日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

2017年07月

北朝鮮のミサイル発射

金正恩は、アメリカ本土の全域が、ICMBの射程圏内にあることが立証された、などと言っていますが、北が発射しているミサイルはみな(アメリカよりも)日本に向けられていますね。
アメリカには到達しないが日本には到達するんだと日本を脅している感じ。
ただし、日本のどこに落下するかはミサイルの気分次第。
それにしても北海道が危ないですね。次の発射で北海道に到達してしまったら政府はどうするのでしょうか。
日本の支配層(権力層)は朝鮮半島と繋がっていますから、日本が攻撃を受けても北朝鮮に反撃できないのではないでしょうか。
北朝鮮は、世界の162ヵ国(ロシア、中国、イギリス、ドイツ、イタリア等のEUの 先進国を含む)と国交を結んでいますから、圧倒的多数です。日本やアメリカがどんなに非難しても北朝鮮はやりたい放題です。ロシアが北朝鮮を軍事的に守っているため、アメリカは身動きが取れないのでしょう。
今後も北朝鮮はアメリカに到達するミサイルを発射するでしょう。しかしそれが落下するのは日本列島です。
北朝鮮のミサイル開発で一番喜んでいるのは、中国、ロシア、そして軍産複合体でしょうね。

http://www.moeruasia.net/archives/49582566.html

NHKの複数カメラにせん光のような映像

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが北海道西方の日本海に落下したと見られるのとほぼ同じ時刻、NHKが道内に設置している複数のカメラにはせん光のような映像が捉えられていました。

このうち、北海道室蘭市では、NHK室蘭放送局の屋上と祝津町地区の2か所に設置されたカメラに、午前0時28分26秒ごろ、北西の空を流れ星のようなものが光りながら落下していく様子が写っています。

これとほぼ同じ時刻、日本海に面した江差町で北西に向けて設置されたカメラにも、海面が短い間、まばゆい光に照らされる様子が写っていました。

また、奥尻島に設置されたカメラは北の方角を向いていましたが、映像からは、同じ午前0時28分ごろに西側の上空が一瞬、明るくなったのが確認できます。

カメラに写ったせん光がミサイルかどうかは現時点で確認できていません。

米専門家「弾頭部分の落下の様子とらえたものか」
アメリカのロケット技術の専門家で、北朝鮮の弾道ミサイル開発の分析を行っている、国際戦略研究所のマイケル・エルマン氏は、NHKのカメラがとらえた映像を見たうえで、落下していく物体について、「断言することは難しいが、弾頭部分が落下している様子をとらえたものである可能性がある」と述べました。

そのうえで、「撮影された時間が、ミサイルが発射されてから46分後であることを考えれば、北朝鮮のミサイルである可能性が高いと思う」と分析しました。


[NHK 2017.7.29]
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170729/k10011079571000.html


https://www.youtube.com/watch?v=1FksJti1L4I

トランプの暗殺計画が着々と進行中

トランプが突然政権幹部を更迭しましたが、政権内部の反トランプを追放したということでしょう。ホワイトハウスには反トランプのスパイが潜伏していると言われていましたから。。。
現在、トランプは敵陣に包囲された状態です。彼等がいつトランプを暗殺してもおかしくない状態です。要警戒のの状態です。トランプが暗殺されたらアメリカで内戦が起こるだけでなく世界が大きく揺れ、世界中に共産主義グローバリズム(NWO)が着実に広がると思います。トランプ絶対に暗殺されてはなりませんね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000012-reut-n_ame

トランプ米大統領、プリーバス首席補佐官更迭 後任にケリー氏

[ワシントン 28日 ロイター] - トランプ米大統領は28日、ラインス・プリーバス大統領首席補佐官を更迭し、後任に国土安全保障長官のジョン・ケリー氏(海兵隊退役大将)を指名した。就任からわずか半年で政権幹部を大幅に刷新する。
プリーバス氏は、新たに広報部長に就任したアンソニー・スカラムチ氏と対立していたとされる。27日付の米誌ニューヨーカーによると、スカラムチ氏は同誌の記者と電話で会話した際、プリーバス氏を「とんでもない偏執狂で支離滅裂」とし、情報をメディアにリークしたなどと批判していた。
トランプ大統領に近い筋は、医療保険制度改革(オバマケア)改廃など、主要な政策課題の立法化にメドが立たない事態を受けて、トランプ大統領がプリーバス氏に対する信用を失ったと語る。
トランプ氏は記者団に対し、「ラインスはいい奴だ」とコメントした。
ケリー氏については「彼は偉大な米国人だ」とし、「素晴らしい仕事をする」と述べた。

http://beforeitsnews.com/alternative/2017/07/assassination-plot-against-trump-confirmed-we-must-act-now-to-stop-civil-war-3537170.html
(概要)
7月28日付け


トランプ大統領はエスタブリッシュメントやディープステートにとって嫌な存在です。どうやら彼等はトランプに対して恐ろしいことを計画しているようです。

以前、ホワイトハウスの礼拝堂のハワードブラウン牧師は大統領をホワイトハウスから追放する計画が進行中であると下院議員から聴いたと教えてくれました。シークレットサービスもそのような計画が実際に進行中なのかどうかを確認するために牧師を訪れました。

牧師によると、ワシントンDC(ディープステートの陰謀)ではトランプをホワイトハウスから追放する計画が進行中であり、それは弾劾や告訴というやり方ではなくトランプは突如としてホワイトハウスからいなくなるのです。

シークレットサービスが牧師を訪れた際、牧師はこの恐ろしい計画を彼にリークした下院議員が誰なのかを伝えました。さらに牧師は、ディープステートはトランプの政治生命を絶つだけではなく彼を暗殺しようとしていると伝えました。

しかし牧師は、「ディープステートによるトランプ暗殺計画は成功しない、アメリカではそうはならない。」と言っています。

また、牧師は「ロナルド・レーガンがガンマンに狙撃されて傷を負った後、彼の人格が変わった。」と伝えました。

・・・・

エスタブリッシュメントは主要メディアを低迷させている急成長中のオルターナティブメディアを遮断しようと躍起になっています。EUは、メディアのねつ造ニュースを検閲し、Reddiit、フェースブック、他のサイトがFusion Laced Illusions や他のオルターナティブ・サイトをブロックするように要請していることからも、言論の自由を奪うための戦争が起きていることは事実です。

 


http://beforeitsnews.com/politics/2017/07/trump-in-grave-danger-deep-state-conducting-soft-coup-cia-will-resort-to-violent-overthrow-2927643.html
(一部)
7月28日付け

牧師は、共和党幹部からトランプをホワイトハウスから排除する計画が進行中であることを耳にしました。

反トランプ陣営は、トランプを排除するためなら暴力的なクーデターを実行に移すことも辞さないのです。

ジョン・ブレナン元CIA長官でさえ、ミュラー元CIA長官を解任するならクーデターを起こすべきだと言っています。

トランプはアメリカの利益のために何をやるべきかを考慮する必要があります。トランプはCIA指揮下のボルシェビキ(共和党員)らにウクライナ政府に対するクーデターと同じようなことをやらせてはならないのです。

ただ、彼等の陰謀は、トルコ政府に対するクーデターが失敗したときと同じように失敗するのではないでしょうか。エルドアン大統領はトルコで暴動を起こしトルコ国内の謀反者らを特定しました。トランプは、アメリカでもトルコのようなクーデターが起こりうることを認識しています。

ディープステートはどんなことがあっても一定期間を過ぎたらトランプをホワイトハウスから排除するつもりです。アメリカの諜報機関やシークレットサービスの一部はいかなる方法を使ってもトランプを排除するつもりなのです。ディープステートのソフト・クーデターを促すためにCIA元長官が主要メディアに現れなくなる日も近いでしょう。

トランプはディープステートのルールに従って行動していないことは誰もが分かっていることです。トランプは近代史の歴代大統領とは違い遠慮なくいつでもディープステートのルールを破ります。ディープステートのルールとはグローバル・コントロール・マトリックスの命令通りに動くということです。

 

トランプを排除しようとしているのは、ディープステートの作戦部隊、民主党、民主党全国委員会、共和党、共和党全国委員会、ワシントンDCのシンクタンクや顧問団です。さらには、資産家エリート、シリコンバレーのサルタン(暴君ら)、ハリウッドの権力者や俳優、東海岸の知識階層、主要メディアの有力者もトランプを排除しようとしています。

ワシントンDCでは殆どの有力者が高度に組織化されたクーデターを起こすために集結しています。その中には以下の通り、諜報機関の元トップも含まれます。

・ジョン・ブレナン元CIA長官

・元DNIのジェームズ・クラッパー

・マイケル・ヘイデン元NSA長官

・ジョン・マクローリン元CIA局長代行

・マイケル・モレル元CIA局長代行

 

ディープステートが企んでいるクーデターは、オバマ政権時代にオバマが任命した人々、クリントンに忠実な人々、ソロスが資金を提供している政治活動委員会、リベラル派の共和党議員、軍産複合体、ロビイスト、そして影の政府に忠実な政治工作員らからの協力を得ています。さらには、ピザゲートの支配機構の命令に従っている隠れ政府職員なども含まれます。

 

グローバル・コントロール・マトリックスはペドゲートと呼ばれる小児性愛犯罪組織によって維持されています。西側の主要国は、ペドゲートを監視・記録するために国内外に諜報機関を設けており、支配層エリートが選んだ政治家を小児性愛犯罪に関与させた上で彼等の行動をスパイし、彼等を脅迫し彼等を操っています。

 

以下省略


外国人労働者が既に100万人超

なぜ日本の特定業種で人手不足が起きているかというと、重労働、低賃金などと条件が悪すぎるために日本人労働者に嫌われているからです。外国人を雇えば、重労働、低賃金のままでも維持できるため、条件は一向に良くなりません。いつまでもブラックのままです。企業が外国人労働者に依存する傾向が益々高まる中、日本の移民が急増し、社会は荒廃し、治安は悪化し、やがては移民に対する社会福祉給付が急増し財政が破たんするでしょう。しかもそのうちAIを使う企業が増え、外国人労働者は要らなくなる業種も出てきます。そうなると、外国人の単純労働者はどこで働くのでしょうね。
どうやら、日本のグローバリズムも止まりません。グローバリズムを推進する政府だけが外国人労働者=移民の受け入れを積極的に行っていますが、それは政治家に政治献金している企業の要望に政府が答えているのです。政府や政治家は献金をしてくれる企業の方にしか目が向いていません。日本や日本人を守るための政策を行っているわけではありません。中国が日本の不動産を買いあさっていても政府は何もしません。それは企業がそれに対して文句を言わないからでしょう。政治は全てお金で動いています。有権者の要望で動いているのでありません。現状を見ていると日本の将来がどうなるかが分かってしまいます。

http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-37553.html
空港のホテルでの客室清掃。神社みやげのまんじゅうの製造。旅館に卸す仕出し弁当や、デパ地下で売られる海苔(のり)巻きの調理。中学校での外国語指導助手(ALT)、ネットで利用者を募る家事手伝い……。フィリピン・マニラ出身のセリンさん(56)が日本で就いた仕事や職場を数えると、両手でも足りない。

「移民いないふり」の限界 外国人労働者100万人超
http://www.asahi.com/articles/ASK6M7KFYK6MUCLV01S.html?iref=pc_extlink

仕事を選ばずに働いていたら、人手不足の職種を転々とすることになった。最も長く勤めたのは高齢者介護の仕事だ。外国人向け介護者育成学校に通った。デイサービス、老人ホーム、病院など、ほぼすべての種類の施設で働いている。2000年代に日本人と結婚して滞在資格を得た。収入は手取りで月15万円から20万円ほど。介護保険や年金などは日本人と同様に払っている。

セリンさんの働きぶりが示すように、外国人労働力を頼りにする職種が増えている。民間シンクタンク「三菱UFJリサーチ&コンサルティング」が、労働現場で外国人労働者が占める割合の「外国人依存度」を試算した結果、調査した産業の平均は09~16年で1・9倍に増えていた。

総務省の労働力調査と、外国人を雇用する事業所の厚生労働省への届け出を元に計算すると、16年時点では全就業者の59人に1人が外国人だった。7年前と比べ、卸売・小売業(76人に1人)は約2・5倍、農林業(85人に1人)は3・1倍に。医療・福祉では463人に1人だが、依存度は2・7倍に高まった。

昨年10月末の外国人労働者数は約108万人、外国人を雇用する事業所は約17万といずれも過去最高だ。半面、外国人労働者の在留資格別割合は近年ほとんど変化がなく、就労目的は18・5%にとどまる。

「留学生、技能実習生、日系人や日本人の配偶者など、就労が主目的ではない外国人によって国内産業が支えられている。日本の総人口が減り続ける中、国家としての取り組みが遅れている」と同社研究員の加藤真さんは語る。外国人労働者をめぐる数字は、日本が事実上、「移民国家」に足を踏み入れている現実を突きつける。

世界に目を向ければ、グローバル化で人々の国境を越えた往来が増えるにつれ、各国で排外意識が頭をもたげている。米国のトランプ大統領誕生、そして英国の欧州連合(EU)離脱決定の背景にも、移民に対する人々の反発があった。外国人労働力への依存が強まる日本は、目の前の現実を直視せぬまま、問題を先送りしているように見える。世界最大の移民国家、米国の状況とともに、日本の姿を見つめる。(編集委員=真鍋弘樹)

残り:2956文字/全文:4003文字

特別養護老人ホームで高齢者とボール遊びをするフィリピン出身の菊入ノルマさん(右)
AS20170713005413_comm.jpg

日本の外国人労働者
AS20170723003217_comm.jpg

移民人口が多い国と地域トップ10(2015年)
AS20170723003419_comm.jpg

米国の総人口に占める移民の割合
AS20170723003420_comm.jpg

配信2017年7月28日08時25分
朝日新聞デジタル全文は会員登録をしてお読みいただけます

http://www.asahi.com/articles/ASK6R62H6K6RULZU00J.html

スウェーデンで発生している性的暴行事件の殆どがイスラム系

世界中に生息するグローバル・エリート(獣)が深く関与している小児性愛犯罪(人身売買、殺人、他)ネットワークが明らかになっていますが、小児性愛犯罪はグローバル・エリートの特権化と思いましたが、スウェーデンやヨーロッパ諸国(移民先)でイスラム系の移民、難民によるおぞましい性的暴行事件が多発しています。被害者の半数近くが子供たちということです。NWOアジェンダの一環として動物以下のイスラム系の男たちがヨーロッパに招き入れられていますが、ヨーロッパ全体が彼等による性的暴行の拠点にっています。彼等は子供たちや女性を狙うおぞましい生き物です。頭には脳みそがなく下半身で生きている生物です。特に小児性愛犯罪(殺人も)を繰り返している連中は絶滅危惧種になるべきです。
このようなイスラム系移民や難民が日本にも流入してくると必ず日本の女性や子供たちが狙われます。既に犯罪率の高い中国、朝鮮、東南アジア、他の途上国から大量の労働者、留学生、不法移民が日本に入ってきていますが、イスラム系の野蛮な男たちまでが日本に大量に流入してきたら、平和ボケの日本人や日本の社会は大きな危機にさらされます。

https://needtoknow.news/2017/07/rape-rampage-migrants-sweden-43-victims-children/

Livestream

スウェーデン政府の最近の調査で、スウェーデンで発生している残虐な性的暴行事件の92%がイスラム系移民や難民によるものであることが分かりました。今でも犯罪件数が増え続けています。また、性的暴行の被害者の43%は子供たちです。
スウェーデンの強姦犯の殆どがイラクからの移民、難民であり、その次に多いのがアフガニスタン、ソマリア、エリトリア、シリア、ガンビア、イラン、パレスチナ、チリ、コソボとなります。これらの国はスウェーデンで発生している性的暴力事件のトップ10の国です。チリ以外は全てイスラム教国です。ヨーロッパで移民が増え続けると同時にヨーロッパにおける性的暴行事件が増え続けえています。


10 Newsよると:

スウェーデンでは大量のイスラム系移民(難民)を受け入れ始めてから、残虐な性的暴行事件が急増しています。調査によると、狂暴な性的暴行事件の92%がイスラム系移民、難民によるものだと言うことが分かりました。しかもどの性的暴行事件も不特定多数を狙ったものです。
イスラム系移民、難民による残虐な性的暴行事件はスウェーデンだけでなく西欧諸国全体に広がっています。スウェーデンで発生しているイスラム系移民、難民による性的暴行犯罪件数はスウェーデン人よりも79倍も多いのです。ヨーロッパでは彼等の犯罪が公共の場における人口動態に影響を与えています。
スウェーデン政府の調査によれば、2017年の前半(1月から6月まで)に3430件の政的暴行事件が発生しましたが、発生件数を前年度の同じ時期と比較すると14%も上昇しています。
9680件の性犯罪の全てが1月から6月に発生しています。

この2年間で海水面は下がっています。

このような都合の悪いデータは主要メディアは絶対に報道しませんね。
国連やアル・ゴアを中心とした温暖化詐欺が益々盛んになっていますが、彼等は二酸化炭素により地球の温暖化が進み、氷が溶け、海水面が上昇し大洪水になると恐怖を煽りながら世界中の政府や人々を騙し続けています。NASAのデータからも、温暖化は進んでおらず。。。太陽活動極大期が一時的に影響したのかもしれませんが。。。今は極小期に入っているようですから、これからは地球はしばらくの間冷えていくと言われています。
そのせいでしょうか、NASAの分析結果ではここ2年ほど、海水面が若干下がっているそうです。
氷が溶け海水面が急上昇するから、温暖化を防ごうと世界中に警告を発しながら、人々を騙し、大金を稼いでいる、いつものイルミナティ、NWOグローバリストの連中の嘘はもうあきあきしましった。何がパリ協定ですか。くだらない。温暖化防止運動は、政府、企業、個人から大金をせしめるための詐欺ビジネスです。アル・ゴアは世界有数の詐欺師です。彼等は地球の二酸化炭素を減らし植物を消滅させようとしているのでしょう。同時に地球を寒冷化することで作物が実らない環境を作り、世界人口の削減もやりたいのでしょう。彼等の本当の目的は二酸化炭素を減らし、地球を冷やすことで世界人口の削減を行おうとしているのでしょう。
イギリスなどは将来的にガソリン車やディーゼル車を禁止することになったようですが、森林、畑、自然環境を破壊している太陽光パネルから得た電気を利用する電気自動車を走らせることは二酸化炭素を減らし森林を破壊することになると思います。温暖化詐欺ビジネスはどこまで行くのでしょうか?
既に太陽光パネルが日本の自然環境を破壊しています。パネル設置で畑や森林地帯が減少し、パネルが台風で破壊されると有害なごみになります。

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2017/07/nasa-confirms-sea-levels-have-been-falling-across-the-planet-for-two-years-media-silent-2482507.html
(概要)
7月26日付け

Image: NASA confirms: Sea levels have been FALLING across the planet for two years … media SILENT

(Natural News)

地球温暖化が、データを改ざんしたねつ造(詐欺ビジネス)だということが既に明らかになっていますが、主要メディアはNASAが新たに発表したデータを報道しようとはしません。


NASA
が独自に調査した結果、約2年前から世界の海水面が87.5㎜~85㎜以下に下がっていることが分かったのです。
温暖化は、海水面が上昇し大陸や都市が洪水に見舞われると世界中を怖がらせてきたアル・ゴアを代表とする金儲けのための詐欺ビジネスであることが分かります。


以下の表の通り、2016年~2017年にかけて海水面が下がっているのが分かります。


最悪の場合でも、海水面は今後100年間で約30㎝しか上昇しないでしょう。
温暖化の警告を発している人々は、NASAのデータを見て、今は一時的に海水面が下がっているだけであり長期的には海水面は上昇する、と説明するでしょう。しかし彼等は異常なほどに海水面の上昇を強調し洪水の恐怖を煽っています。
NASAの分析結果(表)を見れば、長期的な海水面の上昇傾向が分かります。それによると、平均すると1年でたった3.4㎜しか上昇せず、今後100年間でたった340㎜しか上昇しないことが分かります。

100年間でたった340㎜の上昇ですから、海水面の上昇で6mの水の壁が沿岸部を飲み込み数百万人が溺れ死ぬと脅したアル・ゴアのような大嘘吐きの世紀末預言からは程遠い状態であることが分かります。

最近、アル・ゴアは、マイアミの街中で魚が泳ぐほど急激に海水面が上昇していると警告したのです。彼のような気象変動カルト教徒の妄想パラノイアは完全に理性を失っています。

さらに、アル・ゴアは、少し前に、「神は私に温暖化と闘わなければならないと言った。」と述べました。つまり、彼は温暖化詐欺ビジネスで大金持ちになるよう神に命令されたと言いたいのでしょう。

現在、アル・ゴアは温暖化や海水面の上昇から人類を救うために15兆ドルの資金が必要と主張しています。一方、NASAは、海水面は1年間でたった3.4㎜、100年間で34㎝しか上昇しないと正式に発表しているのです。

NASAのデータに基づくと100年後のフロリダ周辺の海水面が34㎝しか上昇しないことになり、アル・ゴアの世紀末論のような沿岸部の都市を飲み込み多くの人々を溺死させるような洪水にはならないことになります。つまり世界人類を破壊するような危機的状況にはなりません。NASAのデータは、温暖化説が完全にねつ造であることを証明しています。



なぜ温暖化を警告する人々は熱帯雨林を嫌うのでしょうか。暑くて雨の多い気候は緑豊かな森林を与えてくれます。
氷が溶けると地球に良くない結果をもたらすという考えは全くのイカサマです。温暖化を警告する人々は、寒むくて乾いた環境は雨が多く暑い環境(熱帯雨林が多く食料生産に適している環境)よりも良いと考えているのです。
地球が温暖になり二酸化炭素量が増えれば大陸の雨量が増え緑が増え、食料生産地帯が拡大します。。砂漠地帯も平原地帯或は森林地帯に変わります。 作物が実らない砂漠や荒野が食料生産地帯に変わるのです。

緑豊かな地球に戻すには二酸化炭素量や気温が今以上に高くならなければなりません。温暖化は地球の危機ではないのです。温暖化は地球の生物にとって喜ぶべきことなのです。
温暖化を警告する人々は、気候学も科学も植物学も何も理解していない、愚かな温暖化カルト教徒です。彼等こそ、温暖化詐欺を利用して大衆を奴隷にし洗脳している不誠実なグローバリストのメディアに洗脳されたロボット人間なのです。

世界の
殆どの人々が温暖化詐欺に騙されています。彼等は愚かで洗脳されやすいのです。温暖化を警告する人々が望む通りに地球が寒冷化し作物が実らず氷に覆われた荒れ地になれば、彼等のグリーン・ムーブメントと呼ばれる温暖化詐欺運動が成功したことになるでしょう。


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ