日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

2016年11月

散歩中に遭遇したこと

このところ、散歩中にびっくり体験をしています。

先週、最寄りの駅前通りを散歩していると、前方から寒いのに超ミニスカートを履いた人がこちらに歩いてくるのを目にしました。
その姿にはちょっと違和感がありました。何しろ脚が太くて超長いのです。ちょっと変わった体形の女性かなと思いました。
その女性が私とすれ違がったときにちらっと彼女を見たのですが。。。な、なんと男性でした。裾がフリルの超ミニスカートを履き、寒いのに素脚。上はジャケット。脚には薄毛がぼうぼうと生えて温かそう。。。
以前にも、背が高くやせ気味の男性が女装をして通勤していたのを見かけましたが。。。
いやあ~~、時代は変わりました。

さらに同日、散歩の帰りにかわいいワンコに遭遇しました。脚の短い小型犬なのですが、口に黄色いアヒルのくちばしを装着。良く似合っていました。そして後ろ足だけソックスを履いて飼い主と散歩をしていました。
アヒルになりたいワンコに遭ったのは初めてです。

そして昨日のこと。
時々、てっちゃんをペット用バッグに入れて歩くコースを、昨日は一人で散歩していました。自宅からそう遠くないところで何の変哲もない静かな住宅地です。
前方に、大きなザックを背負った外国人観光客(若い男性)が立っており、大きなカメラで住宅の写真を撮っていました。
その男性とすれ違いざまに、旅行者ですか?と日本語で訊いてみました。この街で外国人を見るのは珍しくありませんし日本に住んでいれば日本語が話せますから。
しかし男性は日本語がわからないようでしたので、英語で2、3質問をしました。
この街は外国人観光客がわざわざ訪れるような街ではないため外国人旅行者に遭うのは非常に珍しいのです。この街には外国人旅行者を魅了する観光資源はありません。
男性は英語を流暢に話すということでもなく。。。多分、ドイツ人だと思いますが。。。
男性の説明では、(40kgの荷物が入っていそうな大きなザックを背負って。。。)○○市を出発して、ここまで歩いて来ており、ここからも、箱根まで歩いて行くと言っていました。ひえ~~~っと驚きました!!
箱根まで歩いていくなら、こんな街の片隅の道路を通らずに主要道路を歩いた方が早く到着するはずなのに。。と思いました。それに箱根の芦ノ湖までは急坂を上っていかなければなりません。
箱根駅伝を知っているのかなあ、と?
それとも、何の変哲もない日本の住宅地を歩いてみたかったのでしょうか。最近の外国人観光客は観光地はもう飽きたのでしょうか。でも、EU人の若者でよかったです。これが中国人やベトナム人や半島人の観光客だったら。。。マナー違反、法律違反で迷惑行為をしますから。絶対に来てほしくないです。
さて、もう、箱根には着いたころでしょうか・・・

そして今朝、最寄りの駅付近を散歩中に屋外用の防災放送が鳴り響き。。。人探しをしていました。
人探しの呼びかけは通常はこんな感じです。例えば、「防災○○です。81歳の男性が行方不明になっております。特徴は、白髪、黒いズボン、灰色のジャンパー、身長は165cmで少しやせ気味です。お心当たりの方は○○までご連絡ください。」など。
この放送は辺りに響き渡ります。徘徊が好きな高齢者が多いので仕方ありません。
ところが今朝は、いつもの通り、行方不明の男性を探してはいたのですが、年齢がなんと。。。23歳でした。これは本当にまれなことで驚きました。
若者の行方不明は事件に巻き込まれたかもしれませんし。。。痛ましいです。

このように、ここ最近の散歩がびっくり体験になっています。


ピザ・ゲートとTMNTティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズの関係

ピザ・ゲートとはヒラリーの取り巻きのポデスタ氏のメール(ウィキリークスがリークした)で発覚した小児性愛犯罪ネットワークが行ってきた小児性愛犯罪のことを指しています。
クリントン財団が中心となって小児性愛犯罪(人身売買、性奴隷化、児童に対する性的虐待、殺人など)が行われてきました。しかし、このネットワークにはクリントン夫妻や彼等の親しい知人たちだけではなくワシントンDCの多くのエリート(政治家)も関与していることがわかりました。クリントン夫妻はできるだけ多くのエリートらに彼等の小児性愛犯罪に加わらせ、後で彼等を(小児性愛犯罪に関わったことを暴露すると)脅迫してうまく操作してきたのだそうです。
アメリカの政界ではこの問題はタブーになっていますので主要メディアは絶対に取り上げませんが、それでも、世界中で小児性愛犯罪ネットワークの調査が始まっています。調査ジャーナリストは自分の身に危険が迫ってもこの問題を明らかにしようと頑張っています。小児性愛犯罪ネットワークはアメリカだけでなく、イギリス、カナダ、オーストラリア、中国、インド、その他の国々にも広がっていると言われており世界的な犯罪組織ネットワークのようです。
イギリスでは有名芸能人、セレブ、王族、政治家らが小児性愛犯罪に関わっていることが明らかになっています。
イルミナティが最も支配している国々で特に、このような犯罪が横行しているのでしょう。

イルミナティが支配するエンターテインメント界では、映画やアニメなどを通して彼等の秘め事がそれとなく伝えられているようです。
1980年代にTMNTティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズというアニメがイギリスでも大人気でした。イギリスでも子供たちが夢中になって観ていました。その後、アニメからCGに変わったようですが。。。
以下の記事は、CGになってからのエピソードの中に、ピザ・ゲートを暗示するようなストーリーがあると伝えています。

ポデスタ氏のメールにもピザという言葉を使っていましたので、アメリカの小児性愛犯罪についてピザ・ゲートと呼んでいるのでしょう。

ところで、シンプソンズのアニメではトランプ氏が大統領になり経済が崩壊するということを予言していました。全てがイルミナティの筋書き通りなのでしょうか?

・・・・・・・・

ウィキ:『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』(Teenage Mutant Ninja Turtles)は
1984年にミラージュ・スタジオから出版されたアメコミを原作とするアニメシリーズ、および作中に登場するグループの名称である。略称は「TMNT」もしくは「忍者タートルズ」「ミュータント・タートルズ」。

亀だけど忍者!NYC生まれの忍者が大活躍!『Teenage Mutant Ninja ...


http://beforeitsnews.com/blogging-citizen-journalism/2016/11/pizza-gate-teenage-mutant-ninja-turtles-connection-exposed-pizzagate-2554744.html
(概要)
11月26日付け
私が子供のころに非常に流行ったアニメの1つがTMNTティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズでした。
このアニメの中で食べられているピザがピザ・ゲートという言葉の元になっているのは明らかです。
ウィキリークスがリークしたポデスタ氏のメールや他の資料を調査した結果、このアニメと小児性愛犯罪がリンクしているのがわかります。
(詳細はこちら)


主要メディアは、エスタブリッシュメント側(権力層)が報道するニュース以外は全てねつ造報道であると宣言しています。
なぜ彼等がそのようなことを宣言するかというと、ピザゲートと呼ばれる犯罪がオルターナティブ・ニュースで暴露されているからです。
これからお見せするビデオはピザと小児性愛犯罪が繋がっていることを証明しています。

TMNTティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズの主役たち(4人のカメ(爬虫類)人間)はピザばかり食べています。考えすぎでしょうか。ご自身で判断してください。

一部の人たちの間では、以下の言葉が別の意味に用いられています。
・ピザ・・・・少女
・チーズ・・・・幼い少女
・パスタ・・・・幼い少年
・アイスクリーム・・・・男娼
・クルミ或いはナッツ・・・・有色人
・マップ(地図)・・・・精液
・ソース・・・・乱交パーティ

(TMNTの映像がスタート)
このシーンの音響効果が不気味だと思いませんか。

(タートルらがおいしそうにピザを食べているシーン。1人がそのピザをひとり占めしようとしたら他の3人がそれを止め、自分で食べる分のピザは自分で作れ、と言っています。そう言われたタートルはそれを想像し興奮して頭が爆発。そして俺は自分の分のピザを作るぞ、と叫んでいます。)

このシーンは違和感があります。

(タートルが幸せそうにピザを作っています。ピザの生地を(まるで少女の身体を触っているかのように)いやらしくいじくっています。生地を作った後、その上に赤いソースをたらりと落としスプーンで一面に塗っています。)

ソースは乱交パーティを意味しています。

(タートルは興奮して歌い踊りながらソースを生地に荒っぽくふりかける。次に、「ピザに欠かせないチーズ・・・」と歌いながらチーズを冷蔵庫から出そうとします。冷蔵庫の中でチーズが歌い踊っています。)

チーズは幼い少女を意味します。

(次にアントニオ・ピッツァリアのピザのCMシーンが登場。しかしCMに登場するキャラは不気味。)

このエピソードの中に、ぞっとするようなピザのCMシーンを入れています。

アントニオ・ピッツァリアのマークは、ハンドサインで666を示しています。
タートルの1人がミケランジェロ(1人のタートルの名前)はピザに魅了されていると言いました。

(ミケランジェロはテイクアウトのピザ(ドミノピザ?)を持って、これからピザを食べる嬉しさに至福の恍惚状態にあります。しかし箱から勝手にピザが出てきます。)

このエピソードでは、ピザは生きています。ピザはモンスターでした。

(ミケランジェロがピザの箱を開けるとチーズまみれのモンスターが叫び始めました。ミケランジェロは恐れて逃げだしましたが、ピザ・モンスターは空中を飛びながらミケランジェロを追いかけます。ミケランジェロは泣きながら、「なぜそんなことをするんだ、俺はいつもお前を愛していたのに。。」と叫んでいます。)

ピザを食べた人々がゾンビになってしまったようです。ピザに対する拷問や尋問は、CIAが子供たちを扱う時に使うMKウルトラ法と同じですね。

(ミケランジェロはピザに対して、「誰がピザの黒幕なのだ?」と尋問しています。ピザは悪魔のような存在が空から降りてきてピザに乗り移った。。。ようなことを言っています。)

ミケランジェロは悪のピザを裏返しにして食べたのです。なぜ裏返し?奇妙ですね。

(ミケランジェロがピザを食べた後、大きなげっぷをします。)

タートルらがいる地下の一室にピザが宅配されます。地下が意味するのは、コメット・ピンポン(子供たちに人気のピザ・レストラン)の建物の下にある巨大な地下トンネルを示しているのでしょうか。
宅配ピザの男性が地下にいるタートルから代金を受け取ろうとしましたが、10ドル札しかありませんでした。
しかしピザの代金は13ドルですと男が言っています。13はオカルトや魔法では非常に重要なナンバーです。タートルが手渡したのは10ドル札です。10はオシリスとイシスを示します。

ウィキリークスがリークしたポデスタ氏のメールには、「私がドミノゲームをするなら、パスタの上でやるよりもチーズの上でやった方がよいですか。」と書いた内容がありました。

(タートルの一人のスプリンターが「ううううん、キッズめ」と言い、ピザを食べます。)

ミケランジェロはピザ店に行き、ピザを選んでいますが、爬虫類(カメ)の姿を隠すためにお面をかぶっています。これはイルミナティを示しているのではないでしょうか。

(ミケランジェロはどのピザを選んでよいやら、決めかねています。店員がこれが良いですよ、と特定のピザを勧めました。すると、どこからかささやく声が聞こえる。)

これはマインドコントロールを意味しているのでしょう。

(ミケランジェロは、「もうピザが食べたくて仕方がないということはなくなったよ。」と言い、ソフトドリンクだけを注文しました。)

このエピソードでは、タートルが大統領のホログラムを創り出す計画があることを発見しています。

(ピザにつつまれた2人のタートルがオーブンの中へ送り込まれようとしています。)

男が現れ、2人のタートルを銃で脅しましたが、タートルは敵にミケランジェロ…と言いながらマインドコントロールをしました。

(マインドコントロールされた男が味方になりタートルたちを助けました。その後、ピザが宅配されましたが、ミケランジェロだけはピザを食べたくありません。しかしオオカミが登場しミケランジェロにマインドコントロールをします。)

すると、全てが元通りになり、ミケランジェロは以前のようにピザに夢中になりました。そして「2枚食べるよ、いや4枚食べる、ちょっと待って、8枚にしよう。」と言いました。


政府は65億円の税金の無駄遣いをしていました。

税金を徴収する側は国民、市民が税金を払わないと厳しい態度に出ますが、税金を徴収し使う側は、無駄遣い、詐欺、横領、盗み、高給。。。好き放題にやっています。
以下の記事の通り、税金で購入した備品が次々に盗まれても紛失しても誰も気が付かず、気にせず、管理せず。。。その結果、計65億円分の備品=資産を失いました。
東京都の無駄遣いばかりが取りざたされていますが、地方自治体の多くが市民税や県民税をいい加減にとり扱い、かなりの無駄遣いをしているのではないでしょうか。
税金を徴収する側は権力がありますから、自分たちには非常に甘く、税金も使い放題ですし、給与も勝手に決めています。。。そして真面目に税金を納めて彼等を食べさせてあげている国民、市民に対しては非常に厳しく容赦しません。
世の中、本末転倒なことがごく当たり前のようにまかり通っているのです。

http://nstimes.com/archives/80344.html

政府の備品約65億円分が行方不明に!? ファクス、シュレッダー、防災無線まで… 

政府の備品約65億円分が行方不明に!?こんな仰天のデータが、政府が25日に閣議決定した答弁書で明らかになった。
民進党の長妻昭元厚生労働相の質問主意書に答えた。
答弁書によると、管理簿で保管・供用中とされている物品のうち、(1)実際はすでに廃棄されていた(2)現物の確認ができなかった-のいずれかに該当するものが内閣官房で3469万円分(26点)、内閣府本府で64億3789万円分(201点)確認された。

種目別では、防災無線通信設備関連の機器など(179点)、ファクスなど(19点)、シュレッダーなど(10点)が目立った。
質問主意書は、所在不明となった物品が転売されたり、職員が自宅などに持ち帰ったりした事例の有無も尋ねたが、「確認されていない」(答弁書)という。

答弁書は「物品の適正管理の重要性について周知徹底を図るなど事態の再発防止に努める」としている。

オバマは暴動を理由にして戒厳令を敷くかも?

アメリカで広がる抗議デモが暴動へと発展し、トランプ大統領が誕生する前にオバマが全米の暴動を抑えるという口実で戒厳令を敷けば、オバマは大統領のままで居られますし、トランプ氏の大統領就任が遅れるかキャンセルされるかもしれませんし、戒厳令では政府が独裁的に事を進めることができるため、オバマ、ヒラリー、ソロスのやりたい放題になります。
ですから、政府が武力で米国民から銃を奪ったり、反体制派を一斉検挙してFEMAに送りこむこともできますし、何の理由もなく米国民を殺害することも容易になります。
戒厳令が敷かれると、今まで米国内に潜んでいた国連部隊や外国軍の部隊が軍事活動を始めるのでしょう。
グローバル・エリートのこのようなシナリオは何年も前からネット上で伝えられていましたので、本当に、それが現実に起きてしまうのかと思うと。。。ぞーっとします。キチ害ソロス、ヒラリー、オバマ(そして影の政府)の策略がうまくいけば、トランプ氏の選挙結果が無効にさせられるか、オバマがこのままホワイトハウスに居座るおとになるのでしょうね。
そうならないように、アメリカだけでなく、世界中の人々がリベラル左翼と極左の策略に騙されないようにしなければなりませんね。
このままだとアメリカ国内で暴動が広がり、戒厳令そして内戦が勃発しかねませんし、国外では世界戦争ゲームが勃発しかねず。。。経済も金融もガタガタの状態ですし。。。来年はどうなってしまうのでしょうねえ。

https://conservativedailypost.com/breaking-obama-now-considering-martial-law-because-of-mass-riots/
(概要)
11月10日付け

全米で起きている暴動を理由にオバマは戒厳令の布告を準備中です。

・・・・
トランプ氏が大統領選で勝利してしまったため、リベラル左翼は全米で抗議デモを行っています。彼等は子供のころから教わった大切なことを無視しています。トランプ氏が嫌いであっても彼が勝利したのですからその事実を受け入れるべきなのです。


しかし左翼の人々は抗議デモを延々と続けています。その背後には一人の黒幕がいます。それはもちろん極左の億万長者、ジョージ・ソロスです。彼は活動家ら(プロ市民)にお金を払って抗議デモを組織的に実行させています。また、彼等はトランプ氏の集会でも支持者らに暴力をふるいました。そしてメディアにはトランプ氏の支持者らが暴れていると報道させました。


George Soros Plotting to Rig 2016 Election for Hillary


ジョージ・ソロスの計画が実行に移されています。


今回の大統領選で不正がうまくいき、トランプ氏が負けていたなら、彼は選挙結果を認めないだろうとリベラル左翼の人たちは言っていたのです。皮肉にも、不正選挙があっても、トランプ氏が勝利してしまいました。

しかし問題は今回の大統領選の結果を不満に感じている人たちも自主的に抗議デモに参加しているということです。もちろんその中にはトランプ氏の集会で支持者らに暴力をふるった活動家たちも混じっています。
彼等はソロスに雇われ、ソロスの指示通りに暴動を起こしているのです。ソロスにはある目的があるのです。
それは。。。アメリカ全域に暴動を拡大させることによりオバマに戒厳令を敷かせるというものです。

ドミノ効果によりアメリカ全域に抗議デモや暴動が広がります。


しかし彼等が全米で暴動を始めたなら人々は気が付き始めます。そうなると大統領に圧力がかかり何とかして暴動を抑えようとするでしょう。そして、戒厳令が敷かれるのです。
戒厳令が敷かれるということは国家が非常事態ということですから、大統領はホワイトハウスを去らずにそのまま権限を維持できます。オバマが大統領のままホワイトハウスに居座っている間はトランプ氏は大統領にはなれません。

このようなシナリオはリベラル左翼の間で大分前から準備されていた可能性があります。
今回の抗議デモは「やらせ」であることを示す証拠があります。抗議デモは各地で行われていますが、テキサス州オースチンなどではデモの参加者たちが何台ものバスで連れてこられました。彼等は全米で暴動を起こすために活動しています。


また、デモを統率している団体(複数)はジョージ・ソロスと繋がりがあることも分かっています。彼等は抗議デモに使用するプラカードを数千枚、用意しました。プラカードの文言はみな統一されており全てが印刷されたものです。つまり、抗議デモは組織的に準備され運営されているということです。
今回の抗議デモは大統領選前から着々と計画されていたのです。トランプ氏の集会で支持者らを襲撃した人たちもソロスと民主党から報酬をもらっています。彼等は過去にも暴動を起こしており、毎回、同じことをやっています。
民主党はアメリカを混乱に陥れたいのです。

子供のころからアメリカ人は潔く敗北を認めるということを教えられました。敗北を認めず抗議デモを続ける人たちは自己主張ばかりしているわがままなガキと同じです。

ソロスは何としてもアメリカのグローバル化(NWO)を成功させたいのです。そのためなら何でもやります。

ソロスは今後シカゴのトランプ・タワーを攻撃するかもしれません。そこにも大勢のデモ隊がいます。
彼は投票数を不正操作しヒラリーに勝利させようとしました。16州で、ソロスが支配する会社(複数)の投票機が使われました。何とかして(今でも)トランプ氏を敗北させようとしたのです。これらの投票機はヒラリーが勝利するようにセッティングされていました。ですから、トランプ氏に票を入れても、結局はヒラリーが勝利するようになっていたのです。
ソロスは全米にデモが広がり暴動へと発展するように背後で操っています。その目的はオバマに戒厳令を敷かせるためです。


以下省略


ロシア、中国 対 米、NATOの戦争ゲームが始まる?

何だか世界中が急激にきな臭くなっています。いよいよグローバル・エリートが何年も前から計画してきた世界戦争ゲームが始まるのでしょうか。
以下の2つの記事についての信ぴょう性は判断しかねますが。。。プーチンは今年、サンクトペテルブルクで開催された国際経済フォーラムにて、世界戦争が差し迫っていると警告したそうです。
こちらのサイトのビデオを参照:http://beforeitsnews.com/self-sufficiency/2016/11/red-alertwar-is-coming-the-whole-world-knows-it-except-the-people-of-the-united-states-wake-up-people-2512901.html

やはり、以前から言われていた通り、どの国の政府がNWOの主導権を握るかを巡り、ロシア、中国 対 NATO、アメリカの戦争ゲームが始まるのでしょうか。
絶望的なのは、ロシアと中国の回し者であるオバマやイギリスの権力者は米軍と英軍の所有する軍用機、船、ヘリ、その他に中国製のチップを使うよう命令したそうです。
これにより、中国側は米軍、英軍を機能停止することができるようになりました。
NWOを成功させたいイルミの連中は、これまでの英米主導のOWOの世界からロシアや中国主導の世界へ転換しようとしているのではないでしょうか。
どちらにせよ、悪意に満ちた大国の政府は戦争ゲームを始めたくて仕方ないようです。
経済が崩壊すると同時に戦争が始まる。。。という彼等のシナリオはこれまでも繰り返されてきました。
本当に。。。うんざりです。
地球は悪者たちに支配されており、善良な庶民が最も被害を受けています。

http://beforeitsnews.com/alternative/2016/11/russia-stricks-back-ww3-may-have-begun-3443195.html
(ビデオ)
11月25日付け

ロシア軍が米軍艦2隻を攻撃しました!
これはデマなのでしょうか、本当に起きたことなのでしょうか。2隻の軍艦とも深刻なダメージを受け、そのうちの1隻は撃沈されました。
これはロシアに対する偽旗戦争を起こすための情報操作なのでしょうか。


ロシア軍から直接砲撃を受けた2隻の米軍艦が深刻なダメージを受けました。死傷者の数などの詳細は明らかになっていません。
これまでに確認されたことは、1隻の船が撃沈され多くの犠牲者が出たもようです。また、2隻の船と連絡が取れなくなっています。
オバマ大統領はプーチン大統領の無謀な戦争行為について激しく非難しました。米軍艦が破壊され米軍関係者アが犠牲になったことはロシアに責任があると述べました。
世界のリーダーらもロシアの軍事行動について激しく非難しました。彼等はNATOと米軍をサポートするが、ロシア、NATO、アメリカに平和的解決をするよう要請しました。
ペンタゴンは世界的な軍事的警戒態勢をとるよう警告し・・・・
トルコ沿岸とシリアの戦争が激化する中で、沿岸には世界中の軍艦が集まっています。
・・・・

<いよいよ欧米 対 中ロの戦争ゲームがスタートするのでしょうか?>
http://beforeitsnews.com/politics/2016/11/top-us-uk-generals-in-terror-militaries-are-completely-compromised-useless-2862235.html 
(概要)
11月25日付け

米軍と英軍のトップが恐怖におののき戦争の準備をしていることが明らかになりました。


数か月前に、ロシアは米軍の駆逐艦や空母を作動停止させました。
数日前には、パナマ運河で中国製のコンピュータ船が史上最も高価な米軍艦Zumwaltのエンジンを作動停止させました。

同じく数日前に、史上最も高価なイギリスの軍艦が完全に作動停止状態になりました。

キラーチップと呼ばれる中国のチップを米軍の軍用機、船、核ミサイルに使うようにとオバマと英政府が命令しました。

 

これが意味することは、米英の船、ジェット機、ヘリコプター、車両そして全ての電子機器が中国製のチップからの攻撃を受けるということです。

 

さらに悪いことに、中国製のチップはベトナム、ラオス、カンボジア、インドなどの国で製造されたものです。
従って、これらのチップを製造する民間メーカー(複数)がスイッチを押せば、米軍や英軍が完全に機能不全に陥ることになるのです。


さらに踏んだり蹴ったりです。なぜなら、VA(退役軍人省?)は巨額のボーナス欲しさに今でも現役兵士の軍歴を世界中の企業に売却し巨額の利益を得ています。

 

我々は10年前から米軍が抱えるこのような深刻な問題についてTV、ラジオ、新聞、Youtubeで皆さんに警告してきましたが全てが無駄に終わりました。ワシントンDCやペンシルベニアの最高裁にも訴え、米軍のこのような不祥事を止めさせようとしましたが、我々は完全に無視されました。

米政府は完全に無法状態です。彼等は米国民を裏切り、米国民を殺害し、アメリカの安全保障を脅威にさらしています。


ブッシュ、クリントン、ブッシュ、オバマと続いた政権は自己の利益のためだけに米国民に対する裏切り行為を続けてきたのです。

 

腐敗した殺人機関と化した米政府の外では、以下の通りの軍事裁判を求める動きがあります。



1)トランプ次期大統領は、国賊のTVニュースのアナウンサーらがクリントン陣営と結託して代理人らに嫌がらせをしたり、複数の州で違法な再集計を行わせようとしていることに対して懲罰の方法を見直すべきだと警告しました。

 

2) ACLJ(American Center for Law and Justice)は、ロレッタ・リンチ司法長官の背信行為に対して訴訟を起こしています。

 

3)Preet Bhahara連邦検事は、裏切り者の Andrew Coumoに対する訴訟を起こしています。
次はクリントン財団に対する訴訟です。Andrew Coumoの人生は直ちに永遠にシャットダウンされるべきです。


 

さらに。。。。

数週間前にモスクワで12ヵ国の首脳が出席した極秘会議が開催されました。議題は、破壊行為を続ける連中をどのように消し去るかです。


このまま何の変化も起きなければ、戦争を開始しようとしている都市を全て破壊するかもしれません。潜水艦及び地下に配備された兵器による攻撃対象都市はサンフランシスコ、ボストン、ワシントンDC、ニューヨーク、その他、複数の都市が含まれます。。

 

数週間前にフローレンスの地下軍事基地が破壊されましたが、それは12ヵ国の首脳からの警告でした。

 

ジョン・ケリー#2と13の銀行の代表者がクライストチャーチのホテルで睡眠中に、そのホテルの真下にある地下軍事基地が破壊されました。南極のナチスから彼等に警告がありましたが手遅れでした。



2隻の駆逐艦が作動停止したのは中国からの警告でした。

 

彼等の警告を無視したならば、12月16日にアメリカの6つの都市と地下基地と周辺の東海岸が破壊されます。



記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ