーランドが圧力をかけている。
3、誘拐されかけた子供の親の話によると、子供は髪の毛をおもいっきり切られ、
  服を着替えさせられて、何かの薬で眠らせられた状態だった。
4、親が受けたランドから説明によると、犯人はフィリピンあたりでの
  子供の内臓の切り売りが目的だった。
5、今回は、ランド側の動きが早かった(前に何度かあったから、すぐに動いた?)ため、
  ランドから出ようとしていた犯人を現行犯逮捕に成功した。
  いくら髪を切って着替えさせたところで、親には自分の子供はわかるので、
  一発でした。

以上、本当にあった話です。皆さんご注意を。

(参考記事 2)
http://www.asyura2.com/13/nihon31/msg/492.html

これまでバチカンやヨーロッパの王族による幼児虐待、幼児虐殺について何度も記事を書いてきましたが、もしかしたら日本の子供たちも悪魔崇拝の生贄として殺害されているのかも知れません。

過去の新聞をざっと調べてみたところ、2011年に所在不明だった日本の子供の数は1000人程度だったものが、2013年には4000人にまで急増したようです。

(以下、読売新聞より転載)

所在不明の乳幼児4176人、虐待の懸念も(2013年12月30日) 

自治体が2012年度に実施した乳幼児健診を受けず、所在が確認できない乳幼児が37都道府県の334市区町村で計4176人に上ることが読売新聞の調査でわかった。

所在不明児の全国統計はなく、実態が明らかになるのは初めて。健診を受けていない子どもの虐待死事件が相次ぎ、国は昨秋、自治体に所在確認の徹底を求めたが、電話や手紙で済ませる自治体もあるなど、確認が不十分な実態が浮き彫りになった。

アンケート調査は今年11月、全国1742市区町村を対象に実施。全自治体から回答を得た。その結果、1歳未満の乳児、1歳6か月児、3歳児の各健診を受 けていない乳幼児のうち、自治体の職員が家庭訪問するなどしても所在確認できなかったのは、乳児で499人、1歳6か月児で1423人、3歳児で2254 人に上った。1歳半と3歳の未受診児は計約15万人で、その約2・5%にあたる。

都道府県別では、東京都の752人が最多で、埼玉県(638人)、千葉県(583人)、愛知県(453人)と続いた。人口の多い東京都の一部の区や横浜市、大阪市などが人数を集計しておらず、実際はさらに多いと見られる。

一方、全ての市町村が「ゼロ」と回答したのは、秋田、山形、石川、鳥取、島根、徳島、鹿児島の7県。ゼロと回答した市区町村の中には、保護者への電話連絡や受診を勧める手紙を送っただけで「確認を済ませた」としているところもあり、把握が不十分な可能性がある。

(転載ここまで)

また、実際に幼児が何者かに連れ去られようとした現場を目撃した人の話も、ネット上にアップされていましたのでご紹介します。

(以下、いしだしほブログより転載)http://plaza.rakuten.co.jp/babby0/diary/200411210000/  2004年11月21日

実際に誘拐未遂事件を目の当たり友人から聞いた話なのですが、大阪の某大手スーパーで買い物をしていたときの事、ひとりのお母さんが子供がいないと騒ぎ出しました。

始めはお客さん同士で探していたのですが見つからず、店員さんに協力をお願いしに行ったところ「そうですか・・・」と行ってすぐに店舗の出入り口を全て閉めたのでびっくりしたそうですがその後も店内を探しても見つからなかったそうです。

そして店舗の出入り口が開けられて店員さんと共に駐車場を探しまわっていたら、たまたま帰ろうと駐車場を歩いてたおばさんが泣きそうな子供をトランクに入れようとしていた外国人を見つけおかしいと思って「あんた何してんねん!!」とすごいけんまくでどなりつけたそうです。

外国人はすぐに子供を置いて逃走し、子供は無事もどりました。

そこのスーパーは新興住宅地で小さい子供を連れたお母さん達が多く、誘拐事件も何度かあったそうでマニュアルが設置されていました。

この他にも東京ディズニーランドは誘拐の多発地帯ですぐ目の前のおトイレに一人で行かせて行方不明になったという話しもあります。

日本で多発している誘拐事件、身代金の要求が無いのは外国で子供の臓器を売買している事が殆どだと聞きました。

日本人の子供の臓器はきれいで栄養状態も良いので高く売れるみたいです。

志芳の地元で起こった小1誘拐殺人事件といい、子供を殺す行為は絶対に許せません。

なぜ日本がこんな風になってしまったのか私にはわからないけど、昔のようにご近所付き合いが減っているのも原因のひとつじゃないかという気がします。

鍵っ子もたくさんいますが、大人に子供は勝てません。

もっと子供の弱さや頼りなさを大人が理解して守ってやらないとって思う今日この頃でした。。。

(転載ここまで)

このブログの作者は人身売買のために誘拐されているのではないかと推測しています。もちろん、その可能性もなくはないとは思うのですが、闇ルートで他人の 臓器を買ってまでして自分の子供に移植したがる人がそんなに大勢いるのかどうか……という疑問が私にはずっとありました。

しかし、悪魔崇拝というものが実際にこの世の中にあり、そこでは子供の命が生贄として捧げられているという事実が明るみに出された今、私はそれらの子供の多くが悪魔崇拝のために殺されているのではないかと考えています。

前にもこのブログで紹介しました通り、アメリカでは年に80万近くの子供が行方不明になっています。そして、アメリカの隣の国カナダで、エリザベス女王と ローマ法王によって5万人の子供が虐殺されていたという事実が明らかになりました。また、その後の法廷での証言によって、彼らが幼児誘拐と幼児売買のネッ トワークを世界中に張り巡らせ、多くの子供を拉致していたということも暴露されました。

となると、この日本にもそのネットワークが形成されてもおかしくはない、と私は見ています。

ただし、日本の場合は、アメリカと違って国土が狭く、誰の目も届かない場所に子供が紛れ込むということは余りないことですし、親もまた子供にはそういう場 所に行かないよう日頃から注意しているでしょうから、アメリカのように年間に何万もの幼児を誘拐するというのは至難の業でしょう。

現に上のブログ記事では、犯行現場が目撃され、犯人は子供を置いて逃走していったとのことです。ですから、そう簡単にアメリカのようなことにはならないと 思いますが、それでも上の犯人は人目につくスーパーの中で犯行を企てていたというのですから、決して油断してはなりません。敵はかなり大胆不敵です。

しかも現在、政府は移民の大量受け入れを検討しており、もし実際にその政策が現実のものとなれば、日本の治安はますます悪化していくことでしょう。

3.11の際、日本人が全く暴動や略奪を起こさないのを見て、世界中の人々が驚いたというニュースがありましたが、外国人というのは暴動や略奪が起きるこ とが当然の世界で生きているということです。そういう人たちが大量に日本にやってきたらどうなるか、というのは目に見えていることです。

永田町も昭恵夫人も堕落しています。

これを見る限り、昭恵夫人はやっぱり頭が変だと思います。こんな日本のファーストレディも初めてでしょう。しかも韓流に夢中。この人、政治をバカにし国民をバカにしています。
永田町は堕落してますね。こんな状態で日本をちゃんと率いることなどできないでしょう。来年が思いやられます。

http://biz-journal.jp/2017/12/post_21733_2.html

「永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報
安倍首相、ついにパーティーで酒を飲みまくる昭恵夫人に激怒し一喝か

安倍晋三首相(左)と昭恵夫人(右)(写真:AFP/アフロ) 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。


 12月9日、国会が閉会しました。それを受けて、多くの議員は地元に戻って地元活動に精を出します。陳情の方たちもほとんどいないので、来客も少なく、議員会館は静かになります。

 閉会中の楽しみは、やはりランチタイムです。会期中はサンドイッチやおにぎりを秒速で食べている秘書たちですが、今は近くのレストランまで足を延ばして“ランチ女子会”を楽しむ光景がよく見られます。

 先日、神澤も首相官邸を見下ろせるレストランでランチタイムの女子会を楽しんできました。おいしいものをゆっくり食べながらダラダラ話すだけで楽しいのですが、自然と政治家ネタになってしまうのは職業病ですね。

 周囲の会社員たちも、私たちのコアな会話に聞き耳を立てている感じです。

永田町の今年の漢字は「淫」か「悪」?


「2017年の漢字は『北』だってね。ヒネリなさすぎ。これだけ不倫ネタが多かったんだから、偽善の『偽』とかになるかと思ったんだけどな」

 神澤より少し先輩のナツミさんがこう言うと、マキさんがすぐにダメ出ししました。

「『偽』は何年か前に選ばれてたよ。不倫なら、『淫』とか『悪』のほうがそれっぽくない?」

「でも、『淫』はちょっとストレートすぎませんか?」

 神澤がそう言うと、マキさんは「そりゃそうだね」と納得。「小さな子に『この字、どういう意味?』って聞かれると困っちゃうよね。子どもに『コッカイって何してるの?』って聞かれて、まさか『不倫』とは言えないしねぇ」

「確かに(笑)。でも、若狭(勝/元衆議院議員)は『国会議員の3分の1は不倫をしている』ってテレビでコメントしたらしいですよ」

 すると、ナツミさんが「私のまわりでも、議員とデキてる秘書、確かにいるもんね」と一言。

「マジー? 気持ち悪~」

 神澤とマキさんが声をそろえると、隣席の会社員グループが会話を止めて、こちらを見ました。

「神澤も『愛人顔』って言われてるんだから、誰かの愛人だったんじゃないのー?」

「え、私ですか? 愛人顔じゃないですよー」

「でもさ、少し前まで永田町では愛人の存在は普通って感じだったよね。議員によっては、世間的に公認の愛人もいたしね」

「そうそう。たいてい『妻も公認の愛人』が金庫を守ってたよね」

「ですね。安心してお金を預けられるようになると、公認になるのかもしれませんね」

「でも、今はなんかコソコソしてるよね。とっくにバレてるのに(笑)」

「文春や新潮の記者さんも、いろんな議員事務所に出入りして情報を集めてるよね」

「次のターゲットは、○○議員らしいですよ」

「尾行態勢の話を聞いたら、すごかったよ。『狙われたら絶対にまけないなぁ』って思った」

安倍総理、ついに昭恵夫人を一喝?


 隣の会社員グループの表情がどんどん変わっているのがわかりましたが、秘書たちのガールズトークはさらにエスカレートしていきました。

「また、アッキー(安倍昭恵/総理夫人)がやらかしたらしいよ。パーティーで食前酒をおかわりしたり、もう中締めをした後なのに飲むのをやめなかったりして、総理に怒られたってさ」

「あの夫婦、ヘンですよね」

「民進党の解党、(大塚耕平)代表は『一言もそんなこと言ってない』って。相変わらず、マスコミは自分たちの思い通りに持っていこうとするから怖いよね」

「最近、枝野(幸男/立憲民主党)代表の『嫌いな議員ランキング』が変わったらしいよ」

「昔の敵とも会ってるってね。あの人の好き嫌いも激しいよね」

「関係ないけど、最近は元グラビアの子、見ないよね。まだ、選挙後の就職先が見つかってないのかな?」

 こんなよもやま話が繰り広げられ、そのうち「もし、議員と結婚するなら誰がいい?」という話まで飛び出しました。

「やっぱり、小泉進次郎のカッコよさはダントツ!」

「でも、忙しくてほとんど家にいないよ」

「それに、どうしても身長が気になっちゃうかも」

「衆議院の正面側の階段ですれ違ったときは、キュン死しそうになったよ(笑)」

 小泉議員、本当にすみません……。盛り上がっていると、デザートとコーヒーが運ばれてきました。

「それにしても、この1年は大変だったね」

 ナツミさんが、しみじみと言いました。

「いきなりの総選挙には、まいったね。でも、予算編成もクリスマスまでに終わりそうだし、年末年始は旅行に行けそう」

「マキはいいなー。うちは元日から賀詞交換があるから、地元に手伝いに行かないとなんだよ」

「ほんと、元日からはキツいですよね。でも、今日はゆっくりできましたね。クリスマス女子会も、できればお願いします」

 静かに年越ししたいものですが、「アメリカがクリスマスに北朝鮮に宣戦布告するかもしれない」という話も聞こえてきています。

 でも、世間は相撲協会の話題ばかりで、まるで北朝鮮問題に国民の関心が向かないようにしているかのようです。その相撲協会も、国民から見放されてしまいそうで心配です。

 なにはともあれ、激動だった神澤の1年ももうすぐ終わりそうです。ありがとうございました。みなさま、よいお年を。
(文=神澤志万/国会議員秘書)

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/12/post_21733_2.html


【悲報】安倍昭恵さん、インスタグラムにとんでもないものをアップする
http://crx7601.com/archives/52672239.html
私:こちらは昭恵夫人がインスタグラムに投稿した写真です。この男誰?不倫相手?気持ち悪いんですけど。



12/23、再び大山へ

昨日は再び丹沢山塊の東の端にある大山(1252m)に登ってみました。今回はメインコースを選びました。この山は信仰の山として江戸時代には大山詣りで大勢の人々が訪れていたようです。また、大山は富士山の父親とも言われています。遠くから見ると、ピラミッド型の立派な山で丹沢でもひときわ目立ちます。いつも富士山を見守っているのでしょうね。
これまで、この山には登山コースを変えながら何回も登っていますが、3年以上経つと、コースがどんなだったか殆ど忘れてしまうため、何回も登った山でも新鮮な気持ちで登ることができます。単に忘れっぽくなったのかもしれませんが。
登り納めとして短めの山登りをしようとしていたのですが、結局思った以上に時間がかかってしまいました。
なぜなら、登山口から山頂まで急斜面と石段が続くからです。私は階段は苦手です。普段よりも疲れてしまいます。下山コースは見晴台から一般的な歩きやすい登山道になりホッとしました。

辿ったコース:大山ケーブル駅近くの有料駐車場→阿夫利神社下社→大山山頂→不動尻分岐→見晴台→阿夫利神社下社→駐車場
見晴台から阿夫利神社下社までのコースは今回が初めてです。

この日も朝から快晴でした。このところ真っ青な空の下の山登りが何回か続いています。
大山の登山コースにはお墓、仏像、神社、寺が並んでおり歴史の古い信仰の山というのが分かります。
元旦には初詣客でにぎわうそうです。でも、この日も登山客とケーブルカーを使って神社を参拝する人達で大賑わい。

今回は特にフレンドリーな人々に出逢いました。
駐車場に車を止め出発の準備をしていたところ、横に停めたレクサスから降りてきた50代?の男性が私たちに突然話しかけてきました。「山登り?ケーブルカーを使うの。」と。
ここから歩いて山頂まで行き、見晴台経由で下山すると伝えると、びっくりされていました。多分、この方は山登りは全く経験のない方なのでしょう。
大山は色々なコースがあり、6時間以上歩いて登頂するともあるとお伝えしたところ、本当にびっくりされ「すごいなあ。」と全く信じられないようでした。この男性は奥さんと一緒に身軽な恰好でケーブルカーで下社まで行かれるようでした。
いきなりこのように尋ねられたのも初めてでしたから、私たちもびっくりしましたが、男性の気さくさにちょっとうれしく感じました。

午前8時40分頃、駐車場を出発。女坂経由で下社まで登っていきました。ここから石段がずっと続きます。下社から山頂までのコースも急斜面で石段が続きます。
しかもしばらく雨が降っていないため(阿夫利神社は雨降神社なのですが)、地面が乾いており、土埃で鼻をやられてしまいました。
コース途中の休憩場所(富士見台を含む)からは雪化粧の富士山がよく見えていました。私たちのそばで登っていた他の登山者と気楽におしゃべりしながら、段差のある石段や岩のむきでた男っぽい(荒っぽい)コースを登っていきました。。。
富士見台を過ぎたころから前方に40人くらいの団体さんが登っているのが見えました。大人と中高生たちでした。
どちらから来たの?と生徒の一人に尋ねたところ、彼等は東京の生長の家の信者さんたちでした。2泊3日の合宿の一環として大山に登ったのだそうです。ここでも信仰の山かあ、と納得しました。みんなすごく元気で明るい生徒さんたちでした。宗教教育が徹底しているのでしょうね。
私たちには関係ないですけど。。。

山頂には11時40分に到着。昨日も山頂は大賑わいでした。山頂からは相模湾、房総半島、都心までよく見えていました。
約20分ほど山頂で過ごし、見晴台経由で下山開始しました。
見晴台までのコースも急坂で段差もあり、下る度に脚が疲れました。
冬の見晴台は薄暗くあまり長くは休憩はしたくないところですが、この日も大勢の人たちがテーブルを囲み昼食を食べていました。寒そうでしたが。。。
見晴台から下社へのコースを下るのは今回が初めてです。
歩きやすい道が続きます。身軽な恰好で下社から見晴台まで歩いていく人たちも結構いました。

下社の手前の橋のそばに大きな滝(ほとんど水がない)があり驚いていたところ、4人グループの一人に話しかけられ、4人のうちの2人が今回初めて山登りに挑戦したが、夏にはアルプスに登りたい。初心者が登るにはどの山が良いか、などと尋ねられ、神奈川から行くには北岳、甲斐駒ヶ岳と仙丈ケ岳が一番行きやすいのではないかとお教えしました。
外国の山は登らないのかとも尋ねられましたが、外国の山はあまり興味ない。日本の山が一番美しいから日本だけで十分。ヒマラヤの山を見たいとは思うがそれは予算オーバーで行けない、とお答えしました。彼等との立ち話が弾み、橋の上でしばらく停滞してしまいました。
立ち話を終えると、彼等よりも先に下社に到着し、そこでラーメンをすすったあと、女坂経由で下山しました。
午後2時過ぎに駐車場に到着。休憩も入れて約5時間半の山登りとなりました。
短めの山登りにはなりませんでしたが、今年最後の山登りとしてよい運動になりよい出逢いもありました。
来年も元気で山に登りたいと思います。

(大山の紅葉→大山寺の階段→一面観音像→阿夫利神社の階段→夫婦杉→登山道から見る富士山→お大賑わいの登山道→山頂から見る相模湾→山頂の様子→山頂の北東部の景色→不動尻分岐へのコース→見晴台→見晴台から見る大山→紙垂のついた大木→枯れた滝)
IMG_4061大山 女坂IMG_4062大山寺の階段IMG_4064大山寺駅の一面観音像IMG_4065阿夫利神社下社IMG_4066めおと杉IMG_4068途中から見る景色IMG_4070大賑わいIMG_4072山頂から見る相模湾IMG_4073大山山頂IMG_4074山頂から見る都心IMG_4075見晴台経由の道IMG_4079見晴台IMG_4080見晴台からみる大山IMG_4084見晴台からの道IMG_4087枯れた滝

富岡八幡宮 

この神社、江戸勧進相撲発祥の地として有名だそうですが、相撲協会も祟られていそうですね。
私はこの神社には行ったことはありませんので雰囲気はわかりませんが、長い間、神様不在で邪霊に支配された神社なのではないかと思ってしまいます。宮司に物(金)欲があってはならないのです。
あんな事件があった後でもあそこに初詣に行きたいと思う人がいるのでしょうか。
以下の神社の写真を見と、神社の建物全体が赤い龍が口を開けて、「みんな来い来い、おカネをよこせ」と言いながら待ち構えているように見えてなりません。気のせい?

どなたかが知恵袋に書き込んだ内容ですが。。。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11107711191?__ysp=6b6N56WeIOaCqumtlA%3D%3D
「聖書では、サタンは赤龍とされています。赤龍は日本でも黒龍と並んで邪悪でおっかない龍とされることがあります。それから西洋の龍はドラゴンで東洋の龍とは違うという意見もありますが、聖書に出てくるサタンである龍は年を経たヘビと言われています。ヘビが年を経て龍になるというのは東洋の龍の考え方であって西洋のドラゴンではないと思われます。」

物欲で龍を拝むのは良くないと思いますが、富岡八幡宮にも赤い龍がいるような気がしてなりません。。。

※さてと、明日は今年最後の山登りです。といっても年末は色々とせわしないため短めのコースで終わることにします。

http://mona-news.com/archives/74176101.html

富岡八幡宮、初詣は例年通り…「お祓いの儀式をすでに行った。祟りなど抑え込んでいける」

2017年12月7日に富岡八幡宮(東京都江東区)で発生した女性宮司ら3人の殺傷事件。世間に大きな衝撃を与えたこの事件だが、年末に近づくにつれ注目され始めたのが、富岡八幡宮での初詣。ネット上では事件の影響を鑑み、「初もうでに行きたいとは思わない」と否定的な意見が目立つが、一方で「祓ってやればいい」という声もあり、見方は分かれる。当の富岡八幡宮はどういった対応を行うのだろうか。J-CASTニュースは神社に話を聞いた。

■「少なくとも家内安全は望めないよね・・・」

富岡八幡宮は、江戸時代初期の1627年に創建され、応神天皇のほか8柱が祀られている。「深川の八幡様」「江戸最大の八幡様」と呼ばれ、親しまれてきた。江戸勧進相撲発祥の地であるため相撲とのゆかりが深く、必勝祈願、合格祈願などにご利益があるとされている。

(中略)

実際に、富岡八幡宮の初詣はどうなるのだろうか。J-CASTニュースは19日に、富岡八幡宮に取材を試みたところ、

“「今年も初詣は例年通りおこないます」
と、富岡八幡宮の広報担当者は述べた。

「祟り続けます」とした茂永容疑者の言葉についてどう対応を図るのかについては、事故現場も含め、14日にお祓いの儀式をすでに行ったとしたうえで、

“「神社としては日々神事を行っていきますし、そういった取り組みの中で『祟り』などといったものも抑えこんでいけるものと考えております」と語った。

https://www.j-cast.com/2017/12/22317053.html?p=all

1
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ