日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

2014年12月

エアアジアCEOは飛行機が消息を絶つ直前に株を投げ売り!

昨日のヘネガン氏の記事では、消息を絶ったエアアジアにはグローバル銀行のデリバティブ詐欺事件に関連する人々が乗っていたと伝えています。また、飛行機は米NSAに攻撃される前にある島に緊急着陸したとも伝えています。
また、別のサイトでは飛行機は海底に沈んだとも伝えています。ただ、この情報はちょっと胡散臭いと思います。マレーシア航空機が消息を絶った時も海に墜落したとの偽の情報が流れていましたから。。。

ただ、はっきりしたことは、今回の事件の直前にエアアジアのCEOが自社株の投げ売りをしていたということです。皆グルなんでしょうね。今年だけでも2機の飛行機が行方不明になり、1機が撃墜されたと言われています。どれもマレーシアの飛行機です。
主要メディアはこれらの事件の真相を一切明らかにせずに報道を途中で止めています。なぜなら、どの事件も全て偽旗だからです。これ以上ネット上で真相が明らかになると都合が悪いと考えたのでしょう。。。
今回もアメリカとイスラエルの悪者たちが関与しているのだと思います。彼らのやり方はいつもワンパターンで分かりやすいです。それしか考えられないのでしょう。本当にバカ丸出しです。
世界中で起きているテロ事件や飛行機事故の殆どがアメリカとイスラエルの悪者たちが中心となって起こしたものでしょうね。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/12/busted-airasia-ceo-tony-fernandes-dumped-944800-shares-1-day-before-flight-disappeared-video-3084488.html
(概要)
12月29日付け:

http://i.ytimg.com/vi/3eThBKpkSco/maxresdefault.jpg

By Josey Wales

エアアジアのCEO、トニー・フェルナンデス氏は、エアアジアQZ8501便が消息を絶つ数日前に、エアアジアの乗客用の旅行保険を扱っているチューン・インシューランス・ホールディングス社の株(944800株)を投げ売りしていたことが分かりました。
飛行機が消息を絶ったその日、この会社の株価が7%も下落しました。これは単なる偶然と言えるのでしょうか。9.11テロ事件で飛行機が世界貿易センタービルに突撃する前にも同じようなことが起きています。

マレーシアンインサイダーの12月26日付けの記事によると。。。
チューン・グループの創設者でありエアアジアのCEO、フェルナンデス氏は、自社の飛行機が消息を絶つ数日前の12月22日にチューン・インシューランス・ホールディングス社の株(850000株)を、そして翌日に94800株を投げ売りしていたことが分かりました。
この会社はエアアジアの利用者にオンラインで旅行保険を提供している会社です。
エアアジアとチューン・インシューランス・ホールディングス社の株価は自社の飛行機が消息を絶ったその日に、一時的に12.9%も暴落しました。その結果、この保険会社は0.6%の損失を生みました。

フェルナンデス氏のこのような行為は、エアアジアQZ8501便が消息を絶つことを彼は前もって知っていたことを物語っています。
このタイミングで自社株を投げ売る彼の行為は非常に怪しいとHeavy.comが伝えています。
International Business Timesも、フェルナンデス氏は自社の飛行機がこの日に消息を絶つことを前もって知っていた可能性があると伝えています。
2001年9月11日のテロ事件の数日前にもユナイテッドとアメリカン航空の株が大量に投げ売りされていたのです。投資家らは飛行機会社の株価が暴落することを前もって知っていたのです。
さらに。。。エアアジアQZ8501便が消息を絶つ数日前に、中国人ブロガーがエアアジアに乗るのはよしなさいと警告を発していたそうです。ただし、このような警告は、まるで彼がそのことを前もって知っていたかのように思わせるための工作であり、エアアジアが消息を絶った直後にブログに書き加えられた可能性があると指摘する人もいます。
この便に乗っていた乗客名簿が気になります。
NWOを実行に移している連中が複数の飛行機(マレーシア航空とエアアジア)を奪い消息を絶ったかのように見せかけ、実際は地上で大きな出来事が起こる前に飛行機に乗っていた重要人物を地下施設に連れていったのではないかと推測する人までいます。
マレーシア航空機MH370便には20人の優秀なエンジニアが乗っていました。 そのうちの4,5人は特許権者であり、彼らはテキサス州オースティンのフリースケール半導体会社の中国人社員でした。
撃墜されたと言われているMH17便には、メルボルンで開催されることになっていたAIDSA会議に出席することになっていたAIDSの一流科学者が乗っていました。
彼らはみな、マレーシア経由で目的地に向かっていたのです。
2014年以前に消息を絶った飛行機はありましたか?

エアアジアの消息を絶つことで、消息を絶ったマレーシア航空機(MH370)から人々の注意をそらしているのかもしれません。

癌の治療薬はココナッツオイル!

以前にもココナッツオイルが身体にとても良いことをお伝えしましたが、今回の記事では、ココナッツオイルがガン特に大腸ガンに非常に効果的だということが伝えられています。

それと。。。最近、日本ではバター不足ですが、バターも(食べ過ぎにはご注意!)身体にはとても良いことが分かりました。
多くの添加物が混入したマーガリンは乳化剤という身体(特に脳)によくない成分が入っていますのであまり使いたくはないのですが、バター不足ではマーガリンを使うしかありません。もっとバターが手に入りやすくなることを望みます。
日本のバターが大量生産されるためには日本の酪農家の皆さんにぜひ頑張っていただきたいと思います。
http://beforeitsnews.com/health/2014/12/coconut-oil-and-cancer-big-pharma-would-blow-a-head-gasket-if-they-saw-this-info-getting-out-to-the-public-2559200.html
(概要)
12月28日付け:


オイルには驚くべき効用があります。特にココナッツオイルは治療開始48時間以内に大腸ガンの細胞の93%以上を消滅させたのです。
ガン患者は身体を切り裂き多額の治療費をむしりとる手術や化学療法以外の治療法はないと思わされていますが、医薬品産業が伝える嘘と彼らの毒薬を信じてはいけません。
以下のビデオをご覧ください。
ガンを発症させられた数匹のネズミに其々異なる種類の油を与えたところ、ココナッツオイルのみを与えられたネズミは生き延びたのです。しかし他の油を与えられたネズミはみな死んでしまいました。
これからは私も小さじ1杯のココナッツオイルを毎日飲もうと思います。
ココナッツオイルの約59%はラウリン酸です。このラウリン酸により、治療開始48時間以内に大腸ガンのガン細胞の93%以上が消滅したのです。ラウリン酸は、酸化的ストレスを与えながらガン細胞が成長するのに必要なグルタチオンの量を激変させたためにガン細胞を毒殺する結果となりました。


さらに、バターが与える健康効果にも注目してください。最近まで私はバターは健康に悪いと信じさせられてきましたが、実際は、バターは特に消化管に良い効果があります。そしてバターには脂肪溶媒のビタミン(ビタミンA,E,K2)が豊富です。

ブッシュ一家は全員、公職に就けないことになっていました。


アメリカで最悪の大統領と言えば、ブッシュx2ですが。。。レーガン大統領の元諜報部員がブッシュの重大な秘密を暴露しました。ブッシュ一家の祖父にあたる人物がナチスと貿易をしてナチスに資金を供与していたことが分かり有罪判決が下されていたそうです。そのため、ブッシュ一家は全員、公職に就けない身分になっていたそうです。本当は、ブッシュ一家は政界から追放されなければならないのに、ブッシュSrやブッシュJrは大統領になるわ、弟までが次期大統領選に立候補しようとするわでめちゃくちゃです。
彼らは違法にも政界を支配牛耳ってきたのです。次の大統領に、ブッシュ前大統領の弟のジェフ・ブッシュが立候補するようですが。。。またブッシュ家の一員が大統領になったらアメリカは完全に終わります。日本も終わるでしょう。
そのためにもブッシュ一家は政界から追放されるべきです。レーガン大統領以降の大統領(ブッシュx2、クリントン、オバマ)は全員が違法な大統領であり、アメリカや世界を破壊するために金融エリートやナチスの残党が不正選挙で就任させたナンチャッテ大統領だったようです。
そういえば、パパブッシュが大統領に就任以降、アメリカだけでなく世界情勢が益々悪化したと思います。偽旗テロ事件、偽旗人工地震、ケムトレイル、HAARPによる攻撃などなど。。。が頻発するようになりました。本当にろくでもない邪悪な勢力がアメリカや世界を破壊しようとしています。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/12/all-bushes-illegal-to-hold-any-public-office-says-leo-wanta-3083898.html
(概要)
12月28日付け:
All Bushes Illegal to Hold Any Public Office Says Leo Wanta!

 

(犯罪者集団のブッシュ一家

非常に重要な情報が伝えられました。アメリカの奴隷制度から開放されたい愛国者達にこの情報を伝えてください。
ブッシュ一家は、プレスコット・ブッシュによる反逆行為により、米政界から全員追放されるべきなのです。
レオ・ワンタ氏はレーガン政権下で大量領の諜報部員として様々な秘密情報を握っていました。
先月、ワンタ氏はベテランズ・トゥデーのラジオ番組で最大の爆弾発言をしたのです。

ワンタ氏は、ブッシュ一家全員が公職に就くことは法的に禁止されていると伝えました。
当時、ブッシュ一家の祖父にあたるプレスコット・ブッシュがナチスに資金援助を行うため敵と貿易をするなどの反逆行為を行ったことで有罪判決が下されていたのです。
このような反逆行為を二度と行わせないために、プレスコット・ブッシュは、正式文書に将来、彼の家族全員を公職に就かせないと約束し署名していたのです。 この文書は米連邦議会の図書館に保管されています。
ブッシュ派の誰かがこの文書を盗み出そうとしましたが成功しませんでした。

ベテランズ・トゥデーのプレストン・ジェームズ氏らは、この文書は今でも図書館に保管されており、将来この事実が明らかになるだろうと言っています。

さらに、レオ・ワンタ氏は、レーガン大統領以降の大統領(ブッシュSr→クリントン→ブッシュJr→オバマ)は、全員が完全に違法な大統領であり、彼らはアメリカを破壊するためのマスタープランの一環として大統領に就任したと伝えています。彼らは大統領府の宣誓書まで変更してしまいました。

ブッシュ一家については1:20からお聴きください。ブッシュ派の邪悪な集団がブッシュ一家全員が公職に就けないことを証明する文書を盗もうとしたのです。


 

消息を絶ったエアアジアについて

消息を絶ったエアアジアの事件について、トム・ヘネガン氏が最新情報を伝えています。
私は金融の専門知識がないのでちょっと難しかったのですが。。。
エアアジアもマレーシアの航空会社です。マレーシアでは飛行機が攻撃され続け、散々な目に合っています。
やはり、今回もアメリカのユダヤ金融資本の仕業だったのでしょうか。
消息を絶ったエアアジアのニュースを目にした時、中国とロシアが通貨スワップを行う直前に起きた事件だったため、BRICSと欧米の金融資本との戦いに巻き込まれたのではないかと直感しました。
日銀の金融緩和は(日銀はFRBの傘下)、アメリカのユダヤ金融資本に日本円を貢ぐために行ったものだということが既に明らかになっていますが、今回も日銀は国民の生活を破壊してまでユダヤ金融資本に経済支援をしています。早く、ユダヤ金融資本が支配する各国の中央銀行が潰れないかと思っています。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/12/heneghan-emergency-update-3084012.html
(概要)
12月28日付け:
トム・ヘネガン氏からの情報:

フランスの諜報機関による調査で、消息を絶ったエアアジアQZ8501便がビリトン島(ジャワ海)の東部に緊急着陸をしていたことが分かりました。乗客名簿には複数のアジア系金融機関と繋がりのある人々の名前が載っていました。

最新情報:

エアアジアQZ8501便のフランス人パイロットは、離陸前に機体に取り付けられた米NSAのサテライトにより飛行機がストナー?されることを通信で知らされたために突然飛行高度を上げました。

飛行機(特にフランスのエアバス)がストナーから避ける最も良い方法とは。。。突然飛行高度を上げることなのです。
その結果、飛行機の飛行経路に合わせてプログラムされたサテライト・コードを変えてしまうことができるからです。
P.S. 今回の事件は、ネズミ講のビットコインを使って、日本円でネイキッド・ショート・ポジション(一般的には将来的に値下がりすると判断した投資対象をヘッジを使わずに売って、値下がりした時点で買い戻して決済するる投資手法)を行った電子通貨為替のビットコイン、香港のHSBC、イギリスのバークレー銀行、米シティバンク、ドイツ銀行、バンク・オブ・アメリカ、日本銀行の調査を始めたIMF、米財務省、米国税庁と何らかのつながりがあります。
このように、サウジアラビアの王族の支援を受けながら、正体を隠した利ざや不足でクロスコラテラライズされたデリバティブを使って、ロシアのルーブルを暴落させたり原油価格を下落させたり、そして、現金が一切ないにも関わらず、大規模な架空の日米株式バブルを発生させているのです。
国際金融カルテルは、その後、UFOのようなデリバティブを使って、引き続き脱税(税金を一切払わない)を行うために、税金のストラドル(同一価格のプットオプションとコールオプションを同数買う(売る)戦略)を生み出したのです。
このような行為は、年末の償却を必要とする外国取引のルール125に完全に違反しています。
P.P.S. さらに、シカゴを拠点とするCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)グループが、世界的なネズミ講ビジネス(銀行や外貨の送金に関連するスパムマージンを利用)の協力者だったのです。

最後に、CNNケーブル・ニュースネットワークが米軍内部の愛国者(アメリカをナチスのNSAに乗っ取らせた犯罪者集団の金融マフィアと諜報機関からアメリカを救おうと戦っている人たち)によりハッキングされました。


茨城県の日立海岸の民話。。。UFOが着陸した?

以下のビデオの通り、海外で不思議な日本の民話が取り上げられました。私はこの民話を知りませんでした。
この民話を知っている人はそう多くはないと思うのですが。。。ただ、民話に出てくるUFOの絵は何回か見たことがあります。
(こちら↓)





このように民話ではお釜の形をした船が実際に日立海岸に漂着したと伝えています。やはり。。この絵は実際に村人が目にした船を描写したものだったのです。この船の中には美しい女性が乗っていたそうです。ただ、その女性が北欧人か宇宙人だったのかはわかっていません。
私は。。。きっと北欧人或いは(以下に伝える通り)、ロシアの王女?だったのではないかと思います。当時既に丸い風船のような浮船が作られていたのではないかと思います。宇宙人だとしたら、船の中に食べ物や水が入っているわけがないと思うのですが。。。それとも、太古の昔に地球内部に移り住み、高度な文明を築いているとされる地底人だったのでしょうか??本当に不思議な民話だと思います。
その後、船に乗せられた女性はどうなってしまったことやら。。。いくら不倫したとはいえ、村人たちはちょっと残酷な事をしたと思うのですが。。。
http://beforeitsnews.com/beyond-science/2014/12/extraterrestrial-women-in-japan-video-2448296.html
(概要)
12月27日付け:
1800年代の日本に宇宙人の女性達が住んでいたとされる民話があります。宇宙人が人間社会に密かに紛れ込んでいるのでしょうか。日本の民話では、19世紀に地球外生命体らしきものが地球にやってきたと伝えられています。彼らは人間たちに気付かれないように密かに地球にやってきているのでしょうか。本当に宇宙人が日本人に紛れ込んでいるのでしょうか。

これは日本に伝わるとても不思議で幻想的な民話です。日本の古い本に書かれています。
民話によると:
女性が不思議な船に乗って海から現われました。船にはとても不思議な印がついていました。彼女はとても不思議な姿をしていました。これは今に至るまで未解決の謎の出来事です。
村人たちは後に船と船に乗った女性を海に投げ込みました。何かただならぬことが起きたようです。
カルロ・ルビオ氏がこの民話の調査を行いました。
○○世紀の民話が記録された2冊の本があります。
これらの本(19844からのウメンオチリとウツルブネ)は1825年に出版されたもので、とても不思議な船が海岸に漂着したと伝えています。
お皿の上に載った不思議な船は東日本のハヤヒアドリの海岸に着陸しました。2冊の本とも、その時の様子を事細かに説明しています。
これらの本は、1803年2月22日に茨城県の日立海岸に船が漂着したと伝えています。村民はみな漁師でした。彼らは海の上に浮きながら移動するとても不思議な船を発見しました。その船は次第に海岸に近づいてきました。2冊とも同じような出来事を伝えています。お皿を二枚合わせたような形の船は、幅が3x3mで直径が5.4mありました。船の色は茶色で赤い部分がありました。船には金属の柵がはめ込まれた大きな窓がありました。
村人たちはこの船が気になり、船の中をのぞいてみました。すると中には毛布、食糧、水がたくさん入っていました。さらに理解できない印がついているカップもありました。そして若い女性が乗っているのが分かりました。女性は20才くらいでとても美しかったと村人は伝えています。
彼女の肌はとても白く、髪の毛と眉毛が赤い色をしていました。彼女はとても気品のあるドレスを着ていました。
当時の衣服とは全く違うものを身につけていました。彼女の話す言葉を誰も理解しませんでした。
漁師たちは彼女を船の外に出してあげました。彼女は、誰も触ってはいけない、小さな木箱を持っていました。
この民話の題名=ウツルブネとは一人の漁師がこの船につけた名前です。ウツルブネとは空の船と言う意味です。
カップや船についていた印や船の中にいた女性については、宇宙からやってきたのではないかと推測する人たちもいます。彼女はUFOに乗って海に墜落してしまった可能性があります。一方、この女性はヨーロッパ人だったのではないかと推測する人たちもいます。
ロシアの王女だった可能性もあります。彼女の肌の色と髪の毛の色そして身に着けていたドレスからそのように推測できます。しかしまだ疑問が残ります。彼女は日本の北部海岸に漂着したのではなく、ロシアから離れた東海岸に漂着したということです。当時、日本は徳川幕府の時代で鎖国をしていました。
Zar?は将軍に謁見することを試みましたが失敗し、1804年にやっと将軍に謁見することができました。この船が漂着した2年後のことでした。そのため、ロシアの船であった可能性もあります。
民話では、この女性はその後漁師らと共に暮らしたと伝えています。ただ、彼女は既婚男性と不倫をしたことで罪に問われ、再び船に乗せられて海に送り返されたそうです。
その後、彼女がどうなったかは誰も知りません。この船の女性がどこから来たのか。。。ウツルブネの謎は残ったままです。

 


 

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ