日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

2016年11月

舛添がゴリ押しした五輪ボラ制服、見直しへ コシノヒロコ「ピエロかあれはw」

韓国風田舎っぺファッションのユニフォームを東京のボランティアに着せるなんて。。。
止めてくれ~~と思ったものですよ。
色合いといい形といい韓国そのものです。
コシノさんのおっしゃる通り、ピエロかサンドイッチマンと言ったところでしょう。
チンドン屋にもなりうる感じです。
韓国丸出しのこっぱずかしいユニフォームを着て東京をアピールですか。世界有数のファッションの街、東京の評価がガタ落ちになるでしょう、こんなの着たら。
これって韓国の国旗の色そのものです。本当に禿キムチが都知事になってしまい都民だけでなく国民が大迷惑を被りました。
小池知事がこのダサいユニフォームをそのまま使うわけがありません。
それにしても。。。禿キムチはこんな安っぽいユニフォームを作るのに何億円使ったのですかね。

「kankokukokki」の画像検索結果
色合いがそっくりです。気持ち悪いニダ!

http://gensen2ch.com/archives/67384008.html

東京ブランド検討の初会合 ボランティア制服見直し

 東京都は25日、有識者らによる「東京ブランドの在り方検討会」を設置し、都庁で第1回会合を開いた。舛添要一前知事時代に作成したロゴ・キャッチコピー「&TOKYO」の効果や、都の観光ボランティアの制服見直しについて議論した。

 小池百合子知事は会合で「東京の魅力を強力に発信したい。ロゴや制服をどう研ぎ澄ますことができるか考えていく」と述べた。 有識者として参加したデザイナーのコシノヒロコさんは「(現在の制服は)着るとピエロみたいになる。2020年東京五輪・パラリンピックに向け、上質なデザインができるとアピールするチャンスだ」と話した。

 都によると、ボランティア用の制服は、公募作品から若手デザイナーの案を採用。昨年6月以降、ポロシャツなど4種類、計3735枚を作り、約3015万円の費用がかかっている。

http://www.sankei.com/politics/news/161125/plt1611250016-n1.html

plt1611250016-p1

6dade608

元スレ:・【朝鮮門番】 舛添がゴリ押しした五輪ボラ制服 完全廃止が正式決定 コシノヒロコ「ピエロかあれはw

スコットランド人の57%がEU離脱に賛成!

イギリスで行われたEU離脱を問う国民投票の結果、スコットランド人の大半がEU残留を支持し、スコットランド人はイギリスから独立したいと主要メディア(日本のマスコミも)が伝えていましたが、スコットランド人がなぜEUに残留したいのだろうか?と私も不思議に思っていました。EU残留でよいことなど何もないからです。しかもスコットランド人がそれほど無知だとは思いません。
プライドが高いスコットランド人がEUに残留していると大量の移民や難民がイングランドをバイパスしてスコットランドに流れ込んでくることぐらいわかっているはずです。それに、スコットランドとイングランドの経済の結び付きは非常に重要ですし、イングランドにもスコットランドにも多くのスコットランド人が暮らしていますので、国民投票の結果はスコットランド人、イングランド人、ウェールズ人、北アイルランド人に関係なく、総意としてEU離脱をが支持されたのでしょう。
どこの国でも票数の不正操作が行われるものです。グローバル・エリートがNWOを成功させるためには、不正操作で投票結果を誤魔化し強引にグローバル化を進めなければならないからです。

http://tapnewswire.com/2016/11/57-of-scots-would-prefer-to-be-outside-eu-and-maintain-border-free-trade-with-rest-of-uk/
(概要)
11月24日付け

 

imgres-1

BMG(Herald紙)の世論調査の結果、43%のスコットランド人がEUに残留しイングランドとは距離を置きたいと考えており、57%のスコットランド人はEU離脱を支持しイングランド、ウェールズ、北部アイルランドと国を共にし国内での自由貿易を望んでいることがわかりました。

 

imgres

Source: The Herald


イギリスでEU離脱を問う国民投票が行われましたが、EU離脱(Brexit=ブレキシット)が決定された直後に、主要メディアは、スコットランド人の大半がEU残留を望んでおり、スコットランドではイングランドとの離別を望む声が高まり、スコットランド独立を問う国民投票が再度行われるのではないかなどと報道しました。


しかし5か月たった今、主要メディアが報道した内容と現実が乖離していることが明らかになりました。スコットランドでは独立を問う国民投票を行う数か月前から60%の住民が独立を支持していなければ国民投票は行えません。
しかしスコットランド独立を支持する住民は50%に満たないのです。さらに、スコットランドが次の国民投票で独立を選択した場合、スコットランドはEUの単一市場に残留することを意味します。しかしスコットランドの輸出の64%がイギリス向けであり、対EU輸出はたった17%でしかありません。
イギリスに残留するのか、独立してEUに加盟するのかどちらが経済的に重要かは一目でわかります。

以下省略

スコットランドで行われた最新の世論調査では、57%の住民がEU離脱を支持し、イギリス国内での自由貿易を支持していることがわかりました。

この記事に対する
ゴードンさんのコメント:

ヒラリーの取り巻きのジル・スタインが投票結果の再集計を要求!

突如として、専門家が3州の投票結果の再集計を行う必要があると主張していることを伝えるニュースが報道されました。

(最初の記事はヤフーニュースから抜粋。2番目の記事はジム・ストーン氏が書いたものです。)

ヒラリーの取り巻きで同じユダヤ系の政治家であるジル・スタイン氏は巨額の資金を調達することに成功しました。きっとヒラリーが敗退したことを認めないジョージ・ソロスが彼女に資金を提供したのでしょう。
そしてその資金を利用して、ジル・スタイン氏は、集計が遅れた3州(ウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルベニア州)の関係者らに賄賂と再集計に必要な費用を渡し、再集計を実施させようとしています。

やはり、ソロスは世界一しつこい妖怪爺です。恐ろしや~~~!
気質的にも、エリート層のユダヤ人(実際はハザール人)は、執念深くしつこいのです。彼等はカネと権力しか頭にありません。彼等は欲を満たすためなら、殺人でも戦争でもテロでも詐欺でも何でもやります。彼等は法の上に立っていますから何をやっても罪に問われませんし。彼等はそう簡単にはトランプ氏の勝利を認めるわけがありません。

イルミナティにはトランプ氏を支持する派閥とヒラリーを支持する派閥に分かれているのでしょう。
ヒラリー支持派はヒラリー或いはトランプ以外の人物を大統領にしたくて仕方ないようです。
それに、トランプ政権内部にもネオコンが入りこむでしょうから、次第にトランプ大統領は彼等に誘導されるのでしょうか。それに。。。トランプ氏の義理の息子(娘婿)はユダヤ教正統派のユダヤ人で非常にやり手だそうですから、トランプ氏はこの義理の息子に振り回される可能性もあります。アメリカ(欧米諸国)で有名になるにはユダヤ系の人たちと繋がりを持たないとダメなのでしょう。

それにしても世界中を見回しても、選挙が完全に民主的に行われている国っていくつあるのでしょうか。
アメリカ以外の国でも堂々と不正選挙が横行していますね。政治=腐敗、汚職がつきものです。
世の中の常識として、イルミのグローバル・エリ-トの支配体制を維持するためには、選挙に民主主義はあってはならないのでしょう。彼等のパペットが大統領が選ばれるように設定されているからです。
特に、ソロス、ヒラリーの仲間たち、リベラル左翼はあまりにもしつこすぎて世界中がうんざりしています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-35092695-cnetj-sci

米大統領選、専門家が3州の結果の再確認提案--緑の党元候補は資金調達も

サイバーセキュリティの専門家らが、米大統領選の主な激戦区となった3州で投票結果の再集計を呼びかけているという。さらに緑の党の代表候補だったジル・スタイン氏(Jill Stein)は、十分な資金が調達できれば、ウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルベニア州での再集計を要求するつもりだと述べた。

 ミシガン大学のコンピュータサイエンスを専門とする教授のJ. Alex Halderman氏ら3人の専門家は、投票結果の確認を呼びかけている。電子投票マシンのハッキングが可能であることを示す大きな証拠があるという。ただし、ほとんどの専門家が、ハッキングによって国政選挙に影響を与えるのは非常に難しいはずだという見解で一致している。このようなマシンは、3州の複数の郡で使用されていたとHalderman氏は指摘している。

 Halderman氏は、そのようなハッキング行為があったことを示す証拠はないと認識しているという。それでも、得票数が拮抗したいくつかの州では、不安を取り除くため、また多くの電子投票マシンが生成する紙のバックアップを常に確認するという前例を作るために、再集計する価値があると同氏は主張している。

 Halderman氏は、「選挙がハッキングされたというよりも、世論調査が体系的に誤っていたというのがおそらく最もあり得る説明だと思う」とMediumのブログに記した。「しかし、このような一見あり得ないような説明のうちの一方が他方よりも圧倒的に可能性が高いとは思わない」(Halderman氏)

 その点については、一部の統計学者や選挙専門家から反対の声も挙がっている。
・・・・・・・

<投票結果の再集計を要求しているJill Stain氏とは何者か?について>

http://beforeitsnews.com/alternative/2016/11/ok-folks-there-will-be-an-election-recount-there-is-nothing-we-can-do-about-this-jim-stone-3442758.html
(一部のみ)
11月23日付け

(ジル・スタイン氏による裏工作で3つの州で投票結果を再集計することになるだろう、とジム・ストーン氏は危機感を現しています。しかしそうなるはずがないとの意見が大半です。長い記事ですので、一部のみお伝えします。)

今回の大統領選の結果について、3つの州(ウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベニア)で再集計するようジル・ステイン氏が要求していますが、ジル・スタイン氏(ユダヤ系アメリカ人、緑の党の大統領候補)は、調達した巨額の資金を投入してウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルベニア州の投票結果の再集計をさせようとしています。特にウィスコンシン州への賄賂は高くつきました。他の2つの州はウィスコンシン州ほど高くはつきませんでした。そのため彼女は3つの州を全て買収できました。
彼等は5時間以内にこれらの州の投票結果の再集計を行わせるでしょう。再集計の中でトランプ票を盗もうとしています。るでしょう。
トランプ氏がミシガン州で勝利しても、ジル・スタイン氏は、「再集計すべきであり、トランプ氏は不正選挙をやった。」などと批判をし再集計を強引にやらせるでしょう。実際に不正選挙をやったのはヒラリー陣営なのに。
もちろん再集計で不正操作が行われることになります。再集計をやっている間、大量の空白の投票用紙にヒラリー・クリントンにチェックを入れ、それを再集計に加えようとしています。再集計の作業は密室で行われます。誰も観ていないところで不正のやり放題です。そして彼等のゲームが勝利するのです。これらの3つの州で、ヒラリーが勝利することになります。
しかし大統領選当日にヒラリーが大敗したことを知ってから、ヒラリー陣営は投票結果の再集計を要求することにしたのです。そしてその時に票数の不正操作をやることに決定しました。全て用意周到に準備されました。再集計が許されれば、ヒラリーは簡単に勝利できます。そしてヒラリーは投票結果の再集計に関して関与していないと主張します。もちろん、ヒラリーこそがこの悪だくみを実行させた当本人です。
巨額の賄賂を渡したジル・ステイン氏の要求は通り、トランプ氏の要求は通らないでしょう。これを止めさせることは誰もできません。
ヒラリー陣営は、偽のコンピューター・コンサルタント(複数)を登場させ、「今回の大統領選ではトランプ氏に有利になるよう投票機が設置されていた。我々はロシアの選挙も不正が行われたことを証明していた。」と発表させたのです。

このように用意周到に準備されたセッティングで、緑の党の大統領候補者だったジル・スタイン氏は、再集計を実現させるために、たった1日で巨額の賄賂を全ての関係者らに手渡したのです。


しかし大統領選以降ヒラリー陣営(左翼側)は、共犯者ジル・スタイン氏の主張(再集計を行う)が通ることを知っていたため、前もってヒラリーにチェックを入れた大量の投票用紙を用意しました。
彼等は少なくとも、トランプ氏以外の人物を大統領に仕立てあげるつもりです。
彼等は、トランプ陣営がこれらの州の投票機をハッキングして票数を操作したと訴えて居ますが、ペンシルベニアではハッキングできるような投票機など使っていませんでした。
彼等は嘘を並び立てて、トランプ氏をホワイトハウスから追い出そうとしています。
もしろん主要メディアも共犯者です。(彼等の仲間の)グーグルは再集計に対する反対意見を全て削除しています。グーグルはこのニュースに対するコメントの全てが再集計を支持しているかのように操作します。これらの子メンツは100%TROLLです。再集計を実施させ、その間に票数の操作をすることが用意周到に企てられました。


ジョージ・ソロスがどんな奴か、チェックしてください。
米国民は落とし穴の上を歩いているのです。アメリカの株価も落とし穴があちこちにあります(別の言い方で表現している)。
さらに悪いことに、テクノロジーが抑制されたNASAは、非均整のコンデンサにフリンジ効果があるかのように見える安っぽい(安全性に欠けた)実験を行いました。
NASAはこの実験でそれが真空でも動作することを証明しその情報をうかつにも公開してしまいました。その結果、再集計によりヒラリーの票数が上回っているようになり、ヒラリーが再調査をやらせたのではないと主張できるのです。しかしNASAのコンデンサに使われている板材も誘電材料も品質が非常に悪いのです。

誘電材料がバリウム、ストロンチウム、チタン酸塩でドープされたポリマー薄膜であるなら、性能は25万倍改善されます。ヤシの活性炭が板材として使われたなら、少なくとも性能は30倍改善されたはずです。
このぐらいのことは私だって理解できます。

中略

コロラド州だけでも6人の選挙代理人たちが同時にヒラリーから離れました。しかしこの事実をCNNは報道しませんでした。
ヒラリーを支持していた代理人たちでさえ、ヒラリーのような腐敗に満ちた汚らしい人物に票を入れるような無意味なことはしたくないと思ったのです。しかし主要メディアはヒラリーを支持する代理人の数が減少すれえば、トランプ氏を支持する代理人の数も減るとほのめかしました。そんなことありえませんが。


主要メディアはあまりにも絶望的になり気が狂ってしまったのでしょうか。彼等がこれまで次々と嘘の報道を行ってきたことがわかってしまうような記事を投稿しています。


以下省略

いつまでもTPPにしがみつく新自由主義者の過ち

もう本当に、やめてくれ!と言いたいです。いつまで、政府はTPPにしがみつくのでしょうか。せっかくトランプ氏がTPP離脱を宣言しているのに。。。日本も離脱する良いチャンスなのです。
安倍総理はこれまでのようにグローバリズムや新自由主義の下に政治をやっていると失敗しますよ。

イルミの世界独裁統一政府樹立を目指すNWOの一環であるTPPはアメリカが参加しても離脱しても結果は同じです。TPPなどを推し進めるグローバル・エリートの策略に騙されないでほしいですね。
アメリカが離脱しても中国自治区のオーストラリアが中国を招き入れます。
オーストラリアもニュージーランドも東南アジアも経済は華僑が仕切っていると言っても過言ではありません。ですからTPPも、アメリカがいてもいなくても、やがては中国の世界覇権の道具に使われます。
残念ながら、中国はアメリカでも日本でもビジネスや不動産を爆買いし中国人の保護地区をあちこちに作っています。中国は中国版NWOのための工作活動と侵略が容易にできる環境を整えています。

北方領土も同様です。ロシアは北方領土をロシア領と主張していますが、実際は中国の資金で開発が進んでおり、多くの中国人が住み着いているようです。北方領土はロシアに荒らされ、今は中国に荒らされています。既に中国領のようなものです。そんな場所に日本人は住みたくありませんし、北方領土から大量の中国人が北海道になだれ込んでくる恐ろしい事態になるかもしれません。そこに日本人の匂いは一切残っていません。
それに、ロシアは北方領土を返還するつもりはありません。プーチンの背後にいるロシアのイルミがそれを許さないでしょう。ロシア人は平気で裏切りますから、安倍総理は山口にプーチンを招いたところで、何も進展しません。最悪、安倍総理が経済協力を約束してしまう羽目に!
残念ながら、安倍総理の新自由主義を基にした外交ではロシアや中国に侵略され、アメリカともうまくやっていけなくなります。日本の政治家は考え方を転換しないと時代の流れに追いついていけませんよ。

http://crx7601.com/archives/50068400.html

太平洋連携協定(TPP)を、米国抜きで発効させるべきだとの意見が浮上している。

トランプ次期大統領が離脱を明言したためで、署名12カ国のうち少なくとも4カ国が支持する意向だ。

オーストラリアのチオボー貿易・投資相は23日、米国が離脱しても「多くの選択肢がある。協定を変更し、米国抜きで発効させるのも一案だ」と説明。将来的に中国が加わる可能性があるとの見解も示した。 

http://military38.com/archives/48935238.html
 安倍晋三首相が、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の消滅回避に向けて、主導力を発揮している。
参加12カ国の首脳に対し、国内手続きを進めるよう強く訴えたのだ。


アメリカの左翼がいつまでも大統領選の結果にクレームをつけています。

ヒラリーの得票数について極左でヒラリー支持の主要メディアはヒラリーが負けた事実を受け入れることもできず、永遠に票数を誤魔化そうとしています。本当にしつこいですね、左翼は。自分の思い通りになるまで喚き散らすのが左翼です。
以下の英語版記事は、左翼の専門家が、ウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルベニア州でトランプ側によるハッキング或いは票数の操作が行われた可能性があるため、ヒラリー側は抗議すべきだと言っていると伝えています。全くあきれますね、左翼は。幼子が駄々をこねている感じです。既にトランプ氏が大統領に選ばれえたのに、いまだにヒラリーを大統領にしたいようです。実際に、これらの3州の得票数はトランプ氏が圧勝していたことが判明しています。
日本のメディアも左翼の報道ばかりを選んで報道しています。米メディアの口パクでしかありませんから、自分で調査して確認するなど一切やりません。日本のマスコミには調査ジャーナリストが殆どいません。無能で怠け者の連中が米主要メディアの報道をコピペして貼るだけ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000006-jij_afp-int

クリントン氏の得票数リード、200万票超に拡大 米大統領選

AFP=時事】今月8日に行われた米大統領選の開票で、敗れた民主党候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官の得票数でのリードが200万票を超えたことが23日、米インターネットメディア「クック・ポリティカル・リポート(Cook Political Report)」のまとめで明らかになった。

 今回の選挙では、共和党候補の不動産王ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が選挙人の過半数を獲得して当選を決めており、クリントン氏は9日に敗北を認めている。

 しかしクック・ポリティカル・リポートが公式データを基に集計した最新の一般投票の得票数は、トランプ氏の6221万2752票に対してヒラリー氏6422万7373票と、勝者を敗者が1.5%上回っている。

 米大統領選で、民主党候補が得票数で上回ったにもかかわらず落選したのは今世紀に入ってから2回目。2000年には民主党候補のアル・ゴア(Al Gore)氏が共和党候補のジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)氏を約54万4000票上回ったものの、敗北している。

 得票数の差がわずかだったフロリダ(Florida)州の選挙結果について、連邦最高裁がブッシュの勝利につながる判決を下したため、同氏が過半数の選挙人を獲得して当選した。【翻訳編集】 AFPBB News
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記の記事が参考にした英語版の記事はこちらのサイトでも紹介されています:
http://theeconomiccollapseblog.com/archives/election-not-over-money-is-being-raised-to-challenge-the-election-results-in-wisconsin-michigan-and-pennsylvania

この記事に対する読者のコメントはこちら:

Cinderella Man

恐怖を煽って自分たちに有利に働かせようとしているだろ、そんなこと(大統領選の結果が覆されること)起こるわけないだろ、へっ。彼等がトランプ支持者から票を盗むことなど絶対に無理。極左の泣き虫デモ隊からの抗議など悪だ。6000万人のイライラした哀れな奴ら、そんなことは起きないよ。

goldminer エキスパートという人たちに関する質問が1つある。これらの3つの州では紙投票となっている。ペンシルべニアでは紙と電子投票システムが使われている。インターネットにつながっていない紙投票をどうやってハッキングできるんだ?どうやらこれは主要メディアのねつ造であり、ヒラリーのロボットたちが藁をもすがる思いで投票結果を覆したいのだろう。
もし彼等がトランプ票を盗もうとするなら我々は戦う。彼等がトランプ票を盗んだら、我々は彼等を撃つ。トランプ票を盗みトランプを大統領に就任させないなら、アメリカで地獄の門が開くよ。

ames Staten

政治混乱だ

max gon

エスタブリッシュメント側の白雉たちは火遊びをしている。トランプ氏をホワイトハウスから追い出そうとしたら、すぐに内戦が勃発するぞ。

共和党支持の有権者らはトランプ氏の大統領就任に関して何か問題が発生するかもしれないと
考えておく必要があるよ。彼等はジョニー・オラを大統領にするか、ペンス副大統領候補を大統領にしてトランプを大統領にさせない気らしい。これはかなり専門的なやり方だ。。

DTOM

ヒラリーはまだ刑務所に放り込まれていないの。ヒラリーと民主党と主要メディアはバーニー・サンダースの揚げ足をとった。大統領選ではサタンのような魔女ヒラリーの集会に集まったのはほんのわずか。まばらだった。それでも我々にヒラリーが一般投票で勝利したと思わせたいのか。もしヒラリーが一般投票で勝利したとするなら、それは、ヒラリーのパペットマスターの犯罪者のジョージ・ソロスが彼が所有する投票機を使って行った不正選挙によるものだ。

Scott

ミシガン州の選挙結果が出たが、トランプ氏が10000万票も上回っていたよ。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ