日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

日々感じたこと、また、目に入った印象深い情報などをUPしています。

9/26-その1 コロナパンデミックから毒ワクチンの流れ

メリル・ナス博士がパンデミックから毒ワクチンの集団接種までの流れを明らかにしてくれています。既にネット上では断片的にこれらの事実が伝えられてきましたから既に知っていることも多いと思いますが、特にコロナに怯え、PCR検査に頼り、ワクチンで予防することが一番重要と勘違いしている方々にこの記事を読んでいただけると一体何のためにコロナパンデミックやワクチンの集団接種が行われたのかがわかるのではないかと期待しています。

Manipulation of Data and Testing During the Covid Pandemic Was Done Intentionally – The Expose (expose-news.com)

(一部)

925日付け

 

Covidパンデミック中のデータと検査は意図的に操作されていました!


メリル・ナス博士が、パンデミック中に行われていたPCR検査と症例数の明らかな不正に関する驚くべき情報を教えてくれました。

 

ナス博士は、20203月以降、押し進められてきたワクチンの強制接種、プロパガンダ、検閲の不公正さに対して抗議する方法を提供すると約束しました。

 

Covidパンデミック中のデータと検査の不正操作は意図的に行われていました。
その目的は、人々に恐怖を煽り、危険で効果のない実験用のワクチンを(予防するためとの理由から)
多くの人々に接種させるためでした。

 

ワクチンの安全性とワクチンの義務化に関して特殊専門知識がある内科医師のメリル・ナス博士は、Covid-19ウイルスに関して281種類の検査方法がFDAから緊急使用許可を受けましたが、それらのどれも正式な認可が得られていないという驚くべき事実を含む明らかな検査詐欺の実態に関する驚くべき情報を提供してくれました。
これが意味するものは、検査が不正確でも、検査キットのメーカーは責任を負う必要がないということです。

 

(ビデオはサイト内からご覧ください。)

 

Covidは実験室由来です:

ナス博士は、ここ何年にもわたって行われてきたビッグファーマによる不正行為と政府の権力乱用の顕著な例(6万人を死に至らしめた関節炎の薬のVioxxスキャンダルやオピオイドのまん延など)をかいつまんで説明しました。 

しかしこれらはCovidパンデミックと比較すると大したことではないように思えてきます。SARS-CoV-2Covid)のワクチンがどのような方法で導入されたかを理解するにはCovid-19ウイルスが実験室で作り出されたものであることを理解することが重要であるとナス博士は言っています。

 

Covidの感染症は明らかに実験室由来です。
誠実な科学者ならそれを疑うことはしません。ノーベル賞を受賞したエコノミストでありランセットのCovidアドバイス委員会のリーダーだったジェフリー・サックス氏でさえ、Covidは実験室由来であるとはっきり言ったのです。


この感染症が人々に害を及ぼすことを目的として作り出されたのか、単に実験が失敗しただけなのか我々にはわかりませんが、Covidが実験室由来であるということは、意図的に感染症を引き起こす
何等かの特性がCovidウイルスに内臓された可能性があります。従って、他のコロナウイルスよりも多くの自己免疫、血栓、血管や血管内皮の損傷を引き起しているのでしょう。


「おいしい」mRNA Covidワクチンの起源:

ナス博士によると、Covidワクチンの背後にあるプラットフォームがパンデミックのかなり前から既に準備されていました。彼らはただこれらのワクチンが表舞台に登場する(一般化する)時を待っていただけです。それを可能にしたのがCovidパンデミックでした。

 

権力者たち(たぶんワシントンの権力者 、トニー・ファウチ、フランシス・コリンズ、FDACDCなど)は、ワクチン用の新しいプラットフォーム(彼らはそのように呼んでいた)を捜していました。

彼らは卵でワクチンを作り出したくはありませんでした。なぜなら時間とお金がかかりすぎるからです。彼らは敏速に作り出せる方法を望み、mRNA或いはDNAが新しいプラットフォームになったのです。

 

ある理由から、mRNAプラットロームは、規制当局や業界にとって非常においしかったのです。そのため多くのスタートアップ(急成長する組織)が存在しましたし、モデルナ社もその一つでした。
モデルナ社の存在理由は癌や遺伝病のためのm
RNA遺伝子療法を開発するためだけでした。そしてその後、開発がうまく行かなかったため、ワクチンの開発に取り掛かったのです。

そしてこれらの企業(BioTechはドイツ企業)は政府やビル・ゲイツ&メリンダ・ゲイツ財団など複数の団体から巨額の助成金を受け取りました。ゲイツ財団は2019年にBioNTech5千万ドルを投資しました。トニー・ファウチはモデルナ社と共にmRNAワクチンの開発に長い間取り組んできました。ですからそれはこれらは製品を作る口実のためのプラットフォームだったのです。

 

20191212日に、モデルナ社はNIAID国立アレルギー感染症研究所と共に、ノースカロライナ大学チャペルヒル校にmRNAコロナウイルス・ワクチンの候補薬剤を送りましたが、すぐに待ったがかけられました。

ナス氏によると、20201218日(物質移動合意書が署名されてから約1年後)に、FDAはモデルナ社のCovidワクチンに対して18才以上に投与するための緊急使用許可を与えました。モデルナ社は数年前にSARS-CoV-2シークエンスの特許を取得しており、これは実験室由来であることを示すもう一つのヒントになります。


PCR
検査の失敗:

パンデミックが始まった直後から検査の問題が発生しました。

当初、CDCのみが検査を実施していました。しかし無症状の人たちが擬陽性という判定に悩まされることになり、検査は実質的に無意味でした。番組のホストのポール・トーマス博士は、陽性の検査結果の大量発生がCovidパンデミックに変質させたと指摘しています。

 

ナス博士によると、パンデミックが始まってから最初の2か月間、CDCのみが検査を実施していましたが、CDCPCR検査が機能していないことを早い段階で知りました。
SARS-CoV-2Covid-19)の感染は20201月~3月上旬に米国全土に拡大しましたが、この期間にCDCは数百人(たぶん1000人)にのみ検査を行いました。そして彼らのほぼ全員がCovidに罹患していると診断されたようです。
 

 

国全体がこれにかなりいら立ったとき、FDAは2つの注目すべきことを行いました。
3月初めにFDAのステファン・ハーン(当時長官)は、Covidの検査方法を開発できる企業や機関或いは開発したことがある企業や機関(大学、研究所、他)に対し、書類を提出すれば、敏速にそれらを精査した上でCovid検査キットの供給を許可すると発表しました。
 

しかし書類作成は非常に複雑であり、企業や機関がそれらを完成するのに1週間もかかりました。
その時は既に20203月中旬であり、米国全体で受けることができる検査は限定的でした。
そのためステファン・カーン長官は、検査キットを提供したい企業や機関に対し、書類を数週間のうちに送ることを条件に今すぐ検査キットの緊急使用許可を与えると発表しました。この時点で、全ての人々が無料で検査を受けることができるようになり、中国、ドイツなど他国製の検査キットも供給されるようになりました。


緊急使用許可を与えた約
300種類のPCR検査はまだ正式に認可されていません:

ナス博士の最新の集計によると、FDA281種類のPCR検査にCovid用の緊急使用許可を与えました。しかし正式に認可或いは使用許可が与えられているものは1つもありません。

つまり、緊急使用許可の下では、検査の性能が正確でない場合でも検査メーカーを訴えることができないのです。そして、FDAはこれらの検査に許可を与えてもそれらに対する責任はないのです。誰も責任を負いません。従ってこれは人災です。彼らは約50種類の抗体検査と他の敏速検査に対しても緊急使用許可を与えました。我々はめちゃくちゃな検査をずっと受けてきたということです。
 

また、CDCCovid-19のおかしな症例の定義を作成しました。つまり彼らは基本的に無症状でも検査結果が陽性ならば、陽性と確定診断することにしたのです。

ナス博士によると、このような症例の定義は非常に複雑であり、患者がCovidの感染が確認された地域に住んでいるのか、患者が既知のCovidの症例に曝されているのか、定義の説明に役に立つ症状のリストなど、何ページにもわたる情報を読む必要があります。

それでも、PCR検査で陽性と判定されると、Covidに感染した可能性があると判断されてしまいます。つまり、誰もが気が付いた通り、これは症例(感染者にされてしまった)流行病であり、Covid‐19の流行病とは言えないということです。

 

病院はCovid症例を診断する度にCovidの補助金がもらえます:

パンデミック初期に実際にCovid‐19に罹患した人が何人で、Covid‐19が原因で死亡した人が何人いたのかについてはわかっていません。なぜならCovid‐19に感染した後、或いは検査で陽性となった患者が死亡した場合、死因は全てCovid-19とされてしまったからです。保健当局はCovid‐19とは関係のない死因で死亡した場合でも全てCovid-19で死亡したことにしてしまいました。銃で撃たれて死亡した場合でもオートバイ事故で死亡した場合でも、過去30日以内にウイルスに感染していたなら、全てCovid-19で死亡したことにされました。

 

病院にはそのような疑わしい診断をする理由があったのです。多くの患者にCovid‐19に罹患したと診断すればするほど、儲かる仕組みになっているからです。


病院は患者を検査せずに
Covid-19に罹患したと診断できてしまいます。その結果、Covid-19の感染者数が大幅に増えてしました。この時点で感染者数を修正することは不可能かもしれません。

 

以下省略 



9/25-その2 おすすめ動画



闇のクマさん:
 (47) 【EU諸国が逃亡ロシア人の受け入れ拒否!逃げ場消滅!】『自業自得だ!ウクライナ人を虐殺していたプーチンを支持していたクセに自分たちが戦場に送られるとなったら被害者ヅラして逃げる奴など受け入れるか!』 - YouTube 
私:日本政府はウクライナ人と同じようにロシアから逃亡するロシア人も受け入れるのでしょうか?彼らの中には工作員も潜んでいますね。もしそうなら避難民として日本にウクライナ人は激怒するでしょうね。沖縄の中高年の多くがデニーに票を入れましたね。はっきり言って彼を選んだ人は極左、親中狂人或いは脳タリンです。宏池会が政権を取ったのですから日本は中国の属国としてふるまうでしょう。しかも岸田政権を守ったのは安倍さんの死への同情票です。同情票=政治は全く異なるものです。本当に愚かです。



めいかさん:
(47) 安倍元総理の国葬に中国が派遣したのはスパイ組織のナンバー2 - YouTube 
私:日本はスパイ防止法がないため日本に入国すればスパイはやりたい放題でしょう。国葬に中国のスパイが出席するのは誰でもわかることです。日本にはスパイ機関がないためスパイかどうかを調査することもできないでしょう。安倍さんを殺害したのは中共と言われているのに、岸田政権は中国からの代表者を招くべきではありません。それとも宏池会は中共と共謀して安倍さんを殺害したのでしょうか?
日本のマスコミの報道レベルは世界最低のため日本人がバカになっています。



文化人放送局さん:
(47) スパイ防止法の制定急務!手段を選ばない中国サイバースパイの実態&この状況下で河野太郎デジタル大臣は… ④【The Q&A】9/23 - YouTube 




柏原竜一さん:
(47) 信じられない噂の数々【柏原竜一のインテリジェンス】 - YouTube
・プーチンの隠し子 
・プーチン半狂乱
・中国でクーデター未遂



とっさんTVさん:
(47) 部分動員でロシアは詰んだ。もう謝って国へ帰れ - YouTube
私:ヨーロッパはこの冬、ロシアからのガス供給がなくても乗り越えられるよう対策を立てたそうですね。当たり前ですね。ヨーロッパ諸国が解決できないわけがありません。



浅香豊さん:
(47) 【動員令】ロシアが“敗戦後”に待ち受ける苦難【朝香豊の日本再興チャンネル】 - YouTube



Ryuチャンネルさん:
(47) チクワ人の危機 - YouTube 
私:職場によっては後遺症で働けなくなっている人が多いようです。

9/25-その2 コールマン博士のこの冬の予測

イギリスのコールマン博士は頻繁にビデオで、政府批判、ワクチン批判、コロナパンデミックの嘘について持論を訴え続けています。そして以下の彼の予測は既にネット上で広く知られていることですが、今年の冬~来年にかけて世界中で大変なことが起こりそうですので、以下の予測を参考に自己防衛をするのも良いのかもしれません。
ただ、(ネット上ではロシアを批判する情報発信者はは殆どいません)コールマン博士はイギリスやヨーロッパのエネルギー危機はロシアに対するバカげた制裁によるものだと言っていますが、ロシアに制裁を加えなかったらロシアの弱体化は遅れてしまいウクライナ戦争は終わりを見ないでしょう。しかもロシアによるウクライナ侵略戦争は、プーチンのロシア帝国拡大と永久的に大統領でいる野望と、グレートリセットの連中が特に西側諸国(そして世界中に混乱をもたらすため)を破壊するために仕組んだ戦争と思います。さらにコロナワクチンを使った大量虐殺から目をそらすためのものでもあるでしょう。ロシアに対する制裁がなかったらエネルギー危機は起きなかったと言っていますが、制裁があろうとなかろうと彼らの策略は変わらなかったでしょう。

Predictions for the Coming Winter – The Expose (expose-news.com)
(概要)
9月24日付け
イギリスのバーノン・コールマン博士が今年の冬に何が起こるのかを予測しています。

エリザベス2世の死は政治家らに悪い知らせを葬り去る素晴らしい機会を与えてくれました。

以下が私が予測した今後数か月間で起こるであろう出来事です。

1. 多くの国々の政府が移動アミューズメント・パークで楽しんでいる子供のように大金を使い続けるでしょう。イギリス政府は見境のないエネルギーの補助金に何千億ポンドも費やすと同時に減税も計画しています。これは、仕事を放棄しロールスロイスを購入し南フランスに行って別荘を買おうとしている男性と同じです。
所得を減らす一方で支出を増やすということは、そのまま巨額の国家債務、高金利、非常に高い税金とハイパーインフレにつながります。そして貧困者の激増(中流階級の貧困化も)です。住宅ローン金利は上昇し住宅価格は下落します。企業は(政府からの補助金は増えても)倒産し失業率が上昇するでしょう。既に失業率は政府の発表よりもかなり増えています。なぜなら学生や「想像上の」コロナウイルスの長患い(実際はワクチンの後遺症)で苦しんでいる何百万人もの非労働人口が含まれていないからです。
今後ポンドは下落していきユーロや米ドルと同額になるでしょう。ポンドの下落は輸入コスト(石油や食料など)を押し上げインフレをさらに悪化させるでしょう。
2.洪水が多発するでしょう。そしてこれは温暖化のせいにされます。洪水面に住宅が建てられ川が意図的にブロックされていることについては誰も言及しません。このような状態ですから洪水が毎年定期的に起こることは避けられません。これは神話的な地球温暖化とは全く関係がありません。
3.逆説的になりますが、干ばつも起こるでしょう。ここ何年もの間、新しい貯水池は造られていません。一方、この数年間で人口が大幅に増加しました。ですから水不足は避けられません。ヨーロッパとイギリスでは、合法+不法移民の受け入れが大々的に促進されたため人口が急増しました。
4. 19世紀のビクトリア女王時代に建設された下水道システムは老朽化により現状に対応できていません。しかし人口の急増に対応するために下水道システムや排水管が拡張されたことはありません。生汚水がそのまま定期的に川や海に放出されることになります。
5. 2022年~2023年の死者数が例年よりもはるかに多くなり、2020年~2021年の死者数よりも多くなるでしょう。超過死亡率についてはCovid(ウイルス)や他の感染症が原因とされるでしょう。
しかし脳細胞がある人なら誰でも超過死亡率を押し上げているのは無意味で危険なロックダウン、英国民医療サービスの失態、総合診療医のサービスの欠如そして打つ必要のない有毒なワクチンを打った結果です。さらに不適切な食習慣(貧困が原因)が長患いと死者数を増加させます。新しい感染症と新しいワクチンが登場し、死者数の増加についてはこれが原因とされるでしょう。
6. ストライキが多発します。労働者の賃金が大幅に上昇すれば、インフレをさらに押し上げることになります。その結果、影響力の強い労働組合のメンバーでない労働者の貧困化が進みます。特に貧困層、病人、高齢者が最も苦しむことになります。インフレの悪化は今後何十年間も続くであろう不況を引き起こす要因となるでしょう。まさにこれは陰謀者たちが仕掛けたことなのです。

7.地方議会や商店が派手にクリスマスを祝うことはないでしょう。これはエネルギー危機のせいにされるでしょうが、実際のところは、陰謀者たちは伝統的な宗教を排除し戦争犯罪者のトニー・ブレアがお気に入りのクリスラムなどの偽の宗教に取り換えるるつもりであり、そのためにクリスマスを廃止することを長期にわたり計画してきたのです。
8.ウクライナにおける戦争は世界中の飢餓と死の主な原因であり続けるでしょう。仕掛けられたウクライナの戦争はアジアとアフリカだけでも5億人の死者を出す恐れがあります。イギリス政府はこの戦争の継続に数十億ドルを支援すると約束しました。
9. どこでも物価が上昇し、企業の経営悪化により商品やサービスの品質が低下するでしょう。
10. 生活費の大幅増により数百万人が苦しみ、犯罪と暴力が大幅に増加します。
11. 現金の規制が拡大します。益々多くの企業が現金での取引を拒否するでしょう。銀行はより多くのATMを閉鎖し現金の流通と使用を抑制します。これは何年も前から計画されてきたことです。
12. ヨーロッパの電力の殆どが天然ガスなどの化石燃料に依存しています。バカげたグリーン政策はガスや石油の価格を高騰させ続けます。その結果、電気代の高騰を引き起こします。ロシアに対するバカな金融制裁により、ヨーロッパやイギリスへの石油とガスの供給が減ってしまいました。公益事業会社は破綻し政府の支援が必要となるでしょう。そして国家債務がさらに増えていきます。

私は私の予測が楽しいものになるとは言っていません。しかし私は来たるべき冬の間にこのようなことが起こると考えています。これらはどれも政府の失態によるものでも偶然でもありません。
全てが意図的に仕組まれています。我々の世界を破壊している全ての悪は全て意図的に仕組まれているのです。これはグレートリセットの一環であり、現在、その終盤に達しています。
ヒトラー、スターリン、ムッソリーニ、ガダフィ、フン族のアッティラ王、チンギス・カン、イディ・アミン(ウガンダの元大統領)が仕切る世界政府によって支配される方が我々への危険性は低いでしょう。私は、シュワブ、ゲイツ、ロスチャイルド、戦犯トニー・ブレア、そしてビルダーバーグ集団が構想し管理する世界的な陰謀よりも、前述の殺人集団の世界政府に立ち向かう方がまだマシと思っています。。

そして、忘れないでください。あなたは一人ではありません。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ