日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

2013年07月

9.11とNSA犯罪集団の関係

今回もトム・ヘネガン氏の暴露記事をご紹介します。
9.11の追加情報とNSAの悪行が明らかにされています。
NSAは米国内だけではなく、世界の主要国の政治家や国民の情報も全て握っているのではないでしょうか。
NSAは、米国内のみが対象ではなく、NWOに向けて世界中で諜報活動を行ってきたのです。CIAは米支配者に都合の悪い人たちを暗殺し、NSAは米支配者が世界を支配しやすくするために世界中の人々の情報を集めています。
ドイツ国民の個人情報がNSAに盗まれていますが、日本はスパイ天国ですから、ドイツ以上にあらゆることろで盗聴され、あらゆるデータや個人情報、通信記録が盗まれていると思います。
自衛隊も国会議員も、日本のどこに行っても、どこで会議をしても、どこで話をしても全てアメリカ(中国にも)に筒抜けだと思います。日本は国防に関して特にアメリカに丸裸にされています。日本独自で何もできません。全てアメリカの支配者や米軍にお伺いをたてないとできません。日本政府もそうです。国会で決まる重要法案もアメリカの支配者がOKを出したものだけでしょう。日本は独立国ではありません。アメリカに支配され、中国に利用され、そして他国と同様にイルミの配下です。
アメリカの政界も全て脅しと買収で成り立っています。アメリカや世界を支配しているイルミの連中が全てを牛耳っているのですから、政治ほど汚い世界はありません。金融工学、政治学、遺伝子工学、地球工学。。。全て汚いですね。根本的に世界を良い方向に持っていくには、イルミが解体されなければならないのですが。。。せいぜい、彼等の内部崩壊を待つしかありません。世界の民主主義と言われている国々の政府ですら全て似非民主主義政府です。地球上に一般庶民が幸せになる民主主義など存在していません。地球の全てが支配者イルミにコントロールされているからです。支配者イルミにぶら下がって指示待ちで演技しているのが各国の政治家達です。
世界中では、反政府デモが起きています。イルミが裏で操作している面もありますが、多くの人々が地球上で起きている支配者による理不尽なやり方に激怒しているのです。
日本の支配構造も全く同じです。他国と何ら変わりはありません。日本国民のために命をなげうってまでイルミと戦う政治家などいないでしょう。暗殺されるからです。イルミのマインドコントロールは経済界にも政界に浸透しています。せめて、私達庶民だけはイルミのマインドコントロールに嵌らないようにしなければなりませんね。
http://www.tomheneghanbriefings.com/
(概要)
7月28日付け:
9・11の真相が明らかになっても、NSAの犯罪行為は続きます。
https://www.eff.org/sites/default/files/NSA-header-2012-b.jpg
source

NSAの責任者であるアレクサンダー氏は、先週、12人の米下院議員に対して違法なロビー活動(脅迫)を行い、ブッシュ詐欺政権下で制定された愛国者法(ナチスドイツの現代版が実現する法律)に関する議会投票に出席せず自宅待機をするように命じました。
http://previous.presstv.ir/photo/20130727/sheidayi20130727134835860.jpg
NSAのアレクサンダー氏は、このような脅迫オペレーションを実行するために公的資金を使いましたが、これは完全に連邦法に違反しています。アレクサンダー氏を直ちに逮捕し告訴すべきです。
NSAのロビー活動は米金融界の犯罪者集団(JPモルガン・チェース、バンクオブアメリカ、シティ銀行)の協力がありました。これらの犯罪銀行は、秘密のNSAテクノロジーにアクセスすることができ、世界金融市場の7秒間のリードタイム私設取引(私:専門的なことは分かりません)を行うのに、そのテクノロジーを彼等のトレーディング・プラットフォームに活用しているのです。
注記:ジョン・ベイナー下院議長とリベラル派のナンシー・ペロシ元下院議長は、NSAと上述の不正銀行による脅迫オペレーションに加担しました。
http://grayson.house.gov/sites/grayson.house.gov/files/styles/congress_image_thumbnail/public/wysiwyg_uploaded/Grayson-FL09-pic.JPG?itok=JxTS-qRN 
アラン・グレイソン下院議員は、ジャーナリストのグレン・グリーンウォルド氏(エドワード・スノードンのスポークスマン)から、NSAが下院議員とメディア関係者全員の人物調査書を収集したことを示す証拠を入手しました。
http://a.abcnews.com/images/Politics/ABC_glenn_greenwald_this_week_jt_130728_16x9_608.jpg
グレン・グリーンウォルド氏によると、NSAの低級アナリスト等は、パワフルで侵略的な検索ツールを持っているそうです。
http://abcnews.go.com/blogs/politics/2013/07/glenn-greenwald-low-level-nsa-analysts-have-powerful-and-invasive-search-tool/

現在、これらの人物調査書は無法者のエリック・ホルダー米司法長官とNSAの脅迫に従う疑惑ばかりのオバマ大統領の手元にあります。前回の記事でもお伝えしましたが、オバマは何の権限もありません。オバマは危機的状況を演出するに俳優でしかないのです。セレブのオバマ大統領は、ただ単に、NSA、不正な米大銀行そしてブッシュ家とクリントン家の犯罪集団から直接命令を受けて行動しているだけなのです。
パパ・ブッシュ元大統領と息子のジョージWブッシュ元不正大統領、ベンガジ事件の真犯人であり元国務長官のヒラリー・クリントンそして不正行為を行っているエリック・ホルダー米司法長官は、米軍により直ちに逮捕されるべきであり、オバマ大統領に対する弾劾手続きを早急に行うべきです。
https://lh3.ggpht.com/_KCXLGR6gNyE/TIudEprrKpI/AAAAAAAAASk/LGWJw6f35aA/s400/bush-cheney-rumsfeld-wtc-911.jpg


P.S.:また、グレイソン下院議員は、9.11事件が起きた時に、ワシントンDC上空を飛んでいた怪しげな飛行機についての新たな証拠を入手しました。http://911blogger.com/node/10441

グレイソン議員が入手した証拠によると、当日、ニューヨークの世界貿易センタービル(サウス&ノースタワー)に激突した飛行機(偽の11便と175便)には乗客が乗っておらず、NSAの遠隔操作によってビルに激突したことが分かりました。
http://www.jessegoossens.nl/911/beeld/wtc4.jpg
source

本物のアメリカン航空の11便と174便は、その時、カナダに飛び、ノバスコシアに着陸していました。アメリカン航空の77便も同様にノバスコシアに着陸していました。

9・11にペンタゴンに激突したのはミサイルであり、ナチス配下のNSA犯罪者集団に関する証拠文書を全て焼き払うためにペンタゴンにミサイルを激突させました。アメリカン航空の93便は、当時のチェイニー副大統領の命令により、ペンシルベニア州シャンクスビル上空で撃ち落とされました。https://lh3.ggpht.com/_iharoUHGx80/TNahBgrutUI/AAAAAAAAHyQ/6rZkwy7nJuw/s1600/NaziCheney3.jpg
source

さらに、9.11事件当日、ワシントンDC上空を飛んでいた怪しい飛行機は、9・11の早朝にNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)に警備体制を解くように命令したチェイニー元副大統領の許可を得て上空を旋回していました。
アメリカ合衆国を攻撃するための9・11偽旗ブラック・オペレーションをカモフラージュするためのアメリカとカナダによる9・11赤対青の戦争ゲームを分からないようにするために、NORADの警備体制を解除させたのです。
9.11にワシントンDC上空を飛んでいた怪しい飛行機にはパイロットも乗っておらず、バーバラ・オルセンが乗客として乗っていました。
注記:バーバラ・オルセンは、ブッシュとゴアの最高裁での裁判事件でジョージWブッシュに有利に働くように工作をしたテッド・オルセン米訴訟長官の妻です。
この怪しい飛行機にはバーバラ・オルセンと9人のNSA職員が乗っていました。

http://i.dailymail.co.uk/img/pix/olson120901_100x190.jpghttp://911research.wtc7.net/planes/attack/flight77route.jpg

グレイソン下院議員は現在、バーバラ・オルセンが夫に電話をかけたのは、バージニア州ダレス発のアメリカン航空77便からではなく、ワシントンDC上空を飛んでいた怪しい飛行機からであることを示す証拠を入手しました。
バーバラ・オルセンは整形手術を行った後、スウェーデンのストックホルムで悠々自適の生活を送っています。
最後に、米軍、愛国下院議員、200年間にも渡る我々の偉大な血の同盟国、フランスに対するメッセージ:
我々の自由を取り返す日がもうじき来るはすだ。
米国民はナチス・ドイツのゲシュタポ配下の監視国家の奴隷と化した。
今こそ革命を起こす時がきた。


安倍政権が目指すものは・・・竹中グローバリズム


安倍政権は竹中構造改革の通りに突き進んでいます。以下のブログサイトの記事が非常に気になります。
規制改革のやり過ぎです。これで喜ぶのは大企業と外国人です。日本人の雇用が外国人に取られてしまいます。このような規制改革はTPP交渉でアメリカのご機嫌を取りたいがために行っているのです。アメリカの大企業の利益追求のためのグローバリズムが日本をめちゃくちゃにし始めました。この流れはもう止まらないのでしょうか。竹中や三木谷や渡辺が安倍政権の政策を決めているのですから、最悪です。
自民党も民主党も他党も、どの政治家も皆同じ。結局、彼等はカネと権力の有る方に目を向けるだけです。国民は蔑にされ、大企業だけが得をする仕組みを創り上げているのです。どの国も皆同じです。彼等にとって国民は何の価値もありません。彼等にとって最も大切なのは大企業であり、カルト教団です。
以下のような規制緩和が進むと、日本国民は大企業の奴隷になります。。
残念ですが、やはり、安倍政権も野田政権と同じように、グローバリズム、TPP、NWO支持派なのです。
これまでの、世界一安定していた日本社会が変質すること間違いなしです。竹中のせいです。
http://ameblo.jp/masato1982/entry-11580768438.html
(転載)
安倍ドリル起動!!もうフルコースや!!訳わからん(笑)

特区で雇用規制緩和 政府検討、残業・解雇柔軟に 
 政府は残業や解雇などの雇用条件を柔軟に設定できる規制緩和を、地域限定で検討する。安倍晋三首相の主導で決める国家戦略特区を活用し、成長産業への労働移動など人材の流動化を進め、日本経済の活力を高める。参院選前は世論の反発を招きかねない労働改革に踏み込まなかったが、特区に絞って抜本的に規制を改革する。
 国家戦略特区は地域を限って大胆な規制緩和や税制優遇に踏み切る仕組み。政府は8月末にも東京、大阪、愛知の三大都市圏などを特区に指定する。 
 6月の成長戦略には、都心部にマンションを建てやすくする容積率の緩和や公立学校運営の民間開放など優先的に取り組むべき緩和策として6項目を盛り込んだ。政府は秋の臨時国会に関連法案を提出する方針。成立すれば年内にも実現する。 
 政府はこの特区で規制緩和する項目をさらに10~20項目上積みする。内閣官房が雇用、医療、農業、エネルギー、都市再生、クールジャパンといった分野で約130の検討項目をまとめ、各省と協議に入った。第2弾の項目の関連法案は来年の通常国会に提出し、来年中の早い時期の実現を目指す。
 第2弾の中核となる雇用分野ではまず、解雇規制を緩和する。企業が従業員に再就職支援金を支払えば解雇できる「事前型の金銭解決制度」の導入に関して調整する。全国に支店を持つ大企業の場合、特区内に本社があれば、地方の支店も適用対象にする案がある。雇用不安が広がるのを抑えるため、中小企業には適用しないことや、雇用の流動性が高い成長産業に限ることなども浮上している。 
 有期雇用契約の期間を延長しやすくすることも課題だ。同じ職場で5年を超えて働く契約社員らは、本人が希望すれば無期雇用に転換しなければならない。この規制を緩めて企業の人材確保に幅を持たせる。
 企業の従業員は原則、労働基準法などが定める法定労働時間(1日8時間、週40時間)のしばりがある。一定の条件を満たした社員には法定労働時間の規制を適用しない「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入も議論する。
 企業と従業員の合意によって労働条件を柔軟に決めることができれば、人材の新陳代謝が活性化する。企業の新規採用が拡大したり、成長産業への労働移動が円滑に進んだりしやすくなる。雇用・解雇規制の緩和は産業界の要望が強いが、賃金の低下や労働条件の悪化につながるなどの反発も根強い。
 このほか、医療・介護分野では病床規制の見直しを詰める。病院ごとのベッド数の配置を地域の実情に合わせて変更したり、再生医療など先端医療用の病床を増やしたりしやすくする。外国人医師の診察解禁に合わせて、外国人の看護師や介護士、保育士の日本語能力の基準の緩和や、在留期間の延長などを検討する。
 街づくりの一環として、大型の商業ビルなどに義務付けた駐車場の設置義務をなくすことも検討。限られた土地を商業スペースとしてフル活用できるようにする。また大阪府・市が要望していた臨海部でのカジノ解禁を議論する。

↑引用おしまい http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS24042_V20C13A7MM8000/

フルコースやでぇ!!もう訳分からん!!共産党に入れた私大正解!!なんてわらえねええええええええ!!

日本の農村に嫁ぐ女性の多くが中国人

日本の文化の土台を作ってきた農村部が壊れてつつあります。国家の核は家族です。其々の家族がたくさん集まると国家になります。しかし農村では国家の核である家族が冷え切っています。
日本の農家に嫁ぐ女性の多くが特亜の女性です。農村は徐々に特亜色に染まりつつあるのかもしれません。農家に嫁ぎたいと思う日本女性があまりいないからなのでしょうが、それにしても、あまりにもビジネスライクすぎます。昔の契約結婚的な傾向に後退しているのでしょうか。
農家の妻にとって夫は、単にお金や住む場所を与えてくれる人、夫にとって妻は労働力、そして、性欲を満たす相手でしかありません。そんな夫婦が今後50年も一緒に上手くやっていけるのでしょうか。
農家の男性は労働力としてアジア人女性と結婚し、アジア人女性は愛情もないのにお金目当てで日本の男性と結婚します。これが農村部で一般的になってしまったなら。。。日本の家族の在り方や文化は都会だけでなく農村でも崩壊し始めるでしょう。そして日本らしさが無くなり国のあり方が激変します。
昔から農家のお嫁さんは苦労すると言われていますが、国民に食糧を供給してくれている農家の男性が愛のない結婚をしてまで農業を維持していくこと自体、異常な状況です。
日本の安全保障として、農業や農村の現状を改善し、農家の収入が潤うだけでなく、農家の方々の心が潤おうような状況にしていかないと、やがて、日本の農村は荒廃してしまいます。
その解決策はTPPなんかではありません。TPPは農村の破壊を早めるだけです。
http://yukan-news.ameba.jp/20130728-154/
(転載)
7月28日付け:
農村部に嫁ぐ外国人女性「夫を全く愛してない」例も総務省の統計によると、国際結婚が増えている。そのうち、夫が日本人で妻が外国人の婚姻件数は2009年で26747件。1970年には3438件で、30年近くで8倍近く増加している。
 数字だけを眺める限り、グローバル化は進んでいる。妻の国籍を見ると、韓国・北朝鮮籍が4113人。中国籍は12733人。フィリピン国籍は5755人。タイ国籍は1225人。09年の総数は26747人で、アジア人が2万人以上を占めている。
 地方の農村部では、アジア圏から嫁いでくる外国人は珍しくない。その全てが幸福な形で結婚に至ったかというと、必ずしもその限りではない。結婚市場において、農家の男性はあまり人気がないのは周知の通り。時折、農村部を抱える自治体が婚活をサポートするという報道を見掛ける。
 農村部の男性は「農業の基本はやはり家族経営。愛とか何とかよりもまず、労働力として妻がほしい」と話す。ある農村部の有志はアジア各国で見合いをしている。だが、そのやり方の中には、年頃の女性がいる貧困家庭を回り、両親に金銭を渡し、結婚の手続きを取るというものの。
 入管で偽装結婚を警戒しているため簡単に通るとは思えないが、ある手法で結婚にこぎ着けるという。方法の詳細については犯罪を助長する可能性があるので、ここでは省略する。地方の農村部に嫁いできた女性は「夫を愛しているかと言われると、全く愛してはいない。毎日馬車馬のように働かされ、逃げ出したい気持ちもある。だが、祖国の家族を思えばそれもできない」と語った。
 豊かな田園など、多くの美辞麗句が飛び交う21世紀の日本。しかし、前時代的な行為がその一部を支えているのが実情だ。

アメリカで、12歳の少女が原発性アメーバ性髄膜脳炎に!

暑い夏には気を付けなければならないことがあります。それは水です。水が温まると微生物や菌が繁殖しやすくなるからです。ただ、元気な人なら少しぐらい汚れた水を飲んだり、その中で泳いだりしても、病気にはならないのでしょうが、一部の人にとっては、非常に危険な病気にかかるケースがあります。
アーカンソーに住む12歳の少女は、温まった水の中で泳いた後、脳喰いアメーバが鼻から脳内に侵入し、原発性アメーバ性髄膜脳炎を発症しました。この病気の致死率は99%です。ただ、このような病気にかかるのは非常にまれだそうですから、一般的には、それほど心配する必要はないかと思います。
ただ、念のため、暑い夏に消毒されていない淡水の池や湖で泳がないようにしましょう。
それと。。。温泉などでは、鼻から温水を吸い込まない方が良いのかもしれません。
或いは、温まった土壌をいじった手で鼻の穴をほじくらないように心がけまましょう。或いは、工場下水の流れ込む川で遊泳しないようにしましょう。或いは温水シャワーを鼻の穴に流し込まないようにしましょう。・・・誰もそんなアホな事はしないですか。
どんな場合でも、抵抗力、免疫力があり元気な人は心配はないと思います。ただ、あまりにも汚染が酷く不潔な国(中国)やケムトレイルで大量の菌が撒かれている国(アメリカ)では何が起こるか分かりません。
http://www.isciencetimes.com/articles/5730/20130726/parasitic-meningitis-arkansas-brain-eating-amoeba.htm
(概要)
7月26日付け:

12歳の少女は脳喰いアメーバ(フォラーネグレリア)が原因の原発性アメーバ性髄膜脳炎という奇病にかかってしまいました。

原発性アメーバ性髄膜脳炎は脳喰いアメーバによって発症する非常に致死率が高い奇病です。
アーカンソー州に住む12歳の少女は、家族と共に、水温の高い施設で水遊びをした後に、この病気にかかってしまいました。生温かい淡水に生息する脳喰いアメーバが少女の鼻から入り込み、脳まで達したのです。
アーカンソー州保健局によると、原発性アメーバ性髄膜脳炎は非常に致死率が高い重症感染症で、この病気の発症者の99%は命が助からないとされます。
アメリカ国内では、この病気に感染した128人のうち、たった1人しか生存できませんでした。
しかし、今のところ、少女の容態は安定しています。
少女の母親によると、少女は、高熱が続き、嘔吐と激しい頭痛に苦しみ、叫びながら、目をぎょろぎょろしていたそうです。

母親はすぐに娘をリトルロックにあるアーカンソーの小児病院に連れていき、診察を受けさせたところ、原発性アメーバ性髄膜脳炎であることが分かり、医師はそのまま少女を医療行為を施し昏睡状態にさせました。
少女の容態は、炎症や髄膜炎の副作用を抑えることができたために、今のところ、安定しています。
一般的に、脳喰いアメーバにより原発性アメーバ性髄膜脳炎が発症するケースは少ないです。
2003年~2012年にかけて、米国内で感染したのはわずか31人でした。感染者の殆どが汚染された親水施設で泳いだ後に感染しました。
アーカンソーの保健局は、少女はリトルロックにあるウィロー・スプリング・ウォーター・パークで泳いだ後に感染した可能性があると言っています。現在、この親水施設は予防対策のために閉鎖されます。

脳喰いアメーバは、特に水が温かくなる、7月、8月、9月にかけて生息します。しかし人から人への感染や、汚染水を飲むことによる感染は報告されていません。
この病気はアメリカだけでなく世界中で発症していますが、アメリカでは南部の州の温かい淡水(プールや湖や池)にこの種のアメーバが生息しています。
以下のような水の中にこの種のアメーバが生息しています。
--温泉

--温かい工場下水
--飲み水用の地熱水
--土壌
--塩素処理が不十分か全く消毒されていない管理がずさんなプール
--47度以下に設定された給湯器

スウェーデンの警官が路上でダンスをし、市民が笑っています。

日本でもユーモアのある警官はいます。渋谷で有名になったDJポリスです。日本のお巡りさんはアメリカの警官のように振る舞いません。
スウェーデンの警官もアメリカの警官のようには振る舞っていません。むしろ、アメリカの警官が世界で珍しい存在なのではないでしょうか。投稿者がビデオを撮ろうとしたら、突然、ダンスを始めたようです。笑っちゃいました。
http://beforeitsnews.com/alternative/2013/07/this-is-what-happens-when-you-attempt-to-video-police-in-sweden-2722838.html

(ビデオ)
7月28日付け:
私がスウェーデンの警官を撮影しようとしたら、彼はこんなこと↓をやり始めました。

safe_cop.php

少なくとも、世界には気の狂ったファシスト国家でない国があるということが分かります。ファシスト国家では警察が市民の手足を縛り、最悪、質問をする前から市民に発砲します。スウェーデンの警官は、アメリカの古き良き時代。。1970年代~80年代の映画に登場したビールをがぶ飲みしているニューヨークの警官のように思えてなりません。


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ